【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-09
探  検  名:第24番
歩  行  日:2016年3月3日
歩 行 距 離:23.210km
歩     数:30,546歩
歩 行 時 間:6時間24分
累積  標高:395m

時間データ 時刻 時間 備考
 岬ホテル前(バス停)バス発 6:40   
 根丸坂(バス停)着 7:04
根丸坂発 7:10 0:00
 室戸青年大師像 11:36 4:26
 御蔵堂 11:41 4:31
 室戸岬駐車場 11:50 4:40
第24番最御崎寺 12:21 5:11
 室戸岬灯台 12:30 5:20
 スカイライン上り口(バス停) 13:00 5:50
 室戸岬駐車場着 13:31 6:21
 自宅着(車にて110km) 16::30

画像が長いです。(クリックで拡大します)
※一旦、ブラウザの縦画面いっぱいの縮小サイズなるので、
拡大したい場所でマウス左クリックして下さい。
(さらに拡大します。縦スクロール可。再クリックで縮小します。)
※今回は東西移動距離が短いため
通常の4万分の1の地図で作製してます。




(クリックで拡大します)

1.根丸坂(バス停)から〜

 昨日は、歩いたなぁ〜。44.135km。2月22日に23番札所薬王寺、牟岐駅まで歩いたときも、限界を感じたが、
 昨日はそれすら越えてしまった。ただ、その代償というか、左足の裏にマメが出来てしまい、痛い思いもした。
 一晩、ぐっすりパジェロで寝たが、足の裏の状態は良くない。これは無理は出来ない。でも中止はしたくない!。
 とてもノルディックウォーキングは無理だが、とりあえず、行けるとこまで行きましょうか!

 5時15分頃、起床!。昨日の朝は0℃でかなり寒かったが、今朝は寒くない。結露もしていない。
 足のダメージを少なくするため、普通の靴下の上に、登山用の分厚い靴下を重ね履きする。
 歩いてみたが、まぁ何とかなりそうである。朝食としておにぎり1個を食す。

 6時25分、駐車場を出発し、6時31分、「岬ホテル前」バス停到着。そこで待つこと9分。
 定時より2分遅れで到着した、高知東部交通バス(甲浦行き)に乗車する。(当然というか、乗客はやましん隊長、ただ一人。)

【室戸岬無料駐車場:車泊場所】                       【高知東部交通バス】


 約20分、車窓から、ぼけ〜っと朝日を眺める。また、この道を今から歩くのか〜、と、ちょっと嫌になる。
 7時3分、昨日打ち止めとした「根丸坂」に到着!。さすがに気合いが入ってきたぞう!
 時刻は7時10分!それでは室戸岬まで歩きますか!

 昨日、だいぶん頑張って44kmも歩いたので、ここから岬の駐車場までは18.9km!通常なら5時間も掛からない。
 バス停からすぐに佐喜浜の旧道へを進む。閑静なというか、のどかな雰囲気の町筋ですなぁ。

【根丸坂からスタート】                              【佐喜浜、旧道(海岸側)】


 進むと、だんだん家が多くなってきた。交差する横道なんかは、これまた昭和の生活感が漂う、ええ感じ〜♪。
 おや、コンビニか??外見は大手コンビニに似ているが、「ヤマダストア」とある。
 朝の7時30分から、おばあちゃんが店主と話をしている。店内の明かりも点いているし、もう開店しているのか?
 (佐喜浜漁港のすぐ近くなので、朝が早いのかもしれない。ネットで調べると、一応、スーパーマーケットに分類されている。)
 いったいどんな物を売っているのか気になったが、昼飯、飲料水は背負っているし、買う物がないので入店はせず素通りする。

【佐喜浜の枝道:良い味出してます】                     【ヤマダストア:7時30分に開店している?】


 今日も天気は快晴、波も穏やか。佐喜浜漁港からも、多くの船が漁に出ているんだろう。
 おっと、ここで国道に合流か。

【佐喜浜港】                                    【国道と合流】


 100mほど国道を進むと、またまた旧道へ入る。ここは山と国道に挟まれた細長い町筋と生活道。
 先ほどの港周辺と比べると 少しさびしい雰囲気の道を進む。

【再び佐喜浜旧道へ】                              【佐喜浜水源地へ旧道】


 来たー!廃屋!この廃屋エネルギーはすごい!今まで民家の集まっている集落では、見たこともないほどの廃屋レベル!
 というか、すでにいつ倒壊してもおかしくない半壊状態!当然、人は住んでなさそう。でも隣の家の人も気が気でないはず。
 倒壊すれば、前の道も通行不可能になるはず。持ち主の所在が不明なのだろうか???
 (今までで最高レベルの廃屋にワクワクしている。)

 さらに進むと、またまた廃屋!。この町筋は、侮れないな。当然ここもやましん隊長レッドリストへ登録決定。

【廃屋・・・というより、半倒壊家屋・・・】                   【廃屋その2】


 佐喜浜水源地付近で、再び国道を合流。この付近の家庭菜園?にはなぜか空き缶、ペットボトルが大量にぶら下がっている。
 鳥か猿、鹿よけかな???。しかし、ここまでぶら下げると、逆に農作業がやりにくいんじゃないだろうか?

 この先しばらくは山、道、海の変わり映えしない国道を進む。

【国道合流付近、畑の害虫よけか?】                    【室戸岬への変化のない道】


 おっ!、今までへんろ道で嫌というほど看板で見た「ロッジおざき」。近くに尾崎川が流れているので地名から名付けたのか?。
 すぐ先に、有名な「民宿 徳増」発見。多くの人が利用している模様。施設も大きく、綺麗である。
 ロッジ尾崎はすぐ近いところに2カ所、民宿徳増は宿の真ん前にバス停がある。これは便利。
 23番札所薬王寺から約60km、海部、宍喰(約30km)で泊まった人が翌日泊まるには、絶好のポジションにある。
 やっぱり、民宿泊がいいなぁ〜と改めて思う。

【ロッジおざき】                                  【民宿 徳増】


 足が痛いなぁ。一応時速4km程度で歩いているが、歩き始めて1時間で右足まで少し痛くなってきた。(両方ともマメの水ぶくれ)
 ぶつ切り区切り打ちなので、絆創膏とか、消毒液とか持って来てないし、「つぶれるなよ〜」と願いつつ、ひょこひょこ歩く。

 遠くから見ると、とがった岩が4つほど見えたが、たどり着くと、奥の小さな2つが夫婦岩だった。
 遊歩道があるみたいだが、ガードレールでがっちり封鎖されているので近づけない。
 室戸市のホームページによると、落石のため立入禁止にしているとのこと。せめて、理由の張り紙ぐらいして欲しい。

 トボトボと先に進むと、今までいくつも見た水準点発見。今までのは、マンホールの蓋で塞がれており、水準点が見えなかったが
 ここは三角点同様むき出しである。

【夫婦岩                                      【むき出しの水準点】】


 椎名漁港付近で、急に車が止まって、おばあちゃんから黒飴3個のお接待を頂く。ここまで来て初めてのお接待。
 一応白衣は着るようにしたが、それ以降、まったくお接待無しだったので、まあ、こんなもんかなと思っていたが、
 実際に、お接待して頂くと、やっぱりうれしい。お礼を言って、あめ玉を口に放りこむ。
 甘〜い。黒飴エネルギーでもう少しがんばれそうである。

 さらに進むと、つぶれたドライブイン、食堂がいくつもあるが、客は車で素通りだし、歩き遍路の人だけじゃ採算あわんのやろうな。
 その中に、「喫茶 宇宙くん」という変わった店名を発見。民宿でもしていて、夜中に天体望遠鏡で星でも見せてくれるのだろうか?
 喫茶と言うことは、喫茶店?自家製麺のざる蕎麦も描かれている。まだ10時なので営業継続しているかどうかも不明。

【初めてのお接待】                                【宇宙くんて・・・・何屋さん】


 室戸ジオパークセンター。何をしているのかよく解らなかったが、後でネットで調べてみると、室戸周辺でいくつかのコースを設定し、
 散策、体験するイベントセンターらしい。(間違っていたらすまん!)
 正直、あまり人気がある様には感じられない。

 おおっー、またもや裸のね−ちゃんの像が・・・・・・・・・しかし、なんか、エネルギーが感じられない・・・・・・・・・
 古いし、痛んでいるし、汚れているし、そして最も引いてしまうのが、この像は「人魚」・・・下半身が魚!
 ・・・・なんか、うれしくない。・・・やっぱり上も下も人間のねーちゃんでないと、エロ親父、初号機は起動いたしません。
 一番エネルギーを充電したいタイミングだったのだが・・・・残念!(煩悩の権化、やましん隊長、著しく弱体化す。)

【室戸世界ジオパークセンター】                        【人魚像】


 10時23分、三津集落交差点。右折すると室戸市街(岬の反対側へのトンネル経由)だが、ここは直進。
 この先で、またもや旧道への分岐がある。左足裏の水ぶくれをかばうため、歩き方が変になっている。
 国道でも、旧道でもどっちでもいいから、早く岬に着きたい!とはいっても、やっぱり初志貫徹。旧道を歩かねば・・・・・。
 右の旧道へ入る。(なにか変なエネルギー源に出会えますように・・・)

【室戸市へ山越え道分岐】                           【三津旧道】


 三津集落、特にこれといった、変態ポイントはなく、昔懐かしい、赤いポストがある程度。

 その後、再度、国道を進むこと1時間、「室戸青年大師像」に到着。昭和59年に建立されたもの。(まだ新しいやん)
 やけに白いので、まわりの風景から完全に浮いている。
 台座内部、及び弘法大師像奥の金ピカの涅槃像を見るには拝観料が必要なので素通りする。

【懐かしいポスト】                                【室戸青年大師像】


 やっと、室戸岬先端近く、御蔵洞(修行場の神明窟と、住居とした御厨人窟)に到着!。
 学生時代、この中で記念撮影したことを思い出した。

 見ると、2つの洞窟とも立入禁止のコーン、バーが設置され、近づけない。
 「落石のため立入禁止」(室戸市商工観光深層水課・生涯学習課)のぐちゃぐちゃに汚れたラミネート表示が地面に落ちている。
 バリケード手前に賽銭箱だけはきっちり置いてある。

 室戸市観光協会によると、復旧の目処は今のところ立ってないとのこと。(神明窟は2012年秋から立入禁止になっているらしい。)
 この施設の管轄(復旧担当)はどこなんだろう?。高野山?最御崎寺?国?室戸市?観光協会???
 いずれにせよ、早く復旧して立入可能にして欲しいもんです。
 (賽銭をけちるような変態親父が、えらそうに何を言うか!と逆に文句を言われそうですが・・・・・)

【御蔵洞、その1】                                【御蔵洞、その2】


2.室戸岬駐車場帰着

 とうとう駐車場まで戻って来たぞ〜!時刻は11時50分。4時間40分で18.9km。
 足のマメをつぶさず、よく歩けたものである。さぁて、これからどうするんだ!やましん隊長!
 ・・・・おっとっと、体が自然と登山口の方へ引き寄せられる。(駐車場から登山口までは、わずか数十m!)
 時間はまだお昼丁度!すぐ山の上に最御崎寺が待っているのにこのまま帰れるわけがない!

 しかし、心配なのは足のマメ。寺への登山でマメがつぶれないだろうか・・・・、なーんて思わないのがやましん隊長!
 つぶれたって、後は車で帰るだけ。どうにかなるでしょ!

 リュックのダウンジャケット、余分なペットボトルをパジェロに移し、身軽になって、登山口へ突入じゃぁ!

【室戸岬無料駐車場:車泊場所到着】                    【最御崎寺・灯台へのへんろ道】


 登り始めてすぐにあるのが「一夜建立の岩屋」。弘法大師が一夜で岩を刻んで作ったとのこと。
 (ここまでくると、弘法大師は超能力者かドラえもんですな)

 なんと、ここが最御崎寺の奥の院とのこと。(たしかに標高は低いが、より岬に近いので奥の院になったのか??
 コンクリートの階段は続くが、登り時は、かかとに体重が掛かるため、足の裏の前方部に出来ているマメが痛くない。
 これなら、なんぼでも登れるぞ!。やっぱり登りはええですなぁ!

【一夜建立の岩屋】                               【階段状の登り】


 さらに進むと「捻岩(ねじりいわ)」。これも弘法大師が、母を雨から護るため、岩を捻って奥に避難させたとの逸話有り。
 
【捻り岩】                                     【捻り岩、中。】


 その先も階段は続く。ただ、コンクリート階段から石組階段に変わる。こうなると、石の出っ張りが豆にあたって痛いなぁ。
 とか思っている内に、急に階段が終わる。登り、終わり???(思ったより簡単に登ってしまった。)

【続く登り階段】                                  【登り切った・・・】


3.24番札所 最御崎寺〜

 登りの先を曲がると、目の前に第24番札所、最御崎寺に到着じゃぁ!時刻は12時21分!。
 もっと標高の高いところにあるのかと思っていたが、ゆっくり登って20分てとこですか。

 まず正面は仁王門、境内に入ると「鐘石」なるものがある。
 説明板通り、小石で大きな石をたたくと、高く澄んだ「キーン、キーン」と音がする。この音は、冥土まで聞こえるらしい。
 鉄をたたいたような金属音ですな。不思議じゃ。
 鐘石を叩いたとき、お坊さんが大師堂から納経所の方に走って行ったが、やましん隊長、納経はいただいておりません。
 (時間的、金銭的節約のため。)。お坊さん、すんまへんなぁ。

【最御崎寺、仁王門】                              【鐘石】


 奥、正面が本堂、左手前が大師堂。参拝を済ませ、納経所とは反対の仁王門から室戸灯台へ進む。

【本堂】                                       【大師堂】


 仁王堂の横から、さらに南に50mほど下ると、室戸灯台あり。ゲートで仕切られ、灯台敷地までは入ることが出来ない。
 室戸市観光協会のホームページによると室戸岬は「恋人の聖地」の認定を受けているとのこと!

 いったい誰が認定しているのかと調べると、NPO法人「地域活性化支援センター」の恋人の聖地プロジェクトで2006年から
 認定を始めているとのこと。選定委員に、桂由美、假屋崎省吾、菊川怜、早見優などがいるらしい。(もう、何でもありやね)

 他に観光客も居ないし、先に進む事にする。最御崎寺駐車場から、室戸スカイラインを下る。
 これから先の道、行当岬までが綺麗に見える。(とは言っても行当岬までは、たった10km、もっと先まで行かなあきまへん。)

【室戸の灯台:恋人の聖地】                          【スカイラインからの眺め】


 スカイラインの下り途中、空と、海と、道しか見えない箇所がある。これぞケンとメリーのスカイライン。(ふ、古い!古すぎる!)

 スカイラインを下りきって、国道55号線と合流する。
 「四国遍路ひとり歩き同行二人」の地図では、この国道の海側に「スカイライン入口」のバス停があるはずだが、見当たらない。
 事前にストリートビューで見て、ここにバス停がないことも、旧道に入ってすぐにバス停らしき標識があることも確認している。
 ただ、標識も四角形で古く、字が薄れてなんて書いてあるのか読めなかった。(ストリートビューの画像は2014年1月のもの。)

 現物を確認すると、バス停名は「スカイライン上り口」。新しく、丸形、金属製のバス停に替わっている。
 逐次更新。やるじゃないか高知東部交通!。
 今回はここで打ち止め!次回は「スカイライン上り口」バス停から再開することにする!

【これぞスカイライン】                              【高知東部交通、スカイライン上り口】


 あとは、岬反対側の駐車場まで1km歩くだけ〜。時刻は13時3分。別に急ぐ必要ないなぁ。
 せっかく室戸まで来ているのだから、ゆっくり岬の観光でもしますか!
 今まで、何度も車で室戸岬まで来ているが、灯台と、中岡慎太郎の像だけ見て終わっていた。
 観光案内板を見ると、海岸縁に遊歩道が整備されているらしい。足は痛いが、この際、室戸岬を堪能することにする。

 国道から遊歩道に入り、岩の間や亜熱帯性らしき植物の下を歩く。さすがに観光客が多い!
 この遊歩道の観光客はほとんどがお遍路さんではない。(バス遍路は速度優先!。観光などほとんどしない。)
 このため、白衣を着たやましん隊長は質問攻めにあう。
 何キロ歩いたのかとか、しんどくないのかとか・・・・しんどいに決まっとるやろう!

【室戸岬、遊歩道その1】


【室戸岬、遊歩道その2】


 遊歩道は東側と西側に分かれていて、途中で一旦、国道に出なくてはならない。
 やっぱり出会ってしまった〜。中岡慎太郎像。相変わらず、元気そうで何よりです。

 続いて、岬の東側の遊歩道に入る。いろいろ観光ポイントがあるが、
 周囲の観光客も含め一番ツッコミを入れたくなったのが「目洗いの池」。
 弘法大師がここの水を持ち歩き、人々の目を治したと逸話のある池!。
 こんな海岸縁なのに、台風、大波でも塩水が入らす、どんな干ばつでも干上がらず、水位一定の淡水池とのこと。
 10人が10人とも、「この水で目を洗ったら病気になるよね〜」とツッコミまくり。
 2015年3月には、シルバー人材センターのおっちゃんが、この池を空にし、掃除したとのこと。(それでも汚いなあ〜)

【中岡慎太郎像】                                 【目洗いの池】


 あと、おもしろかったのが「あこう」の気根、岩にがっちりと絡まる根は妙にグロテスク。生命の神秘じゃ!

 などと、岬の遊歩道観光すること27分。岬の駐車場へ無事帰着!。

【あこうの気根】                                  【駐車場帰着!】


 まずは、靴下を履き替え、足を楽にする。
 その後は、自宅まで約3時間のドライブ。・・・・・・・眠い・・・・・・・疲れて、さすがに眠い・・・・・・・・

 2日間、歩きまくって、3時間も同じ体勢で運転すると、体が固まるんですな。
 なんとか自宅にたどり着いて、風呂を準備して、パジェロから荷物を下ろす様は、まさに安物のロボット。

 本日の歩行距離、23.2km、歩行時間6時間24分。

 この2日間では、歩行距離、67.3km、歩行時間16時間8分。
 ほんま、よう歩いたわ〜。我ながらあきれるわ〜。でも、やめられまへんなぁ♪
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4.パジェロ活用、車中泊について思うこと!
 今回のパジェロを使用した、車中泊、コストダウン計画。安あがりではあったが、とっても気に入らない点がいくつかある!

 【良かった点】
 ・自宅からスタート地点、帰宅への移動費用が安い。特に公共交通機関の時間制限が無いのがよい。
 ・前泊すれば、翌朝7時から現地スタート可能!(活動限界時間が長くなる。)
 ・夕方以降、車で移動できるので、食事、入浴、買い物が超楽!(施設があればの話)
 ・一人宴会が出来る!

 【悪かった点】
 ・その1
  せっかくへんろ歩きしているのに、これから歩く道を、前日の夕方、前泊のためパジェロで走り、当日の朝、公共交通機関で
  スタート地点に戻る。2回も車、バス、鉄道等で通ること! 
  3回目に自分の足で歩いても、なんか新鮮みがない!
  へんろ道と公共交通機関が一致しない山道とか別ルートならば、初めて歩くので感動もあるんだろうが・・・・次回への検討課題じゃ。
 ・その2
  前泊時は良いとして、1日目終了時、汗びっしょりで風呂に入りたいじゃないですかぁ!。でも運良く日帰り温泉で汗は流せても、
  くっさい服を洗えるコインランドリーがなかなか無い。あっても乾くまで時間が掛かる。(この点、民宿はええですな)。
  次の日も、このくっさい服を着るのかと思ったら、風呂に入る気が失せる。
 ・その3
  足の裏の豆、痛かった!。風呂抜き車中泊では1晩寝てもそれほど回復はしなかった。。
  帰って来て、自宅で風呂入って布団で寝たら、翌朝、水ぶくれが直ってました(痛くない!)。
  やっぱり、民宿(お風呂での足の裏マッサージ)がええんかなぁ??

 次回は、絶対、風呂に入るぞ〜!

今日の散財(2日目)
バス停、岬ホテル前→根丸坂 ¥870 高知東部交通バス代
高速道路代 ¥760 割引無し
ガソリン代 ¥4,959 パジェロ(自宅←→室戸岬、往復)
合   計 ¥6,589 ガソリン代に金が掛かるが、鉄道、バスはもっと高いし、民宿代まで考えるとやっぱり安いわ〜。

←前日へ戻る】   【次回へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】