【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】

へんろウォーキングを終えて(のまとめじゃ!。今頃・・・・・・)

・へんろウォーキングで四国一周したが、歩いての率直な感想!
各県の感想 感想
徳島県 ・地元が徳島県吉野川北岸のため、1番霊山寺から10番切幡寺までは、地元の生活圏内。なんの苦労もなく歩けてたが、
 今まで知らなかった昔ながらの旧へんろ道を歩くのは新鮮!。地元なので安心感もありこの時点で、四国一周を目標とする!

・11番藤井寺から初のへんろ転がし、12番焼山寺へは、快適な山道歩きで大喜び!
 ただし、焼山寺から麓の宿までの下りで、登りより下りのつらさを知る。
 しかし、へんろ歩きは、夏より冬の方が快適であると確信する。(横峰寺、雲辺寺は別格!)

・鶴林寺、太龍寺への登り下りはそれほど苦でもなく、たいしたことない。

・むしろ、徳島県最後の寺、薬王寺から先で足裏の痛みに苦しむことになる。
高知県 ・高知に入り、東洋町から室戸岬へ、海を見ながらの歩きを楽しむが、ここでも足の裏の痛みとの戦いは続く。

・事前に鉄道、バスをネットで調べ、計画を考えるのが楽しい。路線バスに乗ったのは何年ぶりだろう♪
 また、パジェロが事故修理から復帰し、車中泊をしながら進む。(車中泊場所には悩むが、これはこれで楽しい!)

・室戸岬を回り、吉良川の古い町並みに感動する。(こんな観光地、知らんかった〜!)

・高知東部交通バス、ごめんなはり鉄道を活用しながら、高知平野へ突入。
 この先は、いわゆる民宿(へんろ宿)のお風呂、料理も楽しみながら進むことになる。
 正直、四国四県の中で一番民宿が充実していたと思うのは高知!
 (これはあくまで個人的感想。何軒かある内の一軒だけで判断しているので偶然いい宿ばかりに当たったのかもしれない。
  また、あとになるほど民宿慣れしてきて感動が薄まって来たのかもしれない。)

・高知県西部もJR四国、民宿を活用し、太平洋の大海原を満喫しながらとにかく歩く。

・この辺りになると、なぜか足の裏の水ぶくれが出来にくくなった。快調〜♪

・最後に悩んだのが足摺半島。民宿の選択肢が少ない。パジェロの車中泊の可能なポイントはいくつか見つけたが、
 この時点で、すでに民宿に泊まる楽しみにどっぷりとはまってしまった。とにかく計画を練りに練ってなんとかクリア。
 (民宿は、金はかかるが、1日8時間、30km歩いてたどり着く宿のもてなしに勝る物なし!)

・高知も宿毛で終わりだが、徳島よりもかなり楽しくへんろウォーキングを堪能出来た。
 徳島は発心の道場、高知は修行の道場と言われているが、距離が長いがそれほど苦行とも感じず、
 民宿ではビール飲みまくり!。さすが酒飲みの国、高知万歳!
愛媛県 ・愛媛は菩提の道場と言われているが、とにかく前半の峠越えの山歩きはしんどかった〜。(こっちがよっぽど修行じゃな)

・愛媛も松山までは結構評判の良い民宿があるのだが、調査不足と、通常の宿泊ポイントと半日ずれたところで
 夕刻になるため、あまりはやっていない民宿を泊まることが多かった。
 (岩松にある三好旅館は晩飯にウナギと伊勢エビが出るらしい。泊まりたかったが、昼前に通過〜(T_T))

・へんろ歩きは冬に限るが、久万高原での大雪には参った。ワシがいったいどんな悪いことしたっちゅーねん。
 ともかく、この雪中行軍と、松山市までの長い下りで 、膝を故障してしまった。(未だに未完治)

・松山を過ぎれば瀬戸内海を見ながら進むが、やっぱり太平洋の方が良かったなあ。

・個人的には一番びびっていたのが横峰寺。冬場にここを登るのは辛そうだが、登ってみるとそれほどたいしたことは無い。
 登ったあとの長い下りは堪えたが・・・

・ここまで来ると、もう先が見えてきたし、以前よくドライブした辺りを歩くので、あまり楽しくない。

・しかし、高知といい、愛媛といい、なんでこんなに歩く距離が長いんだぁ〜!
香川県 ・香川と言えば、もう地元と近いし、よく遊び回った場所。(買い物とか、ドライブとか。) 身近すぎてあまり感動無し。

・初っぱなの雲辺寺さえ越えてしまえば、あとは惰性で歩く。もう少しで終わってしまうので悲しい。

・徳島県南部〜愛媛県中部まではあまり人に会わない場所も多かったが、香川は住宅街、生活道を通ることが多い。

・最後は大窪寺だが、既に何度も訪れた場所。特に感動も無く、へんろウォーキングを終える。

・お寺関係
 1)どの寺も覚えているが、特に記憶に残る寺
   焼山寺・・・・・・・・・・最初のへんろ転がしで到着し、足がくたくたになった寺
   神峰寺・・・・・・・・・・まっ縦の山道を登ったあと、標高が高いにもかかわらず、寺の庭が綺麗だった寺
   竹林寺・・・・・・・・・・境内の樹木が綺麗
   石手寺・・・・・・・・・・境内にトンネル、海外の建物などがあり、変な寺。
   香園寺・・・・・・・・・・本堂が四角形のコンクリート製
   前神寺・・・・・・・・・・本堂の両側に屋根付き通路が延びている
   雲辺寺・・・・・・・・・・冬で、たどり着くまでアスファルト道が氷でつるつるだった寺
   善通寺・・・・・・・・・・弘法大師が生まれた寺だけあって、境内に屋店が出ており、変わったたこ焼きを食った寺
   志度寺・・・・・・・・・・境内が西洋ガーデニングされている寺


←へんろウォーキング最終日へ戻る

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】