【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-06
探  検  名:第20番〜第22番
歩  行  日:2016年2月21日
歩 行 距 離:21.210km
歩     数:43,283歩
歩 行 時 間:6時間32分
累積  標高:1,292m

時間データ 時刻 時間 備考
 生名バス停(鶴林寺登山口)発 8:09 0:00
 水飲大師 8:32 0:23
第20番鶴林寺 9:07 0:58
 水井橋通過 10:06 1:57
 太龍寺登山口 10:39 2:30
 H430舗装道路合流点 11:08 2:59
第21番太龍寺 11:16 3:07
 坂口屋前 12:30 4:21
 阿瀬比遍路小屋 13:04 4:55
 大根峠 13:32 5:23
第22番平等寺 14:27 6:18
 民宿 山茶花着 14:34 6:25

(クリックで拡大します)
※ブラウザの縦画面のサイズになるので、
もう一度画面をクリックして下さい。(さらに拡大します。)


(クリックで拡大します)
※ブラウザの縦画面のサイズになるので、
もう一度画面をクリックして下さい。(さらに拡大します。)


(クリックで拡大します)

1.勝浦、生名バス停(鶴林寺登山口)〜
 そろそろ、2月も後半。3月に入るといろんな行事でバタバタするので、天気の良い日を見計らって、鶴林寺、太龍寺を巡ることにする。
 週間天気予報とにらめっこ。うーーむ、2/20(土)は雨じゃな〜。翌2/21(日)、2/22(月)は晴れと曇り♪。この日にするか!

 前回は、立江寺を終え、勝浦町の鶴林寺登山口である「生名」バス停で終わっている。
 さて、徳島駅から勝浦方面へのバスの始発はと・・・・・・・・・・・・・・、げげっ!
 平日は、    徳島駅前発6時50分〜生名着7時33分(バイパス経由)
 土日祝日は、 徳島駅前発7時10分〜生名着8時6分(小松島市経由・・・遠回り)
 今回は、鶴林寺、太龍寺のふたつの山を登るので、30分でも早くスタートしたかったが、やむを得ない。
 生名バス停から、鶴林寺、太龍寺、平等寺まで、地図上では20.5km。ただ、鶴も龍も山頂にあるので時間がかかるかも・・・・。
 ということで、今回は出発前日に、平等寺横の民宿山茶花を予約する。(これで遅くなっても大丈夫)

 2/21(日)朝5時30分起床!。高速道路を飛ばし、徳島駅横のタイムズフレシアとくしまパーキング(1日1000円)に駐車する。
 ・・・・・やましん隊長は、「いらち」である。要は慌てもの。7時10分のバスに乗るのに、6時25分に着いてしまった〜〜m(_ _)m
 駐車場前のコンビニで、朝食と昼食のおにぎりを購入するが、2分とかからない。

 バス乗り場は寒いし、当然ながら平日始発の6時50分のバスは来ないし・・・・仕方がないので駅のベンチでぼけ〜とバスを待つ。
 時刻は7時、ふと見ると勝浦行き乗り場にバスが駐車している。行って見ると、やはり勝浦行き7時10分発のバス。
 寒そうにしていたので気遣ってくれたのか、運転手さんが「もう乗って良いですよ〜」との言葉。ありがたい!
 暖房の効いたバスでリュックを下ろし、ダウンジャケットからへんろ白衣に着替える。

 7時10分、バス出発!客はやましん隊長たったひとり!貸し切り状態である。バスは進めど、誰ひとりとして乗ってこない。

【バス乗り場】                                   【バスは貸し切り状態】


 日曜早朝なので特に渋滞もなく、途中で停車し、時間調整をしつつ、時間通り、8時6分に生名バス停に到着!
 それでは阿波のへんろ転がし、2番目の鶴と3番目の龍をいただきましょうか!

【勝浦・生名バス停(鶴林寺登山口)】                     【登山道入り口】


 登り初めは勝浦集落の家々の間の舗装道を進む。最初は少し寒かったが、登りなのですぐに体が温まる。
 集落内で道が入り組んでいるためか、かなり多くの道しるべの標識、シールがあちこちに貼られている。
 振り返るとと、生名の勝浦の集落が見渡せる。その先に茅葺きのへんろ小屋発見。(ゲゲゲの妖怪ハウスみたいですな。)

【勝浦集落】                                   【茅葺きのへんろ小屋(素通り)】


 歩き始めて21分。やっと山道に入る。ベンチがあるが、まったく疲れていないので当然素通りする。
 すぐ先に、水呑飲み大師発見!。確かに横に大きな岩で囲まれた水場がある。

 御利益があるかわからないが、リュックにはペットボトル3本が手つかずであるで、軽く参拝し素通りする。

【山道開始。休憩ベンチ有り】                         【水呑大師


 しかし、この登山道は整備されすぎてますなぁ。コンクリート製丸太階段の右半分がアスファルト舗装。
 傾斜もそれほどきつくなく、まったり〜と登っていく。
 おや?舗装路に出ましたなぁ。地図を見ると、標高350m付近と判る。もうそれだけ登って来たのか?
 勝浦集落内でもずっと登りだったので、思ったより早く着くかもしれない。

【整備された登山道】                              【車道をまたぐ】


 先に進むと、勝浦とは反対側の水井橋が見えるポイント有り。横に説明入り写真が掲示されている。
 鶴林寺が済んだあと、あの橋まで下るのか〜。下りは嫌じゃなぁ。
 さらに進むと道が石畳になってきた。これって鶴林寺がもう近いって事?????

【水井橋方面展望】                               【山道が石畳に・・・】


2.20番札所 鶴林寺〜

 あれ?っというか、やっぱり、駐車場に到着!登山口から登ること56分で鶴林寺駐車場到着です。
 2分も歩けば仁王門のお出迎え。生名バス停登山口から、ゆっくり登って1時間ってとこですかね。

【鶴林寺駐車場】                                【仁王門】


 数名の参拝者はいるものの、結構静寂な境内を進む。山頂部が狭いせいか、境内の幅は余り広くないが、逆に落ち着く。
 右手に本堂がある。神社で言う、狛犬の位置に鶴が2羽鎮座している。

【境内】                                       【本堂:両側に鶴】


 さらに奥に大師堂有り。向かいの客殿と近いため全景が取れないのが残念。
 参拝も終わったし、それでは下り道に突入しますか!
 どこから下るのかよく解らなかったが、年配の方が丁度下り始めていたので、ついて行く。(見ると、ちゃんと表示もありました。)

【大師堂】                                     【下り道→水井橋へ】


 やましん隊長も下りは嫌いだが、先に下る年配のおじいさん、めっちゃ遅い!。失礼とは思ったが、追い抜かせて頂く。
 この下り道、前半部分は綺麗に整備されている。ぐねぐね道には、コンクリ製の丸太階段があるが、その角度、配置は芸術的!。
 その後も階段は続く。両手ストックでヒザをかばいつつ下る。

【ぐねぐね階段】                                 【下りは続く】


 おっ?アスファルト道がある。もう下りは終わり?、などとぬか喜びをしたが、すぐに次の下り道に入る。

【下り途中舗装道路】                              【下り、後半戦開始】


 先ほどの整備された状態とは違い、この下りは道が荒れてますなぁ。一応、橋もあったり、階段もあるが、なんか歩きにくい。

【下り、歩きにくい】                               【見にくいが、階段が小川になっている】


 鶴林寺から35分下ってやっと舗装道に出る。良い感じの里山の遍路道もあったりする。
 下って来たら水井橋しかないと思っていたが、大井町の集落があり、民家も結構ある。

【下り:舗装道】                                 【果樹園脇のへんろ道】


 もう少しで那賀川沿いの県道に出るところで、「トイレ」の看板あり。見ていたら、催してきたので、使わせてもらうことにする。
 何枚かの看板通り進むと、小学校(廃校)があり、この屋外トイレがおへんろさん用に解放されている。
 トイレットペーパーまである。大井小学校管理人の方に感謝!

【大井小学校(廃校)】                              【屋外トイレ】


 大井小学校の校門から県道に出る。鶴林寺から47分で下山完了!
 100mほど右に進むと綺麗に整備された休憩所がある。この東屋!なんといってもうれしいのは「ゴミを捨てて下さい」とのこと!
 やましん隊長はぶつ切り打ちなので、それほどゴミも出ないが、通し打ち、野宿のへんろにとってはありがたいお接待である。
 地元の方々に感謝!。

 さらに進むとすぐに水井橋に到着。鶴林寺から下り初めて、那賀川を右岸へ渡る。

【大井の休憩所】                                 【水井橋】


 水井橋を渡り、案内シールに従い若杉谷川の舗装された林道?(一部細い橋もあるが)を進む。
 途中、苔むした東屋や周辺の岩々がある。(なんかもののけ姫の世界ですなぁ)

【太龍寺登山口へ右折】                            【苔むす東屋】


 そこから7分ほど進むと、小川を渡り、神社跡を過ぎる。その先に太龍寺登山口がお出ましです!。
 やっと、山道!。登り大好き。最初は階段が整備されている。(普通の山道の方が好きなんですがね・・・)

【太龍寺登山口手前】                             【太龍寺登山口】


 適度な登りをゆるゆると登る。鶴林寺の登りと同程度の傾斜かな?。特にしんどいところはない。
 気持ちの良い登りにだんだんドーパミンが出だして、ハイになってくる。(脳内麻薬やね)。
 えっ!?なにそれ!。登山口からたった29分でH430の車道へ到着してしまった。(もっと登りたかった・・・・・)

【太龍寺登山道】                                 【H430の車道へ合流】

 500m級の山を2つ登るということで、気合いを入れてきたが、これでは、不完全燃焼〜!
 (まだ下りが残っているが、下りは嫌いじゃ!)

3.21番札所 太龍寺〜

 太龍寺はいままでロープウェイを使って何度か来ているが、ロープウェイ駅から階段直登すぐに本堂なので、この道は初めてである。
 まずは仁王門がお出迎え。この門は左に迂回したところまでオートバイで来れる。仁王門先にオートバイ駐輪場有り。
 自転車はもっと先まで行けるとの看板有り。

【仁王門へ】                                         【仁王門】


 ここから境内まで200mあるとのこと。途中、鶴林寺が見える場所が1カ所ある。
 ぼろいデジカメでめいっぱいズームをしたらピンぼけになってしまった。(よって写真無し)
 境内近くになると、舗装道の横に石段らしき物もある。

【寺はまだ200m先】                               【味のある石段】


 このカーブを曲がると、やっと境内。自転車はここまで入れる。
 護摩堂、納経所(工事中)を過ぎると、また階段〜。途中に鐘楼門がある。その先にまた階段!

【鐘楼門】                                     【鐘楼門の先の階段】


 やっと、平地となる。奥に本堂が見える。本堂の前の敷地が狭く、すぐにロープウェイ駅に下る階段があるので全景取れず。

【太龍寺中枢部分】                               【本堂】


 本堂正面からロープウェイ駅への階段。金かかってますなぁ!
 参拝ルートに従って、御廟(みみょう)の橋を渡り、大師堂へ向かう。

【ロープウェイ駅】                                【御廟(みみょう)の橋】 


 御廟の橋、拝殿、御廟の配置は、高野山と同じなので、太龍寺は「西の高野」と呼ばれているらしい。

 大師堂(拝殿)をぐるっと廻って、奥の御影堂(御廟・奥殿)までくると、なんかぞわぞわする。
 やましん隊長は、極度の恐がりなので、なんか霊的なものでも出てこないかとびくびくする。
 といっても写真は撮る。へんなもん、写るなよ〜〜。

【大師堂(拝殿)】                                  【御影堂(奥殿)】


 さて、これで阿波のへんろ転がし、「一に焼山、二にお鶴、三に太龍」も終わったけど、たいしたこと無かったなぁ!
 などと舐めきった口をきいていたが、・・・まだ下りがあったんよね・・・・・
 今から、長〜い下り、長〜いアスファルト道・・・・・まぁしゃあない。下りましょう!行くぞ!平等寺!

 H430の歩きへんろ道合流点では、車道を駐車場方向へ下る。両手ストックを駆使し、ヒザに負荷がかからないよう下ってゆく。

【H430合流点:左、鶴林寺、右、平等寺】                   【駐車場】


 太龍寺から、長〜いアスファルト道を下る事、1時間。民宿「坂口屋」通過。
 坂口屋のホームページを見ると、2015/7/22のお知らせで「しばらくの間、休業。営業再開は未定。」となっている。
 ゆっくり歩く方には、良い位置にある民宿だったのに・・・・・。

 それでは先を急ぎましょう!。これといった見所もないアスファルト道をひたすら歩く。
 腹が減ってきたので、朝買ったおにぎりを食べながら歩く。(登山中の行動食ですな)

【民宿 坂口屋(休業中)】                           【おもしろみのないアスファルト道】


 坂口屋から32分歩いて、やっと国道195号線、阿瀬比へんろ小屋のある交差点に到着!。
 先客2名が昼食中。一人は今日平等寺まで行って、自宅へ帰るとのこと。
 もう一人は京都の方らしいが・・・・リュックがでかい!この人は基本野宿の通し打ち。これから今晩の宿営地を探すとのこと。
 (実は、この人とは翌日も一緒になり、由岐、田井ノ浜あたりを一緒に歩くことになる。)

【阿瀬比の交差点】                               【阿瀬比のへんろ小屋】


 もうここまで来れば、終わったようなもんですな!(実はもう一越あるんですが・・・・)
 阿瀬比へんろ小屋から、細いへんろ道に入り、大根峠へ進む。
 大根峠の山道入り口に、まだ綺麗な自転車有り。(持ち主はいったいどこに行ったんだ???)

【ふたたびへんろ道へ】                             【大根峠への山道入り口】


 四国遍路ひとり歩き同行二人の地図では、阿瀬比小屋の標高は140m、大根峠は200m。たった、60mか!
 たいしたことないなぁ。と思っていたが、これがなかなか楽しい登り。それにしても思ったより登りが長いなぁ。
 やっと、大根到着!。ここの看板で、平等寺まで3.5kmと知る。(まだ1時間はかかる・・・)
 (※帰宅してから、カシミール3Dで大根峠の標高を見ると250m。四国遍路の地図、間違ってます。)

【大根峠登り】                                 【大根峠(実際は標高250m)】


 あとは、平等寺まで下るのみ。だたし標高差は250mある。今日、最後の下りなので、ゆっくり歩く。

【大根峠からの下り その1】                          【大根峠からの下り その2】


 他の方のHPでも見かけた多角形、やたら風通しの良さそうなへんろ休憩所。なぜこの形なのか理解に苦しむ。
 あー、あとは大嫌いなアスファルト道。それも残り約1kmのみ!

【へんろ休憩所】                                【あと少し】


4.22番札所 平等寺〜

 やっと見えた〜。第22番札所、平等寺!。やっと、平地の寺に戻ってきた。寺のすぐそばに駐車場があるだけで感動する。
 今日の目標はここが最後。とっとと参拝いたしましょう。まずは仁王門を通過。 

【平等寺遠景】                                  【仁王門】


 正面の奥が本堂。左手に大師堂がある。参拝するが、心はすでに民宿へ飛んで行っている。

【本堂】                                       【大師堂】


5.民宿 山茶花
 終わった〜。本日の山行!。鶴林寺の山、太龍寺の山、大根峠と3つ登り下りして、平等寺の参拝も終わった。
 本日予約のお宿は、平等寺のすぐ隣の「民宿 山茶花(さざんか)」。
 計画では、15時30分頃、平等寺へ到着の予定であったが、時刻は14時34分。
 たしか、以前、焼山寺のへんろ転がしでも、安全を見すぎて焼山寺山を下った鍋岩の「すだち館」に13時21分に着いてしまったが、
 今回も、早く着きすぎてしまった。う〜〜ん、時間が読めん!とにかく疲れた。チェックインじゃ!

 店内に入ると、女将さんが韓流ドラマ?を鑑賞中。「まだお風呂出来てないわ〜。30分ぐらい待ってよ〜。」
 はいはい、待ちますとも。とりあえず、6畳ほどの部屋に通され、リュックを下ろす。
 リュックから余っていたペットボトルを取りだし、一気飲みする。

【山茶花】                                     【部屋】


 3時過ぎ、女将さんから、「お風呂出来たよ〜」の声がかかる。タオル、着替え、ひげ剃りを持ち、一番風呂に向かう。
 予想していたより風呂は大きい。6人は一度には入れそうである。先に、シャワーでくっさい汗を流し、湯船に浸かる。
 熱っ!熱〜いぞ!。く〜〜!こんなに熱い湯に浸かったのは何年ぶりだろう?
 シャンプー、ひげ剃りも済ませ、身も心もさっぱりである。風呂を終えると、女将さんから「もう出たん?早いな〜」
 湯が熱すぎて長湯が出来なかったこともあるが、基本、やましん隊長は烏の行水派。そんなに長湯はいたしません。
 あとは今日着ていた服、タオル等一式を洗濯、乾燥する。(洗濯機、乾燥機、洗剤使用は無料)

 先に宿代6500円を支払い、明日の昼食のおにぎり弁当もお願いすると、なんと、無料サービス。ありがたや〜♪

 時刻は未だ午後4時。晩飯は午後6時。・・・テレビを見るか、スマホをいじるしか、することがない・・・・・・。
 仕方ないので、近場を散策するが、風呂上がりで湯冷めしそうなので、早々に戻ってくる。

 やっと6時。晩飯である。おーっ!刺身に鰈の煮付け。当然ビールを追加注文する。(アサヒ スーパードライ 大瓶)
 この1本は鶴林寺の分、その後、もう1本追加注文。これは太龍寺の分、
 その後、3本目を追加注文!これは・・・・・大根峠の分としといて下さい。とにかく飯もビールもうまい!

【お風呂】                                      【晩ご飯】


 今日の疲労度はそれほどでもない。山の登り下りで累積標高1290mだが、距離が21km程度なので、
 やましん隊長は、平地歩きより、山登りが性に合ってますわ!

 今日はぐっすり寝て、明日、薬王寺まで(約20km)で終わる?(民宿で1泊しているのに・・・・・・・・・・・)
 とりあえず、薬王寺に着いてから考えることにして、10時30分就寝。おやすみなさい。

今日の散財
高速ETC ¥530 休日割引
朝食・昼食 ¥358 おにぎり3個
民宿、山茶花 ¥6,500 宿泊、夕朝昼弁当サービス
飲料水 ¥570 飲料水(自販機)
ビール代 ¥1350 アサヒスーパードライ大瓶×3本!
合   計 ¥9,308 結局、ビール飲みすぎ!

←前回へ戻る】   【翌日へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】