【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-05
探  検  名:第18番〜第19番
歩  行  日:2016年2月16日
歩 行 距 離:32.504km
歩     数:58,232歩
歩 行 時 間:8時間5分
累積  標高:631m

時間データ 時刻 時間 備考
JR府中駅発 7:27 0:00    
 地蔵院 8:16 0:49
 地蔵越 8:44 1:47
 弘法大師御杖の水 11:11 3:44
第18番恩山寺 11:43 4:16
 釈迦庵 12:05 4:38
 お京塚 12:42 5:15
第19番立江寺 12:56 5:59
 沼江大師 14:15 6:48
生名バス停(鶴林寺登山口)着 15:25 7:58
徳バス、生名発 15:52    
徳バス、JR徳島駅着 16:35  


(クリックで拡大します)


(クリックで拡大します)

1.JR府中駅〜
 今日は、寒いですなぁ〜。最低気温0度。雪花散ってる〜〜。しかし天気予報はそれほど悪くない。
 とにかく予定通り、へんろ歩きの続きと行きましょうか!
 前回、井戸寺終了後、国道192号線、上鮎喰橋西詰交差点で打ち止めとしたので、
 今日は、近場のJR府中駅から再スタートとする。

 JR府中駅に7時23分着!。ダウンのインナージャケットを羽織って、出発する。
 14分かかって、国道192号線、上鮎喰橋西詰交差点到着!。(さすが平日。通勤の車が多いですなぁ)

【JR府中駅】                                   【前回打ち止め場所:上鮎喰橋西詰交差点】


 「四国遍路ひとり歩き同行二人」の地図だが、いちいち本を取り出すのも面倒だし、常時手に持つのは嫌だし・・・・ということで、、
 今回から、必要なページだけ、自宅のプリンター複合機でコピーし、ウエストバッグに入れ、すぐ見える様にする。

 しかし、市街地はやだなぁ。ここだっ!と思って、道を選択し進んでいると、いつの間にかへんろ案内シールが消え、
 おっと、一本隣の道だった、なんてことがよくある。
 上鮎喰橋を越えて、地蔵寺に向かうときも同様で、結局、GPSと地図を見比べ、修正しつつ、地蔵院の池のほとりにたどり着く。
 JR府中駅から、それほど遠くはないと思っていたが、地蔵院まで49分もかかってしまった。

【地蔵院の池】                                  【地蔵院山門】


 いつものごとく、本堂と、大師堂をお参りする。結構立派なお寺である。

【地蔵院本堂】                                  【大師堂】


 雪花も止み、朝日も照ってきたので、ダウンジャケットを脱ぎ、白衣に着替える。
 それでは、地蔵越を越えましょうか!。この道は、5日前、悪ガキおっさん登山隊で下って来た道。
 今日は逆に、ゆっくりゆっくり昔ながらの歩きへんろ道を登る。休憩所らしきものもあるが、疲れていないので素通りする。

【歩き遍路道への入り口】                            【休憩所??】


 途中、何度か舗装道路を通るが、30分足らずで地蔵越え最高地点に到着する。あとは下るのみ。
 車道をまたぐのは興ざめだが、これだけ歩き遍路道が残っているのはうれしい。(足も疲れないし)

【地蔵越最高地点】                               【その先の下り】


 しばらく下ると、やっぱりというか、立派な舗装道路を進む事になる。川沿いの道を進み、園瀬川沿いの道と合流。
 文化の森を対岸に見つつ、堤防沿いの道を進む。あまりおもしろくない道である。
 八万南小学校の付近で、堤防を越え、潜水橋を渡る道へ進む。(車は通行不可らしい。)

【地蔵越からの下り(舗装道)】                         【園瀬川、潜水橋への分岐】


 えーーっと、園瀬川の潜水橋って、こんなに綺麗だったかなぁ?。環状線の工事に合わせて、作り直してますなぁ。

 橋のたもとに「ちかんに注意」の幟が立ててある。痴漢にあった人はまわりの人に知らせる勇気が必要ならしい。
 うーーむ。ここに痴漢が出るのか・・・・・・・しかし、・・・・・・
 1)まず、こんなさびしい場所を痴漢に遭いそうな、うら若き女子高生(一般女性でも可)が通るだろうか?
 2)こんな人気のない、痴漢対象の女性が通行しそうもない場所に、はたして痴漢がわざわざ来るだろうか?
 3)仮に、こんな寂しい場所で女性が痴漢に遭遇して、大声を出しても、「周りの人に知らせる」こと自体、可能なのか?
  (女性の助け声が届く範囲に人が居るのだろうか????)
 うーーむ、いろいろ考えさせられる幟だ!。(仮にもへんろ歩きをしている人間が考える内容では無いのだが・・・)

【園瀬川潜水橋】                                 【ちかんに注意】


 潜水橋を越えると、真新しい道路がに出る。これは建設を進めている徳島環状線とその周辺道路ですな。
 「四国遍路ひとり歩き同行二人」の地図には載っていない。しかたがないので、迂回し、地下道を通って進む。

 交通量の多い通りに出ると、見覚えのある場所・・・。そう!ここは以前、中華そば「やたつ」があった場所!
 やましん隊長が「徳島中華そば探険隊」をしていたときのお気に入りの店だったが、・・・・中華そば「ほずみ」になっている。
 帰ってから調べると、「やたつ」は数年前、閉店したらしい。残念!

【環状線で道が変わっています】                       【お気に入りだった「やたつ」跡、店が変わっている。】


 その後、車道横の細い歩道を進む。旧道らしき道に入ると、いろいろ味のある建物に出くわす。
 そのひとつ、「バラエティーショップ大阪屋」。看板を見ると、学生服、体操服、酒、食料品、靴と書いてある。
 今日は先を急ぐので素通りしたが、一度、店内を見学したいものである。

 地図の通り進むと、国道55号バイパスに合流。勝浦川橋を渡る。

【味のある店】                                  【勝浦川橋】


 おっと、急にトイレに行きたくなってしまった。さっき通過した「ルピア」で済ましておけば良かった。(先を急ぎ過ぎてしまった。)
 もうすぐ、小松島警察署。警察で便所を借りるわけにも行くまい。ましてや立ち小便などしようものなら逮捕されるかもしれない。
 おや、警察署手前のいろんな店が集まっているエリアで、ゲオに屋外から使用できるトイレ発見!
 ありがたい!。勝手にお借りしまーす。

 ふー、すっきりすっきり。その後、この集団店舗エリアと小松島警察署の間をすすむ。
 というのも、「弘法大師・お杖の水」がすぐ近くにある。遠かったら、パスするのだが、すぐ近くなので仕方がない。
 ここを参拝すると、藤樹寺で納経してもらえるらしい。(でも、藤樹寺ってどこ??調べると先ほど通過したマクドナルドの裏でした。)

【ゲオのトイレ(無断借用)】                          【お杖の水案内】


 歩くこと、数分。ありました。田んぼの真ん中に「弘法大師・お杖の水」
 手前の、ステンレスの板をめくると、なんか水が出てます。触ってみると、生ぬるい。これって井戸水???(よく解らん)
 とても飲む気にならないので、拝むことも忘れ、とっとと先を急ぐ。
 
【お杖の水】                                    【蓋の中:みずがでてます。】


 もうすぐ恩山寺というところで、岩山の側面に「千羽ヶ嶽のお豊とお君の墓」発見!。説明板などは無し。
 帰ってネットで調べると、へんろ歩きした人も、この墓についていろいろ調べているらしいが、結局よく解らないらしい。
 千羽ヶ嶽は小豆島の山、千羽ヶ岳は日和佐の山。どっちなんだろう?????
 しかし、この「千羽ヶ嶽のお豊とお君の墓」のプラ板を設置した人は知っているはず。うーーん、まぁどうでもいいか。

 さて、そろそろ恩山寺!。ここは歩き遍路で迷いやすいと評判の場所。しかし、さすが対応済み!詳細な案内板あり。

【千羽ヶ嶽のお豊とお君の墓】                         【恩山寺周辺案内板】


 恩山寺方面へ登り始めてすぐ、「民宿ちば」発見!。ここは、恩山寺への入り口の目印として有名。
 ゆるゆる登ると、赤い欄干の橋の向こうに、仁王門と恩山寺の石柱有り。
 他の方のHPにあったように、石柱の裏に回り込み、山道に入る。

【民宿ちば】                                    【仁王堂と石柱】


2.18番札所 恩山寺〜

 山道、石段を登り、飛び出したところは恩山寺境内入り口。弘法大師像がお出迎えです。
 階段はあるが、山門は見当たらない。先ほどの仁王門がそれだったのだろうか??

【弘法大師像】                                  【恩山寺、境内入り口】


 それでは、本日一寺目、第18番札所恩山寺、正面に本堂、左に大師堂。いつも通り参拝する。

【本堂】                                       【大師堂】


 では、次!立江寺はそれほど遠くないはず!。案内図の通り、車道を下り、途中から牛舎の間を進み竹林の山道へ入る。

【牛舎の間へ入れの案内図】                          【牛舎奥の竹林の山道入り口】


 この竹林、タケノコがたくさん取れるだろうなぁ。
 なんか、源義経の通った道とかぶっているみたいで、「夢想祭」の幟がある。
 調べると、小松島市、旗山にある地元柴田婦人会が中心となって行う、義経ゆかりの史跡を巡る
 地元密着型オリエンテーリングらしい。(毎年2月中旬の日曜日に開催とのこと)

 さらに進むと、庵らしき物がある。これが、釈迦庵か?と思ったが、「弘法大師おむつき堂」の標識有り。

【夢想祭、源義経の史跡】                            【釈迦庵?】


 庵に入ると、「釈迦庵の仏足石」の説明板有り。その横に、上がガードされた大きな足のような石がある。
 やっぱり、ここが釈迦庵らしい。結構珍しい史跡と説明されている。

【釈迦庵・仏足石説明板】                            【仏足石】


 ということは、この奥にあるのが「釈迦庵」のはず。ただし、庵の柱の看板の字は薄くてなんと書いてあるか解らない。
 この庵の右手を見ると、結構広いくて浅い池がある。奥に進むと、池の中心の島へ石伝いで行けるようになっている。
 なんか、パワースポットらしい雰囲気。

【おそらく釈迦庵】                                 【釈迦庵の池】


 釈迦庵から一般道に出で、すこし左に進むと、すぐに右折の指示。これぞ昔ながらのへんろ道と言うような道を進む。
 人里の未舗装へんろ道はほっとしますな。

【立江寺へ右折】                                 【この道、ええわぁ〜】


 と思ったのも、つかの間。すぐに舗装道路に出てしまう。なんかでっかい石灯籠がある。
 (残念ながら、灯明部分が新しく作り直されているが・・・・)
 道なりに進むと、梅がそろそろ見頃ですなぁ。

【でかい石灯籠】                                 【梅の花】


 この道は、20年以上前、まだ、55号線バイパスの赤石トンネルが未開通の頃、
 当時のバイパス終点から立江に抜けていた道。よく夜のドライブで走ったもんです。
 この付近、花火工場があるんですな。それと、「日本吹き矢連盟徳島支部」!
 なんだ?、この連盟は。ネットで調べてみると、一応、日本吹き矢連盟はきちんと存在する。
 ただし、そのHPで、2015年8月20日現在の支部一覧を見ると、徳島県には支部がない・・・・・。
 最近出来たんでしょうか?(この建物は、シイタケ等の直売所っぽい。)

【花火工場】                                    【日本吹き矢連盟徳島支部】


 さらに少し進むと、お京塚発見。へんろ小屋も整備されている。それと、「結婚相手探します」の看板もあります。
 なにか、縁談に御利益がある塚なのか?

 さぁ、立江寺が近くなってきた!。赤い欄干の白鷺橋に、宗教的匂いを感じる。
 (あとで調べると、この橋に白鷺が止まっているいるときに、橋を渡ると、仏罰が下るらしい。そんなこと知らんがな。)

【お京塚】                                     【立江寺手前、しらさぎはし】


3.19番札所 立江寺〜

 橋を渡り、門前町を進むと、立江寺の裏口?通用門??。に到着。せっかくなので、山門から入るべく、右へぐるっと廻る。
 ありました仁王門。

【立江寺、通用門?】                              【山門】


 本日、二寺目、第19番札所立江寺到着!
 結構立派な寺である。本堂、大師堂、その他、観音堂、多宝塔などがある。

【立江寺、本堂】                                 【大師堂】


 それでは、今日の最終目的地、鶴林寺の登山口、勝浦目指して残り約10km、頑張りましょうか!。
 いままで、一応予定通りというか、30分ほど早くこなしている。今日は、鶴林寺登山口の生名からバスで自宅に帰る予定。
 これなら、1便早く帰れるんじゃねぇ??♪♪(本数が少ないんで、1便早くなるとあとが楽)

 のどかな田んぼが広がる風景を見つつ、歩く!歩く!(1便早く帰りたい〜)
 鶴林寺まで12kmの表示を発見。登山口から鶴林寺まで約3kmなので、差し引き残り9km?(まだまだあるなぁ)

【田んぼを横切る高速道路建設中】                     【鶴林寺への案内シール】


 それにしても長いな〜。欲を出して速く歩こうとして、逆に足が疲れてしまった。地図を見ても現在位置がよく解らない。
 ひょいと横を見ると、なにか庵らしき物がある。とりあえず入ってみると、沼江大師発見!(やばい!見落とすところだった!)
 胎蔵寺の境内にあった。境内を通り西へ出ると、「おへんろさんは、消防団詰所のトイレ使って下さい。」の看板が・・・。

【沼江大師】                                    【胎蔵寺】


 ありがたい!ちょうどトイレに行きたかったところ。もう少し先にコンビニがあるが、何も買わずにトイレだけ借りるのも気が引ける。
 勝浦町の消防団の皆さん!ありがとうございます。

 てなわけで、交差点のローソンは素通りです。(昔はドライブ時、仕事時、ここで炭酸飲料をよく買ったもんだが)

【勝浦町消防団詰所:トイレ拝借】                     【沼江不動前交差点のローソン】


 鶴林寺登山口の生名まであと4km程度。約1時間か?
 足が、だいぶ重くなってきた。疲れた〜。勝浦らしい道が続く。
 おおーっ!旧道への分岐じゃ。ここまで来ればもう少し!

【勝浦らしい道】                                  【旧道への分岐:左へ】


 「金子や」!。鶴林寺参拝時の目印的民宿。想像していたより立派な建物である。
 体も疲れ切っているし、本来ならこの民宿に泊まりたいが、残念ながら1泊用の準備、服等を持ってきていない。(今になって後悔)

 「金子や」から50mほど進むと、ありました!本日の最終目的地!鶴林寺の登山口、生名のバス停発見!
 疲れた〜〜。今日はここで打ち止めとする!

【金子や】                                     【鶴林寺登山口:あるき遍路分岐、生名バス停】


 すぐそばには食料品店。自販機などあり。それと、ここにも消防団詰所があり、おへんろさんトイレ使用可とのこと。
 これが一番ありがたい!。(食料品等は事前準備できるが、出るもんはしゃあないもんなぁ)

 あと、確認したかったのはバス停。道の左側にバス停があるが、これは下り用バス停。
 徳島駅までの上りは・・・・・バス停の時刻表下にちゃんと書いてありました。(道の反対側で待てと・・・・そして手を挙げろと・・・・)

【石碑の左が消防団詰所:トイレ拝借可】                   【上りは道の反対側(バス停無し)】


 最初の予定では、生名発16時15分発と考えていたが、1本早い15時50分発に十分間に合った。
 バスは2分遅れの15時52分に到着。客は自分を含め2名。こんなので、経営的に大丈夫なのだろうか。心配する。
 疲れていたのでうとうとしていたが、約45分で徳島駅到着!。じっと座っていたので、歩き始め、足、痛った!

 その後、JRで最寄駅まで移動。17時30分自宅帰着。
 まず、風呂に入ったあと、晩飯を準備していなかったため、ポークチャップを作る。(スーパー専業主夫、腕の見せ所)
 缶ビールが・・・缶ビールがうまいぞう!

【徳バス(生名バス停)】                             【晩のビールのあて】


 次回は早朝、JR徳島駅から徳島バスの逆ルートで生名まで行き、鶴林寺、大龍寺を攻める予定!
 (出来れば、1泊して、もっと先まで行きたいなぁ)

 本日の歩行距離、32.5km、歩行時間8時間5分。このくらいが限界やね〜m(_ _)m
 体重を落とさねば・・・・・

今日の散財
朝食、昼食代 ¥380 おにぎり3個
JR府中駅まで ¥260 乗車賃
鶴林寺登山口(生名)から徳島までバス代 ¥740 約45分、乗車賃
JR徳島駅から ¥450 乗車賃
合   計 ¥1,830       

←前回へ戻る】   【次回へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】