【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-04
探  検  名:第13番〜第17番
歩  行  日:2016年2月4日
歩 行 距 離:32.424km
歩     数:58,288歩
歩 行 時 間:9時間3分
累積  標高:891m

時間データ 時刻 時間 備考
すだち館発 7:00 0:00  
玉ヶ峠 7:51 0:51
阿川バス停通過(長い下りの終り) 9:20 2:20
第13番大日寺 12:24 5:24 昼食
15分
第14番常楽寺 13:15 6:15
慈眼寺 13:27 6:27  
第15番国分寺 13:42 6:42
第16番観音寺 14:19 7:19
第17番井戸寺 15:03 8:03
192号線上鮎喰橋西(区切り) 15:47 8:47
JR府中(こう)駅着 16:03 9:03


(クリックで拡大します)


(クリックで拡大します)

1.すだち館〜

 さて、昨夜のすだち館宿泊。布団も暖かく、熟睡。5時20分に起床。
 今日は足が筋肉痛になるだろうと、寝る前にロキソニンを飲んでいたのが効いたのか、特に痛いところもなく、快調!快調!
 ストーブをつけ、暖まった部屋で登山服に着替えと荷物の整理をする。
 6時になったので、店で朝食をいただく。たしか、どんぶり飯にハムエッグ、焼鮭、あとは忘れてしまった。
 女将さんから「御飯おかわりしてよ〜」と言われるが、十分腹一杯です。ごちそうさまでした。
 部屋にもどり、片付け。白衣、リュックなど、本日のへんろウォーキング装備一式を着用し、一泊世話になった部屋をあとにする。

 店で女将さんから昼のお弁当と、デコポン、お菓子をいただく。お世話になったお礼を言い、7時丁度にすだち館出立!
 田んぼにはびっしり霜が降りているが、歩いているとそれほど寒くない。
 2分も歩けば、歩き遍路道への分岐、小さな橋を渡り、山道を進む。

【すだち館出発】                                 【歩き遍路道への分岐】


 しばらくは山道を進んでいたが、結局アスファルト道に出る。ここを案内板に従い歩いて行くと、「谷道、一ぷく場」の標識の分岐あり。
 ここからは、玉ヶ峠までの登りがあるはず!。気合いを入れて登りましょう!。

【アスファルト道へ合流】                           【玉ヶ峠登山道入り口】


 これは・・・、予想していたより厳しい登りですなぁ!まさにへんろ転がし8/6に値する急坂!
 昨夜飲んだ5缶のビールが全身から汗となって流れ出ている感じがする。(あんなに飲まなければ、楽だったかも・・・・)
 道も不明瞭な箇所が何カ所か有り、悩んで、進んだ先に道標を見つけほっとする。
 この谷道よりもっと明瞭で整備された道があるんじゃないのかと、不安になるほどきつい登りが続く!

【きつい登り】                                   【道標で一安心】


すだち館の親父さんからは、「玉ヶ峠までの登りは45分!頑張れ!」と励ましてくれた。
もう、登るしかない!。はっきり言って、あまり登られていない登山道のようである。
谷道の分岐から登ること20分。やっと、やっと舗装道路に出る。

【きつい登り、その2】                              【舗装道路へ出た!】


 ふ〜っ、一安心。あとは舗装道路をゆるゆる登ると、着きました!玉ヶ峠!
 すだち館を出て51分。朝一からええ汗かかしてもらいました!

 玉ヶ峠にも庵があるが、ここは宿泊禁止の看板有り。日陰で寒くなってきたので、先を急ぐ。

【玉ヶ峠】                                     【宿泊禁止の庵】


 今日の天気は快晴!あとは第13番札所大日寺を目指して下るのみ!。張り切って行きましょう!
 (・・・・・などと、元気だったのは最初のうちだけ・・・・・。ずーっと続く下りにだんだん足が疲れてきた。

【本日快晴!】                                  【長い下りが続く】


 アスファルト道の下りは、足に堪えますなぁ〜。我慢しながら下る事、1時間30分。
 やっと、川まで下りてきました。あーしんどかった。(・・・・これで足の痛さから解放されると安堵したが・・・・・甘かった。)

 この川沿いの集落には、阿川のバス停がある。(今でも、機能しているのか??あまりに古い看板に感動すら覚える!)

【川まで下りてきた。】                              【古いバス停の標識】


 この集落は、やたら布製の案山子(人形?)があちこちに置かれている。バス停標識の隣の家に人影が見えたので
 道を尋ねようとしたら・・・・げげっ!やっぱり人形やん。かかしは見かけるが、生きた人間が見当たらない・・・・。

 この集落から、福原橋を渡り、鮎喰川の対岸(南岸)へ移動する。(対岸が福原集落)

【妙にリアルなおっさんの案山子】                       【福原橋を渡る】


 対岸は山の日陰になるので、この時刻でもまだ霜が残っている。案山子も寒そうである。
 あれ?あとは下るのみと考えていたが、なんで道が登ってるの??

【寒そうな案山子】                                【登り路になる】


 地図を見ると、一旦左にゆるく迂回する様になっているが、実際はつづら折れの道。一番上に駒坂峠の看板あり。
 そこを越えると・・・・・おおっー!へんろ歩きの人のHPで必ずといっていいほど登場する、流されそうな橋!発見!。
 やっぱりこの道で間違いなかったんや〜と、ほっとする。

【駒坂峠標識】                                  【流されそうな橋】


 あれ?たしか他の人のHPでは、木の板だったり、流されて渡れず引き返したりと、壊れやすそうなイメージだったが、
 まだ新しい、がっちりしたコンクリート製の一本橋になってる!。(ちょっと残念)
 これで、また鮎喰川を北岸へ渡る。

 その後も、アスファルトの舗装道をとぼとぼと歩く!・・・・しかし・・長い!長すぎるぞ!
 すだち館を出発してから既に3時間半!。やっと神山森林公園への分岐を右折する。

【がっちりした橋に変身】                            【南岸へ分岐】


 この広野の橋は1車線で、信号による交互通行で不便だったので、2車線の大きな橋をかけているとのこと。
 橋を渡り、鮎喰川南岸を進む。あとは、この南岸の道路を道なりに進めば大日寺に着くはず!
 しかし、歩き始めて既に3時間45分。昨日の疲労も含め、いくら平坦とはいえ、足が痛くなってきた。(ロキソニン追加)
 車だとあっという間だが、歩いてみると、しんどいですなぁ!いったい、いつ着くんじゃぁ!
 (やや切れ気味だが、まだ切れる元気が残っているだけまし。)

【工事中の広野の橋】                             【延々と続くアスファルト道】


 おお!徳島刑務所の看板!。昔、仕事で一度中に入ったことがあるが、恐そうな方がたくさんおいでました。(ほんま恐かった。)
 歩き遍路の地図によると、大日寺の奥の院である建治寺への案内板があるが、とても寄り道する元気がない。
 大日寺〜!いったいいつ着くんじゃあ〜!(カラータイマー点滅状態!)

【徳島刑務所の案内板】                            【建治寺の案内板】


2.13番札所大日寺〜
 やっと、やっと着いた〜!。すだち館から歩くこと5時間24分!第13番札所大日寺、到着!

【大日寺が見えた】                               【大日寺山門】


 遠い、遠すぎる〜。疲れた足を引きずり、本堂と大師堂を参拝する。

【大日寺本堂】                                  【大師堂】


 境内で弁当を食うのも気が引けるため、先に進む事にする。
 山門から一旦、前の道に出て、大日寺の敷地の角を左に曲がると、歩きへんろ道となる。
 すぐ奥にに「名西旅館・花」がある。たしか、昨日、すだち館で一緒に泊まった人が、今日はここに泊まるとか言ってたなぁ。
 (ここで荷物を置いて、身軽になって、近場の札所を巡り、17時、時間切れ時点で宿に電話すれば、お迎えが来るとのこと。
  翌朝は、前日の終了地点まで送ってくれるサービス付き。これもありかな?。こんどやってみよう。)

 のどかなへんろ道を、疲れ切った足で進む。
 もうあかん!。休憩じゃ!昼飯じゃ!。田んぼへのトラクターの進入スロープがいい休憩場所となる。
 リュックを下ろし、コンクリートのスロープにへたり込む。疲れた〜。
 
 時刻は12時36分。すだち館でいただいた、おにぎり弁当をむさぼり食う!。でかい梅がうまい!(塩分補給)
 とりあえず、食事は済んだし、日当たりは良いし、暖かいし、ここで昼寝をしたいなぁ!。
 あかん、あかん。そのまま夕方まで寝てしまうがな。悪魔のささやきを断ち切り、早々に再出発することにする。

【やっと見つけた休憩場所】                          【すだち館の女将さんのお弁当】


 分岐があるが、どちらに行けば・・・・・・。お地蔵さんの、しきび立てに案内シール発見。
 ほとんど謎解きゲームやな。矢印通り、左に進む。

【分岐有り】                                    【左への案内シール】


 一宮橋は今まで何度も車で通っている。途中にあるT字歩道が謎だったが、歩き遍路道だったとは!
 橋を渡り、地図と、案内標識を頼りに次の札所を目指す!。おや?。こんな所に池があったのか!初めての道にちょっと感動する。

【一宮橋途中への歩道】                            【へんろ道横の池】


3.14番札所常楽寺〜

 13時15分!第14番札所常楽寺に到着!。ここは山門が無いのかな?
 階段を上って境内へ進む。

【常楽寺到着】                                  【常楽寺境内、正面本堂】


 うん!この岩の境内。以前の車へんろで巡ったとき、珍しかったのでよく覚えている。(寺の名前は忘れていたが・・・・)
 「流水岩の庭」と言うらしい。気をつけないと、足を捻挫しそうになる。
 早々に本堂と大師堂を参拝する。

【流水岩】                                     【大師堂】


 その後、境内入り口の階段の途中から、次の札所へのへんろ道に入り、北上する。

4.14番奥の院、慈眼寺〜

 常楽寺から北へ歩くこと5分ほど。へんろ道案内シールは右に曲がれとなっているが、左奥に寺らしき物が・・・・・
 「四国遍路ひとり歩き同行二人」の地図は、慈眼寺に立ち寄るルートになっている。
 人気のない境内に入っていくと、やはり奥に、四国14番奥之院 慈眼寺の本堂発見!

【慈眼寺か??】                                【本堂】


 小さいながらも、大師堂もちゃんとある。地図では慈眼寺を通り抜けるようになっているが、
 あの境内からどう抜けるのだろう??と悩みつつ、入ってた道を戻る。

 慈眼寺の下(東側)の細い道路を北上していると、やっぱりありました!
 慈眼寺の参道の入り口階段発見!。ここが通り抜けの出口か。
 一応、登ってみたが、慈眼寺の本堂横の白い建物の裏口の隙間から境内に入る道。これは解からんわ!
 何はともあれ、疑問も解けてスッキリしたので次の札所へ進む。

【大師堂】                                     【参道階段】


 15番を目指してさらに北上すると、やたら中華風のお堂発見!。「八祖大師」の看板有り。
 ネットで調べると、10番切幡寺の奥の院も同じ名前である。真言宗を日本に伝えた8人のお祖師さま(弘法大師も含む)の事らしい。
 しかし、派手なお堂ですなぁ。

 へんろ道案内標識に従い進んでいくと、普通よりも背の高いお寺が見える。あそこが次の札所、国分寺やね!

【八祖大師】                                    【国分寺が見えた】


5.15番札所国分寺〜

 いやー、やっぱり近いのはいいですなぁ。慈眼寺を出てから10分足らずで、15番札所国分寺に到着。
 本堂は背が高いですなぁ!重層入母屋造とのこと。

【国分寺山門】                                  【本堂】


 大師堂はなんか新しい感じがする。最近立て直したのか???
 境内には七重塔の心礎の石もある。
 しかし国分寺も七重塔も、弘法大師が774年に生まれる以前に、既に作られていた?らしい。(ネット調査より)

【大師堂】                                     【七重塔心礎】


6.16番札所観音寺〜

 さて、次を急ぎましょう。さらに北上、環状線を渡り、14時19分に観音寺到着!今までで一番市街地っぽい場所の寺。

【観音寺山門】                                  【本堂】


 しかし、既に足も肩も、疲れ切ってボロボロ。活動限界時間はそれほど残っていない!。
 動けるうちに、とっとと参拝を済ませ先を急ぐ。国道192号線を横断する。車の交通量の多さに感動する。

【大師堂】                                     【国道192号線】


 次の目標は井戸寺。ここが今日最後の札所になる予定。(次の恩山寺はまだ20kmほど先なので、時間的、体力的に絶対無理!)
 しかし、井戸寺周辺の道は解りにくいなぁ!
 歩き遍路の地図とGPSを見比べながら進むが、地図のルートと案内シール、道標が一致しない所がある。(どちらを行くべきか・・・)
 通りすがりの老人に聞いても、話が長いばっかりで、結局は車のルートを進められる始末。
 もう、こうなったら地図は尊重するが、実際の道標を優先して進む事にする。(要は大きく外れなければ良しとする。)
 それに、精度にこだわるほど、体力も残ってない!

 案内シールの通り進むと、先の方に山門が見える・・・・・!井戸寺じゃぁ!!!

【井戸寺近くの、たぶん歩き遍路道】                     【井戸寺が見えた!】


7.17番札所井戸寺〜

 15時3分!井戸寺到着!とりあえずの目標をクリアーしたので、ほっとする。
 かなり派手な山門をくぐる。本堂より山門の方が立派じゃねぇか??

【井戸寺山門】                                  【本堂】


 井戸寺で覚えているのは、確か井戸を覗いて、自分の姿がはっきり映らないと、やばいってこと。
 大師堂を拝んだあと、その井戸に向かう。恐る恐る覗いてみると・・・・、映ってました。(よかった〜♪一安心。)

【大師堂】                                     【井戸寺の井戸】


 さあ、あとは自宅に帰るだけ!。
 ただし、終わり方をきちっとしておかないと、次回、また井戸寺までこなければならない。
 本来は次回の再開時、井戸寺の大師堂で区切り打ち再開を報告すべきなのだが・・・、今回はウォーキングが主体。
 GPS軌跡での歩きへんろ道がつながっていれば良しとすることにしている。
 歩き遍路の地図をから、次回のスタート地点を国道192号線の上鮎喰橋西詰め交差点(歩き遍路コース上)とし、
 今日は、そこまで歩き遍路道で歩いて、打ち止めとし、JR府中駅から帰ることにする!(それで勘弁してちょうだい!)

 それでは、上鮎喰橋まで、行きましょうか!
 ・・・・・しかし、歩き遍路地図のルートだと、へんろの案内シールや道標が見当たらない・・・・・
 歩きへんろ地図とGPSを見比べつつ、GPSの軌跡が地図ルートと一致していることを確認しながら進む。

 うげー、未舗装の農道に来ちゃったよ。農家のおっちゃんが作業してる。
 でもこの道が、歩きへんろの道となっているのでやむおえない。挨拶しながら軽トラの横を通らせてもらう。

【歩きへんろ道上の井戸寺バス停】                      【この道であっているはず!】


 やっと、・・・やっとたどり着きました!本日の打ち止め地点!国道192号線上鮎喰橋西詰!時刻は15時47分
 次回はここから、歩きへんろ道のスタート地点となる。

 それでは自宅に帰るとしましょうか・・・・・。JR最寄り駅の府中駅へ向かう。
 足も肩もボロボロ・・・・。リュックが肩に食い込む。足も自分の足でないくらい重い。

 スマホで、JR府中駅の汽車の時間を確認すると16時7分がある。これを逃すとまた40分待たなければならない。
 まぁ20分もあれば、余裕で府中駅に着くでしょう!と余裕をかましていたが・・・・・・スマホの地図の現在地がなかなか進まない。
 げげっ!これやばいんじゃない!?。だんだん焦ってくる。
 最後は、重たいリュックをかついだまま走る!走る!。こんなところで40分も待ってられるかぁ!!
 結果、発車4分前にJR府中駅に到着!。しんどい!!今にも倒るぞぅ!!
 
【区切り地点】                                   【JR府中駅】


 汽車に乗車後、家族に自宅近くの駅まで迎えに来てもらうよう電話をする。

 次回は、この帰りと逆。汽車にてJR府中駅まで来て、先ほどの区切り地点から再スタートとなる。

 なんか、この2日間の出来事が幻だったような感覚に陥る。証拠はデジカメの写真とGPSの軌跡!
 よい体験が出来たと思うが、へんろウォーキングはまだ始まったばかり。先は長い!
 とりあえず、アスファルトの長時間歩きへの対応策が必要。(荷物の軽量化と、靴のインソールの検討等)

 本日の歩行距離、32.4km、歩行時間9時間3分。
 さ・さすがに足、肩が痛い。これを通しで40日続ける歩き遍路の方々に敬服。 以上!

今日の散財
JR汽車代 ¥280 自宅に近い駅まで
晩のビール・フランクフルト ¥1,320 ビール6缶、チーズ入フランク3本
合   計 ¥1,600      

←前日へ戻る】   【次回へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】