【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-20
探  検  名:第38番
歩  行  日:2017年1月10日
歩 行 距 離:34.0km
歩     数:59,506歩
歩 行 時 間:8時間44分
累積  標高:745m

時間データ 時刻 時間 備考
民宿みかんの家出発 6:24 0:00 歩行
時間
中浜、ジョン万次郎記念碑 7:23 0:59
松尾トンネル入口 7:56 1:32
38番金剛福寺 9:21 2:57
足摺岬展望台 9:35 3:11
マホーランカーブ 10:31 4:07
津呂簡易郵便局 10:56 4:32
窪津集落 11:54 5:30
以布利集落 13:05 6:41
大岐の浜南入口 13:46 7:22
民宿いさりび着 15:08 8:44

画像が縦に長いです。
(地図クリックで地図のみの画面になります。)
※ただしブラウザの縦画面に入る縮小サイズなるので、
この地図をみたい場所で再度マウス左クリックして下さい。
(等倍になり見やすくなります。再クリックで縮小します。)
※今回は4万分の1地図で作製してます。



(クリックで拡大します)

1.民宿 みかんの家〜
 午前3時15分、目覚める。トイレに行き、結構寒いので部屋の暖房を入れる。
 しばらく待つが、なかなか温度が上がらない。というか、ほとんど温風が出ていない。(昨日はすぐに暖かくなったのになあ?)
 結局、それから寝られず、布団の中でグダグダする。
 まあ6時間は睡眠時間を確保できたので、4時半に起きることにする。
 暖房のリモコンをよく見ると、風量が弱になっているので、強にし、ついでにパワフルボタンも押す。
 すると、急に温風が強くなり、あっという間に部屋が暖かくなった。(要は、使い方が悪かったってことですか・・・)
 朝食は6時からなので、時間はある。ダラダラと着替えと片付けをし、出発準備を整える。

 することもなくなったので、テレビを見ている内に6時になった。食堂に下りていくと既に準備ができている。
 塩鯖と冷や奴、生卵は卵かけご飯ですな!。15分ほどで朝食を終え、6時24分に民宿をあとにする。

 まだ夜空に星がみえますなぁ。街灯があるが、LEDライトも使用し、歩き始める。

【朝食】                                      【みかんの家、お世話になりました!】


 国道まで下り、いよいよ足摺岬をめざす。足摺スカイライン入口を右折し、海岸線の県道27号線を進む。
 だんだん空が白み始める。民宿を出てから50分ほどで中の浜への分岐に到着する。

【スカイラインに入らず、海岸沿いの県道へ右折】             【右折すると中の浜】


 ここを右折すると、すぐに左に下る旧へんろ道がある。急だが、結構味のある道。
 下りきると、中の浜の集落に出る。

【中の浜へ下るへんろ道】                           【下り途中】


 川沿いの道を進むと、ジョン万次郎の記念碑発見。「贈正五位中濱萬二郎翁記念碑」とある。
 乗っていた漁船が遭難し、米国の捕鯨船に救われ、勉学の末、日本に戻り、いろいろ活躍したらしい。(う〜ん、あまり興味なし)

 さらに進むと、第2次世界大戦時の防空壕が道路沿いにある。今までよく崩れずに残っていたものである。(その耐久性に驚く)

【ジョン万次郎記念碑】                             【防空壕】


 中の浜に下ってから約20分で県道に戻る。そのまま進み、まだ新しい「松尾トンネル」到着。

 実は、昨年11月24日へんろウォーキング時、土佐久礼手前で、やたら元気なハイテンションの逆打ちの兄ちゃんに会った。
 兄ちゃん曰く、やましん隊長の持っている地図では、松尾地区には、くねくねの旧歩き遍路道しかないが、
 新しい地図(おそらく第11版)ではトンネル予定の点線が記入されている。そのトンネルはもう開通しており、そちらがお勧めらしい。
 その説明を受けた時、ボールペンで地図に書き込んだトンネルが今、目の前にある。

 こことは別に、宇和島市南の国道56号にも同じ名前の「松尾トンネル」がある。へんろ地図には「排気ガスが充満」と記載があり、
 へんろルートにはなっていないが、既に改善されていてトンネルを通る方がお勧めらしい。
 また、旧へんろ道は通らない方がよいとのこと。(理由は不明。採石場の中を通るので危ないのか?)

 この情報は、この兄ちゃんが愛媛県岩松地区の旅館に宿泊した際、そこの女将さんから、
 「これから逢う順打ちのお遍路さんに伝えて欲しい。」と言われたので、やましん隊長にも話しかけたとのこと。

 それでは、教えてもらった松尾トンネル、突入しますか!

【国道へ合流・復帰】                              【松尾トンネル:1057m】


 この松尾トンネル、あとで調べると2016年3月27日に開通したらしい。さすが新しいだけあって、中はまだ汚れてなくて明るい!。
 約1kmのトンネルを抜けると三差路になっており、その下が松尾集落。

【松尾トンネル内】                               【松尾の三差路】


 三差路を右手に進み、すぐに左に下ると松尾の旧へんろ道に入る。時刻はまだ朝の8時過ぎ。人気のない通りを進む。
 ん〜〜??。中村雄二宅跡の看板があるが・・・・中村雄二って・・・・・誰?

【松尾集落入口】                                【中村雄二さん?】


 さらに進むと、国指定重要文化財「吉福家住宅」が20m横にあるとの看板有り。
 この門かな?すこし下ると古そうな屋敷が塀の上から少しだけ見える。内部見学とかは出来ないのかな??
 見ると、郵便受けに郵便物やチラシがだいぶん溜まっている。
 そこに丁度おばあさんが通りがかったので、聞いてみると、「吉福さんねえ・・・・・・・」と言ったっきり、言葉が続かない。
 何か聞いてはいけない事情があるみたいなので、あきらめて先に進む事にする。

【吉福家住宅の看板】                             【吉福家の門】


 このへんろウォーキングを始めて、立派な大木に感動することが多い。
 もちろん社寺仏閣には樹齢数百年の杉、ひのきはたくさんあるが、いわゆるその土地で昔から自然に育った大樹を何度も見た。
 やましん隊長の育った田園地帯では、昔からの開墾や水田区画整理で大きな木は寺と神社以外ほとんど無い。

 この通りにもいい感じの大きな木がありますなぁ!(種類はまったく判りませんが・・・・)

 旧道を歩く事約30分で県道へ一旦戻る。

【いい雰囲気の大木】                             【県道へ復帰】


 が、またすぐに旧道に入り、しばらく進んで県道へ戻る。

【再び旧道へ】                                 【県道へ戻る】


 そこはもう観光地「足摺岬」の町!。いままでの道から比べたら、大都会や〜♪
 でもコンビニは・・・・・やっぱりない・・・・・・・。まあ、ここなら大きな公衆トイレもあるでしょう!。先を急ぐ。
 おおー、白皇神社じゃ!。 目的地はもうすぐ!!

【足摺岬、でかいホテルがある!】                      【白皇神社】


2.38番札所 金剛福寺〜

 やっと到着か?左に寺の境内に続くような道がある。入ってみると、金剛福寺の本坊・宿坊発見!。
 本来、仁王門から入るべきなのだろうが、それだと本坊・宿坊も見られなかったし、入っちまったものは仕方がない!。
 そのまま本坊前を、本堂方面へ進む。
 ※本坊はお寺の方々が生活し、お勤めもする場所。宿坊は参拝者が泊まる場所。ここでは建物の外見上、一続きになっている。

【金剛福寺、宿坊入口】                             【本坊】


 おお〜〜♪。なんか、それらしい雰囲気になってきましたなぁ。
 岩本寺に参拝してから、2日間は寺間を歩くだけだったので、久しぶりで妙にうれしい。

 おっと、先に大師堂があったので、参拝する。

【境内内の本堂への道】                           【大師堂】


 どど〜ん!。来ました!38番札所金剛福寺の本堂!。大きな池があり庭園のようである。
 境内は広く、3万6千坪もあるらしい。

【本堂】


 順序が逆になるが、仁王門から国道に出る。真正面に食堂のある土産物屋があるが、まだ9時半なので腹も減ってないし、
 おそらく食堂も開いていない(と思う)。

【仁王門】                                     【寺正面の食堂】


 なんと!、食堂横に結構立派な公衆便所がある!。中を覗くと・・・・ウォシュレットがある!ラッキー♪
 やましん隊長大喜びでリュックを降ろし、用を足したあと洗浄のボタンを押すが・・・・・・無反応・・・・・・・あれ??なんで???・・・・・
 ボタン横などのランプは点灯しているのだが、何度押しても、どこを押してもまったく動かない!
 このウォシュレット!壊れとるやないか〜!(まさに天国から地獄の気分・・・・・(T_T))
 仕方がない・・・・。またボラギノールのお世話になる。

【壊れたウォシュレットがある金剛福寺正面の公衆便所】        【ランプが点灯しているのに壊れているウォシュレット】


 いつまでも落ち込んでいる訳にいかない。今日の宿「民宿いさりび」はまだ20kmも先。急がねば。

 県道を進むとすぐに足摺岬展望台の広場がある。ここに中浜万次郎(ジョン万次郎)の像がある。
 高知の人は銅像が好きやね〜。室戸岬には中岡慎太郎、桂浜には坂本龍馬。それだけ有名人を多く輩出したって事ですな。
 でもちょっと生家と離れすぎちゃいますか〜?

【展望台駐車場】                                【ジョン万次郎像】


 樹木のトンネルを通り、四国最南端と記載された方位盤のある展望台に到着する。
 見ると、足摺岬の灯台が見える。行っては見たいが、少し距離がありそうなので行くのはやめる。

 あとで、カシミール3Dなど各種地図で確認すると、足摺岬は「四国最南端」と言われているが、
 1.5kmほど西の長碆(ながはえ)地区の方がより南にある。足摺岬は正確には「足摺半島先端の岬」ですな。

【足摺岬展望台】                                【足摺岬と灯台】


 展望台から広場まで戻ってくると、足摺観光案内所の両側に男女のトイレがある。
 あまり期待はしていないが、一応中を覗いてみる。・・・おおっ−!ウォシュレットがある!
 試しにと、リュックを降ろし、使ってみると、おおっ−!こいつ、動くぞ!(それが当たり前なのだが)
 大喜びのやましん隊長。昨日泊まった「民宿みかんの家」のお風呂以降、始めてケツを洗浄する。
 あかん・・・・、もうウォシュレットのない世界には行かれへん・・・・・・。(海外旅行は無理って事ですな!)

【展望台広場の便所】                             【まともに動くウォシュレット】


 さぁて!やましん隊長、完全復活!。これから足摺半島東岸を北上する。
 しっかし、この県道は狭いなぁ!普通車でギリギリすれ違えるかどうかってレベル。半島西岸に比べ、だいぶ整備が遅れている。
 バスなどの大型車は、半島中央を通る足摺スカイラインを往復するらしい。
 まぁ、そのおかげで、へんろは安心して県道を歩けるので悪いことばかりでない。逆にこのような味のある道は残って欲しい。
 だが残念ながら、10分ほど歩くと立派な2車線道路になってしまった。

 足摺岬から45分ほど歩いた所の、直線の2車線道路に「マホーランカーブ」のバス停有り。
 地図にも載っているこの地名。・・・マホーランって・・・何?。たしかに細くくねっている旧道がある場所なのでカーブは判る。
 ・・・・でもマホーランって、いったい何なんだぁ!?
 あとでネットで調べると、昔、この旧道の曲がった部分に、魔法蘭という花が植わっていたらしい。そうか・・・・、それは判った!。
 でも、なぜカタカナなんだ?とさらに突っ込みたくなる。

【足摺岬付近の県道】                             【バス停「マホーランカーブ」】


 足摺岬から約1時間歩くと、やっと津呂の南の大谷集落に入る。そこでひさしぶりに自動販売機を発見して感動する。

【大谷の国道】                                 【足摺岬から初めての自動販売機】


 続けて、漁港のある津呂集落を通るが、津呂公民館と簡易郵便局がある角から旧道の「足摺へんろ道」に入る
 お墓と、神社がある歩きやすい道である。途中、古い道標がある。
 以降、足摺へんろ道に入るとよく道標を見ることになる。

【津呂簡易郵便局、公民館】                          【津呂集落のあしずり遍路道、道標】


 4分ほど旧道を歩くとまた県道に戻る。ある住宅前に「ションベンするな!!」の看板あり。
 これまでに、たくさんのお遍路さんにいっぱい小便されたんだろうなぁと、少し同情する。
 が、これを家の入口に立てるのもどうかと・・・・・。それに、そんなに立ち小便に適した場所とも思えないのだが・・・。

 津呂集落をそろそろ抜ける所で、また足摺へんろ道を見つけてしまったので、当然突入する。
 最初は細い舗装道だが、途中から山道になる。

【津呂、県道沿い、住民の心の叫び!!】                 【津呂と窪津の中間のあしずり遍路道:地図に記載なし】


 この旧道も歩けば3分ほど。たいした距離ではない。再び県道に戻る。
 この先の県道は窪津崎をぐるっと廻るが、これをバイパスする「あしずり遍路道」がある。ここはコンクリートの農作業道のようである。
 最頂部には携帯の基地局?が並んで立っている。

【県道へ復帰】                                  【窪津:あしずり遍路道沿いの携帯基地局】


 時計を見ると時刻は11時45分。そろそろ腹が減ってきた。この窪津のあしずり遍路道で昼食とする。
 昨日、民宿手前のローソンで買っておいたカレーパン。中にカレーがたっぷり入っていてうまいぞう!。

 道が急に下り始める所にまた道標がある。なぜか3つある。百二丁は読めるが、あとは達筆すぎてよく判らない。

【昨日、土佐清水市ローソンで買った昼食】                 【窪津:あしずり遍路道、道標】


 ここからが急坂をジグザグに降りてゆく。下に窪津の漁村が見える。
 旧町筋を通る。やはり昭和の香りがぷんぷんする。

【あしずり遍路道から見る窪津集落】                    【窪津の旧道】


 県道に出ると窪津漁港が見渡せる。この時期はどんな魚が捕れるのだろうか。

 県道を進むと海を挟んで対岸に大岐の浜近くの大きな白い建物が見える。
 この調子なら、楽勝じゃな〜♪と思ったが、これがなかなかそう上手くはいかんのんですなぁ!。

【窪津漁港】                                   【窪津北から大岐方面を望む】


 道は真っ直ぐ続いているが、ここは以布利への分岐点。この2車線道路はここから国道347号線となる。
 今まで歩いてきた立派な県道27号線はこの分岐を右折し、思いっきり昔の細いくねくね道へと変貌する。

 この県道を少しくねくね進むと、来たー!以布利の「あしずり遍路道」。仕方がない。行きますか!
 道はいきなり竹林の山道。ちょっと不安な道だが、途中、「遍路道」の札がぶら下がっていて安心する。

【以布利への分岐に入る】                          【あしずり遍路道:以布利南】


 少し登ったあと、道はほぼ水平になり、数件の民家の横を通る。ちょっとホッとする。
 気を抜いたのもつかの間。先に進むとまた山道になり、県道を横断し、急な山道を下る。

 下った底に鉄製の「以布利遍路橋」の登場です。

【あしずり遍路道、以布利南、途中】                     【以布利遍路橋】


 この橋を渡ると、今度は急な登り返し。しんどい登りに喘いでいると、なんと目の前にテレビ?が捨ててある。
 不可解なのは、捨ててあるものがテレビということではなく、捨ててある場所!。県道から急な山道を通らないとここには来られない。
 それも重たいテレビを担いでここまで捨てに来たんだろうか??
 ほかにもっと楽に不法投棄できる場所はたくさんあると思うのだが。わざわざここまで捨てに来たその努力に逆に感服する。
 良い目印になるので、歩きへんろ地図に「テレビ」と記載すればいいとさえ思ってしまう。

 さらに登り続けると、やっと県道27号線に戻る。それにしても細い県道である。車はどうやって対向するのだろうか。

【遍路道になぜテレビが・・・???】                     【一旦県道(舗装道)へ出る】


 県道を少し進むと、民家の角に「あしずり遍路道」の標識発見!。
 ここは、まだ出発前、自宅で今回のウォーキングルートの旧の遍路道(あしずり遍路道)の出入口を
 GoogleMapのストリートビューで予習確認していたとき、最後まではっきりしなかったポイント。
 ストリートビューでは、杭は立っていたが遍路道入口かどうかよく判らなかった。
 実際の杭を見ると、「あしずり遍路道」の標識が追加され迷うことはない。(ストリートビューも定期的に更新して欲しいなあ)

 この標識のある民家の横の細い山道をどんどん下る。下りきるとそこは以布利の海岸。
 登り下りもあり、長く感じたが、以布利南のへんろ道入口から25分で海岸まで出る事が出来た。(もっと長く感じたが・・・)
 やましん隊長は今回、足摺半島部だけ逆打ちの廻りになったため、この以布利のへんろ道は下りが多かった。
 順打ちだと登りが多いのでもう少し長くかかるかもしれない。

 しっかし、この砂利の海岸はゴミや流木で汚いなあ!。
 港方面へ進むと10羽程度のカラスが一斉に飛び立つ。びっくりしたー。
 げげっ!カラスが去ったあと、海岸に残っていたのは・・・なんとイノシシの死体(それも食べかけ)・・・・・・・・・・
 ここは由緒正しいへんろ道。なぜこんな所で死んでるの?・・・・・・・・出来れば見たくなかった。・・・・・・・・

【舗装道から、以布利港へ下る遍路道入口】                【以布利港横海岸へ出る】


 イノシシをよけつつ先に進むと、やっと以布利港へのコンクリート製の渡る。
 そこから、漁港に面した道ではなく、堤防の内側の以布利の集落の旧へんろ道を進む。奥に行くにつれだんだん登りになり、
 最後は旧の国道321号線と合流する。さらに進むと昨日歩いた以布利トンネルのあるバイパス国道と合流。
 見覚えのある道に戻れてやっと一安心じゃ〜。いろんな意味で、「以布利のあしずり遍路道、手強し!」

【以布利港への橋】                               【以布利の漁村】


 さて、同じ道を歩いてもおもしろみがないので、昨日よりたっぷりと大岐の浜を味わう事にする。(やましん隊長、心に余裕〜♪)
 国道から海側に入り、防風林との境の道を少し進んだあと、大岐浜南入口より砂浜に出る。
 (すでに砂浜の川は越えている所に出る。)

【大岐の浜、防潮・防風林内側を進む】                   【大岐の浜、南入口から海岸へ入る】


 ふわぁ〜〜〜♪。気持ちいいですなあ!
 広い海、大きくて長い砂浜、そしていい天気と三拍子揃っている。
 今日は浜にほとんど人が入っていないため、やましん隊長の歩いた足跡だけがずーっと後ろに伸びてゆく。
 ここがへんろ道に選ばれたのが判るような気がする。

【僕のあとに道は出来る】


 足摺半島一周もなんとか予定通り終わったし、大岐の浜でも昨日の倍以上の距離の砂浜を堪能したし、余は満足じゃ〜〜♪
 砂浜も終わり、最後に木製橋を渡り、国道へ戻る。

 この辺りにもあしずり遍路道があったが、昨日通った所はもう通らず、国道沿いを進む事にする。
 昨日、よく判らなかった真っ白の大きな建物は、売り別荘の看板有り。
 いくつかパラボラアンテナも窓際に付いていて、すでにほとんど買われている模様。
 ただし、カメラで拡大してみると、塗装がはげている所が目立ち、老朽化感は否めない。
 しかし、大岐の浜に何回もサーフィンをしに来る人からみれば立地条件は最高。格安別荘として購入するかもしれない。

【昨日渡った橋】                                【売り別荘】


 どんどん国道を進むと、昨日入口を見落とした久百々のあしずり遍路道の出口(今日は入口)に到着。
 ここはまだ通ってないので当然へんろ道を進む。この道は細い所もあるがほとんど舗装されている。
 途中、民家の裏、果樹園の中などを通り、13分で再び国道へ戻る。

【久百々:あしずり遍路道南入口】                       【久百々:あしずり遍路道途中】


3.民宿いさりび到着〜

 15時8分、民宿いさりびに到着〜♪。
 昨日泊まった民宿みかんの家の女将さんから「足摺半島1周したら40kmはあるよ〜。いさりびさんまでいけるで〜?」と言われ、
 この民宿いさりびを予約するとき、大将から「みかんの家からだと、遅うなるなあ。17時に間に合うよう頑張って早よ来てよ」
 と脅されていたが、GPSの記録だと34km。思ったより早く着いてしまった。

 ここは以前はチェックインが16時だったはずだが、玄関内に貼ってあるパネルにはチェックイン15時と手書きで修正されている。
 げげっ、ビールはもちろんジュースも持ち込み禁止らしい。
 さっき、この民宿の駐車場にある自販機でミネラルウォーターを買ってしまった。どうしよう・・・・・。リュックの両サイドに2本刺してある。
 (まあ、この民宿の駐車場で買ったんだから文句を言われる筋合いはないのだが・・・・・・)
 しかし、なにも言われず無事部屋に通してもらてホッとする。リュックを降ろし、風呂が沸くまでしばし待つ。
 窓からは大海原が一望できる。

【民宿いさりび】                                 【部屋は7.5畳】


 12月なのに、空気入替のためか、どの部屋の窓も入り口も、廊下の窓まで開けてあり、風が吹き抜け寒い!
 自分の部屋だけ窓を閉めエアコンの暖房を入れる。
 トイレを見に行ったが、この民宿もウォシュレットは無かった・・・・。残念!
 16時、風呂が沸いたので別棟の風呂に入って下さいとのこと。待ってました〜 ♪早速入らせて頂きまーす!

【窓からはオーシャンビュー】                        【風呂は別棟】


 風呂は岩風呂風。一度に3名は入れそうな大きさ。時間も早いので貸し切り状態。
 汗を洗い流し、足のマッサージをして一日の疲れを取る。極楽じゃ〜♪
 その後、汚れ物一式を洗濯、乾燥する。

 17時過ぎに、年配の団体さんが到着する。静かだった宿が急に騒がしくなる。
 17時45分、女将さんから食事が出来たと呼ばれたので、団体さんより一足先に食堂で夕食をいただく。
 鯖の刺身、ブリ刺身、鍋(鱈?、イトヨリのすり身団子、ホタテ、しめじ、白菜等)、太刀魚の天ぷら。かつお?の煮付け。
 飯はお櫃からつぎ放題。写真で見るより、かなりボリュームがある。
 特に鯖の刺身をあれだけ食ったのも初めてである。
 今日はビール大瓶1本で腹一杯。満腹である。食事が終わった頃に、あとから来た団体さんの入浴が終わり、宴会が始まる。

【お風呂】                                    【夕食】


 部屋でいると、1階の食堂での騒ぎが聞こえる。21時頃、団体さんの食事も終わりやっと静かになったと思ったら、
 両隣の部屋へ戻ってきて、今度は部屋で話し始めるので、うるさくて眠れやしない。
 22時になると、急に静かになったので、こちらも入眠。おやすみなさ〜い。

 本日の歩行距離 34.0km、歩行時間 8時間44分!

今日の散財(2日目)
飲料水 ¥130 自販機、いろはす
飲料水 ¥160 自販機、アクエリアス
飲料水 ¥150 自販機、いろはす桃
飲料水 ¥130 自販機、いろはす
宿泊代・ビール代 ¥7,600 民宿いさりび一泊2食、瓶ビール大瓶1本
洗濯・乾燥代 ¥200 民宿いさりびにて洗濯
合   計 ¥8,370    

←前日へ戻る】   【翌日へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】