【えんぽう一覧へ戻る】
DATA No.en-1

施設名:地底王国 美川ムーバレー
探検日:2002年5月4日
住 所:山口県玖珂郡美川町大字根笠
目 標:岩国インターから山間部へ30分。看板多数有り。

1.出発
 世間はゴールデンウィーク。やましん探検隊も人並みにゴールデンなウィークを堪能したい!!ということで・・・
朝8時30分ごろ探検隊秘密会議。「とにかくどこかの探検へ行くぞ!」「どこいくん」「出てから決める!」というわけで
副隊長は出発準備。やましん隊長はインターネットとカーナビで検索!検索!

 しかし、今の日本、どこもおもしろそうな処はないのう。////
なに!!地底王国!!!なんじゃこれは!!。これはマヤ文明か、はたまたアステカ王国かといわんばかりの
石像、そして地底湖!!!。これはええんではないかい???

場所は岩国!!広島県か!!(この時点でやましん隊長は岩国は広島県にあって、岡山県の境目にあると信じとった。不覚・・・)
早速出発!!!めざせ地底王国!!

2.道中
 さて、高速道路をひた走ること4時間、350kmを走破。しかし遠い。徳島県、愛媛県、香川県、岡山県、そして広島県、山口県!!。
なんで岩国は山口県なんじゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。(ただの無知)。広島県は長すぎるぞう。12時30分にやっと岩国インター到着。
そのあとひたすら山奥へくねくね道を川沿いに走る。しかしほかになにもないのかやたら美川ムーバレーの看板だけが大量に掲示して
ある。これでは迷いようもない。ほどなく到着。

3.地底王国
 あたりはかなりの雨。しかし、到着した地底王国付近はかなりの人出。これは期待できるかも・・・・
しかし気になるのは、きている人の年齢層。幼児、およびその親、または年輩の方。なぜ若者が少ないのだ???
まぁ遊園地などに比べこの手の施設は過激なアトラクションがないからしかたがないかと自分を言い聞かせ何とか駐車。

 まずは腹ごしらえ。せっかく山口くんだりまで来たのだから、なにかこの土地ならではのものでも・・・と思ったが、インターを降りてから
レストランっぽいものもなかったし、地底王国隣接のレストランは目茶混み。メニューもごく一般的なものばかり。やむ終えず、カツカレー
を注文。(か、かなしい。徳島から4時間もかかってきたのに、なんでカツカレーなんじゃぁ!!。しかもルーが少ない・・・)
腹ごしらえも済ませ、一路、地底王国へ・・・

 まず、レストランから階段を上り橋を渡って地底王国入り口へ・・・・。なんと地底王国には便所がないとのこと。入る前に用を足さなくて
はならない。副隊長、隊員1号2号とも絞り出してから突入!!。
・・・・・手っ取り早く言えば、洞窟・・・・・しかし、しばらく行くと・・

なぜかあやしげな石像が・・・これは確かパンフレットに載っていたもの・・・
想像していたよりの遙かに奥行きのある洞窟。
さらに奥に進むとまたまたパンフレットに載っていた地底湖発見

なかなか幻想的でええんではないかい??

 まぁある程度まわってみて気づいたのは、ここは元は鉱石の採掘場で、その跡地を利用したものらしいこと。
ところどころに柵がしてあって、その奥にはトロッコのレールがそのまま残っているのが見える。
まぁ閉山後、そのまま腐らせるのは惜しいと考えた関係者が村の振興策として考えたのかもしれない。
 鍾乳洞のような綺麗な風景が無い分、要所要所に石像、石柱、レリーフなどが配置されている。
通路もきちんと整備されていて歩きやすく、幼児をつれてっも大丈夫。

地底王国内部はゆっくり見回って約40分程度。この5月の季節でも洞窟内がやや温度が低く、真夏だと、相当涼しいと思う。
総合的に判断して、強烈なインパクトには欠けるが、関係者の努力賞というところでしょうか・・・。
(徳島から往復8時間もかかって見に来たやましん探検隊には見事なパラダイスとなりました。ちゃんちゃん)

少し物足りなかったので、帰りはすぐ近くの錦帯橋を一見。
真ん中の橋が新しくなってました。
その後、日帰りのやましん探検隊は、神戸経由で総走行距離900km、夜中11時の帰着となりました。疲れた・・・・・・・・・・

これにてやましん探検隊2002年のゴールデンな遠出はおしまい!!