【えんぽう一覧へ戻る】
DATA No.en-4

施設名:吹屋ふるさと村
探検日:2004年5月1日
住 所:岡山県川上郡成羽町吹屋
目 標:とりあえず山奥
     岡山道賀陽ICをおりて吹屋方面へ

        から

     皆生温泉 一泊


施設名:鳥取砂丘
探検日:2004年5月2日
住 所:鳥取県鳥取市
目 標:鳥取砂丘

1.出発
 さてさて、連年のごとく、今年も無計画なままゴールデンなウィークへ突入・・・・・・・・
副隊長共々、ストレスの固まり、鬱憤晴らしの権化と化したやましん探検隊。
とりあえず四国脱出、以前行きそびれた吹屋をまず第一の目的とし、出発。(朝の8時)

2.第一日目
 瀬戸大橋をすぎて岡山道に入り賀陽ICをおりて山道をしばらく行って・・・
11時すぎ、あっけないほど簡単に吹屋ふるさと村群に到着。
ここには広兼邸、坑道、ベンガラ工場、吹屋の町並み保存地区などが整備されている。(らしい)
なーーんか物足りんが、とにかく探検開始。

まずは以前よりいっぺん見てみたかった広兼邸
あの八墓村のロケに使われた旧家宅。
さすがにでかい。石垣が立派。何件か殺人事件があったようにも見えないことはない。


しかし、まだ5月だというのになんだこのくそ暑さは!!
汗をかきかき、建物内へ

率直な感想としては・・・・
まぁ、外から見るとお城のように見えるが、中はそれほど土地も広くなく、昔超金持ちの庄屋という雰囲気。
ただ、畳の上にあがれないのがおもしろくないし、主要部分以外の掃除ができていない。
もう少し金をかけて(入場料を上げて)隅々まで掃除をして、痛んだところは補修をして内部巡回ルートを
整備すればもっと人の集まる施設になると思うが・・・・・・・。

つづいて、付近にあるふるさと村関連施設。吹屋鉱山笹畝坑道

こちらも、苦言を呈すれば、いわゆるただの洞穴
鍾乳洞のような景観もなく、洞窟内の上り下りの割に感動が少ない。10分で観光終了
もうちょっと金かけて整備したら??

さて引き続き ベンガラ工場。
ベンガラとは酸化鉄による赤い色素のこと。

観光時間7分。特に言うことなし・・・(それだけかよ!)

まぁ、以上3つは場所も近く、短時間で回れるため、合わせて技あり一本というところか・・・
観光施設として悪くはないが、いまいち気合いが入っていないのが感じられる。
(今はGW!、ゴールデンなウィークでっせ!旦那!!今気合いいれんといつ入れるの!!)

続いて本日のメインイベント吹屋の町並み
やましん隊長はこういったノスタルジーを感じる古い町並みが好きである。
今回の一番の期待物件(しかし渋い・・)
町並みといっても一本の道沿いに200m程度古い家並みがあるだけなのだが、
妙に不釣り合いな建物が混じっておらず、いい雰囲気が残っている。
結構お気に入りとなり、昼食も含め1時間ほど滞在。



昼食は町並み内の藤森という田舎そばの店で、ラーメンを注文(ここでラーメン食うか??)
山菜おこわにぎりがお薦め


昼食後、鳥取、皆生温泉の宿を予約完了。
一路高速道路を米子方面へ・・・

3.宿泊
ゴールデンウィークの5/1、当日昼過ぎに電話をかけて当日の宿を手配するやましん探検隊恒例行事。
今年はあっさり2件目、5分で手配完了。あっけなく、副隊長は物足りなさそう。
予約できたのは皆生温泉「東光園」。結構由緒正しい老舗のホテルらしい。
GW時期としてはむちゃには高くない大人一人25000円に首をかしげつつ、ホテルへ向かう。

有名建築家がデザインしただけあって奇抜な形の本館に手の込んだ日本庭園。
部屋はアンティークの間という特別室。3室もありやましん隊長びっくり!!広い!!


露天も広いし、夜は餅つき。なかなかええんでないかい??
結論から言えば当日予約の割には、大満足の宿。

4.2日目
さて、2日目。
米子からロマン街道を一路鳥取へ
やましん探検隊副隊長(嫁はん1号)はなんと鳥取砂丘を見たことがなかった。
隊長は何度か行ったこともあり、あまりの魅力のなさに死ぬまで行くまいと決めていたがやむ終えない。
左手に日本海を見ながら田舎の国道をひたすら東へ・・・

途中で見つけた「風の丘」・・・・あまり見るところなし


ほんでもって途中で寄った「中国庭園 燕趙園」。いわゆる箱物か?
高校生の演じる龍の舞が良かった。(というより一部かわいい女子高校生が・・・・)


続いて、魚見台という場所からの眺め(これは圧巻)



というわけで到着した最終目的地鳥取砂丘
なぜかここにも、うようよとGWに海外旅行ができなかった貧乏人が集まっている。
今時、こんな所に来る日本人がいるのかと思うが、結構いるのには驚き。おみやげ物屋も年に数度のかき入れ時でおおわらわ。


ほかに行くとこないのか?おまえら!!(と、自分のことは棚に上げる)


ほんでもってお約束。帰り道での入湯。
鳥取県八頭郡若桜町のふれあいの湯

入湯料400円でぽかぽか状態。でも露天なし

その後、やましん探検隊は、明石大橋経由。途中藍住で焼き肉とビールでべろべろ、
結局夜中10時帰着・・・・・・・・・・

今回のGWはひさびさにGWらしいGWであった。