【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-07
探  検  名:第23番
歩  行  日:2016年2月22日
歩 行 距 離:39.646km
歩     数:67、661歩
歩 行 時 間:9時間35分
累積  標高:849m

時間データ 時刻 時間 備考
 民宿 山茶花 発 6:57 0:00    
 月夜お水庵 7:40 0:43
 田井ノ浜トイレ 9:57 3:00
 山座峠 11:18 4:21
 ホテル白い灯台通過 12:10 5:13
 美波町役場 12:26 5:29
第23番薬王寺 12:39 5:42
 JR山河内駅分岐 14:09 7:12
 JR辺川駅分岐 15:18 8:21
 小松大師 15:24 8:27
 JR牟岐駅着 16:05 9:08
 軽食、JR牟岐駅発 16:44    

画像が大きいです。(クリックで拡大します)
※Chromeではブラウザの縦画面いっぱいのサイズなるので、
さらに拡大したい場所でマウス左クリックして下さい。
(さらに拡大します。再クリックで縮小します。)
※IEは最初のクリックで直フル画像になるので、画像を下まで
完全に読み込み後、一旦元のページに戻り、再度クリックすると
縦一杯画面になります。そこで拡大したい場所を左クリック!



(クリックで拡大します)

1.22番札所 平等寺から〜
 
 朝6時にスマホのアラームで目覚める。
 昨日は、鶴林寺、太龍寺、平等寺を終え、ご機嫌でビールを飲みまくり、今日も朝から快調のやましん隊長。
 身支度、荷物の整理をし、朝6時30分から朝食をいただく。ご飯おかわり自由だが、最初から山盛り。
 バナナまで完食し、腹一杯!。もう食えない。

 今日は午前中は晴れ、午後からは曇るとの天気予報。
 まずは、第23番札所薬王寺(徳島県最後の札所!)を目指して頑張りましょう!。
 などと気合いを入れてみたが、平等寺から薬王寺までは由岐経由でも22.4kmしかないので完全に舐めきっている。
 同じ民宿に泊まった人も、スタートが遅い。ゆっくり新聞を読んでいる人もいる。

 やましん隊長は、当然由岐、田井ノ浜を歩く、海コースを行く予定。
 多少アップダウンはあるが、山間のアスファルト道を延々と歩くのはごめんこうむりたい。
 トイレも済ませ、部屋も片付け終了。朝6時57分、民宿「山茶花」を出発する。
 まずはすぐ隣の平等寺仁王門で一礼。今日の無事を祈る。

【山茶花 朝食:白い箱は納豆】                        【早朝の山茶花】


 まず、平等寺から国道55号線を目指して南下する。最初は平等寺の門前町??を歩く。
 空を見上げると、鱗雲が綺麗に広がっている。気温は3度くらい??。それほど寒くない。

【平等寺を南下:町筋】                              【本日の空】


 道なりに進み、歩き専用道になったな〜っと思ったところが「月夜御水庵」。すぐ上に緑色の池がある。
 うーーむ、月夜にこの池を眺めていると、妖怪が出てきそうじゃな。やましん隊長、絶対無理。
 昼間でも気味が悪いので早々に通り過ぎる。

【月夜御水庵】                                  【すぐ上の池】


 池から少し進むと、道に変な色の水が流れている。道路脇の斜面から流れ出ている。なにか変な物でも埋まっているのだろうか?
 さらに進むと・・・見えました、国道55号。海コースでも、一旦、国道を歩かなければならない。

【汚い水。何これ】                                【国道55号線確認】


 舗装道ですんなり国道に出ると思いきや、細い歩きへんろ道になり、最後は竹林の山道を登って、やっと国道に到着。
 ここは日和佐道路分岐の手前なので、車の交通量が多い。ダンプ、タンクローリーなどがガンガン飛ばしまくっている。
 車通過時の風圧で帽子が飛ばされてしまい、慌てて拾う。(車に轢かれなくて良かった〜。)

【国道合流前の遍路道】                             【釘打ちトンネル前のカーブ】


 一応、釘打トンネル(長さ301m)は歩道・ガードレールが整備されているので安心。しかし、車の排気ガスが臭いなぁ。
 その後、福井トンネル(長さ175m歩道有り・ガードレールなし)を通過する。
 その先で、右へ曲がれのへんろ案内シールに従い、国道から外れ、やっと一安心。しばらく進むと国道の下をくぐり、由岐へ向かう。

【釘打ちトンネル内】                               【国道55号下をくぐる】


 日当たりの良い、のんびりしたした、ええ道ですなぁ。さらに進むと日和佐道の下をくぐる。
 緩い勾配のアスファルト道をぶらぶら進んでいると、後ろから男性に声をかけられる。
 たしか、昨日、阿瀬比の遍路小屋でお会いした、通し打ち、基本野宿の京都の男性。
 昨夜は善根宿に泊まったらしい。このあと、いろいろ話ながらしばらく一緒に歩く事になる。

【福井南小学校手前付近】                           【日和佐道路をくぐる】


 しかし、このおっちゃんのリュックはでかいなぁ。60L程度か?。やましん隊長のリュックは30L。
 「重いやろ?」と聞くと「あんまり水を持たんし、見かけだけで、実は軽いんよ。15kgぐらい。」とのこと。
 やましん隊長の荷物は水を入れても7.5kg。約2倍か〜。それで通し打ちか〜。すごいなぁ〜と感心する。

 その後、いろいろ世間話をしながら、由岐峠を越え、由岐駅横を通過し、田井ノ浜に到着する。
 海だぁ〜〜!このへんろウォーキングをスタートして初めての海の景色に感動する。
 (ルートからすると、これから嫌と言うほど海を見ることになるのだが・・・・・)

 田井ノ浜は県内有数の海水浴場。便所やシャワー(おそらく温水は出ない)の設備も整っている。ここでトイレを拝借。
 海岸沿いに進むとJR田井ノ浜駅に到着。ここは夏だけの臨時駅。2月のこの時期は通過のみ。

【田井ノ浜海水浴場】                              【JR田井ノ浜駅:夏のみ停車】


 この駅周辺は、線路を横切り海岸に出るため、何カ所か柵がない場所がある。ここから線路をまたぎ、海岸縁を歩く。
 この先に、気持ちよさそうな休憩所がある。京都のおっちゃんは、「夏ならここで泊まれるなぁ。シャワーもあるし」と言っていたが、
 海水浴シーズンは、さかりのついた若い男女が深夜まで大騒ぎするから安眠できんよ、と忠告した。

 田井ノ浜を過ぎ、木枝(きき)集落に入る。しかし人がおらんなぁ。さびしい道を進む。

【田井ノ浜海水浴場縁の道】                          【木枝集落】


 木枝の海岸でも休憩所発見。隣に便所もある。案内板から、この先、山道があることを確認する。(ワクワク♪)

【木枝の休憩所】                                 【へんろ案内図】


 海岸沿いを進むと分岐あり。一番大きな薬王寺への案内シールのまま直進しようとすると、京都の人が、「そっち、ちがう」と言う。
 よく見ると、徳島県の貼った「薬王寺10km歩き遍路」の直進のシールは無残にもマジックで×マークが書かれ、
 汚い字で「こちらは車道」と修正加筆されている。分岐点にも、これ見よがしに、左に入るよう、矢印型の標識が乱立している。
 徳島県のこの直進のシール、早めに剥がした方がええですな。(正直、かっこ悪いですわ。)

【徳島県の間違いシール】                            【乱立する分岐矢印:これは笑える】


 海岸縁を奥まで進むと、天草を採取しているおばあちゃんに遭遇。
 聞くと、良い物は売ったり、悪い物は畑の肥料にしたりするとのこと。

 京都のおっちゃんがおばあちゃんに、「お父ちゃんは家で酒飲んで寝てんのか?」と冗談半分に聞くと、
 おばあちゃん曰く、「父ちゃんは船で漁に行っとる。あんたらは暇そうでええな!」と返す刀でバッサリ。
 京都のおっちゃんも負けていない。「そうよ、わてら遊んどんよ〜。あ〜楽し〜。」
 ・・・・おばあちゃんも、京都のおっちゃんも、肝座っとるなぁ・・・・・・・・・・・

 おばあちゃんの仕事の邪魔をしても悪いし、あとからもう一人若い遍路の男性が来たので、先を急ぐことにする。
 大好きな山道になったので、京都のおっちゃんに「先行くわ〜」と別れを告げると、「薬王寺で先に参拝しといてや」との返事。
 (これが京都のおっちゃんとの最後の会話となる。)

 山道はすぐになだらかな遊歩道になる。「俳句の小径」と言うらしい。10m程の間隔で、俳句を記した標柱が立ててある。
 俳句と言っても、季語は自由で、へんろへの思いの川柳ですな。ひとつひとつ見れば、いろいろ感銘を受ける句なのだが、
 全部読んでいると、一向に先に進めないので、チラ見で先を急ぐ。

【天草取りのおばあちゃんと、山道入り口】                  【俳句の小径】


 俳句の小径から舗装道に出る場所に、へんろ人形がある。
 横の標識の「俳句の径」を「俳句の怪」と見間違る。この人形、夜になると動きだしそうで、ちょっと恐い。

 ここから舗装道路歩きで山座峠を越える。すぐ先に休憩所と、投句箱がある。

【俳句の小径出口の人形】                           【投句箱】


 さて、休憩所から再度、山道になる。(今度は下り)
 こちらも俳句がいっぱいあるのかと思っていたが、ひとつもない!?。なぜ??
 美波町は、市町村合併前、この山座峠で、由岐町と日和佐町に分かれていたが、そのためか?。わからん。

 港まで下って来たが、見ると、なんかロケしている。若い女性がお遍路装束で大きなボードを持って説明している。
 男性カメラマンと女性スタッフ、計3名で撮影中。少し離れたところにロケ車らしき車が2台。何の番組だろう。

【山座峠からの下り】                               【ロケ中】


 少し進むと、「奇勝 えびす洞」の入り口有り。少しでも早く薬王寺に着きたかったので、素通りしたが、
 帰って来てカシミール3Dで見ると、それほど時間もかからず、ぐるり1周できる観光ポイントだったらしい。
 しまった〜。見ておけば良かった〜。
 まぁ、次回、室戸までのウォーキング時、車で来ると思うので、その時にでも見物しますか。

 さて、時刻は12時。そろそろ腹が減ってきた。今朝、山茶花の女将さんが作ってくれた、おにぎりをいただきましょうか!
 リュックの胸のチェストストラップに袋ごとぶら下げ、歩きながらの行動食とする。
 おにぎり2個の具は昆布と梅。なんと、たくわん2枚を1枚づつ別にラップで包んでくれていました。細かな心遣いに感謝!

【今回見逃したえびす洞】                            【昼食:山茶花のおにぎり】


 名前はよく聞くが、一度も泊まったことがないホテル「白い灯台」通過。露天風呂「えびす洞温泉」かぁ。日帰り入浴も可能らしい。
 先には、ウミガメの産卵で有名な大浜海岸がある。砂浜にでっかい岩がある。ロッククライミング可能なのだろうか。

【ホテル「白い灯台」】                               【大浜海岸】


 やっと、日和佐まで来たぞー!。薬王寺までもう少し!。美波町役場前を通過!
 おおっ!役場の玄関に裸のねーちゃんの像が!。なんか遍路に不要なエネルギーが急速充電される感じがする。
 役場の男性職員は、出勤時、変に元気にならないのだろうか!。(やましん隊長、既に変に元気になってしまった。)

 いかん、いかん。今は仮にもへんろウォーキング中の身。後ろ髪引かれる思いで、先を急ぐ。
 橋を渡り、薬王寺の門前町を進む。

【美波町役場玄関のうれしい像】                       【直進で薬王寺】


2.23番札所 薬王寺から

 平等寺を出発して5時間42分!第23番札所、薬王寺に到着じゃぁ!。
 まずは仁王門がお出迎え。その後、女厄坂、男厄坂の階段を上り、本堂、大師堂を参拝する。

【仁王門】                                     【本堂】


 あとは、還暦厄坂を登り、薬王寺を遠くから見ても一番目立つ「瑜祇塔」に到着する。
 中に入り、戒壇巡りでもと思ったが・・・ゲロゲロゲロ・・・・・、拝観料が必要とのこと。
 昔、一回見たような記憶があるので、今回は拝観をやめる事にする。(ケチで結構コケコッコウ。でもビール代は惜しみません!)

【大師堂】                                     【瑜祇塔】


 拝観の代わりに、日和佐の展望を楽しむ。

【瑜祇塔下からの展望】


 さて、薬王寺も終わった!。徳島県の札所、終了じゃ!。このあと、どうしよう??
 とりあえず、道の駅向かいのコンビニの駐車場で、地図を片手に考える。
 時刻は、まだ12時55分。急げばJR日和佐駅から13時5分発の特急で徳島に帰れる。
 しかし、しかしだ!昨日も14時半に民宿に着き、一泊して、ビールをたらふく飲んで、
 今日も13時で切り上げて帰るのはあまりにもったいない!
 今回のウォーキングは、結構金もかかっているので、少しでも先に進まねば!!!

 地図とJRの時刻表を見ながら考える。やましん隊長の普段の歩行速度は1時間で約4km。
 日和佐のひとつ先のJR山河内駅までは5.7km(1時間半)、その先のJR辺川駅まで11.3km(3時間弱)
 さらに先のJR牟岐駅までなら15.2km(4時間弱)。JR牟岐駅は特急の停車駅!。
 時刻表を見ると、JR牟岐駅に16時44分発、特急「むろと」がある。ギリギリ間に合わないか????

 えーい!、考えるよりまず歩こう!。進捗を見ながら、途中の駅で鈍行で帰っても良いし、
 牟岐駅で特急に間に合わなくても、1時間待てば徳島行きの鈍行がある。どうとでもなる!行くぞ!

【日和佐、道の駅前】                             【国道55線を下る】


 普通にちんたら歩いていたら、牟岐駅16時44分の特急には間に合わない!。
 いつもは、下り道でヒザを痛めないよう使用している両手ストックだが、今は少しでも加速するため、体を押し出す様、使用する。
 午前中とは全然違う、全身運動の早歩き状態で進む!(あとで調べると、ノルディックウォーキングと呼ぶらしい。)

 休憩所があっても完全無視!。日和佐トンネルもガンガン進む!。
 14時9分(1時間10分)でJR山河内駅への分岐を通過。(20分短縮!)

【日和佐トンネル内】                              【JR山河内駅への分岐】


 しかし、腕も足も使った全身運動での歩行。だんだん疲労の色が・・・・・・。既に30kmほど歩いてきている。
 やましん隊長のいろんなエネルギータンクが空になっていく。(体力、根性、努力、こだわりなどのエネルギーがつきかけている)
 もうペース落とそうか・・・・疲れて来たし・・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あれ?まだ何か変なエネルギーが残っている気がする。
 そう!美波町役場前で満タンになった、日和佐のねーちゃんエネルギー!
 それまで、頭の中では「となりのトトロ」の「さんぽ」の「あるこ〜う、あるこ〜う、わたしは元気〜」のフレーズがグルグル回っていたが、
 「日和佐のねーちゃん、すっぽんぽ〜ん」のフレーズを繰り返すと、なぜか変な元気が出てくる!!これはすごい!
 やっぱり人間、本能に勝るエネルギーは無いですなぁ!!(・・・・・こりゃ、そのうち仏罰が下りますな。・・・・・)

 妙に元気になってしまったやましん隊長!その後もハイペースで歩き続ける。
 おおっ!鬼ヶ岩屋温泉分岐まで来てしまった。この先で国道から一旦はずれ、JR辺川駅方面に入る。

【鬼ヶ岩屋温泉分岐】                              【辺川への分岐を右へ】


 変なエネルギーはなかなか枯渇しない!。15時18分、JR辺川駅分岐を通過。(35分短縮!)
 勢い余って、小松大師を参拝し忘れるところであった。

【JR辺川駅】                                   【小松大師】


 15時41分。牟岐橋通過!あともう少し!。途中、以前食べた事のある牟岐55ラーメン前を通過する。
 うーーん、ラーメン食べたいよう!。しかし牟岐駅を見るまでは!、特急に間に合う確証が取れるまでは止まるわけにはいかない!
 もうあと少しじゃ!

【牟岐橋通過】                                 【牟岐55ラーメン】


 やっと到着!16時5分、JR牟岐駅じゃあ!。(40分短縮!)やっぱりすごいぞ!日和佐のねーちゃんエネルギー!
 頑張りすぎて、特急発車まで40分も時間が出来てしまった。これなら、牟岐55ラーメン、十分食えたなぁ。(結果論ですが)
 仕方がないので、駅の周辺を彷徨う。ショッピングセンター「PORTO」に、うどんやラーメンの幟がある。

【牟岐駅到着!】                                 【PORTO】


 12時におにぎりを2個食ってから、4時間。特に最後の3時間はエロ親父モード全身歩行で腹ぺこ状態。
 店内の「ポケット」(フードコート)のおばちゃんに「豚骨ラーメン、何分で出来る?!」と詰め寄る。
 「5分で出来る。」との返事に、即注文。席に着き、白衣からダウンジャケットに着替え、ストックを仕舞う。
 約5分程度でラーメン完成。値段は480円。空きっ腹に染み渡る〜♪。

【店内のフードコート、ポケット】                        【豚骨ラーメン480円】


 ラーメンを汁まで完食後、牟岐駅まで戻る。徳島駅までの特急券、乗車券を購入する。
 駅員に聞くと、特急は牟岐駅始発なので、車両は既に乗り場で待機しており、乗車可能とのこと。
 即、乗車し、リュックを下ろす。ほとんど乗る人はいないと思っていたが、結構な人数が乗車して来る。
 16時44分発車、約1時間で徳島駅に到着。その後、駐車場で2日分の駐車料金2000円を払い、自宅まで帰る。

【特急室戸】                                    【車内】


 本日の歩行距離、39.646km、歩行時間9時間8分。今までで最高記録。

 あと20km程で徳島終了、高知入りとなる。だんだん自宅から遠くなるなぁ。この先、パジェロで前泊必須やな。

今日の散財
ラーメン ¥480 PORTO ポケット 豚骨ラーメン
JR乗車賃 ¥2,640 牟岐→徳島(特急)
駐車代 ¥2,000 タイムズフレシアとくしまパーキング(24時間最大1、000円)
高速ETC ¥760 割引なし
合   計 5,880 JR交通費、駐車場金が痛い・・・・・策を講じねば・・・・

←前日へ戻る】   【次回へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】