【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-14
探  検  名:第33番〜第35番
歩  行  日:2016年4月24日
歩 行 距 離:24.754km
歩     数:42,653歩
歩 行 時 間:6時間48分
累積  標高:343m

時間データ 時刻 時間 備考
えび庄旅館出発 6:57 0:00 歩行
時間
種崎渡船場着 7:27 0:30
種崎渡船場発 7:39 0:42
長浜渡船場着 7:47 0:50
第33番雪蹊寺 8:06 1:09
第34番種間寺 9:38 2:41
仁淀大橋 10:41 3:44
第35番清瀧寺 12:12 5:15
長谷寄通バス停着 13:27 6:30
長谷寄通バス発 14:14 7:17 バス
移動
高知駅前バス着 14:58 8:01
高知駅発 15:19 8:22 汽車
移動
あかおか駅帰着 15:56 8:59

画像が横に長い大きいです。(クリックで拡大します。)
※ブラウザの横画面に入る縮小サイズなるので、
さらに等倍にしたい場所でマウス左クリックして下さい。
(等倍になります。再クリックで縮小します。)
※今回は東西に移動距離が長いため
4万分の1地図を50%縮小で作製してます。




(クリックで拡大します)

1.えび庄旅館(高知市仁井田)〜

 5時15分・・・目が覚めてしまった。7時間、夢も見ずに熟睡していた。(疲れとったんやなぁ〜)
 5時40分起床予定だったが、 いろいろ、することはあるので、もう起きることにする。

 昨夜の雨は止んでいる。天気予報は曇りだが、昨日の件もあり、まったく信用していない!
 着替え、足の裏のテーピング、リュックのパッキングなど済ませ、6時30分から朝食!
 おひつのご飯は、おかわりし放題。どんぶり飯2杯で腹一杯である。

 6時57分、えび庄旅館を出発する。(お世話になりました!)

【朝ご飯】                                     【えび庄旅館】


 風呂に入って、一晩足を休ませたせいか、左足の痛みはほとんど感じない。
 5分も歩けば、昨日打ち止めにした、へんろ道の交差点へ到着!。ここを右折し、渡船場へ向かう。
 今日は日曜日なので、7時台の船は30分間隔。(平日なら20分間隔)。これなら7時40分の便に間に合いそうである。
 打ち止め交差点から20分ほど歩くと「渡船場」の看板あり。角を曲がると、少し先に船着き場が見える。

【昨日、打ち止めした交差点】                         【渡船場への看板】


 7時27分に種崎渡船場に到着。出発までの間、待合所でかなり年配の女性と話す。
 なんとこの女性、今朝、とさでん交通の文珠通駅の近くの宿を、暗い内に出発し、禅師峰寺をお参りした後、ここまで来たとのこと。
 達者やなあ!。やましん隊長、このおばあさんに完全に負けている〜〜m(_ _)m。(やっぱり女性は強いわ〜。)

 話をしている内に、渡船が到着したので、搭乗する。ミニバイクで乗る客もいる。

【種崎渡船場】                                   【船到着】


 この渡船は、基本、対岸の長浜渡船場から出航し、10分後に今いる種崎渡船場から折り返し、長浜渡船場へ戻る。
 振り返ると、桂浜へ渡る浦戸大橋がよく見えるが、この橋を渡るコースは、橋てっぺんまで上らなくてはならないし、距離が長い。
 この渡船なら、次の雪蹊寺まで最短距離、かつ、歩かなくても良い。そして何よりうれしいのは、船賃無料!
 ありがたや〜〜〜♪。おへんろ的には、これほどありがたいことはない。

【浦戸大橋】                                    【長浜渡船】


 船でぼけーとすること、約8分で、長浜渡船場到着!。早〜い♪タダで、楽ちんの三拍子〜♪。牛丼チェーンみたいな渡船である。

【長浜渡船場到着】                               【長浜渡船場待合所】


 渡船場から雪蹊寺まで一直線!。商店もある町筋を直進。真っ黒の水切り瓦の見事な建物もある。
 渡船場から17分歩くと、雪蹊寺らしき駐車場、石柱発見!

【水切り瓦の建屋】                               【あれはたぶん雪蹊寺】


2.33番札所 雪蹊寺から〜

 時刻は8時6分、歩き始めて1時間9分で第33番札所 雪蹊寺到着〜♪。(この内、20分は渡し船の待ち時間と渡船時間である。)
 雪蹊寺には山門ではなく、石柱門。正面奥が本堂で、右手前に大師堂がある。例のごとく、参拝を済ませ次を急ぐ。

【雪渓寺】                                     【本堂】


 つまらないことだが、この雪蹊寺の「蹊」の字、なかなか変換できない。(生まれて初めて使う漢字)
 やましん隊長は、ATOK派だが、普通の変換では出てこない。Microsoft IMEのパッドで手書き、選択して単語登録する。(面倒〜〜)

 雪蹊寺を後にし、種間寺へ向かう。
 さあ、これからスピードアップして、行けるところまで進んでおきたいのだが、また左足が痛くなってきた。
 テーピングの位置がおかしかったのか?と思い、道ばたで靴下を脱いで、確認するが、痛いところは綺麗にカバーされている。
 とりあえず、より幅広く、テーピングをやり直す。・・・・・・結果、全然、良くならないが、どうしようもないので、このまま歩く。

【大師堂】                                    【種間寺まで7.2km:左足が痛い】


 地図と道標をに従い、田舎道を進む。

 途中、「大型トラック、スピード落とせ、家がゆるぐ」との看板あり。ゆるぐ??揺れるの方言だろうと察しはつくが、
 ATOKで「ゆるぐ」と打ち込むと、「揺るぐ」と変換される。これって標準語が????

 途中、藤の花が咲き誇っているので、撮影する。桜は見逃したが、藤はバッチリである。

【ゆるぐって・・・】                                 【藤は満開】


 おおっー!種間寺の道路案内発見!もう少しじゃ!。7分後、種間寺入口の標識有り!。本日2つ目!

【種間寺の標識】                                 【種間寺入口】


3.34番札所 種間寺から〜

 時刻は9時38分、歩き始めて2時間41分で 第34番札所 種間寺に到着!
 ここにも山門は無い。大日寺や雪蹊寺と同じく、平地にあるので楽じゃなあ。

 一番奥に本堂が、手前右に大師堂がある。

【種間寺境内】                                  【本堂】


 参拝を終え、先を急ぐ。
 天気は曇。陽射しがないのが助かる。昨日よりは、暑さ控えめ、体も楽に感じる。

 しかし、このあたりも、田舎やなぁ。辺りは田んぼと畑、ビニールハウスばっかりや。
 田植えの終わった水田に水を入れるためか、用水路にはなみなみと水が流れている。のどかでええねぇ〜〜。

【大師堂】                                     【風情のある用水路】


 途中、橋を渡るが、説明看板がある、「涼月橋」とある。

【石橋を渡る】                                  【説明看板】


 振り返ると、苔むす、石造り(一部コンクリートで拡張)の風情のある橋である。涼月橋の名の通り、いかにも涼しそうである。
 看板には、昔はめがね橋と呼ばれていたとのこと。うん!この景色、気に入ったぞ。夕涼みにぴったり!
 利便性優先で掛け替えなどせずに、いつまでも姿で残っていて欲しいものである。

【涼月橋】


 涼月橋から3分も歩くと、仁淀川の土手に出る。仁淀大橋川を渡り、高知市から土佐市へ入る。
 仁淀川大橋から上流を見るとなだらかな山がいくつかある。
 次の清瀧寺へは、あの山の、いずれかの「清瀧山」の中腹にあるはず。しんどい登りで無いことを望む。

【仁淀川大橋】                                  【仁淀川、その奥の清瀧山(どの峰かは不明)】


 橋を渡ると、へんろ地図では、仁淀川に沿って細い道を上流方向に進むとある。
 地図には広い新道と、川沿いの細い道との2本しかない。だが、実際には、新道と、旧道と、堤防道の3本の道がある。
 最初はへんろ案内シールに従い、堤防沿いの道を進む。
 ・・・・・が、真ん中の旧道が、いかにもへんろ道に見えてしまう。堤防道では次の案内シールや道標は全く見当たらないし、
 本当にこのまま堤防沿いの道を進んでいいのか?、との迷いが生じる。

 結局、我慢しきれず、堤防を下り、真ん中の旧道を進む。しかし、こちらにもへんろ案内シールは見当たらない!
 げげっ!この道、ちょっと先で新道と合流してる!。間違った!。やっぱり堤防沿いの道で正解だったのか〜〜(T_T)

【仁淀川右岸の堤防道】                            【旧道に出たら、その先で新道に合流。OH!ミステイク!】


 一刻も早く、堤防道に戻らねば!。途中、工場の間の道から、堤防へ復帰する。(ふ〜一安心)
 おっっと、すぐ先に、大きな清瀧寺の看板がある!。ここか〜、ここから左下の細い道へ下る。

【堤防道へ戻る道】                                【清瀧寺への看板のある分岐】


 このまま、細い道を進むと、また広い新道と合流してしまう。途中で右に分岐するへんろ道へがあるはず。
 ・・・・・・あるはず・・・・・あるはず・・・・・・・・・・・・・・結局!見つからなかった!新道に出ちまったよ!
 この地図、どうなってるんだぁ!。辺りに遍路シールも道標も見当たらない。

 こうなったらしかたがない!新道を進むと、そのうち、再度、右からへんろ道が合流して、新道を横切るはず。
 ・・・・・・合流があるはず・・・・・あるはず・・・・・・・・・・・・・・・ガッデーム!見つからなーい!
 この地図はどうなってるんだぁ!。辺りに遍路シールも道標も見当たらない。

 もう、このまま新道を進むしかな〜い!!。腹をくくって、車へんろの道を進もう!。いずれ、歩きへんろ道と合流するし・・・。
 おおー地図の看板がある−!。現在地は・・・・・・・やっぱり、歩きへんろ道を通り越して、遠回りの車へんろ道一直線!
 結局、たどり着きゃーいいんだ!たどり着きゃー!。(半分、切れかけ!、くそへんろ親父の心の雄叫び〜〜!

【新道の国道56号線土佐市バイパス】                   【現在地は、歩きへんろ道からほど遠く・・・・】


 くっそー!。やけくそで土佐市バイパスを進む。清瀧寺の看板発見!。ここで右折し、清瀧寺へ進む。
 (車道の案内板は、清滝寺。瀧と滝、いろんな資料も、まちまち。どっちが正解なんだぁ〜〜!)

 さて、清瀧寺はもう目前。その前に、高知自動車道の下をくぐるため、ぬた〜と横たわる高速道を目指す。

【車へんろ用看板】                               【清瀧寺は高速道の奥!】


 高知自動車道の下をくぐる。前に真っ赤な菅笠を背負った人が歩いている。

 もう、清瀧寺は目の前。山の中腹に「いらっしゃ〜い」と、その姿を見せている。

【高知自動車道をくぐる】                            【山の中腹に、寺が見える】


4.35番札所 清瀧寺から〜

 山の麓に着くと、石柱が立っている。それほどきつくない車道をだらだらと登っていく。
 少し登ると、やっぱり来ました。歩き専用登山道!。仕方ないので、細い歩きへんろ道へ進む。

【麓の石柱】                                    【歩き遍路道登山口】


 登山道と言っても、わずか6分。
 途中で、真っ赤の菅笠の人に追いつく。男性とばかり思っていたが、なんと黒人の若い女性。
 女性が簡単な英語でしゃべりかけ、やましん隊長は、ジェスチャー混じりの日本語で返事をする。
 これで会話が成り立つから世の中不思議だ!。ボディーランゲージ万歳!へんろに国境なんかないわい!

 仁王門に到着すると、黒人の女性が仁王様を覗いて「No Eyes」と悩んでいる。
 みると、たしかに仁王像の目が入っていない。やましん隊長が「ノーアイズでも、ゴッドやから、OKじゃ!」と説明する。
 「Hu〜〜n、OK」と一応納得している(様に見える)。

 仁王門を過ぎると、最後のえげつない上り階段。「ラストにこのハードステップかい!」と話しかけると、
 「Last Fight、Let’s Go!」と励ましてくれる。

 これでも一応、立派な国際交流じゃ!(文句あるなら聞こうじゃないか。やましん隊長、開き直り!)

【清瀧寺仁王門】                                 【最後の階段】


 階段を上りきると、正面に本堂、並んで左に大師堂がある。いつものごとく参拝する。

【清瀧寺本堂】                                  【大師堂】


 境内の端から、土佐市内が一望できる。あそこでへんろ道、迷いまくったんやなぁ〜。
 くっそ〜!。帰り道は絶対間違えんぞ〜!。

【清瀧寺からの展望】


 どれでは、急いで、とっとと帰るとしましょう!。というのも、今日は打ち止めし、自宅へ帰る日。
 土佐市から、バス、鉄道を乗り継いで、パジェロの待つ「あかおか駅」まで戻り、そこから自宅まで帰らねばならない。
 来るときは高速道路料金が結構掛かったので、帰りの約145kmを一般道で帰るつもりでいる。
 こんなところで、のんびりしている暇はないのである。

 下る前に、清瀧寺境内の自動販売機で、いろはすオレンジを購入し、一気飲みする。さぁ下るぞ!

 石柱門まで下ってくると、一件の家の前に「土佐道、平坦なれど、長い長い、苦難の道」の手書きのモニュメントがある。
 お遍路さんへの、ありがたい応援と判っているのだが、
 「普通の道は平坦やけど、寺は高い所にあるやないかぁ!それも、今、登って、下りてきたところやで!」とツッコミを入れたくなる。

【清瀧寺境内の自販機】                            【お遍路さんへの応援のモニュメント】


 確実に道標を確認しつつ、だだっ広い田んぼの中を、土佐市街へ進む。

 途中、地上から2m程度で、バッサリと切断された木に出くわす。強風で途中で折れたか、病害虫にでもやられたのか、
 いきさつは判らないが、切られた幹から、新しい枝が生えている。ここまで切られて復活する生命力に感動。
 木の周辺には石積みがあり、花が植えてあったりと、綺麗に整備されている。元、ご神木だったんだろうか?

 その後も道標を確認しつつ、慎重に進む。右下の写真の道標は、生い茂る草で見えにくくなっている。
 普通、畦は、農地所有者が他の農地に迷惑をかけないよう、草の管理を行うものだが、この畦は管理不足ですな。

【ど根性の木】                                   【草で道標が見えづらい・・・・・】


 とうとう土佐バイパスまで到着。やっぱり、往路で、この道、怪しいなあ?と思った場所であった。(ちゃんと横断用の信号もある。)
 へんろ地図がもう少し正確だと判りやすいのだが・・・・・。

 パイパスを越えると、道標が増える。これが、仁淀川沿いの道に多数有れば、迷わなかったはず。(あくまで結果論。)
 しかしこの高知平野西部は、遍路シールがかなり少ない感じがする。

 あとでネットで見ると、お遍路シールの貼り付けを一時、中止しているとの記事発見!
 今は、いろんな方が、いろんな所に、いろんなスタイルで貼っているので、統一性がない。
 そのため、「四国八十八箇所霊場と遍路道」世界遺産登録推進協議会、受入体勢の整備部会で四県統一のデザインを決め
 各県が市町村と連携しながら貼り付ける場所を決め、順次設置するとのこと。
 いつまでリンクが残るか判らないが、その情報ソースの一部のリンクを残しておく。
 http://www.pref.tokushima.jp/docs/2014120800127/ (徳島県公開情報2015年1月五日付)

 そういえば、判りやすい○矢印や、歩き遍路と書かれた多くの案内シールに混じって、たま〜に、四角い行政のシールがあったなぁ。
 シールがでかすぎで、カーブミラーには貼れず、電柱で数カ所見かけた程度。
 案内シールの矢印は、斜め、折り返しなど多種にわたり、行政の画一的なシールでは絶対、対応出来ないと思う。
 徳島県では、既存のシールを撤去するとのこと!。情報量を減らさない様、既存シールとの張り替えをお願いしたい!
 (大変な枚数、要りまっせ〜〜。お手並み拝見ですなぁ!)

 途中、三島神社の参道横を通る。灯明が長が〜く、ずら〜っと並んでいてちょっと不気味。(夜中に一人で来たくない場所。)

【道標】                                      【三島神社】


 土佐市街の中を進む。歴史を感じる道標が多数残っており、これは判りやすい。

【道標:その1】                                  【道標:その2、看板付き】


 清瀧寺から歩く事、約1時間!。13時27分に、土佐市街中央を東西に通る、中村街道(旧国道?)との交差点に到着する!
 土佐市高岡交差点!ここが今回の区切り打ち地点である!(やっと終了〜♪)
 なぜ、ここを区切り地点にしたかというと、南北に通るへんろ路と東西に走るバス路線路との交差点だからである。
 土佐市役所本庁から東に300m。とさでん交通バスの「長谷寄通」バス停がある。(次回はこのバス停から再開じゃ!)

【土佐市高岡交差点】                              【長谷寄通バス停】


 バス停前にはファミリーマートがある。ちょっと遅くなったが、ここでサンドイッチを買い、
 ファミリーマートのでっかい看板の下のコンクリート台に腰掛け、昼食とする。

【バス停前のファミリーマート】                         【人目も気にせず、店前でサンドイッチを食う!】


 まだ14時前なので、通し遍路だと、あと10kmは先に行けるはずだが、今から徳島まで帰るので仕方がない

 スマホの乗り換え検索で、長谷寄通バス停から、パジェロの置いてある、あかおか駅までを検索する。
 最初に出てくるのは、ここからバスでJR朝倉駅まで行き、鉄道で高知駅で乗り換え、あかおか駅まで行くルート。(2回乗り換え)

 しかし、くたびれたなぁ。少し遅れても良いので、乗り換え回数の少ないルートがないか探すと、
 14時10分、長谷寄通バス停発、14時55分、JR高知駅前の便がある。あかおか駅へも快速に乗れそうである。

 バスは4分遅れで、到着〜♪。高知駅まで45分間車窓を楽しむ。
 途中、次回のへんろウォーキング時、、乗り換えるであろうJR朝倉駅の分散型バス停も確認する。
 (駅前が狭いので、行き先によって、駅手前の道3カ所にバス停がある。複雑じゃ)

 ほぼ時間通りに、JR高知駅前に到着。JR大阪駅のミニチュア版のような外観をしている。(テナントビルは無いのか?)

【とさでん交通バス到着】                            【JR高知駅】


 後免奈半利線は、ごめん駅からなはり駅まで、土佐くろしお鉄道(第3セクター)なので、JR後免駅で乗り換えるのかと思っていたが、
 JR高知駅4番乗り場から、直通で、なはり駅まで行けるらしい。15時19分発の快速に十分間に合った。

【高知駅の表示板】                               【土佐くろしお鉄道の車両】


 15時54分。あかおか駅到着〜〜♪。昨日の朝、始発で出発して、1日半しか経っていないが、ずいぶん懐かしく感じる。
 パジェロも、無事、無傷。一安心である。
 リュックを下ろし、まずは風呂にでも入りに行きますか!。
 行き先は、前回、香南市、大日寺手前で見つけていた土佐黒潮ホテルに併設された「黒潮温泉 龍馬の湯」!

 あかおか駅から車で7分で、竜馬の湯に到着!。
 しっかし、タオルを1枚貸してくれるとはいえ、900円は高いなあ!。露天、サウナはあるものの、いたって普通の日帰り入浴施設。
 入ったからには、十分元を取りましょう!。汗を流し、特に足の裏を念入りにマッサージする。
 イテテテ、こりゃ、2〜3日では直らんなぁ。(・・・・・・実際、1週間経っても、完治してない。)

【あかおか駅:お世話になりました】                      【黒潮温泉 竜馬の湯】


 それでは、徳島まで帰りましょうか!。一般道で145kmか〜。4時間はかかるか・・・・
 時刻は17時。先に腹ごしらえすることにする。
 体が、体が塩分を欲しがっている!。ラーメンを食べたいという欲求を抑えられない。
 最初に見つけた「ラーメン工房 りょう花」に飛び込む。

 メニューを見ると、・・・・高い!チャーシュー麺で1,000円以上する。それに、鶏白湯スープを頼むと、売り切れましたとの返事。
 店を出ようかとも思ったが、話のネタに一番高いラーメンを食ってやる。塩ラーメンに、チャーシュー、味玉付き!1,231円!
 徳島では、とうてい考えられない値段だが・・・・・・ラーメンが出てきて納得・・・・・。
 とにかく、チャーシューがでかい・分厚い・3枚攻撃!あごが疲れるわい!いくらなんでもチャーシュー多すぎ!。
 麺もかなりの大盛り。これを汁まで完食!満腹じゃ〜♪。(旨かったが、おそらく2度と来るまい。)

【らーめん工房 りょう花】                            【1,231円のラーメン】


 食後、一般道を池田経由で帰宅する。ほとんどの車が高速道路を通るおかげか、大歩危小歩危の一般道は空いている。
 ほとんど信号もないので、快調に飛ばす。
 20時20分。自宅近くのガソリンスタンドで燃料を入れる。高知往復300km近く走って3,000円。(byパジェロ3000)
 片道の高速道路代が3,230円なので、くそ高い高速代なんか払らうのが馬鹿らしくなってくる!
 次からは絶対、一般道で往復するぞ!

 本日の歩行距離24.754km、歩行時間6時間48分!

今日の散財(2日目)
飲料水 ¥330 いろはす、仁井田自販機
飲料水 ¥160 お茶、自販機
飲料水 ¥160 いろはすオレンジ、清瀧寺境内自販機
飲料水 ¥160 アクエリアス、土佐市田んぼの中の自販機
昼飯 ¥268 サンドイッチ(土佐市長谷寄通ファミリーマート)
バス代 ¥860 とさでん交通バス(長谷寄通→高知駅前)
汽車代 ¥660 土佐くろしお鉄道(高知→あかおか駅)快速
入浴料 ¥900 黒潮温泉 龍馬の湯
晩飯代 ¥1,231 「りょう花」塩チャーシュー味玉ラーメン、
ガソリン代 ¥3,000 自宅(徳島)←→高知、あかおか駅往復(byパジェロ)
合   計 ¥7,629 思いの外、ガソリン代が安いな。(走行距離約300km) 

4/22〜4/24、今回の区切り打ち 散財合計 ¥23,564也〜

←前日へ戻る】   【次回へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】