【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-03
探  検  名:第11番〜第12番
歩  行  日:2016年2月3日
歩 行 距 離:16.453km
歩     数:37,659歩
歩 行 時 間:6時間45分
累 積 標 高:1,302m

時間データ 時刻 時間 備考
第11番藤井寺発 6:55 0:00  
端山休息所 7:18 0:23
長戸庵 8:05 1:05
柳水庵着 9:12 2:17 朝食
9分
柳水庵発 9:21 2:26
浄蓮庵(一本杉庵) 10:06 3:11  
左右内谷川渡る 10:58 4:03
第12番焼山寺着 11:48 4:53 昼食
29分
第12番焼山寺発 12:17 5:22
杖杉庵 12:49 5:54  
すだち館着 13:21 6:26


(クリックで拡大します)


(クリックで拡大します)

 まずは、悪ガキおっさん探険隊の皆さん、すんまへん
 以前、「焼山寺のへんろ転がし行こうよう」との提案に二の足を踏み、その後、下調べを進めたところ、
 へんろウォーキング的には、焼山寺を下った所で一泊し、翌日、徳島市内まで歩いて戻ってくるのが一番効率的と判断。
 専業主夫の特権!、平日2日間の単独先行とさせて頂きました!(今度、フォローしますので、なにとぞご勘弁の程・・<(_ _)>・・)

 近況報告(パジェロ入院)
 さて、先週はまれに見る大寒波!。前日の降雪により1月25日朝、道路はカッチンコッチン!
 そんな中、雪道大好きパジェロくんの四駆を駆使し、郵便局へ向かっていたところ、
 対向車線の軽トラがグリップを失い、斜め45度に回転しつつ、センターラインを越え、パジェロめがけて滑ってきた!
 ぎょえ〜〜!!ぶつかる〜!!。左に逃げようにも、歩道との間には縁石があり逃げ場無し!
 あかん!と思って、身構えた直後、激突の衝撃!嫌な破壊音!
 ・・・・・・・・ということで、愛車パジェロくんは、長期入院となりました。いままで大事に乗ってきたのに・・・・・(T_T)
 まあ、互いに怪我無く、パジェロも相手方の保険で修理してもらえるようなので、元気になって帰ってこいよ〜〜。
 (しかし、あの衝撃で作動しないエアバッグって・・・・・、大丈夫なのか?。中身、腐っとんちゃうか???)
 今は代車のプリウスに乗ってます。やっぱり燃費いいね〜。パジェロとは大違い。
 しかし、年初から縁起が悪い!厄落としに、へんろ転がしに行ってきます!
---------------------------------------------------------------------------------------------------
1.11番札所 藤井寺〜
 やっと、天気予報も安定してきましたなぁ。2月3日は曇り時々晴れ、2月4日は晴れ時々曇り。
 温度は低いが、最高標高700m程度のへんろ転がし。山道を歩いていれば、寒くないはず!
 ということで、2月3日、早朝、車で藤井寺の数百m手前まで送ってもらう。
 (まさかとは思ったが、有料駐車場内でUターンして文句言われても気分悪いだけだしね)

 しかし、寒いねぇ〜。晩秋用の登山ウェアの上に、先日購入した遍路用白衣を着ても結構寒い!
 (このへんろウォーキングは、宗教的アイテムは持たないつもりであったが、今日は善根宿へ宿泊予定。
  今回は、せめて白衣(長袖)だけでも着ないとやばいでしょう。ということで、先日2800円で買ってしまった。)

 時刻は6時40分。本日の日の出は7時なので、もうだいぶ明るくなってきている。
 6時50分、藤井寺に到着!。大師堂で区切り打ち再開を報告しする。

【藤井寺まで数百mを歩く】                           【藤井寺到着】


 それでは、焼山寺へのへんろ転がし!。転がせるものなら、転がして頂きましょう!
 6時55分!藤井寺、本堂左から焼山寺みちへ突入じゃ!

 登り初めは谷間の樹林の道を進む。「藤井寺四国八十八カ所霊場参道」の周回道に悩みつつ、なんとか焼山寺への道を進む。
 うーん、かなり整備されています。やましん隊長、このへんろ道は登山道レベルと思っていたが、遊歩道に近いか??

【焼山寺へのへんろ転がし、入り口】                     【整備されたへんろ道】


 登り初めは、ゆっくり小幅で進む。だんだん体も温まってきたぞ!。というか、特にリュックを背負った背中から汗かいてるやん!
 とはいえ、白衣を脱ぐには寒そうだし・・・・・しゃあない!このまま進みましょう!
 藤井寺から23分で端山休憩所通過。(こんなところで休憩していたら逆に体が冷えてしまう〜)

 その先も気持ちの良い登り道。今までどれだけの人が歩いたか解らない掘り割りの道。年季を感じる。

【端山休憩所】                                  【掘り割りの登山道】


 しばらく進むと、水大師発見。ちょろちょろと水が流れているが、やましん隊長は潔癖症。
 ありがたい水なのかもしれないが、これも素通りする。
 (それに、持ってきたペットボトルが4本もあり、外温でキンキンに冷えてなかなか飲めずにいる。)

 おっと、長戸庵まで560mの標識有り!。適度な勾配で登りやすいですなぁ。

【水大師】                                     【長戸庵への標識】


 登り始めて1時間5分。長戸庵に到着!。休憩するにはちょうどいい、などと言われているが、
 霧雨?もわずかに降っているので、濡れたベンチにも座れないし、そもそも疲れていないし、
 ってことで、ちょこっと参拝して先に進む。

【長戸庵到着】                                  【長戸庵:この賽銭箱は、誰がいつ回収に来るのだろうか??】


 長戸庵横に、便所発見!ただし、女性専用、それも小便限定。男はひとつ先の柳水庵まで我慢しろって事です。
 7分ほど進むと休憩所?発見。

【女子小便専用便所(本当にそう書いてあるんだってば!)】       【休憩所?】


 ベンチには「風景発心の地」とあります。意味はよく解りませんが、吉野川がよく見えます。

【風景発心のベンチ】                              【そこからの風景】


 一旦登りは緩くなり、気持ちの良い尾根道を進む。(ここは他の人のHPでもよく写真が撮られている場所ですな)
 雪が少し残っている場所もあり。一応、軽アイゼンを持ってきたが、たぶん使うことも無いかな。

【尾根道〜】                                    【雪景色〜】


 またまた気持ちの良い尾根道〜♪。
 だんだん、下り道になってきた。おや?小さな神社??発見。

【快適な尾根道】                                 【なんでしょう?】


 入り口の看板も字が薄くて読めまへん。
 中に入ると、一応納札入箱があるので、参拝すべき場所なのでしょう。(とりあえず拝む)

【看板が読めない〜】                              【石仏が奉ってあります】


 この庵?のすぐ下に、柳水庵がありました。登り始めて2時間17分。(早いのか、遅いのかよく解りまへん)
 人気のない宿坊?に「すぐ下に休憩所があります」と看板あり。

【柳水庵】                                     【標識】


 少し下ると、わりと小綺麗な休憩所発見!。げげっ!「中にスズメバチの巣あり危険」!?
 この季節、それも外なら大丈夫でしょう。縁側でリュックをおろし今日初めての休憩です。ここで朝食(おにぎり1個)を食す。

 さっきまで下り道だったし、朝食休憩も取って体が冷えてきたので、長居せず、すぐに出発する。

【休憩小屋】                                    【スズメバチって・・・・・】


 おや、休憩所のすぐ下の峠にトヨタのランクル?が停まってます。周りに人気はなし。いったいどこに行ったんだろう。
 標識に従い、この峠を挟んで反対側(南側)の山の林道へ進む。なんか広くっておもしろくない林道をゆるゆる登っていく。。
 18分林道を進むと、やっと左の歩きへんろ道へ分岐あり。

【柳水庵下の峠】                                 【林道からやっと分岐】


 ここからは適度な登り道が続く。あ〜気持ちいい。ゆっくりゆっくり、このへんろ転がしの最高地点への登りを楽しむ。

 おや?右手に2本の石柱が・・・・?あ〜あ、着いちまったよ。浄蓮庵。

【浄蓮庵への登り】                                【浄蓮庵への階段下、石柱】


 登り始めて3時間11分。大きな杉をバックに、弘法大師像のお出迎えでございます。
 浄蓮庵に到着!(通称、一本杉庵とも呼ばれているらしい)。標高745m!

 ここで作業服?を着た2名の男性と遭遇。へんろ道の管理のため登って来た関係者らしい。
 「来月から、歩く人が増えますからねえ。ここまで倒木とか無かったですか??」とのこと。
 倒木も、道の崩壊も無かったことを報告する。

【一本杉の弘法大師像】                            【その右手の浄蓮庵】


 ここが最高地点か・・・・なんだ・・・へんろ転がしって、たいしたことないなぁ!
 (・・・・などと大口をたたいた罰が当たるとは、この時はつゆ知らず・・・・・・・・)

 とりあえず、焼山寺を目指して下る。
 ゲロゲロゲロ・・・こ・この下りは、結構きついですなぁ!!!。

【浄蓮庵】                                     【左右内集落への下り】


 途中で三角点?らしきものを発見。帰って、国土地理院のHPで確認しよーっと。・・・などと余裕をかましている場合でない。
 40分ほど下って、やっと左右内の集落が見えてきた。
 ここで1名の男性と遭遇。柳水庵の峠から数名で来たとのこと。「峠のランクルですか」と聞くと大当たり。
 また、柳水庵まで帰る途中らしい。おっちゃん気ぃつけてな〜。
 
【三角点??らしき物(要確認)】                        【やっと左右内集落】


 しかし、まだ下りは続く。家々の間を進み、さらに下る。集落内は分岐点もあり、案内板を見落とさないよう要注意。

【左右内集落】                                  【さらに下る分岐】


 おっと、この標識、焼山寺の方向が逆!。あわてて引き返すと、・・・道端のコンクリートの溝蓋がへんろ道で、分岐してました。
 これは、標識がなかったら、絶対解らんわ!(まぁ、結構派手に標識類があるんですけどね。下りに疲れて見落としてしまった。)

【逆方向の標識:これがなかったらどこに行ってたやら】          【この溝蓋を下るんですか!?】


 細い道を進むと、なんか工事やっています。「一ノ瀬橋橋梁修繕工事」??
 最近、老朽化が進んで、いつ壊れるか解らない橋がたくさんあるとニュースで言っていたが、これもそのひとつか??

 橋を渡ると・・・へんろ転がし6/6登場!焼山寺への最後の登り!。

【左右内と焼山寺の間の橋:補修中】                     【来たー!へんろ転がし最終版!】


 ちょっと、ええ加減にせえよ。いままで4時間、登り下りしてきてるのに、最後にこの登りはきついわ!
 (・・・・実は、きついのは、まだ最後ではなかったんですなぁ。この時はつゆ知らず・・・・)

【焼山寺へのきつい登り、その1】                       【焼山寺へのきつい登り、その2】


 約30分のきっつい登り。あーしんどー。
 その後、勾配が緩くなったなーと思っていたら、広い林道に出てしまった。どうなったん??

【なにか開けた場所が・・・】                           【林道になってしまった】


 林道を進むと・・・・・人工構造物が・・・・・焼山寺か??
 やっと、やっと到着か。焼山寺の駐車場への舗装道路を横断し、奥の参道へ入る。
 右に行くと駐車場だったと思うので、とりあえず左へ進む。

【人工構造物が・・・】                               【参道到着!】


2.12番札所焼山寺〜

 着きました!焼山寺!藤井寺を出てから4時間53分!
 たしか藤井寺の焼山寺道の入り口に「健脚5時間、普通6時間、弱足8時間」とあったなぁ
 とりあえず、健脚かな! ・・・・・・などと勝手に喜んでいたが・・・・・・
 よーく考えると、この基準は、1番霊仙寺から11番藤井寺まで2日間歩いた翌日、疲れた体で歩いた時間。
 やましん隊長は万全の体調でまったくハンディ無し!(これで健脚と喜んでいたら、ヘソで茶が沸くなぁ!)

 まぁ何はともあれ、無事到着。罰当たりにも、山門で弘法大師像の台座にカメラを置き記念撮影!

【焼山寺山門】                                  【記念撮影】


 さて、参拝です。本堂と、大師堂。これで今日はおしまい!

【焼山寺本堂】                                  【焼山寺大師堂】


 時刻は12時。さて、昨日予約していた「すだち館」に焼山寺到着の連絡を入れましょうか!
 電話を入れると、女将さんが「えーもう着いたん?。ほな、うちに泊まらんと、もっと先まで行くで?」とのこと。
 いやいや、もう既に疲れてるし、明日は明日で、30km以上歩く予定だし、泊めて下さいと依頼。
 女将さん曰く、「下りは1時間以上かかるけん、ゆっくり下りてきなよ」・・・・・・下り1時間以上って・・・・・・
 えーい、考えても始まらん。まずは時間もあるし、ここで昼飯にしましょうか!

 近くに数名の男性が休憩している。聞くと、先ほど左右内集落で会った柳水庵のランクルの一行らしい。
 1名は体力を考え、左右内から先に引き返したとのこと。その人から一行に携帯で私の話があったとのこと。
 あんな所でも、携帯通じるんやなぁ、と感心する。

 日当たりの良いところに移動し、昼食はおにぎり1個。・・・・・さて、することがない・・・・・・・
 仕方がない。「すだち館」まで下りましょうか。

 ・・・・・焼山寺からの下り・・・・1時間以上・・・・予想通りの長〜い下り・・・・・・・
 両手ストックを頼りにトボトボと山を下る。 太ももとひざが痛い!。(思いっきり罰当たってます。)

【山門から下ります】                               【下り(前半)】


 途中、何度かアスファルト道に出るが、30分ほど下った所で杖杉庵発見!
 休憩がてら、参拝する。最初に四国八十八カ所霊場を巡った衛門三郎の終焉の地らしい。
 (・・・・・が、今はそんなことはどうでもいい。・・・・・早く宿に着きたい。・・・・・・・足痛い・・・・・・・へんろ転がし7/6か?・・・)

【杖杉庵】                                     【弘法大師と衛門三郎の像】


 またまたアスファルト道から歩きへんろ道へ突入。あと2週間ほどで咲くであろう梅林の中を進む。

【車道から分岐】                                 【咲いていない梅林】


 もうそろそろ1時間は下ったかな?。疲れた〜。下を見ると、空のプールがある。
 少し下ると、なべいわ橋と工事中の学校らしき建物が見える。さっきのプールは、この学校のものか?
 ※後で調べるとこの建物は左右内(そううち)小学校(廃校)で、今もいろいろイベントで使用されるらしい。

【空のプール】                                   【なべいわ橋】


3.すだち館
 やっと・・、やっと鍋岩の「すだち館」に到着!藤井寺から6時間26分。焼山寺から1時間4分。足だるいぞー。
 店に入ると、おじいさんと、若い男性が将棋を打っている。な、なんだこのまったりとしたシチュエーションは・・・・・
 とりあえず、その横の椅子に座り込む。

 この「すだち館」はいわゆる善根宿。儲け度外視で、お遍路さんを助けてくれる、ありがた〜い宿泊所。
 宿泊、神山温泉入浴(送迎込み)、夕食、翌日の朝食、お昼のお弁当、全部込みで4000円!(安すぎます!)

 女将さんの計らいで、とりあえず荷物を部屋に入れさせてもらう。
 すだち館は売店、食事の場所で、宿泊は道を挟んで50mほど離れた場所の、元教員宿舎みたいな建物。
 隣にも宿泊棟があるらしい。

【すだち館】                                    【すだち館、宿泊棟】


 部屋で荷物を下ろし、やっと楽になる。やっぱり下りはきついわ〜〜。
 すぐに、神山温泉にお風呂に行ってきな、と女将さんの指示。着替え、タオルを持って、店まで行くと、
 若い男性も一緒に行くとのこと。彼は実はお遍路さんで、昨日、すだち館に泊まり、連泊しているらしい。
 聞くと、まだ大学生で、足の靱帯を痛めたので、今日は安静にしているとのこと。
 
 15分ほどで神山温泉に到着!。すだち館でもらった入浴チケットを渡し、入浴。
 くっさい汗を洗い流し、足の筋肉をもんで疲れを取る。あ〜生き返る〜。
 リュックで担いできたジャージ(上下)に、ダウンのインナージャケットをはおり、気分爽快。
 荷物になっても、宿用着替えを持ってきて正解。

【今夜の宿(1人1部屋)】                            【神山温泉】


 お風呂から帰ってくると15時。晩ご飯まで、まだ時間があるので、女将さんに今夜の宿代4000円と洗濯機使用代300円を支払い
 今日使った登山時の衣類、タオル等を洗濯、乾燥する。これで明日、臭くない登山服で出発できる。

 晩ご飯は,野菜等の炊き合わせ、ホカホカの寄せ鍋風煮物、そして!今日は節分!まるまる一本の恵方巻き!。それと豆!。
 やましん隊長、女将さんの「ビールは飲みますか?」との問いかけに、「はい!飲まれます!」といいつつ、勝手に冷蔵庫から取る。
 巻き寿司は、口いっぱいの太巻き!。とても、無言で一本一気食いは無理じゃぁ!!かぶりつくだけでも、あごが疲れた。
 ビールを勝手に取りまくり、結局、食事時にのどごし生3本、部屋飲み用に、アサヒスーパードライを2本購入!(別料金です。)

 お遍路中に、善根宿で、ここまで飲むのも不謹慎かな?とは思ったが・・・・・・・・・・・・
 「これは私が飲んでいるのでは無い!あのへんろ転がしの山行が飲んでいるのである!」ということにしておく。

【洗濯機、乾燥機、洗剤】                            【晩ご飯】


 食後、部屋に戻る。テレビはないが、スマホは使えるので、久しぶりに静かな夜を過ごす。(もちろんビールを飲みながら)
 明日の朝食は6時からなので5時30分に目覚ましアラームをセットする。
 22時就寝!おやすみなさい!。

 しかし、今日、へんろ転がしを歩いてみて、きつかったのは
 1位:焼山寺から鍋岩集落までの下り
 2位:焼山寺への登り
 3位:浄蓮庵からの下り
 ※結局、後ほどしんどいということですな!

 本日の歩行距離、16.5km、歩行時間6時間45分。累積標高1302m!
 明日は、玉ヶ峠を経由して、井戸寺まで・・・・・長丁場になりそうですなぁ!

今日の散財
昼飯 ¥360 おにぎり(朝食・昼食用)
宿泊料 ¥4000 夕食・朝食付き、神山温泉送迎入浴代、翌日弁当代込み
洗濯代 ¥300 洗濯、乾燥代
飲料水 ¥390 翌日の飲料水確保(130円×3本)
ビール代 ¥1050 のどごし生150円×3本、ASAHI DRY 300円×2本
合   計 ¥6100 善根宿なので、少ない出費で助かりました。感謝!

←前回へ戻る】   【翌日へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】