【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-21
探  検  名:第39番
歩  行  日:2017年1月11日
歩 行 距 離:41.0km
歩     数:72,578歩
歩 行 時 間:9時間55分
累積  標高:886m

時間データ 時刻 時間 備考
民宿いさりび発 6:48 0:00 歩行
時間
ローソン土佐清水下ノ加江店 7:26 0:38
真念庵 8:48 2:00
真念石 10:58 4:10
地蔵峠 11:47 4:59
江ノ村大師堂 12:22 5:34
西ノ谷休憩所 12:35 5:47
土佐くろしお鉄道:平田駅横 14:14 7:26
39番札所延光寺 14:47 7:59
打ち止め地点:ローソン宿毛バイパス店交差点 16:26 9:38
宿毛駅着 16:34 9:46
宿毛駅発(土佐くろしお鉄道各駅停車) 16:59     汽車
中村駅着 17:30
中村駅発(JR特急あしずり10号) 17:45
土佐入野駅着 17:53



【20万分の1で作成。クリックで等倍へ拡大】

より詳細なルートを知りたい方は
【やましん探険隊へんろ道ウォーキング一覧】
グーグルマップを拡大・最大化し、ご確認下さい。
(2016年1月から歩き始めた全ルートを見れます。)


(クリックで拡大します)

1.民宿 いさりび〜

 4時50分、目が覚める。朝食は6時半からなので、まだ1時間40分もあるが、熟睡していたため2度寝出来そうにない。
 部屋の暖房を入れ、静かに部屋の片付け、出発準備を始める。
 5時半頃、隣の部屋の人が部屋から出ていく音がする。しまった。こちらの物音で起こしてしまったようである。
 6時になり、1階のトイレに下りていくと、食堂横の大広間でおばあさん達が話しまくっている。
 さすが年寄りは朝が早い。恐縮して損をしてしまった。

 6時半丁度に食堂へ下りていくと、既におばあさん達は食卓でワイワイ騒ぎながら食事を始めている。
 同じ団体さんの男性陣はまだ寝ているようで、大将が食事を知らせに行く。(やっぱり女性は強し!)

 朝飯は焼き魚(塩鯖)、生卵、サラダに添え物がいくつかある。
 横にお接待として、昼食のおにぎり2個、ゆで卵、みかん、飴2個が入った袋が置かれている。(ありがたや〜♪)
 
 6時48分、民宿いさりびを出発する。玄関で女将さんが見送ってくれ、「海からの日の出が見れますよ〜」と励ましてくれる。
 お世話になりました!

【朝食】                                      【民宿いさりびから日の出前の海原を望む】


 さて、今日は一昨日通った国道を北上し、市野瀬にある真念庵から三原村を抜け、土佐くろしお鉄道の「平田駅」で打ち止めとし、
 汽車でパジェロの待つ土佐入野まで帰る予定である。

 それにしても、なかなか朝日が出てこない。あ〜あ、とうとう国道から海が見えなくなってしまった。
 下ノ加江川に架かる橋の上で、ようやく朝日を見ることが出来た。(海からの日の出でないのが残念!)

 さて、橋を渡ると、一昨日、大変お世話になったローソン土佐清水下ノ加江店到着!
 この後、今日の目的地の平田駅まで、コンビニは1軒もない。ここでウォシュレットを借り、今日1日の戦いに備える。

【下ノ加江川の橋より】                             【ローソン土佐清水下ノ加江店:今回2度目の入店】


 ローソンを後にし、国道を北上する。8時39分、一昨日、素通りした真念庵へのへんろ道に突入する。(これで国道ともおさらば)
 たまに登りのある山道を10分ほど進む。

【真念庵入口】                                 【真念庵へのへんろ道】


 8時48分、真念庵到着!。
 ここは江戸時代前期、真念法師が岩本寺から金剛福寺、打ち戻って延命寺へ行く中間点に善根宿として立てたものとのこと。
 真念法師は四国八十八箇所を20回以上巡拝し、四国遍路のガイドブックとも言える「四国遍路道指南」を出版した高野聖である。

 参拝を終え、先を下ると県道346号線に出る。

【真念庵】                                     【県道へ下った所】


 この県道を100mほど北上すると、県道346号線は三差路を左折し、三原村方面へ進む。
 この角には、道標などがいくつも立っている。

 この道を進むこと45分。9時40分に三原村に入る。
 スマホを見ると、案の定、圏外!帰って来てからauのホームページでエリアを確認すると、
 真念庵の辺りから、三原村東部分はまったくカバーされてない。というか、三原村だと役場などがある中心エリア以外はアウト!

 ちなみにdocomoのエリアを調べてみると、さすがNTT系。集落のある辺りはきっちりカバーできている。
 おそらく、三原村民はほとんどがdocomo信者でしょうな!

【三原村へ左折:道標多し】                          【三原村突入!、KDDI圏外、スマホ使用不可】


 三原村の標識から10分ほど歩くと道の脇に、旧遍路道の案内板がある。この案内板の指し示す山肌に「伊平さんの墓」がある。
 その前に「道跡 遍路道 1.4km 成山〜狼内」の標識を見つける。この道はやましん隊長持参の歩きへんろ地図には載ってない。
 県道をこのまま進むと、成山峠を越えて狼内に入る。行き先は同じか・・・・。1.4km程度なら行って見ましょうか!
 (※歩きへんろ地図第11版には、この旧へんろ道が追加されている。やっぱり情報は新しくないとあきまへん!)

 最初、伊平さんの墓の横を登り、山道を探したが、金網に封鎖されていて、それらしい道はない。あれ?ここじゃないのか?
 県道から斜めに上がる舗装道をすこし上がった所で、軽自動車を止めて作業をしている人を見つけたので
 旧へんろ道のことを聞いてみると、この舗装道が旧遍路道のこと。
 「この道登って、その屋敷の手前で右に曲がるんよ〜」と教えてくれた。

 後でデジカメの写真を見ると、下の方に「へんろ道←→」の表示がちゃんとあった。これを見落としてましたな!。
 もし金網が無く、地元の人が使う山道があったら、おそらく山へ突入してますな〜!。(それもルートがわからない状況で)
 危ない所であった。ご夫婦に感謝!

【旧へんろ道への案内板】                           【この左上に行く舗装道路が旧へんろ道の入口】


 教えてもらった道を進むと、すぐに舗装はなくなり、山道になってしまった。
 この山道は旧成山峠まで標高差約100mの登り道。思ったより距離がある。
 地図に載ってない道はやっぱり不安だが、途中、へんろ道の表示があったので安心する。

【道は山道へと変わる】                            【旧へんろ道にあったへんろ道の表示:これを見てほっとする。】


 GPSを見ると、県道と平行し、それほど離れていない山肌を進んでいる。途中見晴らしが良い所があるが、見えるのは山ばっかり。
 旧へんろ道入口から15分ほどで旧成山峠に到着する。(峠の標識などはない。少し道が広くなっている。)

【旧へんろ道途中からの見晴らし】                     【おそらく成山峠】


 峠から7分ほど下ると舗装道路に出る。これで一安心。やっぱり地図にない道は恐いなあ。
 舗装道路といっても、ここは県道ではない。川を挟んだ南側の農道を進む。

【旧へんろ道出口】                               【県道と対岸の農道を進む】


 かなり歩いてきたので、そろそろ対岸の県道に渡ろうと思うのだが、なかなか道が見つからない。
 川を渡ろうにも、橋が無い。工事中で全面通行止めの箇所もある。

 おや?この道は県道まで続いてるんじゃない??。この道で県道に出ますか!

【橋は工事中】                                  【県道まで一本道に見える】


 喜んで進んでいたが・・・・・・ゲロゲロゲロ・・・・道はあるんですが、橋がありまへん・・・・・
 仕方がないので、川沿いの土手を進む。先に見えるには橋だよなあ!(やましん隊長、道に迷ってます・・・)

【この道、橋無いやん】                             【土手の先に橋が見える・・・】


 やっと橋を渡り、県道に戻った所が真念石。
 真念著の「四国遍路道指南」には「しるし石、いにしえは左へゆきし、今は右へゆく」とある。(地図に記載)

 最初のプランだと、この道標を確認した後、三原村中心部を通り平田駅に抜ける最短コースの予定だったが・・・・、
 実際、しるし石を見てしまうと・・・・・右に・・・・真念遍路道に・・・・・・行って見たくなる。
 真念遍路道はいわゆる峠越え。平田駅より7kmほど東へ下るので、コースが直角的になり、その分距離が長くなる。
 しかし・・・・真念のしるし石・・・見ちゃったからなあ・・・・・・・・・・・・・やっぱり行っちゃえ!(隊長、予想通りの行動)

 地図を見ると、真念石の標高は150m、真念遍路道の最高地点「地蔵峠」は240m!。その差90mしかない!
 これなら楽勝でしょう!(・・・・・・たしかに峠越えは楽勝だったんですが・・・・下りた後がしんどいとは、この時にはつゆ知らず)

【真念石】                                    【真念遍路道を進む】


 真念遍路道、地蔵峠までは舗装された林道。登り勾配もそれほど感じない。
 途中、木が伐採された山の横を通る。最近は、一発に丸刈りにするんですな。(皆伐(かいばつ)というらしい)

【真念遍路道:登り】                              【皆伐された山】


 真念石から歩くこと49分で地蔵峠到着。本当に楽勝であった。ただ舗装道路をゆるゆる登って来ただけ。
 地蔵峠は三原村中心部からの宗呂中村線も通っているので、合流地点は舗装道路の三差路になっている。
 真念遍路道は・・・・・舗装道路のない北方向に山道を下る。降り口に遍路案内表示と石仏が入った祠がある。

【地蔵峠】                                     【真念遍路道:下り入口】


 この真念遍路道下りの山道は、平成15年11月に復元されたと地図に記載がある。
 なだらかで、非常に歩きやすい。山道というよりは、遊歩道のようである。大きな石とか、大きな木の根っこなどもほとんど無い。
 しかし、緩い勾配やな〜。歩けど歩けど、なかなか標高が下がらない。

【真念遍路道:下り、その1】                         【真念遍路道:下り、その2】


 後半、若干下りがきつくなったかな〜っと思ったら、地蔵峠より37分で江ノ村大師堂に到着。
 その後4分ほど山道を下ると民家のある舗装された生活道に出る。

 ひょぉぉぉぉ〜〜〜!、向かい風がきつい!結構寒い!さらに北に進むと、中村宿毛道路の高架が見える。

【江ノ村大師堂】                                【中村宿毛道路の高架が見えた】


 12時35分、高架手前に西ノ谷休憩所があるので、ここで昼食休憩を取る。
 リュックから、今朝、民宿いさりびで頂いたおにぎり2個を取り出し、食べる。よく塩がきいている。
 しかし、西風が寒いなぁ!。あまりのんびりすると、体が冷えて風邪を引きそうなので、早々に平らげ出発する。

【西ノ谷休憩所】                                【民宿いさりびのおにぎり】


 このあと、まだ平田駅まで7kmある。強い西風が正面から吹いてくるので、歩くのがしんどいぞう!(なかなか進まない!)
 へんろ道は、中村宿毛道路の側道で、高架の右に左にと位置を変え続いている。

 この中村宿毛線、高速道路と思っていたら、一般国道自動車専用道路(無料)とのこと。
 高速道路はなかなか出来ないので、作りやすい一般国道として自動車専用道路を作っちゃえってことですな。

 延々と向かい風の中、側道を歩くのにだんだん飽きてくる。
 途中、四万十市・宿毛市管理境界の看板横を通る。
 この線からこっちは四万十市、あっちは宿毛市で管理してねって、やっぱりお役所仕事やなぁと思う。

【へんろ道(中村宿毛線の側道)】                      【管理境界線】


 やっと側道から離れ、田んぼの中を進み、もう一度高架の下をくぐると中筋川に架かる貧相な橋を渡る。
 正面に見えるのは、筒井病院と老人ホーム(ケアハウス)ですか。
 ここまで来ると土佐くろしお鉄道「平田駅」はもうすぐ!。

 だが、ここで打ち止めにしていいの??、と急に迷い始める。時刻はまだ14時!日没まで3時間ある。
 前泊含めて4日間も家を空けてきて、民宿に2泊もして、ここで帰るのはもったいないという気持ちになる。
 あっ!平田駅が見えた、どうしよう、どうしよう・・・・・・・・えーいっ、行っちまえ!(隊長、予想通りの行動、その2)

【中筋川を渡る】                                【平田駅】


 行くと決めたからには仕方がない!。地図を見ると平田駅から延光寺まで約2.5km、そこから宿毛駅までは7.5km。
 計10km・・・、2時間半かかるな。今は14時15分。16時45分宿毛駅着で土佐入野駅までを路線検索すると・・・・・
 16時59分宿毛駅発の汽車に乗れば、17時53分に土佐入野駅に着く!いいんじゃない〜♪これで行きましょ!
 それほど時間に余裕はない。国道56号線に戻り、延光寺を目指して歩く!。

 ふと先に目をやると、歩道に何か茶色い物体が・・・・・げげっ、狸の死体!
 勘弁してよ〜。昨日イノシシ見たばっかりやのに・・・・・げげげっ、もう一匹、狸の死体!
 10mほどしか離れていないので、夫婦だったのだろうか。車に轢かれた模様。でもなんで2匹とも歩道の真ん中で死んでるの?

 気を取り直して進むと、平田駅から30分ほどで延光寺への旧へんろ道入口に到着。
 もう少し先の車道を往復した方が早いと、他の人のHPに書いてあったが、据え膳食わねば男の恥!。ここも旧へんろ道を進む。

【国道を進む】                                 【延光寺への旧へんろ道入口】


 この旧へんろ道、地図上は点線になっているが舗装されており、歩きやすい。おっと、先に見えるは延光寺か?
 手前に次の観自在寺への旧へんろ道入口があるのも確認!

【延光寺近くの旧へんろ道】                          【延光寺手前】


2.39番札所 延光寺 〜

 14時47分、第39番札所、延光寺到着〜♪。仁王門をくぐると、境内には人っ子一人いない。静かすぎて気持ちが悪い。
 とりあえず本堂から参拝する。

【延光寺、仁王門】                               【本堂】


 さらに奥に進むと大師堂があるので拝む。振り返ると鐘楼があるが、もちろん鐘を突くつもりはない。(戻り鐘になるし)
 そういえば、遍路ウォーキングを始めて、徳島、高知をずっと歩いてきたが、今まで一度も鐘を突いていない。
 まあ、納経も頂いてないので鐘を突きづらいというのもあるのだが・・・・・・・

【大師堂】                                    【鐘楼】


 仁王門を出ると、先ほど確認した「歩き遍路みち」があるので、当然ここを入る。
 やっぱりというか、すぐに山道となる。途中、逆向きの延光寺への案内板しかぶら下がってないので、不安になる。

【40番観自在時方面への旧歩き遍路道】                  【次の観自在寺への案内板はないの?】


 最初は緩い登りだったが、5分も歩けば道は下りになる。結局、延命寺から10分で舗装道路に出る。

【後半は下り】                                  【舗装道へ出る】


 ここから南へと進めば国道に突き当たる。あとは宿毛駅を目指して西に進むのみ!
 途中、聖ヶ丘病院を過ぎた先に旧へんろ道がある。面倒くさいが、とりあえず細い道に入る。
 坂を登っていくと墓地と住宅地がある高台を通る。特にめぼしいものはないな。

 国道に戻りると、すぐ先にバイパスと旧道の分岐がある。地図上は歩きの場合、右に進み市街地を抜けていくようになっているが、
 ここの電柱に貼ってある新しい案内表示は左のバイパスを進めとなっている。
 そんな新しい道を行っても仕方がないので、地図通り右手に進むことにする。

【国道へ復帰】                                  【右が宿毛市街への歩き遍路のはずだが・・・・・???】


 すぐに松田川に架かる宿毛大橋を渡る。橋の真ん中で松田川上流を眺める。のどかだねぇ〜。
 この橋を越えると、やっと市街地らしい場所になる。

【宿毛大橋】                                   【松田川上流方面】


 地図に従い、橋を渡った所で右折し、文教センターを左に曲がる。ここは昔のメインストリートだったのだろうか。
 潰れたパチンコ屋が倉庫に変身している。
 おっと、宇和島バス宿毛営業所発見!。おそらく、次回宿毛から先を歩くときには宇和島バスにお世話になるはずである。
、(宿毛〜宇和島間は鉄道が無いもんね〜)

【つぶれたパチンコ屋(現在倉庫)】                      【宇和島バス宿毛営業所】


 焼き鳥のいい匂いがする〜。のれんが出ているのでもう営業している。
 今日この近くで泊まるんだったら一杯ひっかけて行くんだが、このあと車を運転して徳島まで帰るのでここは我慢!
 おっとその先にあるのは焼肉屋だが、ほかではあり得ないような風情のある建物である。

【焼き鳥屋】                                   【焼肉屋「一條苑」(営業しているかどうかは不明)】


 きょろきょろしながら進むと、またまたいい感じの建物が・・・。キッコーマルキ醤油!。
 ネットで調べると、甘い醤油で有名な醤油蔵元らしい。

 もう宿毛の町中をぶらぶらすることも当分無いと思うので、この町並みを堪能しながら進む。

 20年ほど前、市役所から南に進んだ突き当たりに「鷹の羽旅館」という、綺麗な中庭のある宿があり、家族で泊まったことがある。
 もう数年前に廃業したとネットで知り、跡地だけでも見たかったのだが、今回は確認できなかった。
 帰って来て、ネットいろいろ調べると、歩き遍路の通りより、2本南の通りであったことが判明。
 ストリートビューで見ると、なんとそこにはアーケード街もある。(ほとんどシャッターが下りているが・・・・・・)
 時間があれば寄ってみたかった・・・・・・。残念!

【キッコーマルキ醤油】                             【宿毛の町並み(旧市街)】


 宿毛警察署の前まで来ると、斜めに入る旧道があるので入る。これが本日最後の旧へんろ道となる。
 細い道を抜けると、バイパス道と桜通の交差点に出る。
 へんろ道はここから北に見える山の裾を通り、愛媛県境の松尾峠を目指すが、今回の遍路ウォーキングはここでおしまい!。
 このローソンのある交差点を打ち止め地点とする。

【本日最後の旧道への分岐】                         【打ち止め地点:ローソン宿毛バイパス店交差点】


 打ち止め地点より6分ほど歩き、16時34分に宿毛駅到着!。駅周辺の飲食店、コンビニ、駐車場等を確認する。

 16時59分、土佐くろしお鉄道の各駅停車で中村駅まで移動。15分の待ち合わせでJR特急あしずり10号に乗換え
 17時53分、土佐久礼駅で下車する。その頃にはもう日も沈み、空に月が輝いている。

【宿毛駅】                                     【土佐くろしお鉄道:車両】


 駅から8分ほど歩いて、入野海岸のパジェロに到着する。LEDライトでタイヤや車体に異常がないか確認する。
 (3日間ほったらかしやったからな〜。車が無事でよかったよかった♪)

 さて、それでは徳島まで帰りますか!。来たときと同じく費用節約のため、有料高速道路は土佐ICから南国ICまで使用。
 あとはひたすら一般道を走り、23時過ぎに自宅到着!疲れた〜〜!眠いぞ〜〜!

 本日の歩行距離 41.0km、歩行時間 9時間55分!
 4日間も家を空け、民宿2泊もしたんだから、最終日ぐらい頑張らねば!
 
今日の散財(3日目)
麦茶 ¥151 麦茶1本、(LAWSON土佐清水下ノ加江店)
汽車代 ¥1,180 宿毛駅→土佐久礼駅(中村から特急)
飲料水 ¥150 いろはす桃(土佐入野駅自販機)
高速代 ¥880 土佐IC→南国IC
ガソリン代 ¥6,554 パジェロ、485km走行
合   計 ¥8,915    

 前泊含め、今回4日間の出費合計、¥28,402.也〜!
 前回より一泊多いので¥30,000.超えを覚悟していたが、
 前泊のあて、昼食、夜のビールを控えめにしたおかげか????

←前日へ戻る】   【次回へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】