【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-10
探  検  名:第25番〜第26番
歩  行  日:2016年3月24日
歩 行 距 離:12.24km
歩     数:24,219歩
歩 行 時 間:3時間12分
累積  標高:401m

時間データ 時刻 時間 備考
 キラメッセ室戸発(バス停) 11:35 バス
移動
 スカイライン上り口着(バス停) 12:05
 スカイライン上り口出発 12:08 0:00 歩行
寺間
第25番津照寺 13:11 1:03
第26番金剛頂寺 14:18 2:10
 不動岩着 15:00 2:52
 不動岩発 15:10 3:02
 キラメッセ室戸着 15:20 3:12
 ホテルなはり着(入浴) 15:48
移動
 道の駅田野駅屋到着 17:56

画像が長いです。(クリックで拡大します)
※一旦、ブラウザの縦画面いっぱいの縮小サイズなるので、
再度、マウス左クリックして下さい。
(さらに拡大します。縦スクロール可。再クリックで縮小します。)
※今回は4万分の1の地図を50%縮小して作製してます。



(クリックで拡大します)

1.計画を練る練る

 さて、前回、室戸岬の最御崎寺を参拝し、室戸スカイラインを下ったところで区切り打ちしてから3週間!
 そろそろ、続きと参りましょうか!

  前回は、パジェロを使った車先行型シャクトリ虫移動法で、徳島県牟岐町から室戸岬まで来たが、
 実際に自分の足で歩く前の道を、自分の車(パジェロ)と交通公共機関(バス)で2回も通ることが不満であった。
 今回は、少し方法を変更し、極力、車は一点に固定し、前後を移動する「ベースキャンプ法」を試すこととする。
 (今回は道の駅、田野駅屋をベースキャンプとする。)
 といっても、初日は田野町を基点とするには距離が離れているため、道の駅「キラメッセ室戸」を仮キャンプ地にする事にする。
  前回、打ち止めとした室戸岬の「スカイライン上り口」バス停から歩き始めるため、まず道の駅「キラメッセ室戸」に車をデポし、
 高知東部交通のバスで「スカイライン上り口」バス停へ移動し、歩き始める計画を立てる。

2.スカイライン上り口(バス停)からへんろ歩き再開!

 3月24日(木曜日)、早朝から、朝食、弁当作り、洗濯を済ませ、8時に自宅を出発!
 一路、室戸市経由、道の駅「キラメッセ室戸」を目指し、パジェロをぶっ飛ばす!
 最初は「キラメッセ室戸」の12時42分発に間に合えばいいと考えていたが、もう1本、早いのに間に合うんじゃねぇか??
 一本早いのは11時28分発。カーナビの到着予想時間は11時30分。何とか間に合うかもしれない!

 気合いの走りで、道の駅「キラメッセ室戸」に11時25分着!。ぎりぎり間に合った!。ここにパジェロを仮置き。
 リュックを背負い、ストックを握りしめ、11時27分に道の駅横のバス停「平尾第一」でバスを待つ。
 ・・・・・・11時28分・・・・バスは来ない・・・・・・7分遅れで11時35分、高知東部交通のバスが到着。
 (高知東部交通のバスはだいたい5分程度遅れる。いい意味で、ギリギリのお客を乗せるための良心的行為と思っている。)

【道の駅「キラメッセ室戸」。「平尾第一」バス停】              【バス乗車中】


 34駅を走ること30分、見覚えのある「スカイライン上り口」バス停に到着する。
 降車するのはやましん隊長ただ一人。
 天気は快晴!、時刻は12時8分。それでは、ぶつ切りへんろ歩き10日目、スタートと行きましょう!

 歩きへんろ道は、まずは国道ではなく、旧道を進む。(四国遍路ひとり歩き同行二人、地図編による)
 見上げると、前回下った室戸スカイラインがよく見える。

【スカイライン上り口バス停】                          【室戸スカイラインが見える】


 旧道を歩いていると、数名の歩き遍路の人に、抜かれたり、追い越したりで、かなりの人がへんろ歩きをしている。
 (まぁ、競争でもないし、やましん隊長は、長くて3日のぶつ切り区切り打ちですから、勝ち負け関係ないしね)

 おや?なつかしい赤い円柱ポスト発見!。今でも使用されているのだろうか????(なんか、使ってそう)
 この鈴木商店は、何を売っているのか気になったが、買う物がなさそうなので素通りする。

 先に進むと、先ほどのバス乗車時、気になっていた、バス停「山田邸前」の山田邸に到着する。
 広大な敷地、見事な石垣、様々な庭木、絶対金持ち〜〜!
 (道向かいに「山田医院」がある。昔ながらのお医者さんですか〜。ほら金持ちやなわ〜)

【昭和している店:鈴木商店】                         【バス停名になる、山田邸(豪邸)】


 こちらの家も立派やねぇ。5m以上敷地を高くしている。手前のコンクリートの壁も、昔は石垣だったと予想する。

 そろそろ津照寺かな〜、と思ったところで、室津港に到着。
 たくさん漁船が停まっているが、何時頃が漁に出る時間なんだろうか?

【こちらも立派な家(見るからに金持ち)】                   【室津漁港】


 室津港の片隅に「梅香(まいご)の井戸」発見。説明文を読むと・・・・
 土佐日記で有名な紀貫之が、土佐国司の任を終え、船で京都へ帰る途中、
 暴風雨を避けるため、この室津に10日ほど留まった際、付近住民が飲料水として使っているこの井戸を借りたらしい。
 当時、この井戸周辺に、老梅が生い茂っていたため、紀貫之が「梅香の井戸」と名付けたとのこと。

 どんな井戸かと中を覗いてみると、・・・・レプリカでした。(残念!)

【梅香(まいご)の井戸】                             【井戸じゃない!】


3.25番札所 津照寺から

 この室津港の角に、津照寺の参道入り口発見!。右折すると特徴ある鐘楼門が見える。

【津照寺参道入り口】                              【津照寺参道】


 歩き始めて1時間3分。第25番札所 津照寺山門到着!(まぁ、ここまでは楽勝やね〜♪)
 結構きつい階段の上に中華風というか、竜宮城風の鐘楼門が見える。
 津波の時には、ここに逃げれば助かりそうである。

【津照寺山門】                                  【階段上に鐘楼門】


 鐘楼門から、さらに階段を上るとコンクリート製?の本堂到着!。
 高知室戸で、海岸に面した小山の上だと、台風の暴風をもろに受けるため、幾度となく被害を受けただろうと想像する。

 あとで調べると、津照寺は明治時代の廃仏毀釈で一旦廃寺になっていたが、その後、再興したとのこと。
 本堂は昭和50年に建立。2013年にも改修している。
 参拝後、階段を下ると、大師堂あり。こちらは昭和38年に建てた物らしい。
 (こちらは、まぁ普通〜。というかこちらが本堂っぽいんじゃない?。)

【本堂】                                       【大師堂】


 さて、先を急ぎましょう!。参道途中から細いへんろ道を、案内シールに従い進む。・・・・・・・・・・が迷う。
 辺りをウロウロするが、それらしい道が見当たらない。旅館の横に、細い道があるが、・・・・まさかこれか?。
 ・・・・当たりでした。室津川にかかる橋の傍に出る。そのまま、町筋を進む。

 げげっ!なんと、007の最大の宿敵、悪の秘密組織「スペクター」の高知基地がこんな所に・・・・(こうゆうの大好きです・・・・)

 その後、国道と合流する。バス停はいくつも通過するが、バス停名が読めない物が多く、ここがどこだか判らない。
 だが、この奈良師かめたろうの待合所は立派だ!(ここだけだが)。これなら台風時でも大丈夫そうである。

 高知東部交通殿、マジックの殴り書きでもいいので、時刻表の上にバス停名、書いて下さい・・・。
 地元の人は判っているでしょうが、歩き遍路にとっては結構役立つ目印なので・・・お願いします。

【こんな所に悪の秘密組織が・・・】                     【立派なバス待合所:奈良師かめたろう】


 ええ天気やねぇ〜♪。国道を進むと、これから登る行当岬の尾根が見える。金剛頂寺はあの上かぁ。
 花壇が綺麗な休憩所から旧道に入り、案内シールに導かれるまま、だんだん細くなっていく道を進む。

【行当岬(上に金剛頂寺):これから登るのか】               【山は目前】


 山道に突入!。あ〜、やっぱり山道はいいなぁ〜。適度な登りで高度を上げていく。

【階段状の山道】                                 【気持ちのいい山道】


4.第26番札所 金剛頂寺から

 途中、道が広くなったと思ったら、畑が出現。なぜこんな所に、と思っていたら、道は農道になり、その先に「金剛頂寺」の看板が・・・。
 あ〜、終わっちまった。山道。まぁ標高165mのお寺なので、参道もこんなもんでしょう!

 歩き始めて2時間10分、第26番札所、金剛頂寺到着!
 まずは61段の厄坂がお出迎え。途中、男女、厄年別の標柱あり。
 登り切ると仁王門のお出迎え。仁王さんの前に大わらじ有り。

【金剛頂寺石段】                                【仁王門(大わらじあり)】


 正面奥にかなりでかい本堂あり。(鉄筋コンクリート製とのこと)。
 手前左に大師堂。それぞれ参拝する。

【本堂】                                       【大師堂】


 大師堂から西へ進むと池の中に弁財天あり。なんかパワースポットの雰囲気をまとっている。
 そのまま宿坊前を通り過ぎ、尾根の反対側を目指し歩く。

【弁財天】                                     【へんろ道:下り方面】


 この先、「神峯寺」と「不動岩」の案内板がたくさん出てくる。(途中までは一緒の道)
 少し遠回りにはなるが、「不動岩」も参拝したいので、途中の「神峯寺」と「不動岩」の分岐点を左へ道を進む。

【味のあるへんろ道】                              【よくぞ残ってくれたと思うような、へんろ道】


 この行当岬の上の台地は結構広いのに驚く。畑などの農地が広がっている。
 その中のへんろ道を、ダラダラと歩いて行くと、舗装した農道になり、最後に神社の鳥居に行き着く。
 この鳥居の横から下の国道に下るんですな!

【台地の農地】                                  【国道への下り道】


 この下り、急は急だが、つづら折れになっており、ゆっくり降りればたいしたことはない。
 9分下ると国道が見えてきた。

【下り道】                                     【無事国道へ】


 国道に降りて、真正面が不動岩。ネットで探すと古いお堂の写真もあるが、新しく改築され、綺麗なスポットになっている。
 まず、空海の足跡のある石。(これが本当に弘法大師の足跡なら、その脚力に脱帽、そして、この石は国宝ですな。)
 
【不動岩】                                     【空海の足跡】


 一段高いところに、不動堂と大師堂がある。とりあえず参拝する。

【不動堂】                                     【大師堂】


 不動堂と大師堂の間に階段があるので先に進むと、看板があり、左:「空海修行の地」と右:「御厨(みくりや)」とある。
 まずは空海修行の地に行ってみる。手摺りで囲まれた岩の先がそうかと思ったら、看板に矢印発見。

                                           【空海修行の地見学ポイント】


 手摺りから矢印方向を見ると、少し下に「空海修行御座石」の標識がある。
 あの狭い段々の岩の場所か???。あそこでは、正座やあぐらは絶対無理やろう。
 この不動岩の入り口看板の「これぞ まっこと 空海」のイメージ図とは、かなりかけ離れている。

【空海修行御座石】                               【理想とのギャップ】


 「修行の地」がいまいちだったので「御厨」を見に行くと・・・・こっちは以外にもおもしろそう!
 岩山にぽっかりと入り口が開いており、中に入ると祠がある。空海はこの洞窟で寝起きしながら修行したんだろうか?
 「不動岩」、ただの庵だけではなく、イベントが2つもあったので、やっぱり来て正解。

【御厨】                                      【御厨の中:結構広い】


 あとは、道の駅「キラメッセ室戸」まで1km足らず。堤防の道を進む。
 歩き始めて3時間12分。15時20分にパジェロまで帰着完了!
 まぁ、今日はお昼からのスタートだったし、本日はここで終了とする。

【堤防道を歩く】                                 【道の駅キラメッセ室戸帰着】


5.道の駅 田野駅屋ベースキャンプへ

 さて、今回は、パジェロで車中泊はするものの、ベースキャンプ的な方法を試みる計画である。
 この2日半のベースキャンプは、田野町の道の駅「田野駅屋」。「キラメッセ室戸」から18kmほど高知市寄りにある。
 それでは、移動しましょうか!。
 おっと、その前に!前回、心に固く誓ったお風呂!。本日の活動は約3時間とはいえ、結構汗をかいている。
 さて、どうするか・・・・・。田野町には「たのたの温泉」があるが、今日はなんと定休日(毎週木曜休み)。
 う〜〜む。どうしよう〜。・・・・ふと、思い出したのが、宿泊の計画も検討していたときの候補先「ホテルなはり」
 田野町からすぐ近くで、たしか大浴場があったはず!。スマホで調べると、午後4時から日帰り入浴可能とある!
 よっしゃぁ!決まり!ここで風呂に入るぞ!

 車で30分ほど走ると、「ホテルなはり」到着!。16時まであと10分。着替えを持ってロビーで待たせてもらう。
 気を遣ってくれたのか、5分前に、「もう、ご入浴、結構ですよ」とのこと。入浴料600円を支払い、大浴場へ向かう。
 一番風呂なので、他に客もおらず、貸し切り状態。体を洗い、湯船で特に足を念入りにマッサージする。
 あ〜〜、ええ気持ちじゃぁ〜〜♪。外の露天風呂も堪能する。

【ホテルなはり】                                 【大浴場】


 その後、コインランドリーで、本日の戦闘服を洗濯、乾燥しする。(乾燥終了まで1時間・・・長い・・・・何もすることがない・・・)
 やっと洗濯乾燥終了。その後、道の駅「田野駅屋」へ移動する。

 数分で「田野駅屋」に到着。駐車場はガラガラ。止め放題である。ただ、出来るだけ静かに眠りたいので、奥の高架下に駐車する。

【道の駅「田野駅」】                               【ごめんなはり線高架下に駐車】


 日も暮れ、だいぶん寒くなってきた。ダウンジャケットを羽織り、明朝始発に乗るバス乗り場を確認しにいく。
 (※この道の駅「田野駅屋」は鉄道、バス、道の駅、コンビニがセットになった、非常に利便性のいいポイント)

 さて、風呂も入ったし、洗濯も済んだし、18時も過ぎたし、一人宴会と参りましょうか!

【田野役場通(バス停)】                            【一人宴会スタート】


 20時までちびちびと飲み食いし、宴会終了。さすがに、早朝からの家事、長距離運転、3時間のへんろ歩きで疲れた。
 さて、寝る前にトイレに行こうとパジェロから出ると・・・・・・!?。ドキッ−!!ドキッ!ドキッ!ドキッ!
 パジェロから10m程離れた鉄道高架の柱の裏側に、長い黒髪、服装も黒ずくめの若い女性がスマホをいじっている。
 確かこの女性、18時に、コンビニに買い出しに行ったときにも、同じ場所で、同じポーズで立っていた。
 2時間も、いったい何をしているんだ!(スマホをいじっているんだが・・・・・)
 なにか、嫌なオーラを感じる。さっさと、トイレを済ませ、寝袋に潜り込み就寝・・・・・・・。

 ・・・・・22時、トイレに目が覚めてしまった。ビール飲みすぎ。仕方ないので、外に出ると・・・・・・・・
 ぎょっ、ぎょぇー!!!あの、黒づくめの女性!まだスマホいじっている〜!
 この女性、やっぱりおかしいよなぁ。道から反対側の柱の陰で4時間も・・・・・まさか・・・・・幽霊・・・・????

 その後、鉄道の23時の便、回送の便などの音で目が覚め、熟睡できない。
 夜中、2時・・・・・。またトイレに行きたくなった・・・・・・でも・・・・恐い・・・・・・でも・・・・・我慢できない・・・・
 仕方ないので、LEDライトを2つも持って、パジェロからそーっと降り、柱の陰を見ると・・・・・・黒服の女性は居ませんでした。
 ふぅ〜、よかった〜。さっさとトイレを済ませ、もう一度寝よう!
 ・・・と思ったものの、高架からたまに大きな音がして、目が覚める。結局4時から寝られず。
 (とはいっても、20時から寝ているので、8時間は睡眠確保しているのだが・・・・)
 もう、絶対、高架の下では寝えへんぞ!と心に固く誓う。

 ※翌日の計画
  1)パジェロは道の駅「田野駅屋」で駐車したまま
  2)高知東部交通バスで、今日打ち止めした、「キラメッセ室戸」まで移動(戻る)
  3)へんろ歩き再開
  4)道の駅「田野駅屋」を通過し、第27番札所、神峯寺まで参拝し、ごめんなはり線、唐浜駅で打ち止め
  5)ごめんなはり線(鉄道)で田野駅まで戻る。

今日の散財(1日目)
高速 ¥760 平日料金
バス代 ¥600 キラメッセ室戸→スカイライン上り口(高知東部交通、バス代)
入浴代 ¥600 ホテルなはり日帰り入浴
洗濯代 ¥300 洗濯200円、乾燥100円
晩飲食代 ¥2,027 ローソンにて、ビール500*3、焼肉弁当、焼き鳥、シシャモ、ミネラルウォーター2本
合   計 ¥4,287  

【←前回へ戻る】   【翌日へ進む→】

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】