【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-15
探  検  名:第36番
歩  行  日:2016年11月23日
歩 行 距 離:21.0km
歩     数:39,924歩
歩 行 時 間:6時間10分
累積  標高:405mm

時間データ 時刻 時間 備考
道の駅かわうその里すさき発 7:11 0:00 歩行
バス停「横町」着 7:36 0:25
バス停「長谷寄通」着 8:43 1:32 バス
塚地峠 9:59 2:48 歩行
時間
ローソン土佐宇佐町店 10:48 3:37
宇佐大橋入口 11:09 3:58
第36番青龍寺 11:56 4:45
竜の浜パーキング 12:23 5:12 昼食
宇佐大橋入口 13:21 6:10  歩行
寺間
お宿「なずな」前通過 14:22 7:11
巡航船乗場「深浦」現地確認 14:36 7:25
お宿「なずな」着 14:49 7:38

画像が縦に長いです。
(地図クリックで地図のみの画面になります。)
※ただしブラウザの縦画面に入る縮小サイズなるので、
この地図を再度マウス左クリックして下さい。
(等倍になり見やすくなります。再クリックで縮小します。)
※今回は4万分の1地図で作製してます。



(クリックで拡大します)

1.へんろウォーキング2016年後期、再開するぞ〜!

 今年の夏は・・・・・酷暑・・・・・。暑かったですなぁ!。やっと季節も11月。やっと寒くなってきた。
 そろそろ再開してもいいんじゃない!? いつでも再開できるよう、計画を立てますか!(計画大好き♪)

 前回(半年前)のへんろウォーキングでは、土佐市の「長谷寄通」バス停で区切り打ちしている。
 高知県の東部は、バス、鉄道がかなり便利で、うまく利用できたので、計画を立てやすかったのだが、
 西部は・・・西部は手強いですぞぉ!
 須崎市までは、さほど問題ないが、そこから先は、バス、鉄道があるにはあるが・・・・・・・、
 いかんせん本数が極端に少ない!。それもJRはほとんど特急!
 小さなJR駅は停車もしないスルー状態!。バスはさらにひどく、会社も複数、路線もぶつ切れ〜〜(T_T)
 それに加え、浦の内湾、横波のベストポジションにあった、「民宿さざなみ」が廃業したのも痛い!。
 ため息をつきながら、公共交通機関と車中泊可能場所を調べまくった結果、下記の計画を立てる。

 計画1日目(約18km)
  1)早朝、自宅から、須崎市の道の駅「かわうその里すさき」へ移動
  2)パジェロを駐車し、1kmほど歩いて、とさでん交通バス「横町」バス停から土佐市の「長谷寄通」へバス移動
  3)へんろウォーキング再開!。→第36番札所 青龍寺参拝
  4)お宿なずな泊

 計画2日目(約30km)
  1)早朝、お宿なずな発、うまくいけば、浦ノ内湾の巡航船で、深浦→横波へ快適な船旅〜♪
  1)横波から須崎市、道の駅「かわうその里すさき」を通過し、JR土佐久礼(特急停車駅)で区切り打ち
  2)数少ないJRの各駅停車、土讃線土佐久礼駅16:58発→土佐新荘駅着
  3)道の駅「かわうその里すさき」まで歩き、パジェロ回収
  3)一般道で自宅へ帰宅

 民宿の位置の都合上、初日歩行距離が18kmと短めなのがくやしいが、まぁ再開1発目はこんなもんで行きますか!。

 この時期、徳島県北部は、歩き遍路の人を多く見かける。順打ち、逆打ちともかなりの人が歩いている。
 民宿の予約が取れないと困るので、天気予報とにらめっこし、4日先の11月23日の祝日に宿泊予約を入れる。
 宿の主人から、チェックイン時刻はやはり15時でと念を押される。
 半年前の4月の歩きでは、天気予報にもてあそばれたので、今回はあまり天気予報をあてにしていない。(予約時は2日とも曇り)

2.いざ出発!

 その後2日間、案の定、天気予報はころころ変わる。宿泊前日には、1日目曇りのち雨、2日目は雨のち晴れ。
 とりあえず、雨対策を万全にし、夜9時就寝。翌朝4時10分にスマホのアラーム音に起こされる。
 既にパジェロには荷物を投入済み。着替えだけ済ませ4時30分に自宅出発!
 眠くはないが、昨夜のビールが少し残っている感じがする。(二日酔い運転で捕まるのはごめん被りたい!)

 15時には宿に入りたいので、とにかく走る!。高知県須崎市まで、高速をぶっ飛ばす!(祝日なので、休日割引♪)
 約2時間で170km走って、須崎の道の駅への出口に到着!時刻は6時40分。早く着きすぎてしまった・・・・・・
 ここに、明日の夕方までパジェロをデポする事になる。

【まだ真っ暗な高速道路を走る】                        【須崎市、道の駅かわうその里すさきに到着】


 ここから、とさでん交通バスの横町バス停まで約1km。15分歩くと着いてしまう。バスの時刻は8時4分・・・・・・・1時間もある・・・
 でも着いたからには仕方がない。トイレを済ませ、7時12分に道の駅を出発してしまう。
 スマホの地図を見つつ、横町バス停までは、JR土佐新荘駅、お大師通りを進む。途中に参拝ポイントの「大善寺」がある。
 階段でかなり高い所まで行けそうだが、明日も同じ道を通るはずなので、道沿いのお堂だけ写真を撮って先に進む。

【JR土佐新荘駅:特急は止まらない悲しい駅】               【大善寺】


 7時36分に、横町バス停まで着いてしまった〜〜(T_T)。あと30分もこんなところでバスを待つのか、俺は・・・・・
 ・・・・・・・待ちましたよ、30分。1分遅れでバス到着。なんか、もう既に疲れている。(堅いベンチで尻が痛い。)

【高陵病院前、横町バス停】                          【バス到着】


 毎度のことだが、バスの乗客はやましん隊長ただ一人。貸し切り状態。こんなので経営状態は大丈夫なのだろうか・・・・
 バスに揺られて38分で「長谷寄通」に到着!。ここが前回の区切り打ち場所!私は帰ってきたぞぅ!(ちょっとハイ!)

【他に客はいない・・・】                              【「土佐市、「長谷寄通」バス停到着♪】


 それでは、へんろウォーキングスタートしますか!。8時45分、「長谷寄通」から出発!
 おおーっ!、久しぶりの公的へんろシール発見。青龍寺まで11km。3時間弱ってとこかな!?
 まずは、綺麗な水路に沿ってひたすら南下する。

【へんろ案内公的シール】                            【上水路かな?】


 波介川に架かる、「やくろうばし」を渡る。右手後方に35番札所清瀧寺があった山が見える。
 その先、「塚地峠」へ向かってゆるゆると歩みを進める。

【「やくろうはし」より清瀧寺方面を望む】                   【塚地峠方面へ】


 9時38分、塚地休憩所に到着。休憩所とトイレがある。
 大師の泉に、水に苔むしたアンパンマンと水車があるが、「この水は飲料には適していません。市都市環境課」の表示がある。
 黒ずんだアンパンマンが、もの悲しさをかもし出している。

 この休憩所から、塚地峠への山道が始まる。登り初めは峠まで800m(歩行距離)の看板からスタート。

【塚地休憩所】                                  【峠への登り開始地点】


 登り道は綺麗に整備されており、100m毎に峠までの距離の標識がある。緩い登りなので楽勝である。
 結局18分で塚地峠まで着いてしまった〜!

【塚地峠への登り】                               【塚地峠】


 下りも、いわゆる普通の登山道。17分ほど、登山道を下る。途中、宇佐大橋が見えるポイントが一ヶ所だけある。

【宇佐大橋が見えた!海じゃ!】                       【普通の下山道】


 峠から17分で舗装された林道でる。峠から23分で手摺りのさびた橋があり、峠越え終了の標識有り。
 (登り800m、下り1200m(距離))。はっきり言って、ここは楽勝じゃな♪

【林道へ出る】                                   【塚地峠下り終了地点】


 あとは、舗装道路をだらだらと下るだけ〜。おや?何かお墓のような物がありますなぁ!
 よく見ると、1854年の安政地震の碑とある。後世に被害を忘れるべからずと建てた物らしい。

 っと、石碑の写真を撮っていると」、急に白い軽トラのおっちゃんが急停車!
 「お遍路さんやろ。お接待!」と言って、ポチ袋を渡してくれて、走り去っていった。「ありがとうございます」と大声で返事をしたが、
 中を見ると・・・・・なんと現金500円玉!。もう一度お礼を言いたかったが、軽トラは既に遙か彼方・・・・・
 この500円、今日の昼飯でありがたく使わせて頂きます!。

【安政地震の碑】                                 【お接待:現生500円!】


 さらに南へ進むと、海岸線に到着〜〜♪。国道から左を見るとローソンの看板有り。
 少し戻ることになるが、そこで500円で買える昼食を購入する事にする。(お茶とおにぎり2個!)

 その後、国道を宇佐大橋方面に進むとへ、歩き遍路地図では「ハロー」(スーパー)となっている所がファミマになってました。(-_-)
 無駄な逆走をしてしまったと、少し悔しがるやましん隊長。

【ローソン土佐宇佐町店】                            【ファミリーマート土佐市宇佐店】


 すぐ先に、宇佐大橋への左折分岐がある。横断歩道を渡り、宇佐大橋を渡り始める。

【宇佐大橋への分岐】                              【宇佐大橋】


 この橋、結構長い。渡りきるのに10分ほどかかってしまった。そろそろ、天気が晴れから曇りっぽくなってきたな。先を急ぐ。

 橋を渡り終え、でっかい「三陽荘」を過ぎ、お食事処「酔竜」到着。場所的にはここで昼食が良いのだが、
 ネットで見ると、結構食事代が高そうなので、ローソンのおにぎりの事前購入で、ここは素通りする。

【宇佐大橋通過中】                                【お食事処 酔竜】


 「酔竜」の建物の奥が青龍寺への右折点。ここを曲がると、店裏にのんびりとした猫がお出迎え。
 近寄っても、でんぐり返って、一向に逃げる気配無し。

 青龍寺まではもう少し。道は狭いが、綺麗に整備された舗装道路を進む。

【酔竜の猫】                                    【青龍寺手前】


3.36番札所 青龍寺から〜

 時刻は11時56分。青龍寺到着〜!。階段を上ると仁王門がでで〜んと構えている。

【青龍寺着】                                    【仁王門】


 仁王門を越えると、結構長い階段があるが、ゆっくり登ればたいしたことはないな。
 登り切ると、正面に本堂がある。

【上り階段】                                    【本堂】


 左を見れば大師堂、左後ろに西国三十三観音像がずらっと並んでいる。
 とりあえず光明真言と南無大師遍昭金剛を3回づつ唱える。(般若心経は長いからパス。)

【大師堂】                                     【西国三十三ヶ所】


 さて、参拝も終わったし、とっとと先を急ぎましょうか・・・・・といっても、民宿のチェックイン時間には早すぎるのだが・・・・

 戻りは寺前の、湿地帯の遊歩道を歩く。(なぜ刈草を片付けないのだろう???)
 車道に戻ると、この辺りが昔、ベッコウトンボの生息地として保護されていたとの看板有り。
 季節が悪かったのかもしれないが、花一輪も咲いておらず見る物がない。(整備不足の感あり。)
 おっと!思い出した!札所と言えばPokemonGo!。慌ててスマホアプリを起動すると、青龍寺にはポケストップが3ヶ所あり。
 しかし、すでに距離が遠すぎでアウト!。残念!。青龍なら、野生のカイリューでもいたかもしれないかも・・・・・・残念!
 今から引き返すわけにも行かず、しぶしぶ先に進む。

【刈草の遊歩道と湿地帯】                           【蟹ヶ池の天然記念物指定看板】


 失意のもと、「竜の浜パーキング」に到着。時刻は12時23分。民宿のチェックインまで、まだまだ時間が有り余っている。
 時間稼ぎのため、ここで昼食とする。先ほどローソンで買ったおにぎり2個とお茶を食す。
 買ってからさほど経っていないのだが、おにぎりが既に堅い。気温が低いせいか????
 ウェアを1枚プラス重ね着し、のんびりと海を眺める。・・・・・・暇じゃ・・・・・・・

【竜の浜パーキング】                               【昼食】


 昼食も含め25分ほどベンチに座っていたが、海を眺めるのも飽きてしまったので、再度歩き始める。
 通常の時速4kmで歩くと、民宿まで早く着きすぎてしまうので、半分ぐらいの速度でゆっくり、ぷらぷら歩くことにする。

 ・・・・・宇佐大橋を渡り始めた頃、一台の車が急に路肩に駐車する。なんじゃ!?
 車から50歳くらいのおっさん(やましん隊長も52歳のおっさんだが・・)が話しかけてくる。

 おっさんの話し始めの内容は
  ・どこから来たのか。なんで遍路しているのか。
  ・四国遍路の弘法大師は良くない。
  ・女性を無視している。
  ・法華経はすばらしい。女性を大事にしている。
  ・法華経を信じることで人が幸せになれる。
  ・仏陀の真髄を伝えているのは法華経だけ
 とのこと

 やましん隊長も、口だけは達者!。負ける気はしないが、相手の意図がよく判らない。とりあえず返答する。
  ・実家は真言宗なので法華経には興味のかけらもない。
  ・だいたい、昔はどの宗教も女人禁制はあたりまえ。
  ・世の中には、キリスト教、イスラム教、日本には八百万の神様までいる。みんなそれぞれでいいんじゃない?

 おっさんと、やましん隊長。ほぼ対等で、議論しながら宇佐大橋を渡る。
 しかし、一応、白衣を着て四国へんろを歩いている人を捕まえて、弘法大師はだめとか言うか???

 橋を渡り終える頃、おっさんの本当の意図がわからないので、ダイレクトに聞いてみた。
  やましん隊長 「おっちゃん、法華経の教祖は誰なん?」
  おっちゃん   「仏教やから仏陀や」
  やましん隊長 「インドの話とちゃうちゃう。日本で広めた教祖は誰なん??」
  おっちゃん   「日蓮上人じゃ」
 ・・・・・・・やっと解った・・・・・・このおっさん、日蓮上人の法華経。おそらく○○学会?

 やましん隊長。20歳代の若かりし頃、会社の独身寮で、一部の人が法華経の布教活動を始め、
 まず、口の達者なやましん隊長がターゲットになったことがある。
 その時、香川県の○○学会青年部長まで布教にきて、一晩中、激論を交わし、
 「信じることで幸せになるなら、俺はめざしの頭の方を信仰するわ!。帰れ!」とけんか別れしたことがある。

 その後もいろいろ宗教に勧誘され、布教の反撃のネタは有り余るほど持っている。
 このおっさん、貴重な時間(約20分)を入会活動に使いやがって!!!っと、怒りがわいてくる
 その後、5分間、持てる知識を使いまくり、おっさんに反撃する!
 (あまりに過激な言動なので、内容をここに書くのは控えざるをえないが・・・・)

 っと、急におっさんがUターンし、宇佐大橋を戻り始める。(あきらめたのか???)
 ちょっと待てー!。あと30分は言いたいことがあるのに!

 いや、待てよ・・・。ここで深追いして、仲間を呼ばれて、袋だたきに遭うのもヤバイかも。ここで分かれた方がいいな。
 ということで、宿へ向かって、先を進む事にする。

【法華経布教のおっさん:歩道を歩いている人】              【宇佐大橋から国道へ下りる】


 よく考えれば、宿のチェックインまでまだまだ時間があるので、法華経のおっちゃんとの話で時間をつぶしても良かったかも・・・・
 トボトボと、ゆっくり歩いていたのが、いかにも悩みがあるようにみえたのかなあ????

 チェックインまでまだ1時間半もある。仕方がないので、明日乗る予定の巡航船の乗り場を見学することにする。
 (2008年、高知新聞に「浦ノ内湾の本当のへんろ道は海の上。遍路は巡航船を利用」という記事が載ったと言うことで
  やましん隊長も、ここはひとつ楽させて頂くつもり。)

  須崎市営の巡航船のホームページは下記の通り
    http://www.city.susaki.lg.jp/life/detail.php?hdnKey=340

 まず、宇佐大橋近辺から乗る人は、巡航船乗場「埋立」から乗る。ここを見に行く。
 おや?須崎市のホームページの写真の建物外装が補修中で囲まれている。(補修後、市のホームページも変えなあきまへんな)

【巡航船乗場「埋立」入口目印建物】                      【乗場への案内掲示】


 乗り場には、バス停のような標識はない。乗り場付近に時刻表、運賃が掲示してある。
 やましん隊長は、まだこの先の、お宿「なずな」で泊まるので、巡航船乗場「埋立」から3つ先の「深浦」から乗ることになる。
 降り場は「横浪」。乗船寺間は40分か。

【巡航船乗場「埋立」】                              【巡航船、運行時刻、金額】


 あとは、お宿「なずな」に行くだけだが、まだまだ時間が余っている。40分ほど時間をつぶさなくてはならない。
 ゆっくり歩き、浦ノ内湾の、べた凪の風景を楽しむ。

 ここで、今日のやましん隊長の服装公開〜♪。
 11月後半ながらリュックを背負い歩くとまだくそ暑いので、上着は速乾性Tシャツに白衣、ズボンは登山用ペラペラズボン。
 (真夏の2000m級登山仕様やね)

【浦ノ内湾】                                    【今回の衣装」】


 14時22分に、お宿「なずな」前を通過する。チェックインまで38分もある。
 仕方がないので、明朝に乗る巡航船の乗り場「深浦」を確認しに行く。
 宿から早歩きで12分。でも、船はどこに着くのか?

【お宿「なずな」前通過】                             【乗場「深浦」入口】


 よく見ると、詳細な乗り場の突堤が明記されている。現地も確認!。これでバッチリじゃ!

【乗場突堤掲示】                                 【実際の乗場突堤】


 ゆっくり宿へ戻ってくると、14時50分。チェックインまであと10分。
 女将さんが玄関を掃除している。庭の鉄製の白いテーブルと椅子で待つよう指示される。
 ここの主人は、民宿手前の「つり筏 高橋渡船」で忙しいらしく、女将さん(おばあさん)が民宿を管理しているようである。

 15時、「どうぞお入り下さい」との案内有り。まず食事場所で、トイレ、風呂、洗濯機、乾燥機の説明を受ける。
 その後、2階の部屋へ案内される。まだ新しくて、すごく綺麗である。内側から鍵はかかるが、外からは施錠は出来ないタイプ。

【なずな到着】                                  【部屋:6畳】


 掃除が行き届いて、すごく綺麗なのだが、唯一の不満点がひとつ!
 やましん隊長は2階の1番奥の部屋。なんとスマホのLTEの電波が届かない!。
 通話・通信するには、2階の廊下の先まで行かなければならない。3Gならいけるかも????

【2回廊下:先まで行けばアンテナ2本】                   【男性用風呂:1人づつ】


 風呂は16時から。
 今日の客はやましん隊長と、女性が1人とのこと。
 早々に風呂に入り、足裏をマッサージする。今日は21kmしか歩いていないので、特に痛い所はない。
 今日着ていた服一式を洗濯、乾燥する。(洗濯100円、乾燥100円、風呂は男女別)

 18時に、女将さんが食事が出来たと呼びに来る。食事は写真の通り、豪華贅沢!。ヒラマサの刺身まである。
 この料理で、1泊2食付き6800円は安い!!!!

 あと、もう一人の女性が向かいに座ったが、20代?のすごい美人(仙台在住とのこと)
 東北大震災で大変な目にあった話を聞いたが、若い美人女性との会話と、ビールでやましん隊長大御機嫌♪
 ビール中瓶(500ml)を3本も頂き、満足、満腹。もう言うことございません!(エロ親父大喜び!)

【なずな:夕食】


 女将さんに、明日、巡航船に乗ると言うと、乗船する客がいる時は、通常の朝食6時30分ではなく、6時10分になるらしい。
 すんませんなぁ。私のせいで、仙台美人も朝食6時10分になりました。

 食事後、部屋でテレビを見るが、チャンネルが少ないので楽しくない。外は土砂降りの雨になっている。
 今日は4時10分起床だったので、21時に消灯するが、なかなか寝付けず、結局眠りについたのは23時半。
 明朝起床は5時15分予定。明日も睡眠不足か??

 本日の歩行距離21.0km、歩行時間6時間10分!

今日の散財(1日目)
朝食 ¥406 ファミマ、サンドイッチと紅茶
高速代 ¥2,850 須崎東ICまで
バス代 ¥1,060 横町(須崎)→長谷寄通(土佐市)
昼飯代 ¥458 ローソン、おにぎり2個とお茶
民宿代 ¥6,800 お宿「なずな」1泊2食代
飲料水 ¥200 「なずな」で飲料水2本購入
ビール代 ¥1,500 瓶ビール500ml×3本
合   計 ¥13,274 高速代と、民宿代が効いてますな。

←前回へ戻る】   【翌日へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】