【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-11
探  検  名:第27番
歩  行  日:2016年3月25日
歩 行 距 離:31.0km
歩     数:56,159歩
歩 行 時 間:7時間45分
累積  標高:781m

時間データ 時刻 時間 備考
 田野役場通(バス停)発 7:08 バス
移動
 キラメッセ室戸(バス停)着 7:37
 キラメッセ室戸出発 7:39 0:00 歩行
寺間
 御霊跡 10:37 2:58
 道の駅田野駅屋通過 12:03 4:24
第27番札所神峯寺 14:09 6:30
 唐浜駅着 15:24 7:45
 唐浜駅発 15:34 汽車
移動
 道の駅田野駅屋着 15:41
 ホテルなはり着(入浴) 16:00
移動
 道の駅田野駅屋着 18:00

画像が大きいです。(クリックで拡大します)
※Chromeではブラウザの縦画面いっぱいのサイズなるので、
さらに拡大したい場所でマウス左クリックして下さい。
(さらに拡大します。再クリックで縮小します。)
※IEは最初のクリックで直フル画像になるので、画像を下まで
完全に読み込み後、一旦元のページに戻り、再度クリックすると
縦一杯画面になります。そこで拡大したい場所を左クリック!
※今回は東西南北ともに移動距離が長いため
4万分の1地図を50%縮小で作製してます。




(クリックで拡大します)

1.キラメッセ室戸(バス停)から〜

 昨夜は道の駅「田野駅屋」で車中泊をしたが、いろいろあって、今朝は4時に目が覚めてしまい、5時台からウロウロしている。
 何があったかは前日のページ参照下さい。
 今日はハードな1日になりそうなので、出発間際まで眠りたかったが、起きてしまったからには仕方がない。

 今日の予定は、昨日打ち止めとした、道の駅「キラメッセ室戸」へバスで移動し、そこからへんろ歩きを再開する。
 目標は、第27番札所、神峯寺をクリアーすること。
 歩行距離は約30km程度だが、神峯寺は、へんろ転がし「まっ縦」で有名な難所。
 そのため、出来るだけ早い時刻のバスで移動したいのだが、室戸方面行きの始発は7時5分!(遅っそ〜い!)

 コンビニで、おにぎり、お茶を購入し、朝食とする。と言っても、おにぎり1個だけなので、3分も掛からない。(残り2個は昼食分)
 トイレも済ませ、やっと来た始発バスに飛び乗る。

【未明の道の駅「田野駅屋」】                         【高知東部交通、始発バス(3分遅れ)】


 yahoo!の路線情報(乗換案内)でプリントしてきた時刻表を見ながら、乗り越さないよう気をつける。
 道の駅「キラメッセ室戸」にあるバス停は「平尾第一」。田野駅屋にあるバス停「田野役場通」から36駅目、29分で着くはず!

 さぁ、次のバス停じゃ!、と思ったら、「次は、キラメッセ室戸〜、キラメッセ室戸〜」とのアナウンス。
 ??えっ??、そこって「平尾第一」じゃないの?。でも窓から見えるのは紛れもない、道の駅「キラメッセ室戸」!
 慌てて降車ボタンを押す。
 降り際に、運転手に、ここって「平尾第一」じゃないんですか?と尋ねると、「名前が変わったんですよ!」とそっけない返事!
 そりゃ、「平尾第一」より「キラメッセ室戸」の方が判りやすいので、変えるのには賛成だが、
 ネットの乗換案内各社への情報周知をしっかりして欲しいもんです。

 では、気を取り直して、2日目、スタートしましょうか!

 今日も天気は快晴!3週間前のへんろ歩きで足の裏に出来た大きなマメの跡は、多少違和感はあるものの、痛みはない。
 歩きへんろ地図に従い、とりあえず今回のベースキャンプ、道の駅「田野駅屋」を目指す。
 旧道を歩いていると、今日も多くの歩き遍路の方々に出会う。話しかけても返事もしない人も少なからず居るが、
 ほとんどの人は、挨拶がてら、話に花が咲く。

 前を見ると、ゆっくりと歩く50歳くらいの遍路の方が居たので話しかけると、一番札所から通し打ちをしているとのこと。
 お遍路ルックに黒のグラサンで、なかなか楽しそうなおっちゃんである。ただ、体調がいまいちらしい。
 「足の裏ですか?」と聞くと、「腰がね〜腰がね〜痛いのよ〜。体がもつかな〜」との返事。
 気の毒なのだが、笑いながらしゃべるので、こちらも笑いそうになる。やっぱりおもろいおっちゃんである。
 「無理せん程度で頑張って下さい」と言い残し、先に行かせてもらう。

【キラメッセ室戸バス停(旧、平尾第一)】                  【腰を痛めたグラサンのおっちゃん】


 歩き始めて30分ほどで、「東の川橋」を渡る。
 この先は、楽しみにしていた吉良川町。特徴のある「吉良川の古い町並み」で有名な観光スポットである。

 おお〜、水切り瓦に、綺麗な石垣(いしぐろ)。昭和初期にタイムスリップしたようである。

【古い町並み】                                  【立派な水切り瓦と石垣】


 おっ!、この家は2階の窓を開けて、風通ししてますな。維持するのも大変やね。(あとで調べたら、「池田家住宅」でした。)
 脇道にも味のある町並みが続いている。

【池田家住宅】                                 【古い町並み】


 ちょっと趣が違うが、古い店屋もがんばってますなぁ!。つぶれんとってな〜!
 旧の郵便局建屋も円柱ポスト付きでしっかり保存されてます。(新しい郵便局は、国道沿いへ移転済み)

【吉良川スーパー】                               【旧郵便局】


 10分ほどで「吉良川の古い町並み」を通り過ぎてしまったが、看板を見ると、町筋から奥に入ったところにも
 まだまだ観光ポイントが残っている。今回はへんろ歩き優先でなので先を急ぐが、改めて来てみたい場所である。
 (ちなみの吉良川の道並みは、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されている。)

【国指定の看板と、観光用駐車場】                      【町並み案内図】


 しばらく進むと、また国道に戻ってしまった。古い町並みから現代に引き戻されるのは残念だが、
 便所があるので今回は良しとする。(ちょうど、もよおしてたんですわ〜。グッドタイミング)

 国道沿いにも変わった岩がある。上に祠があると言うことは、何かしら謂われがあるのだろう。

【国道に合流】                                  【変わった岩】


 さて、次のイベントは・・・・羽根岬の中山峠越え!。歩き遍路地図には国道より1.2km短いとあるが、
 やっぱり、曲がりくねった山道を登って、下ってが待っているはず。
 それがどうした!大歓迎!。登らせていただきましょう。(山道大好き。舗装道路は足の裏に堪えるから嫌いじゃ・・・・・)
 国道から逸れ、峠越えへの分岐を右折する。(お遍路シールも右へ、右へと貼ってある。)

【先に見えるは羽根岬】                             【中山峠への分岐】


 道は市営住宅の間を通れとなっている。生活感漂う集合住宅の間を進む。その先に、やっと山が見える。
 残念なのは、おそらく少し前まで、あぜ道の様な道だったのを、コンクリート道にしちゃってること。(コンクリートがまだ新しい)
 たぶん、南海地震の津波時の避難道として整備したのだろう。人命優先なので、やむを得ないか・・・。

【へんろ道は市営住宅へ】                            【まだ綺麗なコンクリート道】


 折り返すと、やっと山道になる。気持ちいい〜♪。この登りが永遠に続けばいいのに・・・・・
 興ざめなのは舗装道またぎ。奥には山道が続いている。この後も、数回、舗装道路をまたぐ。
 途中、なぜか下るな〜と思ったら、奥に沢を渡る石橋も2度ほど渡る。

【歩きやすい山道】                                【興ざめの舗装道またぎ】


 道がなだらかになったな〜と思ったら、道幅が広がり農道っぽくなる。中山峠はどこだ???
 台地の上には畑、農道が広がっている。なんと、こんな所にも民家がある。
 それにしても、中山峠はいったいどこにあるんだ????

【岬の台地に水田有り】                             【ちゃんと民家もある】


 結局、中山峠を確認できないまま、道は下り始める。お墓の横などを通過し、道はぐんぐん下る。
 あ〜あ、国道が見えるところまで下ってしまった。結局、中山峠はどこだったんだぁ!(謎のままである)
 最後は民家の玄関前を通り、旧道に出る。

【国道が見えるところまで下ってしまった】                  【見知らぬ家の玄関先を通る】


 旧道を6分ほど歩くと国道へ合流。次のイベントは・・・・御霊跡
 合流から2分も歩くと、海岸に庵らしき物が見える。

【国道と合流】                                   【庵が見える】


 大きな石碑には「弘法大師霊跡」とある。ここが「御霊跡」らしい。階段下に庵が見える。

【弘法大師霊跡の石碑】                            【階段下に庵有り】


 庵を覗くと、岩が見える。小さな穴があり、その中に石仏が祀られている。この岩は庵の後ろから突き刺さっている状態。
 事前によく確認していなかったので、ここを参拝しただけで通り過ぎてしまった。

 たが、本当の「御霊跡」とは、そこから海岸の歩きにくい道をたどり、大岩の上部にある窪みの水がなぜか右旋回しているとのこと。
 残念!見落としてしまった〜!。やはり、翌日廻るところの予習は必要ですなぁ。(既に後の祭り。)

【岩の穴の中の石仏】                              【庵の後ろから刺さってます】


 御霊跡から40分歩くと、奈半利の手前で「ふるさと海岸」の看板発見。
 写真が綺麗だったので、へんろ道を逸れ、この海岸道を歩く事にする。
 たしかに、綺麗に整備されていますなぁ!。夕日が沈む時間帯などは、さぞかし、良いデートスポットになっていると思う。
 (なぜ、ここは、恋人達の聖地に選定されていないのだろう???)

【ふるさと海岸の看板】                             【ふるさと海岸】


 ふるさと海岸を歩き、そこから東浜の住宅地を進むと奈半利港に突き当たる。
 遠くに、イオン系列のショッピングセンター「マルナカ」と奈半利駅が見える。
 それを目印に10分ほど歩くと、土佐くろしお鉄道ごめんなはり線「奈半利駅」に到着!(時刻は11時48分)

【奈半利港】                                    【奈半利駅】


 昨夜、田野駅で熟睡できなかったため、今夜は隣駅の奈半利駅で車中泊するか考える。
 駐車スペースは十分にある。だが、道に面しているため、人に覗かれる可能性も高い。う〜〜む。悩むなぁ。

 結論は先送りにして、とりあえず先に進む。ベースキャンプ、道の駅「田野駅屋」手前500m地点にコインランドリーを確認する。
 今日はここで洗濯するかぁ。

【奈半利駅前駐車場】                              【田野駅手前、コインランドリー】


 12時3分。やっとベースキャンプ、道の駅「田野駅屋」に到着。高架下のパジェロの無事を確認する。

【道の駅「田野駅屋」到着】                           【パジェロ確認】


 さて、時間はまだお昼。今日の目標は、神峯寺を制覇すること!。こんなところでのんびりしているわけに行かない!
 とにかく前へ進むぞ。田野駅から20分ほど歩くと、国道から分岐する。
 車も通らず人気も無い道なので、朝に買った昼食用のおにぎり2個を歩きながら食す。

 途中、不思議な店を発見する。「ふぁ〜ま〜 おがわ」。名前からすると、農産物を販売しているのだろうが、
 文旦を数個詰めた袋が見える程度。無人販売所にしては、あまりにもごちゃごちゃしすぎている。この店も謎が多い・・・・。

【国道から分岐】                                 【ふぁ〜ま〜 おがわ】


 安田川橋を渡れば、神峯寺の登り口は近い。程なく神峯寺への分岐の大きな遍路石に到着。
 ここを右折し、神峯寺方面へ進む。

【安田川橋】                                    【分岐の遍路石】


 ごめんなはり線と交わった地点から、神峯寺への登りが始まる。
 高架の奥に、神峯寺より少し上にある神峯神社の鳥居がある。

【事実上、神峯寺への登山口】                        【すぐ傍の、神峯神社の鳥居】


 他の方の、HPでもあるように、この鳥居には「百度石」がある。
 ここから山の上の神峯神社まで100回往復するのに、いったい何日かかるのだろう。
 (三菱財閥を作った岩崎弥太郎の母は、息子の出世を祈願し、自宅から神峯神社まで21日間、日参したとあるが・・・・)
 とりあえず、やましん隊長は1回で良いので、神峯寺まで登る。

 最初は舗装道路をゆるゆると登っていく。

【神峯神社鳥居の百度石】                           【登り初めの舗装道】


 13時28分、唐浜駅からの新道との合流点に到着する。
 うーむ、看板にはここから徒歩で35分とある。3月とはいえ、無風、快晴の直射日光の元で、何分で登れるだろうか・・・・
 
【新道との合流地点】                              【ここから35分ですか】


 とにかく登るしかない。この登り道は、荷物を下の土産物屋に預けて、空荷で登る人も多いが、
 やましん隊長は、登り口と、下山地点の唐浜駅が離れているため、糞重たいリュックを背負ったまま登っている。
 なんか、心臓がバクバクして、苦しくなってくる。水分を補給しつつ、あせらずゆっくり登る。

 おっと、へんろ転がし「まっ縦」で有名な山道発見!。やっと山道が歩ける〜♪。
 だが、「まっ縦」に過度の期待をしていたせいか、なんか普通の山道で、拍子抜けしてしてしまった。・・・・・m(_ _)m
 確かに緩斜面では直登だが、急斜面ではちゃんとつづら折りになっており、山登りの登山道と変わらんやん。

【まっ縦の山道開始】                              【つづら折れの普通の山道(ちょっと残念)】


 もっと残念なのは、少し山道を歩くと、すぐに舗装道路に出てしまうこと。(100%山道で登りたかった・・・。)

 なんか、展望広場のような場所に、変な石のオブジェがあるが、いったいなんでしょう???(特に興味なし)

【舗装道をまたぎ、また山道へ】                        【よく解らない石のオブジェ】


2.27番札所 神峯寺から

 14時5分、神峯寺有料駐車場到着。新道合流地点から37分。(げげっ、35分で寺までたどり着かなかった。)
 14時9分、神峯寺仁王門到着!新道合流地点から41分(うげぇ〜、6分もオーバーしてしまった。(T_T))

 朝7時39分から歩き始め、24km歩いてきてからの登りなんで、勘弁してくださ〜い。(言い訳にしか聞こえませんな・・・・・)

【有料駐車場】                                  【神峯寺仁王門】


 とりあえず、今回最大のイベント、神峯寺に到着したので、良しとする。

 納経所前からの庭園は綺麗やなぁ(パノラマ2枚合成)。階段の赤い手摺りがいいアクセントになってます。
 まさに今回のベストショット!

【境内の庭園】


階段途中から振り返ると、梅林の花と土佐湾が見える景色だが、多少もやっているので海がはっきり見えない〜(残念)

【階段途中より】


 登り切ると、一番奥に本堂、少し下ると大師堂がある。いつものごとく参拝。

【本堂】                                      【大師堂】


 あとは・・・下るだけ!。(しかし、やましん隊長は登りよりも下りが苦手。)
 そろそろ、足の裏もヒザも痛くなってきたので、慎重に下る。(当然山道経由)

 途中、新道との合流点まで降りてきたところで、なんと今朝会ったグラサンのおもろいおっちゃんと再会!。
 今から神峯寺に登るとのこと。見ると、おっちゃんの体が、横に「く」の字に折れ曲がっている!
 「な・なんか、体が変に折れてますよ〜!」と言うと、例のごとく、笑いながら「何人にも言われました〜。ハ・ハ・ハ」との返事。
 こりゃ、明日はまともに歩けへんのとちゃうかと気の毒に思うが、なぜかもらい笑いしてしまう。
 ほんま、おもろいおっちゃんやわ。(見た感じは井上陽水の出来損ない)
 「ほんま、無理せんと、がんばってなぁ〜」と声をかけ、後ろ姿を見送る。

 さて、こちらも新道を下りましょうか。
 結局、神峯寺から約1時間で、ごめんなはり線、唐浜(とうのはま)駅に到着。
 今日はここで打ち止め!神峯寺もクリアしたし、31km歩いたので満足!(両足の裏もだいぶ痛くなってきた)

 10分後の15時33分に奈半利方面への汽車があるので、これで田野駅に帰る事にする。

 しかし、この唐浜駅、周りは田んぼで、駐車場は広大、かつガラガラで空いている。
 今晩はここで寝てやろうかとも思ったが、近くにコンビニがないのであきらめ、
 明日の朝、パジェロをここに止め、3日目のへんろ歩きスタート地点にすることとする

【唐浜駅】                                     【唐浜駅駐車場】


 予定より1分遅れで車両全体が阪神タイガース模様の汽車が到着!田野駅までは2駅、250円也〜♪

 田野駅到着後、昨日も利用した「ホテルなはり」で入浴し、昼に見つけたコインランドリーで汗まみれの戦闘服を洗濯する。

【ごめんなはり線のタイガース列車】                     【コインランドリー】


 さて、今夜はどこで寝るか・・・・。田野駅屋の高架の下は絶対に嫌じゃ。もう一度、奈半利駅までパジェロを走らせるが、
 思いの外、交通量と人が多いので、結局、田野駅屋まで戻り、高架下から離れた道路側で車中泊することにする。

 さて、時刻は18時30分。お約束の一人宴会開始〜♪
 今日は未明から起きて、1日歩いて、神峯寺まで登って、降りて、ほんまに疲れました〜。
 ということで、21時、就寝!。おやすみなさ〜〜い。

【道路側で車中泊】                                【一人宴会開始】


 ※翌日の計画
 1)早朝にパジェロで唐浜駅まで移動
 2)次の札所の大日寺を目指して歩く。
 3)ただし、大日寺周辺にはバス、汽車等、公共交通機関が無いため、手前の「のいち駅」で打ち止めとする。
 4)自宅へ帰る

今日の散財(2日目)
朝食、昼食代 ¥560 ローソンにて、おにぎり3個、お茶
バス代 ¥920 田野役場通→キラメッセ室戸(高知東部交通、バス代)
汽車代 ¥250 唐浜駅→田野駅(土佐くろしお鉄道、汽車代)
入浴料 ¥600 ホテルなはり日帰り入浴
洗濯代 ¥600 コインランドリー
乾燥代 ¥300 コインランドリー
晩飲食代 ¥2,209 ローソンにて、カツカレー、たこブツ、メンマ、焼き鳥、ビール350*4、飲料水*3本
合   計 ¥5,439  

←前日へ戻る】   【翌日へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】