【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-19
探  検  名:寺間歩き(高知)
歩  行  日:2017年1月9日
歩 行 距 離:31.7km
歩     数:52,137歩
歩 行 時 間:7時間30分
累積  標高:534m

時間データ 時刻 時間 備考
こつか駅からスタート 7:00 0:00 歩行
時間
四万十大橋東詰 7:46 0:46
四万十川野鳥自然公園 8:31 1:31
今大師 9:27 2:27
伊豆田トンネル入口 9:30 2:30
真念庵分岐(市野瀬) 9:57 2:57
ローソン土佐清水下ノ加江店 11:02 4:02
民宿いさりび前通過 11:50 4:50
大岐の浜 北端入口の橋 12:39 5:39
以布利トンネル入口 13:50 6:50
ローソン土佐清水旭町店 14:03 7:03
民宿みかんの家着 14:30 7:30

画像が縦に長いです。
(地図クリックで地図のみの画面になります。)
※ただしブラウザの縦画面に入る縮小サイズなるので、
この地図をみたい場所で再度マウス左クリックして下さい。
(等倍になり見やすくなります。再クリックで縮小します。)
※今回は4万分の1地図で作製してます。



(クリックで拡大します)

1.計画
 さて、なにかと忙しかった年末年始もやっと終わった〜。
 日常生活が安定してくると・・・・・そろそろへんろウォーキングですか!

 前回終了したのは、四万十市(旧中村市)、土佐くろしお鉄道の「こつか(古津賀)駅」。
 これから四万十市、足摺岬、宿毛市、宇和島市、そして松山市へと進むわけだが、この辺りが自宅から一番遠い!
 どう攻略していくか・・・。

 1日の歩行距離を約30kmで歩き遍路マップを確認すると、1日目到達箇所が土佐清水市の「以布利」から「窪津」辺りになる。
 しかし、この辺り(足摺半島東海岸の付け根周辺)には、民宿、ホテルが・・・・・無い!
 googleMapで確認すると、いくつかひなびた民宿があるにはあるのだが、
 へんろ情報のホームページで確認すると民宿の廃業・休業情報が多数確認できる。特にこの辺りは全滅
 しかたがないので、以下の計画を立てる。

 【計画】
 前日 :自宅から土佐入野までパジェロで移動。(240km)。前回車中泊した、土佐西南大規模公園入野海岸駐車場で前泊。
 1日目:汽車で土佐入野からこつか駅まで移動。へんろウォーキング開始。ひたすら南下する。
      大岐(おおき)海岸を過ぎた辺りで、海岸線を離れ、土佐清水市中心市街地の民宿「みかんの家」で1日目宿泊。
 2日目:足摺半島の西岸を南下し、足摺岬を廻り、半島東岸を北上する。(半島部分だけ逆打ちとなる。)
      大岐の浜辺りからは2日前歩いた道を北上する。。約35km歩いて、民宿「いさりび」で2日目宿泊。
 3日目:さらに北上し、土佐清水市下ノ加江で、国道321号線から離れ、真念庵を参拝し、
      県道346号線で三原村を抜け、中筋川ダム湖経由、宿毛市平田町、土佐くろしお鉄道「平田駅」で打ち止め。
      鉄道で土佐入野まで移動し、パジェロ回収。帰宅する。

 完璧じゃぁ!。これで行きましょう!

2.前泊
 数日前から週間天気予報とにらめっこし、1月8日自宅出発。9〜11日の3日間歩く事にし、民宿の予約を入れる。

 それでは行きますか!。
 1月8日、炊事洗濯を済ませ、朝10時20分自宅出発。外は土砂降りの雨!。高知西部は夕方には雨も止む予報である。
 例のごとく、費用節約のため、ひたすら一般道で高知を目指す。途中、コンビニで助六寿司を買い、昼食とする。
 さすがに高知市街の渋滞を避けるため、南国ICから土佐ICまでは高速を使う。もちろん無料自動車専用道もきっちり使う。
 14時55分、土佐入野、海岸の公園駐車場に到着。到着とほぼ同時に雨がぴたっと止んだ。
 来る途中、ずーっと土砂降りだったのに、たまには天気予報も当たるんじゃな。
 海岸を見に行くと・・・・・・・・貞子が・・・・・貞子がいるよ〜〜。恐━━(((( ;゚Д゚)))━━ッ !!!

【駐車場は大雨後で水浸し。でもサーファーは大勢いる】        【ずーっと荒れる海を眺め続ける女性・・・・・恐い・・】


 海を見ると、荒れた天気の大波ではしゃいでいるサーファーがいる。おまえら〜、死ぬなよ〜。貞子が見てるぞ〜〜。

 その後、パジェロの窓にサンシェードを取り付け車中泊準備などをして時間をつぶす。

【おまえら死ぬぞ〜】                              【目隠し完了!】


 17時を過ぎ、日暮れ時ともなると青空となる。明日の快晴を願う。

 晩飯は、コンビニ食ではつまらないので、前回と同じ、すぐ近くのスーパー、サンシャイン大方に向かう。
 刺身でもと思っていたが・・・・、残念、やはり田舎のスーパーは終わりも早い。鮮魚は売り切れ。
 やっぱり、コンビニに行くか・・・・・と思っていたら、17時30分から総菜半額シールが貼られていく。(ラッキー)
 ヤキソバと揚げ焼売、焼鳥3本を購入。ついでに、明日の朝食の小倉デニッシュと紅茶花伝のペットボトルも購入する。
 総菜をスーパーの電子レンジで暖め、急いで元の公園まで戻る。

 それでは、まだ総菜が暖かい内に一人宴会開始!

【夕暮れ空は青空に】                             【一人宴会開始】


 ふぅ〜〜、食った、飲んだ。もうすることもないので、スマホで漫画を読んで時間をつぶす。
 20時には寝袋に入ったが、なかなか寝付けない。
 ビールで腹が冷えたせいか、ボラギノール片手に数回トイレに行き、結局22時入眠〜♪

3.出発、土佐くろしお鉄道 古津賀(こつか)駅〜〜

 土佐入野駅の、こつか駅行き始発は6時48分。6時30分に公園を出発すれば間に合うので、
 スマホのアラームは5時40分にセットしていたが、4時45分に目が覚めてしまった。
 辺りはまだ真っ暗。気温はそれほど寒くない。もう2度寝は出来そうにもないなあ。
 車内を整理し、昨日買ったでっかい小倉デニッシュをほおばる。紅茶花伝も飲み干し、朝から満腹である。

 出発準備を進めるが、またまたトイレに行きたくなり、ボラギノールを片手にトイレに行く。
 (いったい何回下痢をすれば気が済むのか・・・・・(T_T)。今日はケツには厳しい1日になりそうな予感がする・・・・・)

 6時30分、パジェロに施錠、土佐入野駅へと出発する。海岸線がだんだん明るくなってきたぞ。
 6時48分、汽車到着。約8分でこつか駅に到着。
 それでは、今から3日間!張り切って行きますか!

【公園駐車場の朝焼け】                            【こつか駅到着】


 まず、こつか駅から歩きへんろ地図に従い、四万十大橋を目指す。用水沿いの農道を通り、四万十川の堤防を上る。

【こつか駅からは農道歩き】                          【四万十川の土手上り口】


 四万十川の土手上には対向2車線の道路がある。最初の内は立派な歩道があるので安心して歩いていたが、
 しばらく進むと、歩道はなくなり、白線と土手の斜面の間が30cmも無い所がある!。
 この道を大型のトラックなどが猛スピードで走っている!。とても恐くて車道の端を歩けないので、
 四万十川の土手下の草の刈られた道を進む。しばらく進むと、樋門(ひもん)で土手が途切れるため、仕方なく車道へ上がる。
 みると、なぜかそこからはまた歩道がある。

 四万十市の道路を歩いての感想だが、ほとんど人が歩く幅がない道とか、歩道が、車道の右に左にと入れ替わる場所が多くある。
 まず細い道は、自動車優先で2車線化し、歩道はあとから考えましょうって感じなのか???
 (高知県全体、至る所で道路整備が進行中。新しい道にはちゃんと歩道も付いているが、古い所は後回し?・・・・)
 ・・・・などと文句ばかりを言っても始まらないので、、気を取り直して、先に進みますか!

 四万十大橋手前交差点角のローソン到着。昨夜も今朝も腹が下って、ボラギノール片手に何度もトイレを往復したので
 このコンビニでトイレを借りて、ウォシュレットで綺麗にしておいたほうが良いのは判っていたが・・・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・信号は赤に変わったばっかりだし、まだケツに違和感もないので素通りする。
 (ここのトイレで手当てしておけばと、すぐあとで後悔することになるのだが、今は知るよしもなし・・・・・)

 ここを右折して進むと、すぐに四万十大橋が見えて来る。

【四万十大橋東詰め手前のローソン】                    【四万十大橋】


 四万十大橋中央より下流を眺める。清流四万十川か〜。広い河口やな〜〜。

 でも清流と言っても196kmもあり、流域に人口が多いため、仁淀川よりは、汚濁負荷量が高い。(=あまり綺麗ではない)
 ダムが無い自然の川のイメージもあるが、途中に農業用の堰が数箇所有り、上流からカヌーなどで一気に下る事も出来ない。
 しかし清流の良いイメージが先行しているため、中村市は四万十市に変わるし、上流域の窪川町も四万十町に変えるし、
 なんだかな〜〜???って感じやね。(さっきから、文句しか言っていない、今朝はダークサイドのやましん隊長)

 四万十川を渡ると、へんろ道は車道から一段下の生活道路になる。(土手上の車道は、やはり人が歩ける歩道がない・・・・)

【四万十川河口】                                【土手下のへんろ道】


 おっと、廃屋のお出ましですか。中を見ると、古い生活用品などがそのまま残っている。いつ頃まで人が住んでいたんだろう?。

 へんろ道が土手上の車道に合流すると、ちゃんと歩道があり、ホッとする。

【廃屋】                                      【四万十川の土手車道:歩道付き♪】


 道は土手から右手にカーブし、四万十川ともおさらばである。
 看板があるので見ると「血の段」!。右手に階段の付いた丘が見える。昔ここでいったい何があったの!?
 名前からして、なにか血なまぐさいことがあったと想像するが、帰ってからネットで調べてもよく判らない。
 気になるな〜。誰か、教えてちょーだい。

【血の段の看板】                                【血の段:本体?】


 歩き始めて1時間半。今朝未明に食べた大きな小倉デニッシュの消化が進んだのか、少しトイレに寄りたくなった。
 見るとへんろ小屋らしき物がある。看板には四万十川野鳥自然公園とあるが、トイレも自由に使える。
 この際、ここでスッキリしておこうとトイレに入る。(当然ウォシュレットはない。)

 出す物を出して、紙で拭くと・・・・・・イテテテッ!・・・・やっべーー!。また血が・・・・・またケツが荒れている・・・・。(T_T)
 今までは、ボラギノールの鎮痛作用で痛みを感じなかっただけだったのかぁ!
 しかたないのでリュックから神の薬、ボラギノールを出して、周辺部も含め手当する。(なんか悲しい・・・・・かわいそうな俺のケツ)
 やっぱりさっきのローソンに寄っておけば良かった・・・・・・。次のコンビニでは絶対ウォシュレットを借りることを心に誓う。
  (※なぜこんな状態になっているか・・・・、ウォシュレット症候群については2016-12-02のページ参照下さい。)

 先に進むと、大文字山の道路標識発見。右手を見ると、それほど大きくない、大の字の跡がある小山が見える。
 ここでも送り火を焚くのだろうか。一度見てみたいものである。

【四万十川野鳥自然公園のへんろ小屋】                  【大文字山】


 さらに先に進むと、伊豆田トンネル手前で、旧へんろ道が右にあるとの矢印案内発見!。
 やましん隊長の歩きへんろ地図には、この旧道は載っていない。この案内は何だろう?
 その先、どこへ行くのか、どの程度歩くのかが全く判らないため、この旧道に入るのはパス!
 伊豆田トンネルへ直進することにする。

 ※今回の3日間の遠征後、地図に載っていない旧へんろ道がいくつもあったのと、民宿が休業しているなど情報が古いと感じたため、
   昨日、最新版の歩きへんろ地図。「四国遍路ひとり歩き同行二人 第11版 2016年4月発行」を購入!。(今までのは第10版)
   確認すると、ここを右折すると、山越えで真念庵へ下る旧へんろ道「伊豆田道」と判明。
   ぬかったーー!昨年11月に、歩き遍路を再開するときに買い直しておけば良かったのに〜〜と後悔する。

 さらに進むと、伊豆田トンネル手前に、今大師寺発見。重要参拝ポイントではないが、一応お参りする。

【伊豆田道への分岐:知しらんかった〜〜】                【今大師寺】


 それでは、排気ガスで有名な伊豆田トンネル(1620m)に突入しますか!。
 他の人のホームページで、このトンネルに入る前にマスクをする人が多かったため、今回、やましん隊長もマスク持参!。
 怪しいお遍路さん。徹底的に怪しくなる!

 ※この伊豆田トンネル。「四国遍路ひとり歩き同行二人 地図編」の第10版では1600mであったが、
   第11版では1620mに修正されている。

【伊豆田トンネル】                                【マスク着用】


 このトンネル、確かに長い。遠くに出口の明かりが見えているが、なかなか近づいてこない。
 ただ、歩道がしっかり確保されているので不安感もないし、マスクのおかげか、排気ガスもさほど感じない。

【伊豆田トンネル内部】                             【非常灯:距離はやはり1620m】


 おや?。トンネル近くに送風ファンが・・・・。でも動いていない????。換気用じゃないのか?
 トンネル出口に「消防隊専用換気制御板」のBOX発見。たぶん、あのファンは、トンネル内火災時の、強制換気用ファンでしょう!

【トンネル南西出口近くの換気ファン】                    【換気制御板】


 トンネルを出て400mほどの県道との合流地点に真念庵への旧へんろ道入口発見するが、
 ここには、足摺岬をぐるっと廻ってから、宿毛方面へ向かうときに寄ることにして、今回は素通りする。

 さらに国道を南下すること1時間。11時2分にやっと、やっとウォシュレット、もとい、ローソン土佐清水下ノ加江店到着!
 入店後、店員の「いらっしゃませ」に目もくれず、トイレへ突入する!
 リュックを降ろし、例のごとく、洗浄を弱から徐々に強くし、綺麗にする。(イテテテテテ・・・・・・・)。
 痛いがやっぱり綺麗になるのは気持ちがいい〜♪
 それでは神の薬ボラギノールA軟膏様のご登場!。荒れた部分にしっかりと塗りたくり、やましん隊長、完全復活じゃ!
 ありがとう!ローソン!、ありがとうウォシュレット!

 お礼というわけではないが、昼食のおにぎり2個(昆布とシーチキンマヨ)を購入する。
 足摺岬を廻った後、明後日にもここを通るはず!。その時も是非寄らせて頂きます!。

 でも、この店のローソンの看板、なんでこんなに位置が低いのか???。不思議だ!

【真念庵への分岐:今は素通り】                       【ローソン土佐清水下ノ加江店】


 土佐清水下ノ加江をすぎ、しばらく進むと、再び土佐湾(太平洋)を見ながら進む。
 11時50分。明日、宿泊予定の民宿「いさりび」前を通過する。(是非、ウォシュレットがありますように・・・・・)

【海が見えた!】                                【民宿いさりび】


 いさりび前から足摺方面を望む!。あの先っぽが足摺岬か?!
 世の中、そんな甘いことはおまへんでぇ。あとで調べると、今一番奥に見えている岬は窪津付近。
 足摺岬まだまだ先ですわ!

【民宿いさりび前より、足摺方向を望む】


 ここからは国道から、あしずり遍路道に入ったり、出たりしながら進んでいく。
 久百々(くもも)から入る遍路道は入口を見落としてしまったが、国道への出口は確認したので、戻り時に通ることにする。

 つぎは双浜から入る遍路道に突入する!。前半は山道っぽく楽しいのだが、後半は農道、舗装道になってしまう。

【双浜→民宿大岐の浜への遍路道】                     【遍路道前半】


 最後に、土佐食大岐工場の工場前を通って、国道へ出る。すぐそばが民宿「大岐の浜」。
 この民宿も今回の宿泊候補だったが、電話をすると、その日は不在と断られた宿。一応人気の宿らしい。

【土佐食大岐工場】                               【あしずり遍路道出口:民宿大岐の浜すぐそば】


 この出口から、50m先にまたまたあしずり遍路道の入口がある。
 この道は狭いがほとんど舗装道。国道と平行している旧道である。この道と国道とはさほど離れていない。間に民家もある。

【あしずり遍路道:民宿大岐の浜→民宿大岐マリン】           【民家の裏も通る】


 やたらでかい、白いホテルのような建物裏も通る。だが、かなり廃墟感が漂う。なんだ?この建物は??
 明日はこの道を逆に通るので、今度は国道側から見てみることにする。

 さらに進むと、国道に出る。すぐ前に民宿大岐マリンがある。

【謎の巨大な白い建物】                            【国道へ出る】


 その先に、大岐の浜の展望台がある。さぞや良い見晴らしだろうと近づくが、・・・・・・・・・

 手摺りのすぐ外に、5体ほどのお地蔵さんのような石仏が並んでいる。中には浜方向に向いた物もある。
 花、ジュースなどのお供え物もある。うーーむ。この大岐の浜でサーフィンして溺れたりして無くなった人の弔いの石仏だろうか?
 急に空気が冷えたような雰囲気に変わる。この場所は・・・・・ちょっと恐いなぁ・・・・

【大岐の浜展望台へ】                             【石仏が並ぶ】


 足下の石仏は気になるが、ここからの「大岐(おおき)の浜」は見応えがある。
 この砂浜は、へんろ道でもある。

【大岐の浜(展望台より)】


 展望台からすぐ先に、浜へ下りる道がある。途中に川があるが、木製の頼りない橋があるので、安心して浜へ渡れる。
 おおー、なかなか広大な砂浜で感動する。多少歩きづらいが、靴の中に砂が入るようなことはない。

【木製の橋】                                   【浜のへんろ道】


 海を見ると、数人がサーフィンをしている。土佐入野でも大勢がサーフィンしていたが、ここも有名なポイントらしい。
 夏は海水浴場で賑わうとのこと。

 さて、この浜をどこまで進むか・・・・。一番南に砂浜を流れる川があるとのこと。
 昨日は大雨だったので、今日はおそらく渡れまい。あきらめて、途中の監視台から国道へ抜ける。

【サーファーが格闘中】                             【監視台から国道へ戻る】


 国道に戻ると、津波避難タワーが目に入る。ここのはなんと5階建て!。
 入口は通常は薄い板で閉鎖されており、津波時には、この板をたたき割って侵入しろとのこと。

 ここはいわゆる台風銀座。あまりに柔いと台風毎に破壊されてしまうだろうし、
 厚くしたら、歩きかねるおばあさんが来た時に、はたして板をたたき割れるか心配してしまう。

【避難タワー】                                  【入口封鎖板】


 少し進むとGoogleMapにも載っている民宿「海乃幸」があるが、計画時に確認した通り、休業している模様。
 へんろみち保存協力会(歩きへんろ地図の「四国遍路ひとり歩き同行二人」を発行している)のホームページでは
 2012-7-25の情報として、この民宿「海乃幸」、その先の以布利の民宿「旅路」、「星空」が休業として記載されている。
 (実際の歩きへんろ地図からも削除されている。跡継ぎがいないとか、体を壊したとか、いろいろ理由があるんでしょう。)

 大岐の浜の南端の川の橋を渡った所で、また歩きへんろ地図には載っていない「あしずり遍路道」発見。(第11版でも未掲載)
 ここも旧道を歩く。途中で、小さな駐車場があり、サーファーが着替えをしていた。
 「ここから大岐の浜へ濡れずに行けますか?」と尋ねると、「川が2箇所あり、昨日の雨で今日は無理と思う」とのこと。
 大岐の浜の監視台から国道に戻って正解であった。

【民宿 海乃幸:休業?】                            【大岐の浜より南のあしずりへんろ道】


 へんろ道から国道321号に戻り、緩い登りを少し進むと、順打ち時に進む東海岸、以布利方面への左折ポイントがあるが
 やましん隊長は、明日は足摺半島西岸を進むので、直進し、以布利バイパスを進む。
 途中、見晴らしの良い所から以布利の集落が見える。「明日、そこを歩いてやるからな〜〜!」と心の中で叫ぶ。

【以布利への分岐】                               【以布利の集落】


 続けて緩い登りを進むと、以布利トンネル到着。ここは距離も短いので排気ガスもほとんど無い。
 歩道もいままでのトンネルで最大幅!。自動車が余裕で走れるほど広い。

【以布利トンネル:504m】                          【広ーい歩道】


 トンネルを抜けると土佐清水市中心街へ下り坂となる。途中、ビジネスホテル南城前で道路を拡幅する工事をしている。
 石垣で化粧するとは、結構金かけてますなぁ!

 さらに300mほど先にローソン土佐清水旭町店がある。先ほどのローソンから3時間経っているので、
 ありがたくトイレを拝借する。ありがたや〜♪、ありがたや〜♪
 しかし、ここから、足摺岬を廻り、今日午前中に寄ったローソン土佐清水下ノ加江店までは、もうコンビニは1軒もない!
 この先40km、つまり明日1日はまったくコンビニが無いのである!
 これは過酷!(ケツにも過酷!!!)

 とりあえず、今晩の飲料水と明日の昼飯として、麦茶2本と、カレーパンを購入する。
 (翌日、昼頃、本当にまったく店屋がなかった。カレーパン買っといて良かった〜。)

【ホテル南城前、道路拡幅工事】                       【ローソン土佐清水旭町店:足摺アタックへの最後の砦】


 すぐに土佐清水市中心街大通りに出る。左折すると、すぐにサニーマートがある。
 しまった。買い物はこちらでした方が安かったかも・・・・・・。(トイレを借りているくせに図々しいと思われても仕方がないが)

【土佐清水市中心街】                             【サニーマート清水店】


 海岸沿いを進むと、鹿島公園前を通る。ここには広い駐車場と、トイレもある。スーパーもすぐ近く。
 ここはパジェロのペースキャンプに最適だったかも・・・・・。
 まぁ、行程、日程の都合もあるから、なかなか難しいかもしれないが・・・・・。

 今日の宿の民宿「みかんの家」はもうすぐ近く。時刻はまだ14時過ぎ・・・・・・。ちょっと早いか
 仕方ないので、公園でPokemonGoをして10分ほど時間をつぶす。

 14時半近くになったので、民宿に向かう。「みかんの家」は海岸から急坂を登った高台の住宅地にある。
 道は少々ややっこしいが、スマホと、案内看板があるので迷うことはない。

【鹿島公園】                                   【民宿みかんの家へ向かう】


 ゆっくりと5分も登れば「みかんの家」発見!。ただ、入口がよく判らない。庭をうろついたり、裏口に回ったりうろうろしていると、
 配達に来ていたスクーターのおばちゃんが、「玄関は庭の奥よ!」と教えてくれた。

 14時35分にチェックイン。部屋は8畳間。十分広い。ただ、部屋の入口はふすまで鍵はかけられない。
 あと、最大の懸念事項、ウォシュレットは・・・・・・・無かった・・・・・。残念!無念!(他は最高だったのになぁ・・・・(T_T))

【民宿 みかんの家】                              【部屋】


 今日の宿泊者はやましん隊長一人だけ。貸し切りである。
 お風呂もゆっくり浸かり、太もも、ふくらはぎ、足の裏をマッサージする。当然ケツもしっかり洗う。

 その後、本日の戦闘服(汚れ物)一式を無料の全自動洗濯乾燥機で洗う。
 斜めドラムは生地は傷むが、汚れ落ちがよいと聞く。実際、白衣の落ちなかった汚れが、かなり綺麗になった。

 夜6時からは夕食!。ビール中瓶2本、ご飯も2杯半でお腹いっぱい!。ごっつぁんです!

【お風呂】                                     【夕食】


 20時に消灯するが、結局21時入眠。おやすみなさい〜♪

 本日の歩行距離 31.7km、歩行時間 7時間42分!
 
今日の散財(1日目)
前日移動、高速代 ¥620 南国IC→土佐IC
前日移動、昼食代 ¥507 助六寿司、お茶(LAWSONつるぎ町貞光店)
前日、お茶 ¥129 緑茶ホット(セブンイレブン三好大歩危店)
前日晩飯・朝食 ¥1,464 ビール、あて、パン、紅茶花伝
汽車代 ¥250 土佐くろしお鉄道、土佐入野駅→古津賀駅
昼食代 ¥220 おにぎり2個(LAWSON土佐清水下ノ加江店)
麦茶、翌昼食カレーパン ¥427 麦茶2本、カレーパン(LAWSON土佐清水旭町店)
民宿宿泊代 ¥6,500 民宿みかんの家、一泊2食
ビール ¥1,000 キリン中瓶2本
合   計 11,117    

←前回へ戻る】   【翌日へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】