【えんぽう一覧へ戻る】
DATA No.en-2

施設名:中世夢が原
探検日:2002年10月12日
住 所:岡山県小田郡美星町三山5007
目 標:山陽道笠岡ICから車で30分程度。
     山間部

1.出発
 さて、何はともあれ3連休。やましん隊長も隊員2人の父親という役職の責任を果たすべく、本日は行楽というものにでも
出かけてみるか。・・・といったものの、やましん探検隊は無類の遊び好き。四国内にはまだ行っていないめぼしい処は残っていない。
それに、やましん探検隊調査車両には最新の必殺アイテムETCユニットが装着されたばかり。

こうなったら高速道路で移動しまくりの行楽に出かけなくてはやましん隊長は納得できない!!!!
というわけで、高速道路にのって(ETC利用のため)、本四架橋をわたって(ETC未対応状況を確認するため)、ひなびた行楽地で
遊ぶ(おもしろいところは行き尽くしているため)の条件を満たしている行楽地といえば・・・・
中世夢が原しかない!!(どこにあるんじゃ!)
やましん隊長の出発10分前の独断決定により出発決定!!


2.道中
 さて、高速道路をひた走ること2時間、笠原ICを降りて一般道の中国山地を進む。おもったより広い道で程なく美星町に到着。
ここは、星が綺麗で、天文台が有名なところでもあり、元天文部長のやましん隊長としては心躍る場所でもある。
程なく中世夢が原に到着。


3.パラダイス・・・
 絶好の行楽日和。天気は快晴。季候もよい10月の3連休。しかし、しっかし人がいない。まさにパラダイス。
駐車場がらがら・・・


気をとりなおして入場。もしかしたら中は結構にぎやかかもしれないではないか・・
なぜか入り口も寂しい。

中には農家、藍染小屋などが各所に点在し、内部も見学できるようになっている。


しかし人がいない。ここは、パンフレットでも結構にぎわいのある商店街のはずだが、
なんと売り子さんまでだーれもいない。これって泥棒し放題ですぜ。
(一応売り物は並んでいる)


先へ進むと屋敷と看板有り。結構大きなわらぶき屋根の屋敷発見。
外でワイワイ言っていると、なんと中から人の声が・・・・(びっくりした)
出てきたのはタケトンボづくりのおじさん。
  おじさん曰く
   ・昨日は遠足で400人もきて忙しかった。
   ・最近のガキは教育がなっていない。
   ・ナイフを持って1日1本鉛筆を削れ
   ・芸は身を助ける
など、150円の竹とんぼ代でありがたい講義を長々といただきました。(このおじさん、結構濃いですょ)
そうかぁ、今日人がいないのは、昨日の疲れでみんな休んでいるんだぁ(それも3連休初日に・・・)
おじさんが言うにはここは教育施設で遠足なんかが多いとのこと。
隊員2号の手の上でコマを回してくれたの図


4.美星天文台
さて、寂しい中世夢が原を抜け、天文台へ!!


ここにあるにはなんと口径105cmの大天体望遠鏡。実際天文台には入れる!!
でかい。でかい!!うちにも1台ほしい!!!



5.いくさらんど
さて、隊員1号2号お約束の「いくさらんど」


いわゆるフィールドアスレチックです。なかには遊具が結構あるが、いかんせん山の斜面で
足場が悪く、かなりパラダイス系。副隊長(嫁はん1号)は見学のみ。
やましん隊長はここで腕の肉離れ発生!。戦線離脱。
結局最後まで隊員2名の独壇場。

結構汗もかいたので、つづいてじゃぶじゃぶ探検隊 鬼ヶ嶽温泉へ直行。
その後、日帰りのやましん探検隊は、再度瀬戸大橋経由でETCをバコバコ使いながら総走行距離400km、夜8時の帰着となりました。
途中高松市で焼き肉食べたが、やっぱり疲れた・・・・・・・・・・

今回のパラダイス破壊力はなかなか強烈であった。