【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-16
探  検  名:寺間歩き(高知)
歩  行  日:2016年11月24日
歩 行 距 離:26.0km+渡航船で10.3km
歩     数:44,519歩
歩 行 時 間:8時間23分(渡航船40分含む)
累積  標高:690m

時間データ 時刻 時間 備考
お宿なずな発 6:46 0:00 歩行
巡航船深浦乗り場着 7:01 0:15
巡航船深浦発 7:23 0:37 船旅
巡航船横浪着(10.3km) 8:02 1:16
仏坂峠 9:03 2:17 歩行

昼食
込み
仏坂不動尊(岩不動) 9:07 2:21
観音寺 10:28 3:42
大善寺 10:58 4:12
道の駅かわうその里なずな着 11:12 4:26
道の駅かわうその里なずな発 11:45 4:59
JR安和前通過 12:30 5:44
焼坂峠 13:08 6:22
JR土佐久礼着 14:52 8:06 タクシー
移動
道の駅すさき着 15:09 8:23

画像が大きいです。(クリックで地図のみ表示します。)
※ブラウザの表示画面に入る縮小サイズなるので、
さらに拡大したい場所でマウス左クリックして下さい。
(さらに拡大します。再クリックで縮小します。)
※今回は東西南北に移動距離が長いため
4万分の1地図を50%縮小で作製してます。




(クリックで拡大します)

1.お宿「なずな」〜

 午前5時15分、スマホのアラーム音に起こされる。服を着替え、荷物をまとめ、布団をたたんで10分ほどぼけーっとする。
 6時8分、荷物を持って部屋をあとにする。1階では、既に朝食の準備が出来ている。
 焼き魚はカマスかなと思っていたが、違う名前を教えてくれた。(残念ながら忘れてしまったが、おいしゅうございました。)
 朝ご飯も、飯おかわり自由だが、全部食べると腹一杯。ミカンはあとで食べるためリュックに入れる。

 早々に食べ終え、仙台美人と女将さんにお礼を言い、宿を出発する。
 女将さんは庭まで出てきて見送ってくれた。国道まで出てから振り返ると、まだ庭で見送ってくれていた。
 再度、大声でお礼を言い手を振って国道を右折する。良い宿でした!

【朝食】                                      【女将さん、お見送り】


 ゆっくり歩いて15分で巡航船乗場「深浦」到着!。
 「なずな」の女将さんから、「予定時刻の10分前までに乗り場に立ち、船を見つけたら大きく手を振ること!」と教えられた。
 予定時刻1分遅れで、防波堤の沖にそれらしい船が見える。
 大きく手を振ると、こちらを見つけたらしく港内に入り、7時22分着岸。乗船後すぐに出発する。

巡航船乗場「深浦」入口                            【巡航船】


 げげっ、今日も客はやましん隊長ただ一人。たしか、「なずな」の女将さんも。「巡航船は赤字なのよね〜」と言ってたなぁ。

【巡航船船長】                                  【他に客なし】


 本当に完全貸し切りか心配していたが、途中の乗り場2ヶ所から、中学生2名、小学生4名が乗り込んでくる。
 いわゆるスクール船やね!。学校は中学校も小学校も横浪地区にあるので、乗場「横浪」で客全員が船を下りる。

【浦ノ内湾を進む】                                【横浪到着】


 巡航船乗り場から、中学校らしき建物は見える。小学生はスクールバスに乗り込んでいく。
 やましん隊長は仏坂峠を目指して道路を進む。

 20分ほど歩くと、小学校発見。あるきへんろ地図では「横浪小学校」と記載されているが、
 実際は「浦ノ内小学校」となっている。(なぜ??地図が古いのか?)
 あとで調べると、2013年に2つの小学校が統合し、横浪小学校の校舎が統合後の浦ノ内小学校になったとのこと。
 最近子供の数が減っているので、浦ノ内湾のように小さな集落が分散している所は統廃合も止む無しか・・・・

 先に進むと道は緩やかな登りになる。

【統合後の浦ノ内小学校】                           【仏坂峠を目指して進む】


 途中の分岐を道標に従い右折し、横浪から歩く事44分で山道に突入!・・・・・と思ったら、すぐに車道に出てしった。
 つづら折れの車道をパスしているだけでした。あとはゆるい登りの舗装道をダラダラと進む。

【仏坂への登りの山道か!】                          【ほとんど舗装道でした】


 登山口と勘違いした場所から20分ほど進むと仏坂峠到着!。すぐ先に「岩不動」への分岐があるのでこちらを下る。
 部分的に、石畳の箇所有り。雨の日の下りは滑るかも。

【峠の岩不動への分岐】                            【下り道】


 ほどなく、仏坂不動尊(岩不動)が見える。結構紅葉が綺麗!。とりあえず今回のベストショット1枚目。

【仏坂不動尊】


 境内に入ると、奥に「岩不動」あり。横の壁に、「歩き遍路はここで野宿するべからず」との掲示有り。
 山に囲まれ、風も少なく屋根もあるから昔は野宿の人が多数居たのかもしれない。

 岩不動のすぐ下に光明峯寺があり、山門の反対の柱に「仏坂不動尊本部」と掲げている。
 岩不動?、仏坂不動尊?、仏坂不動尊本部?、光明峯寺?。いろいろありよく解らないので、とりあえず全部お参りする。
 (勉強不足ですな!こりゃ!)

【本尊岩之不動明王】                              【真言宗光明峯寺 仏坂不動尊本部】


 仏坂不動尊からは一応車が通れる道を下る。人家も多くなりだした所で桜川沿いの土手を進む。

【下りの未舗装道】                               【桜川土手道】


 途中で右岸に渡り、さらに川沿いを下ると、やっと須崎港に面した広い車道に出る。

【桜川右岸の堤防道】                              【広い歩道を進む】


 ええ天気じゃなぁ〜♪。 道は御手洗川を渡り、踏切を越え、右折する。
 先に進むと左手に参拝ポイントの「観音寺」発見!。本堂に近づくと、両側に階段があり「本堂は2階」の表示有り。
 人気がないが、一応参拝する。

【須崎港の水面】                                 【観音寺】


 ここまで来ればそろそろ須崎の中心部。少し高い場所に須崎市役所と警察署発見!
 本道から市街への道に入り、昨日通り過ぎた参拝ポイント「大善寺」を目指して進む。

 途中、須崎名物、鍋焼きラーメン専門店「まゆみの店」を通過する。
 最近、よく耳にするが、食ったこと無かったし、もう暖簾出てるので店に入ろうかとも思ったが
 時刻はまだ10時54分。この先、まだ焼坂峠越えし、10km以上歩かなくてはならない。
 やっぱり白い飯をがっつり食いたい!。と言うことで、今回はパス。(はたして次に食う機会はあるのだろうか・・・・・)

【須崎市役所】                                  【鍋焼きラーメン専門店、まゆみの店】


 うーん、やっぱり市街地は、歩きへんろの地図だけでは迷うなぁ!。スマホのグーグルマップを頼りに大善寺を目指す。
 あったあった「大善寺」。時刻は10時58分。昨日早朝にお参りした道路に面したお堂は、実は大師堂で、
 階段を登った上に山上本堂があるとのこと。こんな平坦な港町に、急な登りの小山があるのがおもしろい。

【大善寺:大師堂】                                【山上本堂への階段】


 登り切ると、細長い境内があり、一番奥に山上本堂がある。一番海側に鐘楼がある。
 が、鐘の前には「近隣住民のご迷惑になりますので、鐘は絶対に突かないで下さい。大善寺山主」の看板有り。
 たしかに、この鐘を思いっきり突けば、よう響くやろうなあ。世知辛い世の中になりましたなぁ。

【山上本堂】                                   【突いてはいけない鐘】


 鐘楼の横に、小さな展望台がある。須崎の町が一望できる。パノラマをひとつ。

【須崎市街パノラマ】


 11時13分。やっと、道の駅に到着。昨夜着たジャージや不要な着替えをパジェロに降ろし、リュックを軽くする。

 道の駅2階のレストラン「とれた亭」。ここならそこそこしっかりした飯が食えると期待する。
 メニューに鍋焼きラーメンもあったが、やはり肉と白御飯が食いたいので、豚生姜焼定食(890円)を食す。

【道の駅 2階にレストラン】                          【豚生姜焼定食】


 食事も早々に、へんろ歩きを再開すべく、11時45分、道の駅を出発する。
 緩い登りを進むと、角谷トンネルに到着する。
 以前は焼坂トンネルを含め、この辺りのトンネルは路肩が狭くて危なく、空気が悪い、とかなり評判が悪かったが
 須崎西IC〜四万十町中央ICの高速道路が現在無料のため、国道の通行料が極端に減り、安全、快適になったとのこと。

 実際、角谷トンネルを通ってみたが、台数も少なく、排気ガスも気にならなかった。
 トンネルを出ると、南斜面の山肌には、おそらくミカン畑?が広がっている。なんだかのどかだねえ〜〜。

【角谷トンネル】                                 【ミカン畑かな?】


 ここまで交通量が減れば、ドライブインもやっていけんわなー。「ドライブイン みち潮」、とても営業しているとは思えない。
 さらに進むと、JR安和の駅横を通過。ここも特急は止まらない悲しい駅。

【ドライブイン、潰れてます】                          【JR安和駅】


 駅を過ぎ、安和の町に入ると、分岐有り。左の国道は「焼坂トンネル」経由。右は険しいと評判の焼坂峠越え!
 時刻はまだ12時31分。まだまだ時間はある。
 歩き遍路に一番評判の悪かった焼坂トンネルも、だいぶん改善されたと思うが、歩きへんろ地図のコースから外されているので
 今回は「焼坂峠」越えにチャレンジするぞぉ〜!

 分岐を右に進む。すぐにへんろ案内表示がある。へんろ道が通行不可の時はここに表示されるらしいが、今日は何もない。
 ・・・・・・しかたないなあ!。最後の一汗、かきますか!

【焼坂峠(右)への分岐点】                           【特に通行不可の情報はない・・・・・】


 道は住宅街から、線路沿いの道になり、どんどん細くなっていく。
 途中、「無事を祈ります」とかかれた標識がいっぱい立っている。
 この峠越えはそんなに危なくて険しいのか??と不安になってくる。

【へんろ案内標識】                                【道は山へ向かう】


 国道の分岐から17分歩いた所で山道登場!。ここからが本番である。
 登り初めの、やたら丁寧な満願安全祈念の標識がちょっと気になったりする。

【山道開始】                                   【登山口の標識】


 実際登り始めると、昨日の雨はもう乾いており、石畳も滑ることなく快調に登れる。
 途中1ヶ所、倒木の根っこの塊?が道をふさいでいるが、ちゃんと迂回ロープでルートが出来ている。

【登り、石畳】                                   【ルート迂回整備済み】


 途中、竹林があるが、かなりの本数が伐採されている。通行確保のためか、竹の利用のためか・・・・うーん、解らん。
 とにかく歩きやすくなっているので助かる。

 とかいろいろ思いつつ登っていると、あれっ!?ここって、もう焼峠坂?らしき場所に到着する。

【竹林伐採箇所】                                【ここは焼坂峠か?】


 標識を見ると標高228m。左の掘り割り道の先は下っている。やっぱりここが焼坂峠らしい。
 登山口からたった20分で峠まで登って来てしまった。あまりの簡単さに拍子抜けする。

 (しかし、険しいのは登りではなかったんですなぁ!。多くのへんろの人が、危険を冒してまでも、トンネルを選んでいたのは
  それなりの理由があったんですなぁ。この時はそんなこととはつゆ知らず、脳天気なやましん隊長)

【焼坂峠標識】                                  【焼坂峠】


 峠から下り始めると、いやな看板発見。この先危険箇所有り???。いったいどんな危険があるんだ?
 さらに進んでも道は快適。木漏れ日の散歩道である。

【土佐久礼方面への下り始めの注意書き】                 【快適な道】


 おや、道が一部崩落してますなぁ。まぁ登山道ではよくあることなんで別に驚かない。
 その後、4箇所程度、同様の崩落箇所があるが、安全に通行できるようルートが確保されている。

 ひとつ気になったのは、この下り道、やたら傾斜が緩い。歩いてもなかなか高度が下がらない。
 山道を長時間下ることが険しい理由か????

【崩落現場1】                                   【崩落現場2】


 おんやぁ?今度は頭上注意ですか!。大風で倒れたのか大きな木がへんろ道の上で倒れている。
 下を通っている時に、ずり落ちてきて下敷きになるのは嫌なので、様子を見ながら素早く下をくぐる。

【頭上注意って??】                               【倒木でした】


 その先にも、山側に倒木がぐちゃぐちゃになっている所有り。いったい何があったんだろう。
 へんろ道は綺麗に確保されており、倒木にも一部人の手が入ったあと(木の切断面有り)が見られる。
 その先に、またへんろ道に被さる倒木発見。ここも素早く通り抜ける。

【倒木ぐちゃぐちゃ】                               【倒木:手つかず】


 下を見ると、落石注意と路肩注意の表示が落ちている。その先はそれほど危ない所もなく、長い下りが続く。

【注意表示】                                    【長い下り】


 山道から急に高速道路の側道に飛び出す。やっと、下りの山道の終了ですか!
 登り20分、下り41分の山道でした。
 このあと、林道の下りはまだまだ続く。鉄道脇の未舗装道をダラダラと下る。

【高速側道到着】                                 【JR鉄道脇林道】


 山道が終わってから、林道を15分下って、やっと国道と合流!。合流手前に遍路道通行不可の古〜い看板有り。
 (いったいいつ設置した物だろう。だいぶ汚れており、1〜2年前の物ではない。もっと古い)

 しっかし、下りは登りより足に来るので、この1時間の下りはちょっと疲れたぞい!
 (ただ、アスファルト道で無かったため、まだ足にまめ、水ぶくれなどは出来ていない。)

 結果的に、ある程度、倒木や崩落箇所に手を入れてくれたので、それほど険しくはないとの結論。(やましん隊長の感想)
 しかし、焼坂トンネルを通った方がはるかに早く、楽ちんであることには、反対はしない。以上!

【国道合流手前の通行不可の掲示板:古い。】              【やっと国道と合流】


 国道を進むと、すぐに土佐久礼への旧道への分岐がある。またまたのんびりとした空気が漂っている。
 住宅が多くなってきたところで、長沢川に架かる橋の手前で遍路道の分岐有り。

【土佐久礼への旧道】                             【土佐久礼、長沢川に架かる橋】


 旧道をまっすぐ行くと「大坂遍路道」七子峠越え。
 右に進めば「土佐往還 そえみみず遍路道」
 
 やましん隊長、今日の区切りはJR土佐久礼駅近くにしたいので、旧道を直進し、大坂遍路道を進むことに仮決定する。
 (JR土佐久礼駅からなら、そえみみず遍路道への修正もさほど遠くはない。また、ゆっくり考えましょう!)

【直進:大坂遍路道】                               【右折:そえみみず遍路道】


 この分岐点の橋と大木、ええ雰囲気ですなぁ。なにか懐かしさを感じる。昭和の匂いがぷんぷんする。
 やましん隊長、この場所、お気に入り!。今回のベストショット2枚目!

【土佐久礼、長沢川の橋、へんろ道分岐点の光景】


 あとは、とりあえずJR土佐久礼駅を目指して、町筋を進む。やはり昭和の雰囲気がええわぁ〜。

【土佐久礼、旧道】                               【地酒 純平 西岡酒造】


 土佐久礼と言えば、漫画「土佐の一本釣り」で有名な漁村!。ちょっと魚屋を覗いてみたくなった。
 「あのー、へんろ途中なので、買い物は出来ませんが、どんな魚があるか、見せてもらって良いですか?」と店主に聞くと
 こころよく魚の説明をしてくれた。クエ、イトヨリなどが丸太で売っている。さすが漁村。皆さん自宅でさばくんですな!

【魚屋さん】                                     【新鮮な魚】


 やっと四国銀行のある交差点に到着。ここが今回の区切地点!。
 真っ直ぐ進むと大坂遍路道、右に進むとJR土佐久礼駅である。今回はここで打ち止め!

 右に折れるとすぐにバスが停がある。須崎行きは17時2分発の1日1本のみ。現在14時51分。2時間11分も待てまへ〜ん。

【土佐久礼、四国銀行交差点:区切り打ち場所】              【バス停時刻表】


 さらに進むとJR土佐久礼駅。須崎方面の各駅停車は1日6本。(道の駅に近い土佐新荘駅には特急は止まりまへん。)
 次の鈍行は・・・やはり16時58分。2時間も待てまへ〜ん。

【JR土佐久礼駅】                                【時刻表】


 結局というか、やっぱりというか、タクシーで道の駅すさきへ向かう。
 乗車時間は10分程度で、近い!と思ったのだが、料金は2,490円也〜!高〜い!
 途中、高速道路無料区間を通ったからなぁ。自宅に帰って距離を測ると10kmを越えてました。
 まぁ、相応の値段と言うことですか・・・・・。
 (JRの各駅停車なら220円なのに・・・・・・その差に愕然!

 須崎からは、パジェロで一般国道で帰ろうとしたが、夕方になってだんだん渋滞してきたので、
 高知市内は避けるということで、土佐ICから南国ICまで高速を使用。
 あとは自宅徳島まで一般道をひたすら走る。

 本日の歩行距離26.0km、歩行時間7時間。
 渡航船10.3km、待ち時間、乗船時間1時間。合計で36.3km。
 今回、2日間で57.3kmかあ〜。足摺岬はまだまだ先ですなぁ

今日の散財(2日目)
巡航船代 ¥530 深浦→横浪
昼食代 ¥890 道の里すさき、とれた亭、豚生姜焼定食
タクシー代 ¥2,490 JR土佐久礼→道の駅かわうその里すさき
飲料水 ¥129 お茶500ml
高速代 ¥880 土佐IC→南国IC(渋滞する所だけ高速使用)
ガソリン代 ¥4,357 自宅(徳島)←→高知、道の駅かわうその里すさき往復(byパジェロ)
合   計 ¥9,276

11/23〜24 、今回の区切り打ち 散財合計 ¥22,550 也〜
  今回は民宿の御飯が最高だったので、満足じゃあ!

←前日へ戻る】   【次回へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】