【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-08
探  検  名:徳島→高知(寺間歩き)
歩  行  日:2016年3月2日
歩 行 距 離:44.135km
歩     数:74,068歩
歩 行 時 間:9時間44分
累積  標高:633m

時間データ 時刻 時間 備考
海の駅東洋町発(車) 6:00  
汽車
移動
甲浦駅発(汽車) 6:24
牟岐駅着(汽車) 6:55
牟岐駅出発 7:00 0:00 歩行
時間

昼食
時間
含む
草鞋大師 7:56 0:56
鯖大師 8:31 1:31
浅川港分岐 9:09 2:09
大里松原海岸 10:01 3:01
古目大師 11:51 4:51
徳島高知県境 12:11 5:11
海の駅東洋町 12:30 5:30
明徳寺(東洋大師) 13:30 6:30
ゴロゴロ休憩所 14:14 7:14
淀ヶ磯橋(バス停) 14:39 7:39
法海上人堂 15:03 8:03
佛海庵 16:08 9:08
根丸坂(バス停)着 16:39 9:39
根丸坂(バス発) 17:11   バス

移動
甲浦駅(バス着) 17:36
室戸駐車場着(車) 18:52

(クリックで拡大します)
※ブラウザの縦画面いっぱいの縮小サイズなるので、
さらに拡大したい場所でマウス左クリックして下さい。
(さらに拡大します。縦スクロール可。再クリックで縮小します。)
※今回は移動距離が縦横とも長いため、通常の4万分の1
縮尺ではなく、
20万分の1の地図で作製してます。



(クリックで拡大します)

1.室戸岬を目指しての計画を立てる。

 やましん隊長、前回、徳島の23番札所薬王寺を終え、次回に向けてどうするか考えを練る練る練る!
 うーーむ、なんといっても、手強いのは室戸岬までの、あの長〜い、長〜い道。どう攻略するか。
 牟岐から室戸岬までは約60km。1日30kmを2日間で良いんじゃない?と思っていたが、
 どうすれば、牟岐駅を早朝にスタートできるかである。(駐車代、JR乗車賃、宿泊代・・・結構かかりそう・・・)

 そんな折、やっと、やっとパジェロが退院!。破損パーツは基本、新品部品と交換。両前輪足回り総入れ替え。
 新車の軽自動車が買えるほど掛かってます。(レッカー代、修理費、代車代はすべて相手の保険で処理。)
 事故後、ゆっくりと自宅まで走らせたが、右へ右へと曲がり、真っ直ぐ走らなかったから、どうなることかと心配していたが、
 納車後の試験ドライブでも、特に問題なし。右の樹脂ヘッドライトが新品となり、左片眼の白内障がご愛敬ってことですな。
 
【事故直後のパジェロくん】                           【復活パジェロくん】


 これで登山時によくやった車中泊が出来る!でも登山時と異なるのは、出発地点と帰着地点が異なること。

 やり方として、まず、翌日の到達目的地に、パジェロを駐車。(そこで車中泊)。
 翌朝、公共交通機関の始発便で、前回(前日)の打ち止め箇所まで戻り、そこからへんろウォーキング再開。
 パジェロを停めてある駐車場まで歩く。余裕があれば、さらに先まで歩き、公共交通機関で駐車場まで戻ってくる。
 その後、また翌日の到達目的地にパジェロを移動する。(以降繰り返し。)
 「車先行型シャクトリ虫移動法」とでも名付けますか!
 そのためには、車中泊に適した駐車場が必要。
  1)夜間も解放の無料駐車場
  2)駐車場に夜間も使用できる便所が併設されていること。
  3)公共交通機関に近い駐車場であること。
  4)早朝から夕方まで無人で停めっぱなしでも安全そうな駐車場。

 練りに練った末、今回の計画は以下の通り!。前泊含め2泊3日(車中2泊)
 【前日
  1)高知県東洋町の甲浦(かんのうら)の「海の駅 東洋町」駐車場で車中前泊。
 【1日目】
  1)早朝、車を甲浦駅に移動(駐車場確認済み)、車を残し、鉄道で前回打ち止めの牟岐駅へ戻る。
  2)へんろ歩き再開。牟岐から最低、甲浦駅、出来れば可能な限り先のバス停を目指す。(時間的に淀ヶ磯橋バス停かな?)
  3)打ち止めしたバス停から、高知東部交通バスで甲浦駅まで戻ってくる。(パジェロ回収)
  4)食料等を購入(出来れば入浴も)した後、室戸岬駐車場へ移動。車中泊。
 【2日目
  1)室戸岬駐車場そばのバス停から、1日目打ち止めしたバス停までバスで移動。その後、室戸岬を目指し歩く。
  2)最低、室戸岬駐車場まで歩く。可能であれば最御崎寺も参拝する。ここで打ち止め!
  3)パジェロにて自宅へ帰宅。
 よっしゃぁ!完璧じゃぁ〜!・・・・・・・これで行ける!(やましん隊長、計画を立てる事だけは得意。)
 この計画策定時、役に立ったのがgoogleマップのストリートビュー!バス停、その周囲の映像が事前確認できる。なんか安心。

2.海の駅 東洋町で前泊

 さて、今週は、週末に用事がある。天気予報も確認し、3/1(火)〜3/3(木)に決行する事にする。
 3/1、午後2時半、自宅を出発。16時40分に宍喰のセブンイレブンで今晩の一人宴会用、ビールとあて、
 それと明日の朝食を購入する。この宍喰のセブンイレブンは重要ポイント!この先、室戸岬までコンビニは無い!
 民宿を利用しない歩き遍路にとって、まさに死のロード。偶然開いているスーパー、たまにある自動販売機が生命線となる。

 宍喰のセブンイレブンから車で5分ほどで今晩の前泊地となる「海の道 東洋町」に到着する。時刻は17時。
 ちょっと早く来すぎてしまった。

【宍喰のセブンイレブン】                            【「海の駅 東洋町」の駐車場:今夜のお宿】


 今日は3月1日。日没は18時。陽も長くなってきましたなぁ〜。近所の子供らが広場でスケボーする音がうるさい。
 日没までまだ1時間もあるので、明日の汽車始発駅「甲浦駅」(阿佐海岸鉄道)までパジェロを走らせる。ほんの数分で到着。
 グーグルマップで確認したとおり、駅舎と、高知東部交通のバス停がある。
 本当はここで車中泊したいのだが、この駅は便所が駅舎内にあり、夜間は施錠される。夜中のトイレに困るので、ここはだめ〜。

【阿佐東線 甲浦駅】                              【高知東部交通:甲浦駅バス停】


 再び「海の駅 東洋町」まで戻る。海の駅の物産館は営業時間は17時まで。とっくに閉まっている。(早っ!やる気あるのか?)。
 外は寒く、日没間近の白浜海水浴場をおっさん一人が歩いても、自殺志願者が彷徨っているように見られるかもしれない。
 することもないので、サンシェードで目隠ししたパジェロの後部フロアーで、寝袋を枕に、ぐだぐだする。
 (今回、携帯ラジオを持ってくるのを忘れてしまった。車のラジオでも聞くことは出来るが、バッテリー上がりも嫌だし、
  ただでさえ燃費の悪いパジェロ、走りもしないのにエンジンを回すのは無駄遣いこの上ない!)

 時刻は18時。やっと子供達が帰って行く。ええ子は早く帰りや〜。ここからは酒飲みのおっさんの時間やで〜。
 セブンイレブンで買った豚焼肉弁当とチーズ鱈、500mlの缶ビール3本で一人宴会開始。もう少し、あてが欲しかったな。
 ちょっと早いが、20時に就寝。おやすみなさい。

【パジェロ、車中泊用、サンシェード】                     【前泊夜:一人宴会】


3.牟岐から出発

 さすがに昨夜の就寝時間は早すぎた。未明3時頃から目が覚めてしまった。しかし、寒い!パジェロの外気温は0℃!
 パジェロの窓の内側、アルミスポンジシート上などに結露している。
 トイレに行った後、うとうとしながら5時半まで寝袋に潜るが、そろそろ起きましょうか!。急いでエンジンをかけ、暖を取る。
 朝食のカレーパンとアクエリアスで腹を満たし、トイレも済ませ。パジェロで甲浦駅へ移動する。

 時刻は6時5分。始発まで20分ある。ここの駅舎での切符の販売は甲浦婦人会が行っており、始発10分前でないと解錠されない。
 本当に、婦人会のおばちゃん来るんかなぁ?と思っていたら、駅舎外付け階段をユニフォームに身を固めたおっさんが降りてくる。
 (おっさんと言っても、やましん隊長より若いのだが・・・・)
 その人は勝手に駅舎裏口から入り、照明をつけ、解錠し、またホームへの外付け階段を上ってゆく。
 後について、ホームへ登ると、宍喰から回送された始発車両が止まっている。さっきのおっちゃん、運転手やんけ〜!

 車両に乗り込み、運転手に切符代を支払う。(270円なり)。甲浦から、宍喰、海部の2駅しか無いのに高い!
 6時24分、阿佐東線甲浦駅出発。途中、海部駅で阿佐東線はおしまいなので、運転手がJR職員に交替する。
 ここから牟岐までは4駅(260円)。始発だが会社員、高校生など、そこそこ客が乗っている。
 甲浦駅から約30分で牟岐駅到着!。

 前回打ち止めとした牟岐駅前!朝日がまぶしい〜!。牟岐駅でもトイレを借り、準備完了!
 まずはパジェロを停めてある甲浦駅で歩きますか!

【阿佐東線で牟岐へ】                              【牟岐駅前】


 「四国遍路ひとり歩き同行二人」の地図に従い、牟岐の町中(旧道)を進む。
 途中のローソン牟岐中村店で、昼飯のおにぎり2個を購入。途中、食事処とか、スーパーもあるかもしれないが
 今まで、何度も腹ぺこの目に遭っているので、とりあえず食糧確保!

 そこから、旧へんろ道(山道)に入り、大阪峠を目指す。(こんな道、あったんや〜。)

【ローソン牟岐中村店】                              【大阪峠越え登山口】


 大阪峠への山道、結構歩きやすい。標高差もそれほど無い。途中、ビールケースをひっくり返したような見晴らし台がある。
 海が見えるが、わざわざ看板を立てるほどでもないな。

【山道】                                       【途中の見晴らし台から】


 登山口から11分で大阪峠到着。あとは草鞋(わらじ)大師へ降るのみ。
 舗装道路に出ると、右手の国道方向ではなく、左手に行くよう、案内シールがいっぱい貼られている。
 素直に左の道を進むが、なかなか「草鞋大師」が見つからない!。おいおい、海部美化センターまで来ちゃったよ〜。
 GPSの軌跡をみても明らかにおかしい。勇気を持って引き返すことにする。

【大阪峠】                                     【海部美化センター:ゴミ焼却場】


 戻り道、ふと左を見ると、お地蔵さんが・・・・・。先ほど山道から降りて左に進むと、ちょうど小山の陰になって見えない場所。
 小さな説明板を見ると、これが草鞋大師!。庵とか幟とか無いのか?これは見落とすわ〜!
 朝一番から、往復15分のタイムロス。時間以上に、精神的にダメージ大。この草鞋大師、やけに新しいし、(平成22年建立)。
 ただ、説明文をよく読むと、このお地蔵さんは目がつぶれていたり、今まで何度も首を落とされているらいし。

 この地蔵の前から、さらに下る山道がある。下りたところが内妻海水浴場。先に国道が見える。

【草鞋大師】                                    【内妻海水浴場】


 国道に合流し、トンネルを2つ越えると、見覚えのある鯖大師の看板。室戸へ直進したいが、無視するわけにも行かず、
 案内板通り、右折する。赤い欄干の橋を渡ると、その先が鯖大師??

【鯖大師、右へ】                                 【赤い欄干の橋】


 はい、ありました。鯖大師本坊。本堂と、大師堂を参拝する。
 鯖大師って何?と思って、あとから調べてみると、弘法大師が塩漬けの鯖を生き返らせた場所がこの海岸の「鯖瀬」だったらしい。
 その時、塩鯖を運んでいた馬子が改心して、弘法大師に弟子入りし、八坂八浜で庵を開いたのが始まりとのこと。
 杖でついたら水が出たってのはよく聞くが、塩鯖まで生き返らせてましたか〜。いろいろ逸話がありますな。

【正面奥:鯖大師本堂】                             【大師堂】


 元の国道に戻って、少し進むと、出羽島、大島が見える、気持ちの良い海岸に出る。パソコンの壁紙に良さそう。

【気持ちのエエ海やねぇ、出羽島が見える】


 鯖大師から2.5kmほどで、国道と浅川港経由の分岐に到着。旧海南町の大浜(松原)海岸には、昔、仕事で何度も行って
 思い出の土地なので、海側の浅川港経由へ進む事にする。

【浅川港へ分岐】                                 【浅川港集落】


 まぜのおかキャンプ場前を通り、旧海南町を進む。すこし、へんろ道からそれて、大里(松原)海岸へ出てみる。
 昔と変わってませんなぁ。(人が居ないのも昔のままだが・・・・)

【大里松原海岸】


 松原から海部川を遡り、海部川橋を渡り、旧海部町に入り、街筋を通りJR海部駅へ出る。
 市町村合併で、「海南町、海部町、宍喰町」が「海陽町」になってしまって、なんかしっくり来ないのは、やましん隊長だけか?
 昔ながらの町名には、それぞれちゃんとした由来があったはずだが、きらきらネーム的な市町村名は、嫌いじゃな。

【海部川橋】                                    【JR海部駅】


 ふれあいの宿、遊遊NASAの入口横に休憩所「へんろ小屋NASA第39号」を確認。
 その先、特徴のある那佐湾に沿って進む。おおー、お好み焼き屋発見!、たこ焼き〜、焼きそば、食べたいよう〜。
 でも時刻は10時38分。まだ昼飯にはちと早い。今朝買った、おにぎり2個もあるしなぁ。(泣く泣く素通り)

【細長い那佐湾】                                 【那佐湾沿いの粉もん屋】


 さらに進むと、一縷の望みを残していた、ユートピア那佐店・・・・・・・営業してませんなぁ。
 横にあるのは、以前「豚太郎 宍喰店」だった「豚皇(トンファン)」。こちらは営業している。
 時刻は11時15分。まだ早いか・・・・・しかし、この先、お食事処はあるのだろうか・・・・・・。(まぁおにぎり2個あるし。)
 悩んだ末、やっぱり素通りすることにする。

 その先、なんか道路工事してます。片側交互通行。最近はガテン系女子も多くなったせいか、バリケードにも女性版が・・・・・ 

【ユートピア、つぶれてます。】                         【道路補修バリケード】


 やっと宍喰かぁ。昨日寄ったセブンイレブンを過ぎ、道の駅ししくい手前から旧町筋へ入る。
 やっぱり徳島県南の旧町筋は、昭和の香りがぷんぷんします。

【宍喰、旧町筋へ右折】                             【宍喰町筋】


 宍喰川は新しく掛け替えられている。車道橋と歩道橋が別に架けられている。車道橋に、変な突起物があると思いきや、
 カモメ?のモニュメント。つり目がちょっといただけない。

 橋を渡ると、古目大師。徳島最後の大師堂。昔の阿波と土佐との関所にあったため、古い目付の意味でこんな名称になったらしい。

 この先でちょうど12時となる。リュックからおにぎりと新しいペットボトルを出し、前回同様、リュックのチェストストラップから
 おにぎりを吊し、歩行しながらの行動食とする。

【宍喰旧道の橋】                                【古目大師】


 昔の人は、ここから峠越えをしたらしいが、今は、水床トンネルを通過で楽ちんじゃ。
 (水床トンネルはパジェロで通ると、途中で「高知県に入りました、徳島県に入りました、高知県に入りました」と、とてもうるさい。
  地図を見ると、水床トンネル上で県境ラインが蛇行しているため、こうなるらしい。)

 トンネルを抜け、甲浦大橋を渡ると、昨夜の車泊地点「海の駅 東洋町」に到着!
 時刻は12時30分。駐車している車が多い!。丁度、昼休みで休憩いるんだろう。

 この先を曲がると、本日第1目標地点、甲浦駅。駐車場にはパジェロが待っている。しかし時刻はまだ12時台!。
 こんなところで終わっていたら、明日中に室戸岬に着けないので、もっと先まで進む事にする。

【高知県入り】                                   【海の駅 東洋町:昨日の宿場】


 少し進むと白浜海水浴場の全景が見える。もうここで車中泊することはたぶん無いだろう。
 (やっぱり、日帰り風呂あり、コンビニすぐそばの「道の駅ししくい」がいいなぁ)

 歩き始めて5時間半。左足の裏が痛くなってきた・・・・・。とうとうマメが出来たか。だんだん痛くなってくる足をかばいつつ、先に進む。
 13時1分、東洋町役場前通過〜。

【白浜海水浴場】                                 【東洋町役場】


 13時28分、東洋町野根集落への分岐を右に入る。すぐに「明徳寺(東洋大師)」に到着する。
 そういえば、ここに来るまで、何十カ所も「交通安全・東洋大師」の看板が立っていたなぁ。ここの事とは知らんかった。

【野根集落への分岐】                              【明徳寺(東洋大師)遠景】


 調べると、ここでも弘法大師が水を湧き出させ、滝になったと逸話があるらしい。
 ここには通夜堂があり、歩き遍路の一夜宿として泊まれるらしい。先日の京都のおっちゃんもここで泊まったんかなぁ。

【本堂】                                       【通夜堂】


 ここから先は、野根の旧街道。ここも昭和の香りが充ち満ちている。ノスタルジーじゃのう。
 野根まんじゅうが有名らしいが、やましん隊長、甘い物は苦手。(好きな物は・・・・・肉とビールじゃ!

【野根まんぢう:総本家、天皇陛下賜献上の栄らしい】           【味のある町筋:奈良井の宿に少しだけ似ている?】


 旧道で野根川を渡るには、この古〜い橋を通らなければならない。
 コンクリートが、かなり、とても、恐いくらいに、劣化している。手摺りなんか、足で蹴ったら折れそうに見える。
 そりゃ、車両は通行止になるわなぁ。渡った先にも、廃屋の雰囲気をまとった家々がセットでお出迎え。
 ええですなぁ!野根集落、お気に入り!。やましん隊長のレッドリスト入り決定!

【野根橋:恐ろしく古い】                             【廃屋のオーラが出ている】


 野根を越えると「伏越ノ鼻」に到着!。ここは今日の第2目標地点。
 相変わらず、足のまめは痛いが、時刻は未だ14時。ここのバス停の時刻表では、バスが来るのは・・・15時5分!
 1時間以上もあるやん!。そんなに待ってられへんわ!。もう一つ先(淀ヶ磯橋)まで行くぞ!

 13分も歩けば、ゴロゴロ休憩所到着。ここは、海岸の石により、波音がゴロゴロと聞こえるとのこと。(どこまで本当だか・・・・・)

【本日の第2目標地点】                             【ゴロゴロ休憩所】


 とうとう、淀ヶ磯橋に到着!。時刻は14時39分。ここは、計画当初、最長ここまで行けたらいいなと思っていた場所。
 googleマップのストリートビューでバス停が確認できず、高知東部交通に電話をすると、
 「バス停は木の棒に板が打ち付けてあるだけで、棒だけとか、完全に朽ち果てたバス停もあります」とのこと。
 この淀ヶ磯橋もバス停標識はない。しかし、橋にはしっかりと「淀ヶ磯橋」と銘板が取り付けられている。ここで間違いない。

 左足のマメも痛いし、牟岐から32.5km地点だし、今日はここでええんとちがうん?と自分を説得する。
 バスの時刻は15時5分。26分待ったらバスが来るし、甲浦駅まで帰ろう。リビエラししくいで風呂も入ろう・・・・と考えるが・・・・

 ・・・・・なぜか、まだまだ不完全燃焼気分!!
 昨日、「海の駅 東洋町」に16時40分に着いて、することが無くて、20時に寝て、朝3時に目が覚めて困ったではないか!
 行くか!?行くのか!どうせ行くんだろう!やましん隊長!

 こんな事もあろうかと、なぜか、もう一便遅いバスの時刻表も確認済み。(とっても準備のいい、やましん隊長)
 次のバス停「水尻」までは3.4km。15時台のバスには、もう乗れない。しかし、17時台の便も、20時台の便もある。
 行ってやろうじゃねーの!足のまめがなんだってんだぁ!
 この先は、進捗具合と、バスの時刻表を見比べての歩行となる。15時2分、「法海上人堂」到着。早々に参拝を済ませる。

【淀ヶ磯橋:本日の第3目標地点】                       【法海上人堂】


 しばらく歩くと、乗るはずだった、15時台の高知東部交通のバスが通り過ぎていく。
 お遍路さんならバス停以外でも手を挙げれば止まってくれると言うが、翌日のスタート地点で悩むことになるので手は挙げない!

 室戸市の標識有り。この手前に「水尻」のバス停があったはずだが、確認できなかった。(疲労のせいで見落としたか?)
 2km進むと佐喜浜町入木(にゅうぎ)集落への分岐有り。ここにも参拝ポイントがあるので旧道に入る。
 (バス時間とのタイムアタック中なので、札所以外は飛ばしてもいいのだろうが、それを許せないのがやましん隊長。)

【室戸市入り:水尻バス停見落とす?】                     【入木旧道分岐】


 旧道を進むと、海沿いとは思えない、のどかな農村の入木集落。
 道なりに進むと、「佛海庵」発見。ここは引き戸を開けて中に入って、参拝する。
 この庵にも、いろいろ由来もあるのだろうが、今はそんなことはもうどうでもいい。左足が痛い。
 足の裏でマメがぐにょぐにょしているのが判る。つぶさないように気遣いながら歩く。

【入木集落】                                    【佛海庵】


 仏界庵からしばらく進み、国道へ曲がると、入木(にゅうぎ)バス停発見。
 時刻は16時13分。バスの時刻は17時13分。まだ1時間ある!。もう一つ行くぞ!

 16時39分、次のバス停「根丸坂」到着!。バスの時刻は17時13分。あと34分か・・・・・・
 ここから先はしばらく旧道を通るので次のバス停は2.7km先。今の足の状況では最短で40分はかかる。
 ・・・・・・ここまでか・・・・・・足も限界!しかし、心は満足じゃ〜!
 本日は、高知県室戸市佐喜浜町の「根丸坂」バス停で打ち止めとする!

【入木バス停】                                  【根丸坂バス停:限界!】


4.室戸岬駐車場へ

 リュックを下ろし、ダウンジャケットを羽織り、30分後のバスを待つ。立っているのもしんどいが、座るところがないので仕方がない。

 5分遅れで、高知東部交通バスが到着。この時ほど、バスが頼もしく見えたことは無い。
 15駅を25分足らずで走り、17時39分、パジェロの待つ「甲浦駅」へ帰着。

 もう、リビエラししくいで風呂に入る元気もない。(後日、この時、風呂に入るべきであったと後悔する。)
 またまた宍喰のセブンイレブンで、晩飯、ビール、あて、翌日の朝食、昼食、飲料水を購入し、
 約1時間かけて、18時52分、室戸岬駐車場へ到着する。

 ぎょえぇぇ〜!車が1台も止まっていない、真っ暗な駐車場に、真っ白の猫がぽつんと座っている〜〜。化け猫か?
 デジカメで写真を撮るが、ちゃんと写っているので一安心する。(ほんま、心臓に悪いわ〜)

【甲浦駅へバスで戻る】                             【室戸岬駐車場:白猫(恐い)】


 とりあえず、翌朝乗車のバス停を確認しに行く。(駐車場から約100m?)。バス停の現物を確認して一安心。
 パジェロまで帰り、顔が汗の塩でざらざらするので、たくさんもらったお手拭きで顔、首を拭いて、少しさっぱりする。

 セブンイレブンで1時間15分前に暖めてもらって、その後の移動時間で冷えてしまったカツカレーを皮切りに、2日目の一人宴会開始。
 今日は、あてもたっぷり。いっただっきまーす。

 よく覚えていないが、21時頃就寝。おやすみなさ〜い。

【「岬ホテル前」バス停確認】                          【一人宴会2日目】


 本日の歩行距離、44.1km、歩行時間9時間44分。
 足の裏が痛い!もう歩けない!(でもビールは飲めるぞ!!)
 

今日の散財(1日目)
高速道使用代 ¥760 割引無し
3/1前泊夕食、3/2朝食 ¥1,477 セブンイレブン宍喰店、焼肉弁当、チーズ鱈、ビール500*3、カレーパン、アクエリアス
甲浦駅→海部駅 ¥270 阿佐海岸鉄道、阿佐東線
海部駅→牟岐駅 ¥260 JR牟岐線
昼食 ¥285 ローソン牟岐中村店、おにぎり2個
バス停、根丸坂→甲浦駅 ¥840 高知東部交通バス代
夕食、翌朝食、昼食 ¥2,137 セブンイレブン宍喰店、カツカレー、鳥七味焼、ビール500*3、おにぎり2個、グラコロバーガー
合   計 6,029 3/1前泊食費、3/2食費、交通費、3/3食費

←前回へ戻る】   【翌日へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】