【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-13
探  検  名:第28番〜第32番
歩  行  日:2016年4月23日
歩 行 距 離:36.057km
歩     数:60,493歩
歩 行 時 間:9時間15分
累積  標高:646m

時間データ 時刻 時間 備考
あかおか駅発 6:25 0:08 汽車
移動
のいち駅着 6:33
のいち駅出発 6:41 0:00 昼食

歩行
前回区切り打止め地点 6:47 0:06
第28番大日寺 7:07 0:26
巨峰園 9:02 2:21
第29番国分寺 9:14 2:33
逢坂峠 10:37 3:56
第30番善楽寺 10:53 4:12
文殊通駅(路面電車) 12:01 5:20
第31番竹林寺 12:39 5:58
第32番禅師峰寺 14:26 7:45
えび庄旅館到着 15:54 9:13

画像が大きいです。(クリックで拡大します)
※Chromeではブラウザの縦画面に入る縮小サイズなるので、
さらに等倍にしたい場所でマウス左クリックして下さい。
(等倍になります。再クリックで縮小します。)
※IEは最初のクリックで直等倍画像になるので、画像を下まで
完全に読み込み後、一旦元のページに戻り、再度クリックすると
縮小
画面になります。そこで拡大したい場所を左クリック!
※今回は東西南北ともに移動距離が長いため
4万分の1地図を50%縮小で作製してます。




(クリックで拡大します)

1.天気予報変更でどたばた(前々日、4月21日)

 この1ヶ月、いろいろ用事、イベント等がありまして、へんろウォーキング行けてませ〜ん。
 やっと、落ち着いてきたので行こうと思ったら、数日おきに晴れたり〜雨降ったり〜。(春に三日の晴れ間無し!)
 週間天気予報で4月24日、25日と天気がよさそうなので、この両日に高知平野を制覇しますか!

 今回のベースキャンプは、土佐くろしお鉄道のあかおか駅!
 本来、再スタートは、前回、区切り打ちした「のいち駅」にしたかったが、駅付近に無料の駐車場が見当たらない。
 ただし、土佐くろしお鉄道は、「のいち駅」の次の駅から室戸方面の奈半利まで、各駅に無料駐車場がある!
 のいち駅の次に快速が停まる駅が「あかおか駅」!(2駅隣)。ここしかない!
 あかおか駅の始発が6時25分、のいち駅までは、たった7分。6時40分から歩き始めることが出来る!

 それと、今回は、久しぶりに旅館か民宿に泊まりたいなぁ。一番見栄えが良さそうなのは国民宿舎桂浜荘!
 しかし、4月21日に、24日の予約しようとホームページを見ると、ゲゲッ!既に空室無し・・・・・・!
 ゴールデンウィーク前なので、まだ大丈夫と、たかをくくっていたが・・・・ぬかった〜・・・・・

 しかたがないので他を探す。桂浜の手前の仁井田にある「えび庄旅館」に問い合わせると、空室有りとのこと。
 2食付きで6480円!安い!。速攻で24日の予約を入れる。
 ここは創彩食事処「えび庄」が、同じ建屋で民宿もしている。最近、改築し、綺麗になったとのこと。楽しみじゃぁ〜♪

 さて、日程も宿も決まったし、より綿密に計画を立てるとするか!
 ・・・・・・・1時間後・・・・・ネットを見ると・・・・・・・・・・・4月24日の天気予報が雨になっている!!
 気象庁!さっきまで24日、晴れって言うてたやないかぁ!

 さて、どうしたものか・・・・・・。23日は晴れ。24日は雨か・・・・・
 当初の計画は、24日、のいち駅から歩き、大日寺、国分寺、常楽寺、竹林寺、禅師峰寺と廻り、宿へチェックイン!
 地図上での距離35km!。ただでさえ、くそ暑いのに、カッパを着て雨の中35km歩けるだろうか・・・・・。
 あかん・・・自信ない・・・・・・・・計画修正しよう・・・・・・

 【修正案】
 (1)22日夜に、徳島から高知へ移動。あかおか駅で車中泊
 (2)23日は3つ、お寺を廻り、22kmほど歩いて終了。路面電車、鉄道で「あかおか駅」まで帰る。(車中2泊目)
 (3)24日は雨。鉄道と路面電車で移動。前日終了時点から再開。雨の中、ゆっくり13km歩いて夕刻、旅館へチェックイン。
 (4)25日は晴。宿屋から行けるところまで行く!!!。その後、バス、鉄道で「あかおか駅」まで帰り、帰宅。
 これで行きましょう!決定!(なんだかなあ〜、もう〜いや!・・・・・・・この通り、行くはずもなく・・・・・)

2.高知、あかおか駅へ(前日、4月22日)

 さあ、今晩は高知へ出発じゃ。
 へんろウォーキング装備一式、車中2泊、旅館1泊の荷物も準備完了!
 炊事、洗濯、片付け、掃除も済ませ、晩飯終了後18時20分自宅出発!
 翌朝、早起きしなければならないので、高速道路を使い高知へ向かう!

 しかし高知って、新しい道がどんどん出来ている。夜見ると、道路沿いに大型店舗がいっぱい出来て、明るい。
 20年ほど前は、南国市付近は田んぼやビニールハウスばっかりだった記憶があるが、
 やっぱり道路が整備されると、どんどん街になっていく。
 あかおか駅周辺にはコンビニ、酒屋が無いので、手前のファミリーマートで、あてとビール、翌朝の朝食のおにぎりを買う。
 2時間前に晩飯食ってきたばっかりなので、軽めのあてにする。(ビールも少なめ)

 自宅より2時間10分で、土佐くろしお鉄道、後免奈半利線「あかおか駅」到着!
 民家はあるが、店屋はないし、人気も無い。これじゃコンビニもあるわけない。
 トイレ、周辺の自販機を確認し、パジェロのシートを車中泊モードに変更。
 21時よりお約束の一人宴会開始!(とはいっても、ちっともお腹減ってないんですが)
 ししゃもが子持ちでなかったのが、ちょっと残念。でも、袋の写真より本数が多かったので、良しとしよう。
 22時就寝〜♪

【前泊:一人宴会】                                【焼シシャモ】


3.のいち駅から〜
 5時30分、快適な目覚め〜〜。朝一番、天気予報を確認する!。今日は晴れ!そして明日は雨・・・・。まあ予定通りやね・・・。
 今日は、夕方には、ここ「あかおか駅」まで戻ってきてから、日帰り入浴する予定なので、リュック中の荷物を減らす。
 6時過ぎには準備完了。ぶらぶらと歩いていると、やたら人なつっこい三毛猫がついてくる。
 結局、ホームまで来て、レールを左右確認している!。失礼しました!あなたが駅長さんでしたか。(最近、猫駅長、流行ってますな)

【ごめんなはり線あかおか駅:今回のベースキャンプ地】          【三毛猫駅長??】


 予定通り、6時25分の汽車で「のいち駅」に6時33分に到着!。ストックなどを調整し、6時41分歩き始める。
 6分歩いて、前回打ち止め地点のJAガソリンスタンドのある交差点到着!。それでは、区切り打ち、再開!

【のいち駅】                                    【前回、打ち止め地点の交差点】


 20分ほど歩くと、右の山手へ細いへんろ道となる。
 一般の民家の庭なんかも通り、細い階段を上ると、大日寺へ直登する参道に合流する。

 ここで、若いお母さんと、まだ小さな女の子の姉妹に、ばったり出くわす。
 女の子2人から、「はい、どうぞ」と小袋に入れた飴のお接待を受ける。(ありがたく頂きます!)
 よく見ると、千代紙で折った鳩?(雀?)も入っている。子供さんの情操教育の一環なんだろうか。

【舗装道から、昔のへんろ道へ】                       【今回初めてのお接待】(写真は大日寺下りてきてから)


4.28番札所 大日寺から〜

 参道を登ると、程なく山門に到着。歩き始めて26分で第28番札所 大日寺到着〜♪

【参道】                                      【大日寺山門】


 境内まで上がると、すでに数名のお遍路さんがあちこちにいる。(7時過ぎなので、おそらく、お納経待ちか、出発準備。)
 さっきの女の子が、一人ずつ、飴を配っている。まったり〜とした空気が漂っている。

 こちとら、お納経を頂かないので、本堂と大師堂を参拝し、先に進む。

【本堂】                                      【大師堂】


 これから次の国分寺を目指して、旧へんろ道や、整備された新道を進む。

【旧へんろ道】                                  【県道234号土佐山田野市線】


 ええ気分やねぇ〜♪。時刻は7時30分。天気は晴れ!。まだ早朝なので涼しい!
 さて、天気予報の再確認と・・・・・・ゲゲッ!また変わっている!今日、午後雨って、なんで?!
 それも、昼過ぎから降水確率70%!。翌日も曇り時々雨。ちょっとまってよ〜。結局雨やん・・・・・(T_T)

 ・・・ここでやましん隊長考える・・・・・
 この際、晴れの午前中ぶっ飛ばして、午後、雨の中ゆっくり進んで、今日1日で35km歩いて、旅館で泊まるってのは、どうよ!

 とりあえず、だめもとで、明日予約している「えび庄旅館」に電話を入れてみる。ラッキーにも、本日空室あり!。予約変更可能!
 明日の宿泊をキャンセルし、本日の宿泊を申し込む。(本日の宿、確保!) 同時に、本日の35km歩行決定。

 でも宿泊用の着替え、入浴セットは、「あかおか駅」駐車場のパジェロの中・・・・・・。
 しかたがない!旅館なら浴衣もあるだろうし、必要最低限の下着類だけコンビニで買えば何とかなる!
 広い通りでセブンイレブンを見つけたので、下着、靴下、タオルを購入!(これで一応準備完了!)
 さあ、あとは晴れている間に、少しでも多く歩く事に専念する。

 しかし、このあたりは水田、畑だらけで、電柱、カーブミラーがあまりないので、お遍路シールが少ない。
 代わりに、「四国のみち」の標識や、古〜い、へんろ石が残っているので、これを頼りに進む。

【古そうなへんろ石】                               【四国のみち標識】


 田植えの終わったばかりの水田の中をどんどん進む。
 何か先にあるな〜、と思ったら、「松本大師堂」兼へんろ小屋。そばにトイレもあるので拝借する。
 向かいに「甚兵衛桜」があるが、調べると、初代松本大師堂建立者岩目家三代目甚兵衛にちなんだ桜らしい。(よくわからん)

【松本大師堂兼へんろ小屋】                         【甚兵衛桜】


 そのまま進み、野田の踏切を越え、高知県道45号南国インター線を北上すると、へんろいしまんじゅう屋発見。
 「元祖山崎 へんろいしまんじゅう」というらしい。
 やましん隊長は、甘い物は嫌いなので、まんじゅうは食わないが、その、へんろいしはどこ?
 店の向かいのこれ???。(ほかにも同じようなへんろ石はたくさんあると思うが・・・・・・・)。

【元祖山崎 へんろいしまんじゅう】                      【店向かいの石柱(これも、よくわからん!)】


 さらに北上すると「レジャーセンター巨峰園」発見!。つぶれているんだろうか?ほとんど人の気配がない。
 ホームページの検索では、四国最大級のレジャーセンターとして、まだ継続しているみたいだが・・・・・。(夏季のみ営業か?)
 25年ほど前だと、高知に来ると、あちこちに巨峰園のポスターが貼ってあった。
 ビキニの女の子の巨乳ばかりが目立つ、結構うれしいポスターだったのだが・・・・・・あのポスターはもう無いのだろうか・・・・・

 巨峰園から300mほど北上すると、国分寺0.4kmの案内板発見!。本日二つ目の寺!
 今日は5つ廻らなくてはならないので、先を急がねば・・・・・・・・。

【巨峰園】                                     【国分寺へ左折 0.4km案内板】


5.29番札所 国分寺から〜

 巨峰園から12分で、第29番札所 国分寺到着〜!
 ほかのお寺はだいたい少し標高の高いところにあるのだが、ここは海抜12mの田んぼの中。
 (坂や階段を上らなくて良いので楽ちん。)

 仁王門をくぐると、見覚えのある石畳の境内が伸びている。(なぜか、この景色は記憶に残っている。)

【仁王門】                                     【境内の石畳】


 正面に本堂、左に大師堂があるので、参拝する。(このお堂の記憶は全くない・・・・・)

【本堂】                                       【大師堂】


 さて次に行きますか!。大日寺を出ると広〜い田んぼの中を進む。ここも既に田植えは終わっている。
 立派な県道の地下道をくぐると、川沿い、小山沿いのへんろ道をウネウネと進む。
 急にでっかい建物が・・・・、高知大学病院か。

 病院を見て思い出した。先ほどから右足の裏が痛くなってきていたので、早めにテーピングで保護せねば!
 堤防沿いの道路の横でリュックを下ろし、両足の靴下を脱いでみると、やはり一部、皮がずれて皮膚が白く浮いている。
 放っておくと、大きな水ぶくれになるので、伸びる絆創膏を足の土踏まずと指の間に巻く。
 左足は痛くなかったが、前回も、前々回も後半、左足のダメージがひどかったので、こちらにも事前にテープを巻いておく。

【広い田園の中をウネウネと進む】                      【高知大学医学部付属病院】


 地図を頼りに進むと、なぜか道は上り坂になる。
 時刻は10時過ぎ。暑い〜!。それほどきつい登りでは無いのだが、なかなか登りが終わらない。
 (地図ではそんなに長い登りにはなっていないのだが・・・・・・。)

 ちょうど休憩したいな〜と思っていると、へんろ小屋発見。(さすが、皆さんよく判ってますなぁ)
 でもリュックを下ろすのが面倒なので、素通りする。

【緩い登りが続く】                                 【へんろ小屋第5号(蒲原)】


 でっかい四国通運(本社)の前を過ぎると、広い道に出る。後で見ると、この道は土佐(北)街道。
 そしてここは、南国市と高知市の境の逢坂峠。ずっと登りが続くはずやな。

 直射日光と、長かった上り坂で体がだる〜い。リュックを背負った背中も暑い汗でびっしょり。
 あかん、熱中症になる〜。一休みせねば!。
 しかしリュックの中のぬるい水を飲む気になれず、峠付近の自販機でポカリスエットを買う。

 冷たい!。一気飲みする!。ふぁ〜〜〜〜、生き返る〜〜。リュックも下ろし、しばし休憩。
 急速に体が回復する気がする。これがイオンサプライの効果か?(ただ、体が冷やされただけかもしれないが・・・・)
 これ以降、リュックの中の水は非常用として封印。冷えた飲み物を探す自販機亡者と化す。

 峠を越えると、へんろ道は土佐街道から逸れ、墓場の中を下る。

【土佐(北)街道、逢坂峠】                            【墓場への下り】


 下った先で、民家の間をくねくね進むと、前にこんもりした樹林がある。ここが常楽寺か?入口はどこだ?
 と、探していたら、見るに見かねたおばさんが、遠くから、「おへんろさ〜ん、こっちよ!こっち!」と教えてくれた。
 大きな樹林で囲まれたのは土佐神社で、その横にあるのが常楽寺だった。

6.30番札所 善楽寺から〜

 時刻は10時53分。歩き始めて4時間12分で 第30番札所 常楽寺に到着〜♪
 ここには山門が無い。代わりに十一面観世音菩薩がお出迎え〜♪

【右が土佐神社、左の壁が常楽寺】                     【常楽寺石柱門と十一面観世音菩薩】


 本堂と大師堂を参拝するが、この寺もまったく記憶がない。こんな寺、あったかな?。(それとも痴呆症?)

【常楽寺本堂】                                  【大師堂】


 寺は覚えていないが、隣の土佐神社はなんとなく覚えている。はっきり言って、常楽寺よりかなり立派な神社である。
 へんろ衣装のままだが、とりあえずこちらも参拝する。(久しぶりの、二礼二拍手一礼)

【土佐神社鳥居】                                【土佐神社拝殿、見えないが奥に本殿】


 土佐神社が立派すぎて、どうも、へんろには居心地が悪い。へんろ道の案内も、店のシャッターにガムテープで貼ってある。
 へんろは土佐神社の参道の脇の道を進む。

【へんろ道案内】                                 【土佐神社参道脇の遍路道】


 ちなみに、土佐神社の参道は両側石垣で立派!。ここははっきり覚えている。以前車へんろしたときには、この参道を歩いている。
 参道入口には立派な山門がある。(土佐神社の山門で、常楽寺のものではない。)

【土佐神社参道】                                【土佐神社山門】


 この後は、竹林寺まで南下!。
 川沿いの道を歩いていると、道淵にいろんな花が植えられており、そこに木札が立っている。
 「気をつけてね。」「むりせんと、がんばってね」とか、子供が書いたと思われる、お遍路さんへの暖かいメッセージが書かれている。
 ひとつひとつ、読んでいると、うれしくなってくる。

 最後に、少し背の低い木札が・・・・・「うんちもってかえって」。思わず、転けそうになってしまった。

【かわいらしいメッセージ】                           【トドメがこれです】


 田んぼの中を進むと、高知インターからつながる県道44号線が見える。結構、広い道だが、さらに高架で専用道路も建設中。
 なかなか工事が進まない徳島県とは雲泥の差である。

【建設中の専用道の高架の足が並んでいる】               【高知インターからの県道44号線へ合流】


 やっと、高知県道44号高知北環状線から、文殊通駅、竹林寺への分岐点に到着。ここにはファミリーマートがある。
 もう、いつ雨が降ってもおかしくない.。一応、モンベル製ゴアテックスの高級レインウェアはリュックに入っているのだが、
 着るのと、帰った後の手入れが面倒なので、折りたたみの傘を買う。(げろげろ・・・1,184円。パジェロには2本もあるのに・・・・)
 あと、昼飯として、梅おにぎりと、アクエリアスも購入。

 ここで、レジのね-ちゃんが「くじをどうぞ!」と箱を差し出す。先を急ぐので、うっとおしいが、仕方なく引くと・・・・・
 ・・・・・・当たりました。キリン メッツ レモンスカッシュ・・・・・・。それも常温・・・・・。
 背中のリュックには生暖か〜いミネラルウオーターがまだ3本もあるのに・・・・・
 こちらが、ちっともうれしそうな顔をしていないので、申し訳なさそうにしているねーちゃんに、「こんなもん、いらんわ!」とも言えず、
 しぶしぶ、リュックに傘とレモンスカッシュ(常温)を入れる。ますますリュックが肩に食い込む。

【分岐のファミリーマート】                            【当たりです・・・・・・】


 時刻は12時!。とさでん交通の路面電車「文殊通駅」に到着!

 今朝までの予定では、今日はここまでで終わり、ゆっくりお風呂に入って、うまいものでも食う予定だったのだが、
 天気予報が変わって、今日のスケジュールも変えてしまったので、まだまだ歩かなければならない。
 夕方までにあと、宿屋まで12.4km!。テーピングにより右足裏の痛みは、嘘のように引いたが、
 逆に左足の裏がだんだん痛くなってきた。(予防のテーピングしたのに・・・・)

 路面電車の駅を横断し、地図を見ながら住宅地を進む。そして、例のごとく迷う!。(案内シールが無い・・・・・)
 ふと見ると、1本隣の通りの奥に、学校らしき物が見える。あれがへんろ道沿いの高須小学校か?。
 やはり、そちらが正解。途中で間違ったらしい。(へんろ地図とシールの食い違いは、永遠のテーマやな。)

 橋を渡ると、正面が五台山。あの上に次の寺が待っている。

【路面電車 文殊通駅】                             【正面が五台山】


 橋を渡った後も、案内シールに従い、ぐねぐねと進む。一般家屋横の細いへんろ道の奥に、登山口らしき階段が見える。
 12時16分、竹林寺へ登り始める。

 登り初めの階段は補修中らしく、コンクリート業者2名がへんろ道横で、大イビキで昼寝している。
 (昼休みだから、寝てても良いのだが、かなり見苦しい。こちらに気がついても、寝返りを打つだけ。)

 その後、道は山道となる。竹林寺の標高は120mなので、いつもなら、あっという間に登ってしまう距離なのだが、
 くそ暑い中を25km歩いてきた身に、この上り坂は堪えるなぁ。

 10分ほど登ると、「牧野植物園」の敷地境界の看板があり、さらに3分登ると、植物園の遊歩道に飛び出す。

【竹林寺への登山口】                              【牧野植物園:入っちゃだめよの看板】


 遊歩道はさほど高低差はない。
 今にも雨が降りそうなのに、今朝の天気予報にだまされているのか、多くの観光客が傘も持たずにあちこち散策している。

【牧野植物園内へ入る】                            【散策道】


 本来なら、牧野植物園は、お金を払って見学する観光施設。
 しかし、やましん隊長は、植物にはほとんど興味が無いため、へんろの通路としてどんどん進む。
 途中、展望台があったので、一応パノラマ写真を撮る。

【牧野植物園:展望台より】


 池や東屋、複数の遊歩道、温室、記念館、展示館、食堂など、じっくり見れば、それなりに暇つぶしになると思うが、
 結局、何も見ずに、入場口から外へ出る。(だいぶ疲れて来ているので、そんな余裕がない。)

 入場口のおばさんが、急に何か記入している。おへんろさんの通過人数をカウントしているようだが、何の役に立つのだろう。
 (通行料を、高野山か竹林寺に請求するのだろうか?????よくわからん。)

 あと、この牧野植物園は、営業時間外でも、お遍路さんは通行可能となっている。
 入口は、今回登って来た、山の北側からの登山道コースで、垣根の隙間から遊歩道に入れたので判るが、
 入場口が施錠された後は、いったいどこから出るのか判らなかった。

【植物園内の庭】                                【入場口】


7.31番札所 竹林寺から〜

 植物園を出ると、正面右奥に竹林寺への上り階段があるが、駐車場方面から入る方が楽そうなので、こちらから境内に入る。
 そこは、苔むす庭がええかんじの、綺麗に整備された日本庭園!。これには感動!

 駐車場から入ってすぐに納経所があるので、お納経を頂かないやましん隊長は、階段を往復したら、この景色を拝めなかった。
 楽して、正解じゃ!。

【納経所前の綺麗な庭園】


 庭園を抜けると山門がある。
 時刻は12時39分。歩き始めて5時間59分で第31番札所 竹林寺到着!

【竹林寺山門】


 山門を抜けると、これまた綺麗に整備された石畳の参道が続く。
 新緑の季節もいいが、紅葉時期ははもっとすごいと思う。(そして人混みも、すごいと思う。やましん隊長は人混み大嫌い。)

【竹林寺:新緑の参道】


 最後に、やたら迫力のある石段がお出迎え。登りはしんどいが、ここまで幅がある立派な石段だと、なぜか登ってみたくなる。
 登り切ると広い境内。右奥に本堂がある。とりあえず参拝する。

【最後の広い石段】                                【竹林寺本堂】



 とって返すと、左奥に大師堂がある。ここも参拝する。
 正面奥に五重塔があるが、ここからのカメラアングルがよいので、撮影だけして、参拝はパス。

【大師堂】                                     【五重塔】


 それでは、本日、5つ目、最後の寺、禅師峰寺(ぜんじぶじ)へ行くぞ!
 山門からアスファルト道に出ると、正面店とアスファルト道の間に、細〜い、目立たな〜い、へんろ道があるので、そこを下る。

 ええ加減、足が疲れてきているので、この下りはしんどいなぁ!。大腿四頭筋がピクピクし始めている。
 転ばないよう、長めにしたストックに頼り、トボトボと下っていく。10分も下れば、五台山小学校横に下りてくる。

 前には下田川が流れているが、歩行者専用の「もものき橋」が架けられている。(←おしい!もののけ橋ならおもしろかったのに)

【五台山からの下り】                              【「もものきばしを渡る」


 その後、下田川(左)と右の農業用水路?との間の堤防道を東に進む。右の土手がフレコンで仮補強されている。
 10分ほど進むと右折し、高知東部自動車道の下の唐谷集落を、再度、東に進む。

 この道は細いなぁ。通りすがりの若〜いねーちゃんに、この道で合っているか聞いてみると、
 「この道でも、土手沿いの道でも、どちらでも行けるけど、こっちの方が車が来ないからいいと思うよ」とのこと。
 たしかに、この道は軽自動車でもギリギリやな。「ギリギリ生活道」と命名しよう。

【堤防道】                                     【唐谷集落のギリギリ生活道】


 などと、地元の意向を無視したバカなことを考えている内に、禅師峰寺方面に右折する。
 数分で、武市半平太の旧宅前を通り過ぎる。

 もし、天気予報が予定通りで、明日(2日目)が文殊通駅からの12km雨中歩きなら、雨宿りがてら、牧野植物園や、
 さきほど通り過ぎた、第27代内閣総理大臣 濱口雄幸生家記念館、そして、この武市半平太旧宅も見物しながらの
 ぶらぶらびちょびちょ観光ウォーキングになっていたのだが・・・・・・。(うーむ、晴れを取るか、雨中観光を取るか悩ましいのお。)

 それにしても、もう午後2時前なのに、雨が降ってこない。降らないのはうれしいが、暑いし、足は疲れるし、頭はぼーっとするし、
 そろそろ冷却エネルギーを補給せねば・・・・。
 おおー、こんな所にポカリスエットの自動販売機が!。それも100円!安い!。即購入。一気飲みする。
 ふぅ〜、良い気持ちじゃぁ〜。でも・・・・何か・・・・何か違う・・・・・んっ!!。これ、ポカリスエットじゃない!
 ポストニックウォーターってなに?(ポカリスエットのパクリ?)。それにサンガリアって、まだ有ったんだ・・・・・。
 (これ以降、結構、サンガリアの自販機を見かけるようになる。)

【武市半平太旧宅】                               【サンガリアのポカリもどき】


 坂を上り、トンネルを越え、住宅街を下ると、かなり大きな「石土池」にでる。池沿いに進み、途中から案内シールが増え、
 禅師峰寺へ誘導される。14時15分、禅師峰寺直下の登山口に到着!

【石土池】                                     【禅師峰寺直下】


8.32番札所 禅師峰寺(ぜんじぶじ)から〜

 やっと、本日最後の寺、禅師峰寺。登山口には、車道用と、歩きへんろ道の分岐がある。当然、右へ進む。

 もう体はバテバテ、足は痛いが、この寺の標高は82m。最後と割り切って、ゆっくりゆっくり登っていく。
 長く感じたが、8分ほど山道を登ると、なにやら看板が・・・・・・

【歩き遍路道へ】                                 【登っていくと看板が】


 看板には、「お疲れさまでした 禅師峰寺」。その一言がありがたい。

 看板から、少し石段を登ると、禅師峰寺の仁王門がお出迎え〜♪。やった〜!今日はこれで最後じゃぁ!
 時刻は14時26分、歩き始めて7時間45分。第32番札所 禅師峰寺到着!!

【お迎えの看板標識                              【仁王門】


 仁王門をくぐると、天竺補陀洛山さながらの屏風岩が横たわっているとのこと。(天竺補陀洛山っていったいどこだ?)
 たしかに、暴走した「猿の腰掛け」の様な変わった岩が続いている。
 やましん隊長のエネルギーレベルがもう少し残っていたら、
 大喜びして、上に登ってガッツポーズするような岩である。(当然天罰が下るだろうが・・・)

 右に進むと本堂、その左が大師堂である。いつも通り参拝する。
 (いつも光明真言を3回と南無大師遍昭金剛3回だけ唱えている。般若心経は読経していないので、お納経は頂いていない。)

【屏風岩】                                     【本殿】


 境内からは、桂浜方面がよく見える。天気が良ければ、本日のベストショットにしただろうが、
 いつ雨が降ってもおかしくない、どんよりとした風景なのが残念。

【大師堂】                                     【境内からの展望(桂浜方面)】


 あとは・・・・あとは、宿に・・・・倒れ込むだけじゃぁ!!!
 ここから、本日の宿までは4.5km。通常なら1時間だが、左足の裏が痛くて・痛くて、ひょっこひょっこ歩くのでスピードが出ない。

 とうとうというか、ついに、途中から雨が降ってきた!。ファミリーマートで買った折りたたみ傘の出番である。!
 風も無く、この程度の雨なら傘で十分である。

 だが、傘を差していると、ストック2本を片手で持たなくてはならない。パラパラ雨も、降ったり止んだり。
 面倒くさくなって、途中で傘をたたむ。

【宿へ向かう、へんろ道】                            【傘の出番!】


 う〜〜、足が痛い〜〜。このただの住宅地の細いへんろ道をいつまで歩けばいいんだ〜!?
 途中、三里中学校、三里小学校と現在位置を確認しながら進む。

 やっと、・・・やっと大きな交差点に到着した!。禅師峰寺から4.3km地点の交差点!
 時刻は15時48分、歩き始めて9時間7分。ここが、本日の打ち止め地点!

 ここから、へんろ道を逸れて、右折し、宿へと向かう!

【つまらないへんろ道】                             【本日の打ち止め地点!】


 打ち止め交差点から7分歩くと、水路の対岸に本日の宿が見える〜〜♪噂通り、まだ改築したてで新しい。
 15時54分!本日の宿「えび庄旅館」に到着!

 店の通り側に「宿入り口」看板があるので、挨拶をして入る。正面のコルクボードに「※※様 203」と張り紙がしてある。
 今日は、あともう一人客がいるらしい。(206の張り紙がある。)
 何度呼んでもなかなか反応がない。6回目くらいで、やっと店主登場。一通りの説明を受ける。

【えび庄旅館】                                  【大きい通りに面した宿入り口】


 とにかく、「適当にやって〜な」的な店主の話しぶりなので、勝手に部屋に入り、リュックを下ろす。
 今日は疲れたな〜〜。そこそこ歩いてはいるが、2月、3月と比べて、とにかく暑い!高知の平地の4月後半を舐めていた。
 5月から10月は歩きたくないなあ。それとも、途中休憩をいっぱい入れて、1日25km程度までペースを落とすかだな。
 チェックイン直後に隣の酒屋で買ったミネラルウォーター3本をがぶ飲みする。(冷て〜!)

 部屋はフローリングで、ベットがギシギシ音がするのがいまいちだが、テレビもあるし、エアコンもあるし、十分満足である。
 窓からは日本庭園が見える。やっと、雨が本降りになってきた。

【宿の部屋】                                   【窓からの風景:外は雨】


 足裏が痛いので、手摺りを持ちつつ階段を下りる。風呂は普通の1人用。それと、シャワー専用ルームが2つ並んでいる。
 
 それでは一番風呂をいただきましょうか!。浴槽の蓋を巻くと、お湯があふれるレベルまで入っている。
 このままでは、自分が浸かると、50L以上お湯が無駄に流れてしまうので、先に浴槽の湯を贅沢に使いながら、頭、体を洗う。

 重いリュックを担いで、長距離歩いたせいか、汗で体の塩分が不足しているためか、体をかがめると、いろんな筋肉が攣る。
 一人、風呂場でもだえる。(足の裏をマッサージしようと前にかがむと、腹筋が攣る。ふくらはぎ、ふとももも同様)
 やっと全身を洗った後、浴槽でぐたーとする。ええ気持ちじゃぁ〜。

 風呂の後は洗濯。浴衣姿で、本日の戦闘服、タオルなど、汚れ物一式を洗濯する。(洗濯無料。)
 ただし、乾燥機はないので、部屋のベットの上に張ってある洗濯紐にハンガーで部屋干しする。

 ほどなく、夕食の6時になったので、1階の食事場所へ行くと、もう一人の客は既に食事を済ませたらしい。
 (よっぽど腹が減ってたんやな。)
 一人なので、気兼ねせず食事を頂く。当然ビールはお約束!。大瓶2本でご機嫌じゃ〜♪♪♪

【お風呂:浴槽満水】                              【夕食♪:ビールは別料金】


 食後、翌日の天気予報を確認すると、曇!。(何度も変わっているので、信用する気もないが・・・・・)
 明日のことは、明日考えよう。22時頃就寝。

 本日の歩行距離36km、歩行時間9時間15分!
 距離の割にはしんどかった!アップダウンもあったが、暑さには勝てまへん!

 上着はすでにTシャツと白衣のみ、ズボンは夏山登山の速乾ペラペラズボン。
 これ以上の暑さ対策は・・・・へんろの白衣を脱ぐしかないのか?。

 さて、どうしよう???

今日の散財(前日・1日目)
高速代 ¥3,230 ETC(前夜移動)
晩飲食代・翌朝食 ¥1,189 ビール、あて。おにぎり、飲料水500×3本(前夜購入)(ファミリーマート)
鉄道代 ¥250 あかおか駅→のいち駅(土佐くろしお鉄道)
下着類 ¥1,701 急遽、宿泊用衣類購入(セブンイレブン)
飲料水 ¥160 逢坂峠、自動販売機、ポカリスエット
昼飯・傘 ¥1,445 おにぎり、アクエリアス、折りたたみ傘
飲料水 ¥100 ポカリスエットもどき(サンガリア自販機)
飲料水 ¥300 宿屋横の酒屋でミネラルウォーター3本
宿代 ¥6,480 えび庄旅館(2食付き)
宿・ビール代 ¥1,080 ビール大瓶2本(ちょっと高い)
合   計 ¥15,935 旅館泊ならこんなもんでしょう。(高速道路代が痛いな〜) 

←前回へ戻る】   【翌日へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】