【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-18
探  検  名:寺間歩き(高知)
歩  行  日:2016年12月3日
歩 行 距 離:33.0km
歩     数:56,063歩
歩 行 時 間:7時間16分
累積  標高:415m

時間データ 時刻 時間 備考
こぶしのさと出発 6:05 0:00 歩行
時間
土佐佐賀駅 8:23 2:18
井の岬トンネル 10:05 4:00
道の駅「ビオスおおがた」 11:29 5:24
入野公園。パジェロ駐車場所通過 11:56 5:51
逢坂トンネル 12:50 6:45
こつか駅到着 13:15 7:10
こつか駅発 13:53  汽車
土佐入野駅着 14:01 7:10 歩行
時間
入野公園、パジェロ着 14:12 7:16

画像が縦に長いです。
地図クリックで地図のみの画面になります。
※ただしブラウザの縦画面に入る縮小サイズなるので、
この地図をみたい場所で再度マウス左クリックして下さい。
(等倍になり見やすくなります。再クリックで縮小します。)
※今回は4万分の1地図を50%縮小で作製してます。



(クリックで拡大します)

1.土佐佐賀温泉こぶしのさと〜

 自然と、朝4時30分に目覚めてしまった。スマホのアラームは5時15分にセットしてあるので、まだ45分あるが、
 6時間、夢も見ずに熟睡したので、もう眠れる気がしない。仕方がないので、ぼけーっとする。
 テレビをつけても、通信販売の番組ばっかりで見たい番組がない。
 5時過ぎから、ごそごそと着替え、荷物の整理を始める。この音で隣の部屋の客が目覚めたのか、トイレに行く気配がする。

 ちょうど6時!忘れ物がないか最終確認し、部屋をあとにする。
 昨日、チェックイン時の話では、「朝6時なら、だれかフロントにいるので、チェックアウト大丈夫です。夕食後に精算しますので
 フロントに鍵を置いて、非常口から出てもらっても結構です。」と言われたのだが・・・・・・・フロントには誰も居ない・・・・・・。
 仕方がないので、非常口の案内板通り進むと、明かりのついた厨房を通過する。男性の調理人が一人、朝食の仕込みをしている。
 「お世話になりました〜。」と声をかけるが、調理人はきょとんとして、返事なし。全く話が通っていない。
 そのまま、厨房の勝手口から外にでる。

 時刻は6時5分。まだ真っ暗な空に星が輝いている。LEDライトを取り出し、地図と道路を確認。
 それでは2日目、スタートしますか!

 宿を出てすぐに「医心橋」があるので、これを渡り、国道と川を挟んだ対岸を進む。
 真っ暗な中に、NTTの電話ボックスがぽつんと光っている。なんだか不気味・・・・・。
 こんな田舎の旧道で、どれだけ需要があるのだろうか・・????

【こぶしのさと、出発】                             【へんろ道の電話ボックス】


 さらに進むと、「伊与喜川沿いの景観をお楽しみ下さい」と看板があるが、真っ暗で、LEDライトで照らす足下しか見えまへんがな。
 宿を出て30分。空が白み始め、辺りが見える様になった。

【看板】                                     【左は川、右は田んぼか山】


 やっと伊与喜川の水面が見える様になったが、それほど風光明媚と言うほどのこともないな。
 宿を出てから1時間15分、市野々橋を渡り、国道へと戻る。

【伊与喜川の景観:やっと見えた】                       【市野々橋】


 やっと国道に戻ったのに、少し歩くと、伊与喜駅を過ぎた辺りで再び旧道へと誘われる。歩き出して1時間半か。
 少しのども渇いてきたので昨夜、宿で買ったポカリを飲もうとリュックから取り出すと、・・・なんとキリンのスポーツドリンク・・・・・・
 31番竹林寺から32番禅師峰寺の間でも、サンガリアにだまされたが、同じ過ちをするとは・・・・・

【旧道への分岐】                                【また、ポカリスエットもどきを買ってしまった】


 家の少ない田んぼの間の道を進むと、いくつも分岐点があるが、ここらは判りやすい説明板が多数あるので迷うことはない。
 伊与喜駅から15分で熊井隧道到着。看板には、「明治38年完成の近代土木遺産」とあるが、
 「現在はわずか土地の人の通行に利用されているのみである。」とも書いてある。ちょっと〜、歩きへんろも通りまっせ〜〜!
 歩きへんろ地図には、このトンネルを通行するようルート指定されている。へんろと、土地の人と、どっちが多いかは不明。

 トンネルを過ぎるといつでも自殺できそうな、全く柵のないラフな踏切を渡る。
 いや、ちょっと訂正。いつでもは自殺できない。あまりにも列車の本数が少ないので、だいぶ待たなくてはならないかも。

【熊井隧道】                                   【ラフな踏切】


 さて、このまま旧道を進むと、国道沿いのコンビニや道の駅を過ぎてしまうため、途中で細い路地から国道へ出る。
 歩きへんろ地図ではスリーエフとなっていたが、ここもローソンに変身している。
 朝食のサンドイッチと、昼食のおにぎり2個を購入する。ついでに、GPSの電池残量も減っていたので、この際交換する。

【国道への路地】                                 【国道沿い、ローソン黒潮町佐賀店】


 コンビニを過ぎると道の駅「なぶら土佐佐賀」があるが、早朝なのでまだ利用者はほとんど居ない。

 道の駅の向かいに「ウマ子の車」を発見。ここに来る途中、旧道でもこの店の看板を見つけていたが、まだ現存していたとは・・・。
 お好み焼、うどんなど軽食が食べられるようだが、最も気になるのがその店名!。たしかにバンがあるので車は良しとしよう。
 ウマ子とはいったんなんぞや????。店主のあだ名か?雌馬を飼っているのか?(理解不能〜、インパクトありすぎ〜。)

【道の駅】                                     【ウマ子の車】


 そういえば、PokemonGo!。
 デイリーボーナスをもらうため、毎日1回はポケストップ1回、回すことと、ポケモン1体捕まえることが条件である。
 一昨日は、入野の海岸にポケストップがあったので、クリア!。昨日は、宿屋近くにポケストップがあったのでクリアしている。
 今日も、忘れる前にちょっとだけしておくか!。地図を見ると近くに郵便局があるので、そこでPokemonGoを立ち上げる。
 んがっ!・・・やっぱりここにもポケストップが無い。
 (高知では郵便局にポケストップがほとんど配置されていない。徳島では郵便局は外せないポイントなんだが・・・・)
 また先に進めばどこかにあるでしょう!。スマホの電池を食うのですぐにアプリを落とす。

 伊与喜川を渡れば、また国道へ戻る。

【土佐佐賀の郵便局:ポケストップにあらず(T_T)】             【伊与喜川を渡る】


 鹿島が浦の真ん中に鹿島が見える。船着き場の突堤があるので、有人島か?。神社でもあるのか?
 グーグルマップで拡大してみると、階段と、建物がひとつある。

【鹿島が浦:左】                                 【鹿島が浦:右】


 この先、国道沿いに海岸線を進むと、綺麗な公園が整備されている。なんと、ここも高知西南大規模公園らしい。
 飛び地で何カ所にも同じ名称の大きな公園がある。やっぱり、高知って金あるなぁ〜。

 途中、展望台があったのでそこから土佐湾を望む。
 ここでPokemonGo起動。丁度ポケストップポイントだったので、ポケストップを回し、ピカチュウをゲットする!(本日分、クリア!)

【展望台】                                     【光り輝く土佐湾】


 少し先に、もう一つ展望台があったので、そこから「井の岬」を望む!。げげっ!まだあんなに先かあ。
 気合いを入れて行かないと「こつか駅」までなかなかたどり着かないぞ!。おっと、東屋発見。ポケストップ見っけ!
 あか〜ん!こんな事ではなかなか先に進めない!。今日はもうポケモンは終わりにする!

【井の岬はまだはるか先】                            【東屋でポケストップ発見!】


 土佐佐賀から1時間40分で、やっと井の岬トンネルに到着。
 トンネルを抜け、しばらく進むと有井川駅が見えるが、この駅へのアクセス道はこの階段のみか?他に道が見えない!
 (おそらく駅の反対側がメインのアクセス道なんだろうと予想。)

【井の岬トンネル】                                【有井川駅】


 おー、海岸線に出でると、パジェロの待つ入野の松原が見える!
 実際に駐車ポイントの公園位置を見てしまうと、急に時間が気になり出す。「こつか駅」の各駅停車って何時だったっけ?

 スマホで調べると、13時53分発を逃すと、次は1時間40分後の15時35分発まで待つことになる。
 徳島まで下道中心で帰る事を考えると、少しでも早い便で、土佐入野まで帰って来たい!
 こんなところでのんびりと油を売っている場合ではない!。先を急がねば!

【土佐入野の大規模公園、松林が見える】


 11時29分、道の駅「ビオス大方」に到着!。地図で確認すると、ここから「こつか駅」までは11.1km!
 時速4kmで計算すると、2時間47分かかる!ということは、こつか駅到着時刻は14時18分!
 13時53分発には間に合いそうにない。次の便まで1時間17分待つことになる。

 しゃあないなぁ。通り道のパジェロの駐車場で、ゆっくりおにぎり食べて、時間調整するか!
 (などと言っているが、内心、どうにかならないか悩んでいる。ついつい早歩きになる。)
 道の駅から、大規模公園へ、へんろ道を進む。

【道の駅「ビオス大方」】                             【公園へのへんろ道】


 しかし、この高知西南大規模公園!。いったい何カ所にどれだけの面積で整備されているんだろう?
 無意味なほど超広大な芝生のなかをサイクリングロードが続いている。
 野球場手前の橋も、車用と、自転車・歩行者用に分けて作られている。

 橋を渡ると、その先は延々と続く松林。気持ちがいい道なのだが、いかんせん気が焦っている。

【広大な芝生とサイクリングロード】                      【長〜い松林】


 やっとこさ、パジェロを駐車した公園駐車場に到着!。時刻は11時56分。
 こつか駅まで8.8km。到着予想時刻は14時8分!気合いを入れて歩いてきたのだが、それでも15分遅れ。間に合いそうにない。
 ここで、ゆっくりおにぎりを食うか・・・・、ここで食うのか!やましん隊長!・・・それはいやじゃあ!

 なぜかスイッチが入ってしまったやましん隊長!。着替えなど不要な物をパジェロに下ろすこともせず、
 重い荷物をリュックで背負ったまま、俄然ハイペースで先に進む!。
 しかし、この松原の公園の道は判りづらい!。迷ってしまったか?。いま自分はどこにいるんだ???
 なにか苗を植えてある広大な畑の横の細い道を進む。

【パジェロに到着】                                【公園内の広大な畑:迷っている最中】


 地図とGPSを見比べるが、公園内の作業道なんかはGPSには表示されない。
 しかたがない!野生の勘で、ここじゃ!と思う場所で国道方面へ曲がる!
 本当にこの道で合っているんだろうか???(超不安になってくる。)

 やっと国道に到着!。スマホのマップを見る時間ももったいない!。とにかくこの国道を南に進めば「こつか駅」があるはず!

 がっでーむ!なんと一昨日確認したローソン横を通過する。やっと現在地が判明!
 へんろ道の最短の斜めコースではなく、直角の遠回りコースに居るではないか!。ちくしょー!
 もう、このまま進むしかない。ここで使うか!あの最終兵器を!。ストックを10cm長くセットし直す。
 両腕でストックを後ろに押して、全身運動で歩くノルディックウォーキング!
 これを使うと、足の裏に過度の負担がかかって、水ぶくれが出来やすくなるのだが、この際そんなことは言っていられない!

 高知の旧中村市手前の国道で、怪しいお遍路さん(やましん隊長)が、異常に元気にストックを使って早歩きで進む!
 車で走っている人が、「あのお遍路さん、おかしい」というような目で見ていくが、この際、人の目など気にしていられない!

 バス停などを確認しつつ、大体の進捗状況が把握できてきた!。左に見えるのは、「にしおおがた駅」!
 超ハイペースで進んだおかげで、かなりタイムリカバリーが出来ている!

【国道に出た】                                   【にしおおがた駅】


 途中、お遍路さん休憩所があり「お気軽にご利用下さい」と表示があるが、こんな所で休憩などもってのほか!
 この辺りは、逢坂トンネルへの緩い登り。ノルディックウォーキングをしても上半身でもがくだけ。足が追いついていかない。
 まさに無駄に暴れるコイキング状態!。しんどいぞう!こらぁ!

 おおーっ!、やっと逢坂トンネル入口に到着!時刻は12時50分!。ここから「こつか駅」までは2.2km。33分でいける!
 ということは・・・・「こつか駅」到着時刻は13時23分!十分13時53分発に間に合う!
 ほへぇぇぇぇ〜〜。頑張った甲斐がありました・・・・・疲れた・・・・・足の裏が痛い(これはヤバイ状態)・・・・・・・

【こんな時に利用するはずもない休憩所】                  【チェックポイントの逢坂トンネル】


 逢坂トンネルを越えると、国道は緩い下り坂。ノルディックウォーキングをすると一瞬宙を浮く感じで軽快に進む。
 (その分、足の裏にはさらに負担がかかるのだが、乗りに乗ってるやましん隊長、もう止まらない!)

 ラーメンハウスが営業中だが、とても入る気がしない。サークルKも関係ない!当然素通りする。

【中華料理屋】                                  【サークルK】


 おおっ!、先に見えるは、鉄道の駅っぽい!。あれが「こつか駅」か???
 看板がないか、カメラをズームして駅名を探すがよく判らない!。と思っていたら、
 線路の斜面に庭木で「こつかえき」と、でっかくアートされてました。

【鉄道の駅?こつか駅か?】                         【「こつかえき」との庭木の主張】


 へろへろへろ〜〜〜。13時15分!「こつか駅」到着じゃぁぁぁぁぁぁ!
 道の駅の25分遅れから、63分のリカバリー!。発車38分前に到着してしまったぁ!
 ここが今回の区切り打ち終了地点!である!。

 服は汗びっしょり!。のどもカラカラ。駅下の自動販売機でお茶を購入する。
 ホームの待合室で、無駄に頑張りすぎた自分の根性にガッツポーズ!

【こつか駅】                                    【ホームにて】


 さすがに12月。すぐに体温は下がり、汗まみれの服が冷たい!。急いで上半身裸になり、予備の服と着替える。
 後で考えると、ここは国道沿いの高台。廻りから丸見えである。怪しいお遍路さん、上半身裸でもっと怪しくなる。
 まぁ、警察も来なかったので、特に問題もないでしょう!

 汽車が来るまでの30分、水分補給と、昼食を取る。

【昼食のおにぎり】                                【ホームから見た国道】


 次回は、この駅からスタートすることになる。
 へんろ道は、この駅から国道を進むのではなく、線路をくぐり、隣の川の土手沿いを南に下る事になる。

【へんろ道は駅南の橋を渡った川沿いの道】                【この土手沿いの道を南の右方向へ進むことになる】


 13時53分。当然というか、1両編成(編成と言っていいのだろうか?)のディーゼル機関車到着。8分で「土佐入野駅」に到着!
 次回のへんろウォーキングも、同じ土佐入野の公園で前泊し、「こつか駅」行き始発列車に乗ってのスタートとなる予定。

【当然1両編成:13:53分発】                         【土佐入野駅に帰着】


 その後、ノルディックウォーキングで無駄にダメージを受けた足を引きずり、入野公園のパジェロまで歩く。
 荷物を整理し、14時26分240km先の自宅へ向けてパジェロをスタートさせる。

 さすがに2日目の後半のノルディックウォーキングはきつかった!。
 当然というか、やっぱりというか、このあと3日間は足の裏が痛〜い。
 まさに、ほぼ壊れたロボット状態。

 本日の歩行距離 33.0km、歩行時間7時間16分!
 距離よりも、無理に急いで歩く方が圧倒的にしんどいぞぅ!

今日の散財(2日目)
朝食、昼食 ¥570 サンドイッチ、おにぎり2個
飲料水 ¥160 ポカリ
飲料水 ¥160 お茶(こずか駅)
汽車代 ¥250 こつか→土佐入野(土佐くろしお鉄道:各駅停車)
飲料水 ¥150 いろはす桃(入野公園自販機)
高速代 ¥620 土佐IC→南国IC
ガソリン代 ¥5,818 byパジェロ(徳島←→土佐入野、往復)
合   計 ¥7,728   

 前泊含めて3日間で¥23,432 也〜。
 まあ、高知の四万十市まで行ってるからこんなもんでしょう!


←前日へ戻る】   【次回へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】