【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-12
探  検  名:寺間歩き(高知)
歩  行  日:2016年3月26日
歩 行 距 離:34.568km
歩     数:55,426歩
歩 行 時 間:8時間14分
累積  標高:不正確(低標高、トンネル多し)

時間データ 時刻 時間 備考
 道の駅田野駅屋発 5:40
移動
 唐浜駅着 6:00
 唐浜駅出発 6:10 0:00 歩行
移動

昼食
含む
 地蔵堂 6:57 0:47
 八流山極楽寺 9:52 3:42
 レストランかとり着 13:13 7:03
 レストランかとり発 13:40 7:30
 神峯寺より36.0km交差点 14:16 8:06
 のいち駅到着 14:24 8:14
 のいち駅発 14:52 汽車
移動
 唐浜駅着 15:35
 自宅帰着 19:45

(クリックで拡大します)
※今回は移動距離が縦横とも長いため、通常の4万分の1
縮尺ではなく、
20万分の1の地図で作製してます。



(クリックで拡大します)

1.唐浜(とうのはま)駅から〜

 さあ!本日は今回の区切り打ちの3日目!最終日である。
 朝5時起床!。体調は・・・・・両足の裏が少し痛いか???。まぁ何とかなるでしょう!
 朝食を買いにコンビニに向かうが、昨日までの2日間、食事はコンビニばっかり!。さすがに嫌になってきた。
 今日の昼飯ぐらい、きちんとした物を食うぞ!と心に決め、朝飯のおにぎり1個とお茶だけを購入する。

 今日の予定は、昨日打ち止めとした、ごめんなはり線の唐浜駅から、第28番札所、大日寺手前の「のいち駅」までひたすら歩くこと。
 (あえて大日寺まで行かないのは、そこにバスなど、公共交通機関が無いため。次回は、のいち駅から区切り打ち再開したい。)

 朝食、トイレを済ませ、パジェロで道の駅「田野駅屋」から唐浜駅まで移動する。

 6時00分、唐浜駅到着。駐車場は空っぽである。隅っこにパジェロを駐車し、歩き準備を済ませる。
 6時10分出発!今日もがんばるで〜!

 10分歩くと、安芸市に入る。空にはまだ月が見える。

【未明の唐浜駅】                                 【唐浜駅】


 さらに進むと、長屋のような飲食店「より道千里」がある。看板を見ると「バイキング食べ放題 800円」!
 中央にたこ焼き屋があるが、いったい中はどうなっているんだろうか?(何品あるか気になる。)
 気になったので、あとでネットで調べてみると、バイキングは昼の14時まで。夜は居酒屋になるようで、
 ハイキングのメニューも、居酒屋系の料理が揃っているらしい。(高知のバイキングではトップクラスの安さとのこと)
 たぶん、ここで食べる機会はなかなか無いと思う。(もう一回、へんろ歩きすればあるかも・・・・・?)

【より道千里】                                   【バイキングの看板】


 6分進むと反対側に「山登家(やまとや)旅館の看板有り。こりゃぁ山登りの血が騒ぐぜ!!

 下山を過ぎたあたりで、歩きへんろ地図に載っていない新しい道が出来ている。
 この先の地蔵堂のある大山岬をバイパスするトンネルらしい。ほぼすべての車が、トンネル道を通っている。

【山に登りたくなる旅館か??】                        【大山岬のバイパストンネル(地図に乗ってない)】


 どうすればいいか迷っていると、下の写真の看板あり。歩き遍路や自転車は歩道のないトンネルは通っちゃだめって事ですな。
 それでは旧道(土佐東街道)を大山岬経由で行きますか!

【歩き遍路は旧道へ】                              【土佐東街道】


 バイパス分岐から400m程で大山岬到着。地蔵堂へ降りる分岐がある。
 降りると綺麗なトイレがある。ちょうどしたかったところだったので拝借する。

【地蔵堂へ降りる分岐】                             【新しそうなトイレ発見】


 トイレの横が、「コーヒー館 岩屋」。とても営業しているようには見えない。(雨戸?閉まっているし・・・)
 あとで調べると、2015年5月末で閉店とのこと。

 この店の下をくぐると、奥にお堂と、弘法大師像がある。というか、洞の中に店がある感じ。
 35年ほど前に開店したらしいが、よく、こんな所に建築許可が下りたなぁと驚く。(洞窟崩落の危険性と、宗教的観点から)

 さっきの新しいバイパスが出来たので、一気に交通量が減ったため閉店したのかもしれない。(あくまで想像)

【コーヒー館 岩屋(閉店)】                           【地蔵堂】


 さらに左奥に怪しげな洞窟入り口が・・・・。地蔵洞の標識があり、中に入るとお地蔵様が祀られている。
 室戸岬の御厨人窟(みくろど)は落石のため立入禁止になっているが、ここは大丈夫なのだろうか?
 「お子様が入っても危険はありません」と書いてあるが、店はつぶれているし、誰も管理してなさそうなので、逆に不安になる。

【地蔵洞】                                     【お地蔵様】


 地蔵堂から直接外へ出られる。目の前に広がる海の先に安芸市街が見える。(まだまだ先は長い)

【地蔵洞出口】                                  【対岸は安芸市街】


 少し先の漁港に、またもや「恋人の聖地」が登場。室戸岬灯台以来である。整備された公園のベンチがその聖地らしい。
 たしかに夕暮れなどはロマンチックだろうが、いかんせん、周りから丸見えである。隠れてイチャイチャは無理そうである。

【恋人の聖地】                                  【あの黄土色のベンチが聖地か?】


 その先には、「道の駅大山」がある。パイパスに車が流れ、つぶれていないか心配したが、
 中に明かりも点いており、入り口にも幟がたくさん立っているので、まだ大丈夫そうである。

 さて、この「道の駅」の先で、へんろ道は防波堤歩道になるはずなのだが、その入り口が見当たらない。
 それらしい道を入ると、なんと、これがラブホテルの入り口!。
 先ほどの「恋人の聖地で」盛り上がったカップルが、このラブホテルでさらに盛り上がるんでしょう!(ええなぁ〜〜)

 しかしへんろ道は、どこだぁ〜〜?。もう少し進んでみると、やっと電柱に案内シール発見!

【道の駅大山】                                  【防波堤歩道への入り口】


 シールに従い進むと、ここってさっきのラブホテルの出口の道!。その傍らに、防波堤へと続くへんろ道がある。
 いままでいろんなへんろ道を歩いてきたが、ラブホテルの敷地を通る道は初めてである。

【ラブホテル駐車場(出口側より)】                      【振り返るとへんろ道】


 いかんいかん、朝の7時から、頭の中がエロ親父モードになってしまった。(平常心、平常心と・・・・)
 やたら新しいコンクリートの防波堤道路を進む。場所によっては朝日があたり、気持ちが良いですなぁ。

 あれっ?、道脇の木に遍路笠がぶら下がっている。誰かが忘れたのか、落としたのか・・・・・。
 笠をリュックに下げている人もいるしな〜。どっちにしろ、その人、笠がないって気づいたときには、へこんだろうなぁ〜。

【防波堤道路】                                  【忘れ去られた、遍路笠】


 防波堤歩きは36分で終了!。ここからは先は行き止まりなので、右折して国道へ出ろとの看板あり。
 行き止まりなら仕方がないですなぁ。国道へ出ましょうか。途中、この3日間のへんろ歩きで初めて踏切を渡る。

【防波堤道路終了看板】                             【伊尾木の踏切】


 国道を進み、安芸川を渡ると、へんろ道は左の安芸市街旧町筋を進む。(右に進めば岩崎弥太郎生家だが、今回はパス。)

 以前から思うのだが、「四国遍路ひとり歩き同行二人」の地図は、特に市街地など、複数の道がある場所では
 案内シールと食い違う場合が多くあった。今回も、途中から、現地のへんろ案内シールを頼りに進む。

【国道をはずれ、旧町筋へ】                          【頼りのへんろ案内シール】


 もう、地図上のどこにいるのかも判らない。やましん隊長は方向感覚だけは優れているので、方角は間違っていないと思う。
 この生活道路を進めと案内シールが貼ってある。もう、任せるしかない。

 おお、趣のある木造3階建ての建物。窓が広く、さぞ景色が良いでしょうなぁ!(でも、地震には・・・・・・)

【安芸市街のへんろ道】                             【レトロな3階建ての建物】


 ここは、小学校??。遍路地図には載っていないので、よく解らない。(あとで調べると、安芸第一小学校)

 石柱発見。読みにくいので、近くのおばあさんに聞くと、ここが岩崎弥太郎のお母さんの実家とのこと。(ふ〜〜ん、特に興味なし)

【小学校横を通る】                                【岩崎弥太郎の母の実家】


 その後、遍路シールが無くなってしまったので、勘を頼りに進む。広い通りに出ると、やっとへんろ案内シール発見。ホッとする。
 その先で球場前の国道合流交差点に到着!(やっと、へんろ地図で現在地が判る。疲れるなぁ〜)

【案内シール発見!】                              【球場前の国道合流交差点】


 この交差点から、海側に進むとカリヨン広場がある。(カリヨンってなんだ???)
 そこからは車の通らない、歩き遍路道が続くはず。地図と、案内シールと頼りに防波堤道路へ進む。

【カリヨン広場】                                  【防波堤道路へ】


 この防波堤道路は、安芸市から香南市まで続く、長〜い自転車道の起点
 国土交通省でも「高知県道501号高知安芸自転車道線」と紹介される大規模自転車道である。(約15kmもある。)
 一応、へんろも歩いて良いらしい。しかし、15kmかぁ〜(4時間は歩かなあきまへんな〜。)

【自転車道開始】                                 【へんろ案内シールもちゃんとある】


 しかし、自動車が来ないのは安心できる。だが自転車も滅多に来ない。
 出会うのはお遍路さんと、ジョギングする兄ちゃん、犬の散歩のおっちゃん、おばちゃんぐらいである。

【自転車道案内図:まだ始まったばかり】                  【自転車道は舗装道路


 歩き始めて、約4時間。自転車道に入って約1時間歩いてきた。段々足の裏が痛くなってきたぞ〜。

 ふと見ると、「寺はこちら」の逆向き矢印の看板を見つける!。振り返ると・・・・「八流山極楽寺」の看板発見!
 ここは、へんろ歩きの参拝ポイントではないか!。危うく見逃すところであった!
 しかし、この寺の看板は、順打ちの歩き遍路からだと木の陰になってまったく見えない!

【気づいた看板】                                 【振り返ると、八流山極楽寺の看板】


 入り口から見ると、「葬式、各供養」の看板はあるが、普通の民家にしか見えない!
 極楽寺・・・・なんか民家に挟まれた玄関みたいやなぁ。とりあえず、参拝する。

【極楽寺境内???】                             【極楽寺(本堂か?????)】


 この高台を進むと、海沿いに小綺麗な家屋と畑のある家の横を通る。奥にある大きなの樹木の下にはベンチが置いてある。
 なんか優雅で、のどかな雰囲気で、すごくうらやましくなる。
 このあたりからは約4kmの松原を有する「琴ヶ浜」が一望できる。(超贅沢〜〜〜!)

【うらやましい家】                                 【琴ヶ浜】


 人生、高望みしてもろくな事がないので、他人は他人、自分は自分と言い聞かせて、先を進む。

 赤野の休憩所付近には桜並木が続いている。東京では既に開花宣言されているが、南国土佐のこの桜はほとんど咲いていない。
 一週間、早かったか〜!超残念!来週、ここを歩くお遍路さんは、満開の桜の下を歩くんだろうな〜と、また人をうらやむ。

 八流の高台から徐々に下り、平地まで来ると、周囲に樹木が多くなる。

【咲いていない桜並木】                             【樹木で見晴らしが悪い】


 赤野駅を過ぎると、自転車道はごめんなはり線の高架沿いになる。
 しかし、高架下に漁業の道具は良しとしても、ゴミがあちこちに廃棄され、非常に見苦しい所が何カ所もある。
 (布団、洗濯機、冷蔵庫まで捨ててある。)
 これでは世界遺産登録なんて無理ちゃいますか〜。まず、掃除から始めましょう!

 途中で、高架沿いから、琴ヶ浜の砂浜沿いの道となる。ここはええなぁ〜。広々としたええ景色です。
 (津波が来たら一発でアウトですが、高知のへんろ道なんて、どこも同じようなもんです。)

【高架下の状況】                                 【琴ヶ浜沿いの道:気持ちいい〜】


 さらに進むと、砂浜沿いから、松林の中を進む、これまた気持ちの良い道になる。(ここからは村道と自転車道併用区間)

 いままで歩いている人間にしか会わなかったが、急に郵便配達の姉ちゃんのバイクが走って来たのでビックリしてしまった。
 あと、やたら大声でわめきながら、自転車で走ってくる外国人の一団の、ハイテンションぶりにも驚いた。(文化の違いかなぁ)

【松原の中の道】                                 【郵便配達のねーちゃん】


 この自転車道。車が来ないので歩きやすいのだが、やはり2時間も外界から隔離された状態で歩き続けるので、
 なんか、だんだん嫌になってきた。店屋とか、廃屋とか、自動販売機とか、何かイベントがないとおもしろくなーい。
 それに歩き始めて5時間、かなり足の裏が痛くなってきた。

 ・・・やっぱり、世間様はよく判ってますなぁ。しんどくなってきた所で休憩所、善根宿の登場です。(ありがたい)
 今の足の状況で、通し歩きだったら、おそらくここで1時間ほど昼寝休憩してますな。
 でも、今日で打ち止めして自宅に帰るので、少しでも前に進んでおきたい。気持ちだけいただいて先に進む。

 自転車道の案内図看板発見。全長15kmで、今、3分の2ぐらいか。まだまだあるなぁ。

【高架下の善根宿】                               【自転車道案内図】


 やっと自転車道が国道と併走するようになり、隔離状態から解放された気分になる。(文明社会じゃ〜)
 時刻は11時半、腹が減ってきた〜。おっと!レストランらしき店発見!・・・・カレーハウスでした。
 ・・・・・・やましん隊長、昨晩、ローソンのカツカレーを食ったばかり。残念ながら、パスすることとする。

 歩き始めて5時間半。やっと、香南市(旧夜須町)に入る。

【カレーハウス】                                 【香南市に突入】


 この自転車道、長さもさることながら、金かけてますなぁ。トンネルまである。
 なんと、人感センサー付きで、人が入ると、自動でLEDが点灯する。

【自転車道専用トンネル】                           【LEDライト】


 夜須町の住宅街に入ると、自転車道を周辺住宅から分離するためフェンスで囲まれる。
 おや?広い駐車場がある。道の駅か?と思ったが、よく見ると海水浴場だった。そりゃ、この時期は客はおらんわな。

【夜須の住宅地を抜ける自転車道】                     【手結海水浴場】


 12時7分に道の駅「やす」に到着!。腹が減ってぐったりしているが、車の混み具合を見て入る気が失せた。
 (やましん隊長、「この世の中に、行列に並んでまでして食べるものはない!」主義である。)
 ・・・・・・が、ここで意地を張らずに食っておけばと、後で後悔する。・・・・・・・
 「歩き遍路では、食えるときに食っとけ」の教えを忘れて、今まで、何度ひもじい思いをしたか・・・・・。(記憶力の欠如)

 さらに10分ほど歩くと・・・やっと・・・やっと自転車道終了!(長かった・・・)

【道の駅やす】                                  【自転車道終点!】


 嫌だった国道沿いの道が今はなんかうれしい。しかし、とにかく腹が減った。だが食事処は見当たらない。
 それと、足の裏がそろそろ限界か・・・・。マメは出来ていないのだが、歩くとかなり痛い。
 3日目でこの状態では、通し打ちなど夢のまた夢・・・・

 月見山を越えると、へんろ道は香我美町の旧町筋に入る。地図には「陸上自衛隊高知駐屯地」とあるが、実際あるのは門だけ。
 中は綺麗な更地となっている。

【国道へ復帰】                                  【陸上自衛隊駐屯地跡】


 この町筋は、銀行とか眼鏡屋とか、訳の判らない店まであるのに飯屋がない。
 地図にこだわらず、国道を歩いておけば飯屋もあったと思う。
 痛い足を引きずり、やっと国道との合流点までたどり着く。飯屋は無いのかぁ!

【いったい何屋さん】                              【国道への合流点】


 時刻は既に13時を過ぎている。腹減ったぞ〜。あっ!なんかありそう!レストラン発見!
 ここは、へんろ歩き地図に民宿として載っている「かとり」!。レストランもやってたんか〜。とにかく、入店する。
 リュックを下ろし、椅子に座ると、足の痛みが少し和らぐ。

 さっきまで、何を食いたいかいろいろ考えていたが、なぜか子供時代にテレビで見た「太陽にほえろ」のシーンで、
 取調室で犯人が旨そうに食っていたカツ丼が思い出され、無性に食べたかった!。
 メニューを見ると「カツ丼、700円」あり!大急ぎで注文する。待つこと10分!。来ましたカツ丼!。
 (卵が半熟でなく、完全に火が通っているのが少々残念だが、今日はあえて言うまい。)
 口の上あごをやけどしそうになるが、熱々のカツをむさぼり食う。

【レストランかとり】                               【カツ丼、700円】


 ふ〜〜。食った、食った。余は満足じゃ〜♪。エネルギー充填完了!
 それでは、最後のひと頑張りといきましょうか!

 「レストランかとり」を後にし、本日の打ち止め地点を目指して歩く。
 高知黒潮ホテルの分岐を右に入り、大日寺への案内板に従い進む。香南市役所も通過。

【大日寺まで2km】                               【香南市役所】


 もう少しで、今回の打ち止め地点の、神峯寺から36.0km地点の交差点じゃ!。よっしゃ!交差点が見えた!
 ここで、道ばたに立っていたおじいさんから、「あと1000mじゃ!がんばれ!」との、いきなりの応援!

 ・・・いや、今日の目標、大日寺じゃないし、・・・目の前のガソリンスタンドのある交差点だし・・・・・応援されても困るんですけど・・・・
 でも、おじいさんの気持ちを無下にも出来ない。「ありがとうございます!」と礼を言い、目の前の交差点まで進む。
 そこでしばらく静止。振り返って、おじいさんの姿が消えていることを確認する。
 14時16分!今回の区切り打ち、打ち止め地点、神峯寺より36kmの交差点に到着!・・・・・・・・(大日寺まで1.3km地点)・・・・

 ・・・・・・・ここで、ガッツポーズを決めるつもりだったのだが、・・・・・・この超不完全燃焼的な気分はどうすれば良いんだ・・・・・
 ・・・・・・・あのおじいさんの応援さえなければ、気持ちよく打ち止め出来たのだが・・・・・・いや、おじいさんを責めても仕方がない。
 次回、大日寺へ行くことで、おじいさんの気持ちに報いることにしよう。

 より重くなった足を引きずり、のいち駅へ向かう。

 14時24分、ごめんなはり線、のいち駅到着。お土産のせんべいを買い、14時52分発の奈半利行き快速に乗る。

【打ち止め地点:神峯寺より36.0km地点】                  【のいち駅】


 15時35分、唐浜駅へ帰着。靴下を脱ぎ、楽な靴に履き替え、パジェロで4時間かけて帰宅。

【唐浜駅】                                     【パジェロへ帰還】


 本日の歩行距離34.568km、歩行時間8時間14分!

 この3日間(正確には2.5日)の歩行距離77.8km、歩行時間19時間11分!
 室戸岬から3日歩いて、やっと高知平野の端っこに到着か〜。
まだまだ先は長い!

  ※本日、歩いていると、靴の底に違和感があるので見てみると、片方のソールがすり減って半分剥がれていた。
    ぶつ切り区切り打ち12日目で1足目を履きつぶしてしまった。
    足の裏の痛み対策のため、靴の買い直しに含め、高性能なインソールでも、いっちょう、はりこみましょうか!
  やっぱり金掛かるなぁ!

今日の散財(3日目)
朝食代 ¥250 おにぎり1個、お茶
昼食代 ¥700 カツ丼(レストランかとり)
お土産代 1,296 四万十エビ焼きせんべい2個
汽車代 ¥910 のいち駅→唐浜駅(土佐くろしお鉄道)
高速代 ¥530 休日割引
ガソリン代 ¥5,245 3日間合計ガソリン代(パジェロ、400km)
合   計 ¥8,931  
3/24〜3/26の区切り打ち 散財合計 ¥18,657也〜

←前日へ戻る】   【次回へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】