【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-17
探  検  名:第37番
歩  行  日:2016年12月2日
歩 行 距 離:31.4km
歩     数:52,993歩
歩 行 時 間:8時間18分
累積  標高:621m

時間データ 時刻 時間 備考
入野海岸公園発 5:40 0:10 歩行
土佐入野駅到着 5:50
土佐入野駅発 6:15 JR鉄道
土佐久礼駅着 7:03
土佐久礼出発 7:07 0:10 歩行
時間 
大坂遍路道休憩所 8:20 1:23
道の駅あぐり窪川 11:10 4:13
岩本寺 12:07 5:10
焼肉にくよし着 12:21 5:24
焼肉にくよし発 12:40 5:43
片坂峠 13:59 7:02
土佐佐賀温泉着 15:15 8:18

画像が縦に長いです。
地図クリックで地図のみの画面になります。
※ただしブラウザの縦画面に入る縮小サイズなるので、
その地図を再度マウス左クリックして下さい。
(等倍になり見やすくなります。再クリックで縮小します。)
※今回は4万分の1地図を50%縮小して作製してます。



(クリックで拡大します)

 前書:今回は途中、お見苦しい点が記載されていますので、
     お食事中に当ページを読むことは控えて頂きますようお願いいたします。

       (誰も飯食いながら、こんなページ読まへんやろうけど・・・・)

1.計画

 前回は、道の駅「かわうその里すさき」に車をデポし、2日で土佐市から土佐久礼まで歩いたが、
 さて、今回はどうするか・・・・・・・。
 土佐久礼から南は、道の駅が数カ所あるので、パジェロをデポするには問題なさそうだが、だめなのは公共交通機関。
 バスも会社は複数有るのだが、路線がつながっていない。
 鉄道も、特急の本数はそこそこあるが、各駅停車は本数があまりにも少なすぎ!
 前回、土佐久礼で区切り打ちしたのも、土佐久礼駅がJRの特急が止まる駅だからである。
 悩んだ挙げ句、立てた計画は以下の通り

  1)前日、パジェロで、土佐久礼から60km先の、土佐入野(JR特急停車駅)近くの入野海岸公園駐車場で車中泊。
  2)1日目、土佐入野駅から始発のJR特急で土佐久礼駅まで戻り、へんろウォーキング再開!
    30km歩いて、土佐佐賀温泉「こぶしの里」に宿泊
  3)2日目、早朝に宿発。最低、土佐入野のパジェロをデポした公園まで戻る。
  4)可能であれば、土佐くろしお鉄道の「こつか駅」まで進み、区切り打ち。数少ない各駅停車の汽車で土佐入野まで戻る

 これで行きますか!ちょうど良い所(中間地点)に土佐佐賀温泉があってラッキー。
 天気予報とにらめっこし、12月2日、ネットから一番値段の安い「お遍路プラン2食付き」7700円で予約する。
 
2.前日自宅出発〜前泊
 12月1日、子供の弁当作り、洗濯等、家事を済ませ、10時には暇になってしまった。
 土佐入野をパジェロのカーナビ目的地に入れると、片道距離約240km。一般道運転時間8時間とある。
 高知市内は渋滞にかかりそうなので、南国ICから土佐ICまでは、高速道路を使用する予定。
 須崎西ICから四万十町中央ICまでは高速道路無料通行区間なので、ここも高速使用。それでも7時間か???

 自宅にいてもしかたがないので、10時15分に出発する。一般道をひたすら高知を目指して進む。
 平日昼間の県西部、信号も少なく、車も多くないのでカーナビの到着時間がだんだん早くなる。
 途中でコンビニで昼飯のサンドイッチを食す。が、高知に入り、高速を使用するたび、さらに到着時間が早くなる。

 ・・・・・・・・・・・着きました・・・・・土佐入野・・・・
 15時15分に着いちまった〜!。どうすんの〜????これっ!早すぎ!
 晩の一人宴会まで、まだ3時間もある!まあ、着いちまったもんは仕方がない。まずは辺りをうろうろする。

 この公園は「土佐西南大規模公園」!。大規模と言うだけあって、長い松林に、やたら広い公園。くそでかい駐車場。
 海岸では、サーファーがサーフィンしまくっている!。近くに3箇所ほど同様のサーフィンスポットがある。野球場なんかもある。
 高知って、金あるな〜〜。

【サーファー用駐車場、シャワー、便所】                   【入野海岸】


 公園から土佐くろしお鉄道中村線「土佐入野駅」に行って見る。駐車場から600mか。歩いて8分程度じゃな。
 周辺のコンビニも確認する。歩き遍路の地図では国道沿いに「スリーエフ」とあるが、ローソンに店替えしている。

【土佐入野駅】                                  【スリーエフから・・・ローソンへ変身!】


 さらにパジェロで辺りをウロウロするが、特に目新しい物もないので、晩の一人宴会のビール、あてでも買いに行きますか。
 近くにローソンが2件あるが、せっかく高知県のこんな西南まで来ているのだから、いつもと違う地元の物をたべたいなぁ。
 ということで、国道沿いのサンシャイン大方というスーパーの駐車場に入る。車を止めたときから、おいしそうな匂いがしている。
 スーパー入口前の屋台!。超極上四万十豚ハラミ串か〜。(思わずよだれが出そうになる。)
 兄ちゃんに「うまそうやなぁ〜」というと、「これ、うまいよ〜!」の返事。
 「スーパーで買い物してから、帰りにまた来るわ!」と言い残し、スーパーに入る。

 このスーパーは田舎にしては、そこそこの規模で、ビールも各種あり、お総菜も豊富にある。
 カキフライと、マカロニサラダを選んで・・・・。これっていつもと同じやん!。
 鮮魚コーナーには知らない名前の魚が並んでいるが、刺身は適当なのがないな。やっぱり豚ハラミ串か〜〜♪♪
 レジで精算を済ませ、屋台で豚ハラミ串1本300円!を2本購入!。
 (後で考えると、結構高いなぁ。かなりのボリュームなので1本でも良かったのにと、あとで後悔する)

 急いで公園に戻り、一人宴会開始!。(時刻は17時半!まだ早いんだが、冷めるとおいしくないので宴会スタート♪)
 やっぱり、この四万十豚ハラミ串、うんめぇ!。1個1個がかなり大きいので食い応えがある。

【スーパー前の屋台】                              【パジェロにて:】


 ラジオを聞きつつ、スマホをいじりつつ、食って飲んで、ダラダラして20時に就寝〜〜♪・・・・・・・・・・
 ・・・・・・眠れない・・・・・・なぜか今日は眠れない・・・・・・酔いが覚めてきているせいか????
 結局23時に入眠するが、1時間置きに目が覚め、4時半に完全に起きてしまう。1日目から睡眠不足とは・・・・トホホ(T_T)

3.1日目出発
 起きちまったからには仕方がない。昨日買ったパンとジュースで朝食終了。服を着替え、片付けをし、トイレを済ませてぼけーっとする。
 外は真っ暗、空はまだ満天の星空である。ぐだぐだ時間をつぶす。

 時刻は5時40分!まだかなり早いが6時15分発の特急に乗るため、公園から出発しましょうか!。
 案の定、5時50分土佐入野駅到着!。明かりはついているが人っ子一人いない。しばらくすると、他に数名の客がやってくる。
 定刻通り、6時15分、JR特急南風6号(岡山行き)に乗り込み、7時5分、JR土佐久礼駅に到着する。
 前回、最後にタクシーに乗った駅である。(今日はまだ朝早いため、タクシーは見当たらない・・・・。)

【未明の土佐入野駅】                              【土佐久礼駅:7時7分】


 それではへんろウォーキング再開しますか!。人気のない土佐久礼の町筋を進む。
 気温が低いせいか、川霧がでている。先に進むと、昨日通ったはずの高知高速道の下をくぐる。
 しかし、こんなに高い橋脚建てて、南海地震の時、ボキッと折れないんだろうか????

【大坂谷川の川霧】                               【高知自動車道】


 先に進むと、舗装道路から、林道へ、そしてどんどん細くなっていく。
 土佐久礼から1時間10分ほどで大坂遍路道の山道手前の休憩所に到着する。
 まだ、全然疲れていないが、急に便意を催したので、トイレを借りることにする。(休憩所奥)

【大坂遍路道】                                  【休憩所・便所】


 実は、やましん隊長。昨夜眠れず、何度もトイレに行っている。ビールでお腹を冷やしたせいか、腹が下り気味。
 トイレットペーパーで拭きすぎて、ケツの辺りがピリピリしていた。今日も朝から1時間歩いてくる途中、ず〜っとピリピリしていた。
 そして今回、案の定・・・・・用を足したあと、ケツを拭いたトイレットペーパーは血だらけ・・・・・・・イテテテテ・・・・・
 そう!これはかの有名な「ウォシュレット症候群」!

 知らない方に説明しておこう。
  「ウォシュレット症候群」とは日常的に温水洗浄便座を使用することで、ケツの穴周辺の薄い皮膚の油分が洗われいる状態。
 時として、ウォシュレットが無い所で何度もトイレットペーパーでケツも拭くと、皮膚が傷み、出血するという、恐ろしい病気である。
 そして、この病気の、たちが悪いこところは一度悪化すると、トイレでケツを拭くたび、どんどん悪化する事である。
 ましてや、汗をかきながら歩くとなると、皮膚がこすれ、さらに症状が憎悪する。

 では、どうすれば症状が回復するのか。
 【方法1】ウォシュレットで綺麗に洗浄し、トイレットペーパーではこすらず、水気だけを取る。(これを用を足すたび数回繰り返す。)
       しかし、今の状況下では無理。ここにはぽったん便所しかない。
 【方法2】特効薬を使う!やましん隊長おすすめはボラギノール軟膏(外に塗るタイプ)。
       ボラギノールには滑りをよくする油成分に加え、消炎鎮痛作用があり、塗布することで症状は劇的に改善する。

 こんな事もあろうかと、旅行、登山、散策、へんろウォーキング等には、必ず特効薬を持参している。(リュックの常備薬♪)
 今も、使おうと思えば使える。だが、出来ることならウォシュレットで綺麗に洗浄してから使用したい!
 ということで、今はケツのピリピリを我慢しつつ、ウォシュレットを探しつつ先へ進むことにする。

 しかし、間の悪いことに、目の前には大阪へんろ道最大の難所「七子峠」への山道登りがお出迎え!。
 ガッデーム!。しかし行くしかない!出来るだけ汗をかかないよう、大股にならないよう、ゆっくりゆっくり登っていく。
 一般的な登山道に比べれば、綺麗に整備されており、傾斜も緩いのでしんどいと言うほどのこともない。
 登山口より6分も登れば、雨天時、滝になって通行が出来ないと言われる難所を通過する。
 今日は、滝どころか、年寄りの小便程度しか流れていない。

【七子峠山道入口】                               【雨天時、滝になる場所??】


 先に進むと、徐々に傾斜がきつくなってくる。最後は、2箇所の階段(計100段程度)が待っている。

【ややきつい登り】                               【手前の階段】


 山道入口から登ること24分で七子峠に到着!。思いの外、短時間だったので拍子抜けしてしまった。
 一応トイレはあるみたいだが、外見的にとてもウォシュレットがあるとは思えない。展望台もあるが、山が見えるだけ。つまらん。
 登りがたいしたことなかったので、ケツのピリピリはそのままにして先を急ぐ。

【七子峠到着】                                  【展望台】


 七子峠から、国道を下るとすぐにへんろ道への分岐がある。国道から田んぼで隔てられた日の当たらない山側の道を歩く。

【七子峠すぐの分岐】                               【山陰のへんろ道】


 舗装道、未舗装道、林道、山道、溝と川の間の細い道などを進む。イノシシ・鹿よけの柵で通行止めになっているが、
 説明文を読めば、かんぬきを抜いてゲートを開けて通行して下さいとのこと。

【細い道】                                     【害獣除けのゲート】


 影野地区でやっと国道に出られたと思ったら、またまた旧道に入る。もう国道でずっと行かせてくれ〜という気分になってくる。

【国道に復帰】                                  【旧道へ入る】


 国道に戻る。歩きへんろ地図には、ろくたんじ駅付近にスリーエフ(コンビニ)があるとなっているが、
 これもローソンに変身していると思いきや、潰れてました。
 さて、あとは岩本寺まで一気に国道を進む。

【おそらくスリーエフだった建屋】                       【窪川への国道】


 仁井田をすぎてしばらく進むと高知自動車道の南端(無料通行区間)の四万十町中央IC入口が見える。
 だんだん町になってきた。ウォシュレットの気配がする!
 道向かいにローソンがあるが、何も買わずにトイレだけ借りるのもどうかなと思い、すぐ先の道の駅のトイレで治療することにする。

【四万十町中央IC】                               【対岸のローソン】


 やっと、やっと道の駅「あぐり窪川」に到着!。すぐにトイレに向かうが、・・・・・なんと洋式個室は満室・・・・・・・
 昼時だから、みんな飯食って、クソ出しているんか〜?。ケツのピリピリもかなりひどくなってきている。
 たまらず、その先の「ゆういんぐ四万十(観光物産センター)」でトイレを借りることにする。

 トイレは店の中。綺麗し新しいウォシュレット発見!。リュックを降ろし、ウォシュレットの「おしり」ボタンを押す。
 ぎょっ!、ぎょへぇ〜〜!!痛い!痛い!痛〜い!。慌てて洗浄を止める。気を失うところであった。
 忘れていた。ケツのピリピリ状態の時は、最初は出来るだけマイルドにしないと、地獄の苦しみを味わう事になる。
 ここのウォシュレットはと・・・・「おしり」「ビデ」「やさしい」。これじゃな!「やさしい」の弱から徐々に強さを上げていく。
 ふぅ〜〜。何とか無事洗浄完了。こりゃ、相当やられてますな。やんわりとトイレットペーパーで水分を取り、
 リュックから特効薬「ボラギノールA軟膏」様のお出ましです。とりあえず、やばそうな所に塗る!、塗る!、塗る!
 ほわぁ〜〜♪。少ししびれる感じがしたあと、痛みが嘘のように消えていく。
 やっぱりすごいぞ!ボラギノール!ありがとう!ボラギノール!
 お世話になった「ゆういんぐ四万十」だが、食べたかった「カツ丼」がメニュー無かったので、何も買わずに出る。すんまへんなぁ。

【トイレが満室だった、道の駅「あぐり窪川」】                【トイレが綺麗だった「ゆういんぐ四万十」】


 さーて!ケツも生き返ったぞー!。快調じゃあ!
 時刻は11時半。腹減ったー。そろそろ昼飯にするか!。食べたいのは、やっぱり「カツ丼」!
 道向かいに食処「瀧の子」があるが、なんか格式が高そう。値段も高そうなのでやめる。
 なーに、窪川の町、岩本寺の付近まで行けば、ひなびた食堂があるでしょう!
 (また忘れているやましん隊長。「へんろは食えるときに食っとけ」の鉄則を・・・・・・・・・・)

【食処 瀧の子】                                【岩本寺まで30分!】


 国道から分かれ、窪川の町を進んでいく。思ったより活気がないなあ。
 「本と文具のデパート」もかなり廃屋度が高い。(隣接の市川分光堂(コクヨ系?)はネット上で確認できる。たぶん営業している。)

【岩本寺へ一直線】                               【本と文具のデパート】


 おいおい、食堂が無いよう〜〜。なんか宗教感の漂う橋を渡ってしまうよ〜〜。
 おいおい、正面、遠くに見えるのは岩本寺じゃねーの???
 割烹とかお食事とか看板があるが、どの店も営業していない!。やばいなぁ。

【寺前の橋】                                   【先に見えるは岩本寺???飯はどーする??】


4.37番札所 岩本寺〜

 着いてしまった。第37番札所 岩本寺。時刻は12時7分。
 石柱門奥右手の店の女将さんに、「この辺で食堂ありますか?」と聞くと、「駅まで戻ればあるかも・・・」との返事。
 今来た道を、逆に戻るのも悔しいので、岩本寺を参拝したあと、先の道に賭けることにする。

【岩本寺石柱門】                                 【仁王門】


 奥右に本堂、手前右に大師堂がある。とりあえずいつも通り参拝する。

【本堂】                                      【大師堂】


 大師堂手前に「歓喜天堂」があり、鐘楼横に弘法大師像がある。イチョウの黄色の落ち葉で飾られた庭木もおつなもんですな。

【歓喜天堂】                                   【弘法大師像】


 さあ、参拝も終わった!。飯!昼飯!どうする??。
 スマホを取り出し、グーグルマップを拡大すると、「水車亭」という店がある。ここで飯が食えるかも・・・と先を急ぐ。
 水車亭の第2駐車場まで来たとき、おや!?なにかいい匂いが♪♪♪
 駐車場向かいに焼肉屋がある!。入口を見るとランチの看板がある。日替わりランチ680円、牛焼肉ランチ1000円
 豚焼肉ランチ880円。他にもいろいろある。ここ!いいんじゃない!?
 入口ドアを開け、営業中、ランチOKを確認する。よっしゃあ!。ここで食うぞう!
 日替わりランチは何か聞くと、「四万十ポーク漬け焼」。それ!頂きます!

【左:焼肉屋】                                  【ランチがある!】


 日替わりランチは月〜金曜日まで1日限定10食!。御飯は大中小から選べる。
 やましん隊長はもちろん「御飯は大でお願いします!」。
 そういえば、昨夜も、四万十豚ハラミ串を食べたが、こちらは焼肉専門店である。期待大!。

 待つこと10分程度、来ました〜♪。写真では解りにくいが、飯はどんぶり山盛り。肉もかなりのボリューム!。
 肉をほおばると、適度な弾力で、タレが効いていて、「うまいぞぉ!」。サラダのドレッシングも選べて最高♪
 なかば、あきらめかけていた昼食。これをラッキーと言わずして何という!

【ランチ:四万十ポーク漬け焼 680円】                  【焼肉にくよし】


 食った、食った♪。余は満足じゃ♪。粘った甲斐がありました。まさか680円で焼肉専門店の焼肉ランチが食えるは。
 その後、水車亭の前を通る。さすが大きな水車があります。

 あとは今夜の宿を目指して進むのみ!。歩きへんろ地図を見ると、この先にローソンとコンビニ「いしづち」があるらしい。
 実際、ローソンはあったが、「いしづち」ってなんだ?。・・・・・・・・ありました・・・・元コンビニいしづちの建屋の「陸不動産」。
 うっすらとコンビニエンスストアーの文字が残ってますが、コンビニはやってません。

【水車亭】                                     【元コンビニ「いしづち」】


 さらに進むと、さっきの水車亭の看板有り!。なんと、売り物は塩けんぴ?
 スマホで検索すると水車亭(みずくるまや)は和菓子屋さん。
 もし、腹ぺこのやましん隊長が和菓子屋にカツ丼を食べに入って、食えないと判った時を想像すると・・・たぶん、暴れるな!

 さあ、あともう少しで今日の宿だが、その前に、もうひとつ旧へんろ道がある。弘法大師の像が目印の角で国道から分かれる。

【水車亭の看板】                                【片坂峠越えのへんろ道】


 生活感のある田舎道をユルユルとの持って行くと、来ましたなあ!山道が!

【へんろ道】                                    【ここから山道】


 ちょっとのぼったかな〜と思ったら、その先はずーっと下る。つまり、片方だけが坂の峠??(地名は片坂峠。な〜るほど)
 さっきまでが四万十町の標高250mの台地?。峠を越えると黒潮町の市野瀬。標高は100m程度。
 一気に150m下ることになる。(後でカシミール3D見て、解ったのだが)

【国道のトンネル出口の上も渡る】                      【鉄製階段も設置されている】


 峠から20分ほど下ると、やっと市野瀬集落に下りてきた。最後の降り口は・・・工事現場の仮設階段ってのはねぇ・・・・

【市野瀬集落が見えた】                            【最後の階段は仮設】


 やっと国道まで下りてきたぞ。西尾自動車さんの前の看板だと、今夜の宿まで3.6km。1時間かからない!
 歩道をゆっくり歩く。時刻はまだ14時47分。チェックインは15時からOKだが、宿には16時と伝えてあるので余裕〜♪

【仮設階段から下りてきた西尾自動車前看板】               【宿へ進む】


 今夜泊まるのは、土佐佐賀温泉「こぶしのさと」。
 こぶしって聞くと、まず、モクレン科の花のこぶし、次に思うのは演歌のこぶし!。
 でもここのこぶしは・・・・・にぎり拳のこぶしだったんやね〜。(地名が拳の川になっている)。
 そりゃ、旅館名が「拳の里」だったら、拳法の道場のイメージがあるから、やっぱり引くなあ。ひらがなで正解!

 ありゃ、また大がかりな工事をやってますな。高速道路か?

【拳の川の由来は何だろう??】                       【道路工事?】


 見ると、説明看板有り。今、高速道は四万十町中央ICまで来ているが、現在の計画では、土佐佐賀まで延伸するらしい。
 やっぱり、高知って金あるなぁ!

 その工事現場のすぐ近くに、本日のお宿、土佐佐賀温泉こぶしのさと、到着!

【高速延長計画、すごいなあ】                         【今夜の宿】


 15時15分にチェックイン!。まずフロントで、予約では翌日の朝食も有りにしていたが、これを夕食のみに変更してもらう。
 (これで朝6時にはチェックアウトできるとのこと。今日31km歩いてきて、結構体調もいいので、
  明日は土佐入野(パジェロ駐車場所)まででなく、さらに8.8km先の、土佐くろしお鉄道こつか駅まで頑張る事にする。)
 既に途中のローソンで明日の朝食のカロリーメイトも購入済み。宿泊料は7700円から7200円に下がりました。

 部屋は無理すれば4人は寝られそうな8畳間。洗濯機、洗剤は無料。乾燥機は60分200円なり。
 風呂は露天もある大浴場。早速入浴し、くっさい汗を流す。足裏のマッサージも念入りにと・・・・。
 その後、洗濯、乾燥で時間をつぶして18時から1階のレストランで夕食。

 一番安いお遍路プランは、じゃらんでは「少食の方おすすめ」となっている。たしかにおかずがちょっと少ないな〜。
 でも、御飯、味噌汁はおかわり無制限。ふりかけ使い放題とのこと。昼飯で焼肉ランチを腹一杯食ったので、これでもいいか〜。
 といいつつ、結局、御飯と味噌汁をおかわりし、ふりかけドバドバかけて、これをあてにビールもたくさん頂きました。

【部屋】                                      【夕食:お遍路プラン】


 夕食後、部屋でグダグダするが、隣の部屋の音、廊下での話し声、国道を走るトラックの音が結構気になる。
 昨夜は睡眠不足。明日も早いので、22時半に就寝。おやすみなさい。

 本日の歩行距離 31.4km、歩行時間8時間18分!

今日の散財(1日目)
前日昼食 ¥342 セブンイレブン:ハムサンド、ミルクティー、
前日高速代 ¥880 南国IC→土佐IC
前日晩、あてビール ¥1,926 サンシャイン大方(土佐入野のスーパー)
前日晩あて ¥600 サンシャイン大方前屋台
汽車移動 ¥1960 土佐入野→土佐久礼(JR四国、特急)
昼飯 ¥680 焼肉ランチ(焼肉にくよし)
翌朝朝食 ¥216 ローソン、カロリーメイト
宿泊代 ¥7,200 土佐佐賀温泉こぶしの里(おへんろプラン、夕食のみ)
乾燥機使用料 ¥200 60分
ビール代 ¥1,300 生ジョッキ+中瓶
飲料水代 ¥400 館内自販機にて
合   計 ¥15,704   

 出来るだけ下道を走って、高速代をケチっているんだが・・・・
 きいているいのは・・・・・・宿代と・・・・・あて、ビール代か??

←前回へ戻る】   【翌日へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】