【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-22
探  検  名:第40番
歩  行  日:2017年1月31日
歩 行 距 離:32.2km
歩     数:54,346歩
歩 行 時 間:8時間55分
累積  標高:864m

時間データ 時刻 時間 備考
宿毛駅発 6:12 0:00 歩行
時間
前回区切り打ち地点 6:21 0:09
大深浦、松尾峠登山口 7:32 1:20
松尾峠 8:09 1:57
小山、松尾峠下山口 8:36 2:24
松尾大師 9:14 3:02
一本松LAWSON愛南町一本松店 9:24 3:12
ホタルがいる四国の道看板 10:56 4:44
40番札所観自在寺 11:46 5:34
ジョイフル愛媛御荘店 12:06 5:50
かめや旅館着 15:00 8:48


【20万分の1で作成。クリックで等倍へ拡大】

より詳細なルートを知りたい方は
【やましん探険隊へんろ道ウォーキング一覧】
グーグルマップを拡大・最大化し、ご確認下さい。
(2016年1月から歩き始めた全ルートを見れます。)


(クリックで拡大します)

1.宿毛駅から〜〜〜

 数日前から週間天気予報とにらめっこ。う〜ん、この前までは大寒波で北日本は大雪!
 西日本でも何日かおきに気圧の谷がやってきて、寒くなったり暖かくなったり。
 やっと、雨マークのない日が続きそうなので、1月末にへんろウォーキングに行きますか!

 今回は、前回区切り打ち止めした宿毛駅近くの交差点からの再開となるので
 土佐くろしお鉄道「宿毛駅」の駐車場をベースキャンプとする。
 (土佐くろしお鉄道に電話で問い合わせ、「特に管理をしていないので使って下さい」との使用許可済み〜♪)
 3日前に宿毛駅から30km程先、柏地区の「かめや旅館」に宿泊予約を入れる。

 1月30日、洗濯2回をとっとと済ませ、生協の受けとりも終えたので、10時55分自宅出発〜♪
 おそらく、このへんろウォーキングで最長の車移動距離となる宿毛へ向けて、ひたすら走る!

 途中、急にコムテックのGPSレーダー探知機がブラックアウト!。いろいろやっても復帰しない。(いきなり壊れましたな・・・。)
 仕方がないなあ。固定型のオービスだけでも検知したいのと、Y!カーナビの実力を知りたいため
 今回はスマホでナビ、オービス警報を起動させて進む。もちろん料金節約のため、ほとんど一般道を走る。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・しかし長かった、運転すること5時間半!走行距離270km。16時30分宿毛駅到着〜♪

 おやっ??。なぜか宿毛駅の駐車場のほとんどが駐車禁止!(がびょ〜ん!)
 いったい何が起こっているんだ!。前回終了時には多くの車が駐車していたのに・・・・。ぶら下がっている説明文を読むと、
 「第1駐車場の白線がほとんど消えているため、ライン引き工事を行います。この間は第2駐車場をご使用下さい。」とのこと。
 第2駐車場とは、少し離れた宿毛駅臨時駐車場の看板が立っている、未舗装の空き地。
 (・・・・もしかして、これって2週間ほど前に、やましん隊長が土佐くろしお鉄道の総務課に駐車場の使用許可を確認したことで、
  鉄道会社として、駐車場もきちんとしなくてはと、急遽ライン引き工事を入れたのかも???)
 それにしても、タイミング悪いなあ〜。まあ、第2駐車場もまだ空きがあるので、こちらで車中泊しますか!

【スマホでナビとオービス警報】                        【宿毛駅第1駐車場:ほとんど使用不可!!】


 第2駐車場でパジェロ後部にサンシェードを付け、車中泊準備完了!。それでは今晩の酒とあてを買いに行きますか!
 たしか、近くにフジがあったはず。(フジは株式会社フジの開業当時の店舗形態。今は大型のフジグランなども出店している。)
 さすがに売り場も広く、中にイートインコーナーもある。おおっ!「黒潮育ちの日の出ブリの刺身」が398円!
 あと、肉も欲しいな。「大人気!豚しょうが焼弁当」も498円。あとは乾き物とビール3本を購入。
 明日の朝食もついでに仕入れておく。

 駐車場(ただの空き地)に戻るが、まだ外は明るいので、ポケモンGoを立ち上げると、なんとこの空き地がポケストップ!
 パジェロをベストポジションまで移動させ、しばしボール集めにいそしむ。おっと〜!ミニリュウ、ゲット!!
 さて、外も暗くなってきたし、そろそろ一人宴会と行きますか!

【フジでお買い物〜♪】                            【一人宴会開始】


 食って飲んで、ポケモンして・・・・・暇じゃなあ。ちょっと早いが、20時に寝袋に入り就寝!(おやすみなさ〜い)

 22時過ぎに副隊長からのメール着信音で起こされる。
 その後、目が冴えてしまい、なんだか寝たような〜、寝てないような〜感じで朝まで過ごす。
 まいったな、こりゃぁ。完全な睡眠不足ですな!。といってもへんろウォーキングはやめられない。
 いつまでも寝袋の中でグダグダしていても始まらないので、5時00分起床!。

 さて、まずは朝食といきますか!。ランチパックのツナマヨネーズと、愛媛といったら「ポンジュース!」
 厳密には、宿毛は高知県だが、今から2時間も歩けば愛媛県。ポンジュースも大量に売られている。
 その後、着替え、片付けをし、不審車両と間違われないよう、サンシェードを外す。

 宿毛駅でトイレも済ませ、6時12分!宿毛駅を出発する。
 真っ暗の中、LEDライトを照らし進むと、前回の区切り打ち止め地点「ローソン宿毛バイパス店のある交差点」に到着!
 しかし、今日は晴れているせいか寒い!手が冷たい!
 ローソンでスマホ対応手袋を購入する。手袋ひとつで、体感温度がだいぶん暖かく感じる。

【朝食と言えばポンジュース】                         【区切り打ち再開交差点】


 交差点からは、ひたすら案内表示に従い、北の山方向に進む。住宅街から山道に入り、緩い登りを進む。
 暗い山道だが、途中、多くの案内表示があるので、不安感はない。道もそれほど悪くはない。普通の林道や山道である。

【日の出前の宿毛市街】                            【峠への山道途中の道標】


 標高で言えば50m程登ったかな〜と思ったら、また下り、集落に出る。ここはおそらく錦集落。
 他の人のホームページでも、ほとんどこの写真が載っている民家発見!この角の案内板に従い、また山へ入る。

【有名な案内場所:錦集落】                          【イノシシ除けネットが続く山道】


 池の横を通り、また次の集落(小深浦)を通過、また山道を進んで次の集落(大深浦)に出る。
 この大深浦集落を上がっていくと、やっと松尾峠への登山口に到着する。

 ここに来るまで、くねくね山道を上がって下って、宿毛駅から1時間20分もかかっている。
 宿毛駅から、平地を通り、直接大深浦までくれば40分で来られる距離なのだが、こちらが旧へんろ道なのだから仕方がない。

 気を取り直して、松尾峠を越えますか!。途中、みかん畑がいっぱいあるが、盗ったらあかんの看板が目に付く。
 高知の旧へんろ道でも、文旦や山菜畑で同様の看板を多数見かけた。
 弘法大師と同行二人の歩き遍路の人でも、盗人(ぬすっと)はおるんじゃなぁ!。
 (やましん隊長、野グソ、立ちションはするが、盗みは絶対やりまへん!)・・・・・(生理現象はご勘弁を・・・)

【大深浦の松尾峠登山口】                          【ポンカン?畑】


 この大深浦の登山口からは一気に300m程登る。ただ、道が整備されているので、それほどしんどい登りでは無い。
 しかし、この道は峠越のはず。なぜ、宿毛消防署の看板には「山頂まで・・・・」と書いてあるのか、不思議だ。

 ゆっくりだらだらと、登山口から37分登ると、「茶屋跡」があり、ベンチが並んでいる。

【登山道】                                     【茶屋跡】


 と思ったら、すぐ隣に便所と大師堂跡、そして松尾峠の看板発見!
 まぁ標高差300mなので、期待したほどしんどい登りではなかった。(ちょっと残念)

【大師堂跡】                                   【松尾峠看板】


 この峠を境に、互いに数m離れた所に土佐国と伊予国の石柱が2本立っている。
 各藩、別々に立てなくても、共同で「これより西伊予国、東土佐国」」の一本で済ませばいいと思うのだが・・・・。
 こんな所まで石柱運んで立てるだけでも大変だろうに。それに、2本の石柱の間の数mはどうすんの?共有地?

【これより東、土佐国の石柱】                        【これより西伊予国宇和島藩支配地の石柱】


 さぁ!これで高知県ともおさらばじゃ!。愛媛県さん、来ましたで〜♪

 松尾峠から愛媛県側の下りも、道は綺麗に整備されている。途中、開けた場所があったので、記念の1枚。

【愛媛県側:見晴らしのいい場所】


 下りが急な部分にはきちんと階段が整備されている。これを下った所が、いわゆる反対の登山口。
 松尾峠から27分で下山完了!楽勝じゃな!

 ・・・・・・・やましん隊長、もう終わった気になっているが、実はこの場所はまだ標高100m地点。時刻はまだ8時36分。
 それに、宿毛駅からたった8kmしか歩いて来てない事に気づいていない・・・・・

【最後の急な階段】                               【下山完了】


 このあとは林道、生活道、農道などを歩く。歩けど歩けど、田んぼと山ばっかり・・・。同じような景色にだんだん飽きてくる。
 鳥居横にきれいなトイレがある。せっかくなので、使わせてもらう。(おそらく、昔この辺りでへんろの野グソが多かったと推測する)

【農道?ですな】                                 【こんな田舎に立派なトイレ:へんろ専用?】


 地図と案内標識を見ながらダラダラ歩くと、左手に何かあるなあと思ったら、ここは参拝ポイントの「松尾大師」。
 すみません。ぱっと見、便所にしか見えませんでした。(とりあえず詫びながら拝む)

 この先、一本松の町に入っていく。

【松尾大師】                                   【一本松の町筋】


 国道56号線との交差点でLAWSON発見!。トイレを借り、一応保険のため、おにぎりとお茶を購入する。
 (時刻はまだ朝の9時24分。おそらく観自在寺のある愛南町御荘に食堂があるとは思うが・・・・
 「へんろは食えるときに食っとけ」の教えを守る!)
 買ってしまうと荷物になるので、歩きながらおにぎりを平らげる。(お腹も心もケツも余裕のやましん隊長。)

 一本松からは御荘の観自在寺までには、旧へんろ道が多く残る「上大道(うわおおどう)」と国道56号線蓮乗寺トンネル経由がある。
 後者があきらかに歩きやすく短いのだが、ここはやっぱり、旧へんろ道の上大道に進む

 国道と交差する旧道を進む。やはり来たな!、より細い道への誘い。いいでしょう!行きましょう!

【LAWSON愛南町一本松店】                         【細い道へ右折】


 最初の内は民家もあったが、先に進むにつれ、だんだん怪しい道になっていく。
 案内板には「癒しの里道、へんろ道」と書かれてある。土佐清水市の「あしずり遍路道」を思い出してしまう。

【道が生活道からだんだん怪しくなる】                    【癒しの里道への誘い】


 このあと、2箇所ほど、癒しの里道の看板通りに進む。一応遍路道として、きちんと整備されている。
 苔むした古い橋がいい感じではある。
 おや?「旧赤坂街道(昔の遍路道)、地道ですが歩けます。」の看板も出てきた。結局は癒しの里道と同じ道なのだが。

【癒しの里道の古い橋】                            【地道ですが歩けます・・・・って】


 しかし、今歩いているこの道は、歩きへんろ地図の道と、明らかに違う!
 このあと、数カ所、旧赤坂街道、癒しの里道に引きずり込まれる。もう自分が地図上のどこにいるのか判らない!!
 この案内板に連行されていくしかない!。どこにでも連れて行ってくれ!
 おう!竹藪結構、廃屋に挟まれた道、大歓迎である!

【竹藪の道】                                   【廃屋ですか】


 ここを抜けると、やっと広い舗装道路にでてホッとする。・・・が、しばらく進むと、また細い道への案内がある。
 細い分岐を右に左に進み、山茶花倶楽部「いっぷく堂」に到着する。が、人の気配が無い・・・・

【ここも左への案内板が・・・】                          【いっぷく堂】


 この辺り、廻りを山と樹木に囲まれ、静かだなぁ〜〜。

【いっぷく堂付近】


 先に進むと、また舗装道路から外れ、へんろ道に引き込まれる。
 参りました!旧へんろ道、たっぷり堪能させて頂きました。もう結構!

 自分の位置がはっきり判って、先が読めればもっと気楽に歩けるのかもしれないが、
 やましん隊長の持っているGPSは登山専用。10m単位の等高線は載っていても、道路は県道レベル以下は表示されない。
 スマホも電波は途切れがち、googlemapには旧へんろ山道までは載ってないし、電池の減りも早いので連続使用は難しい。

 いい加減、嫌になってなった頃、やっと民家が・・集落が見えた。へろへろへろ〜〜。

【もう、旧へんろ道、お腹いっぱいです】                   【やっと人家が、集落に出た!】


 ここは、一本松から西へ7kmほどの僧都川沿いの豊田集落。ここまで1時間半、旧へんろ道を彷徨っていたことになる。

 まぁ、ここまで来ればもう安心!。この集落、やはり昭和の雰囲気が漂っている。
 おっと、お約束の廃屋発見。山中での廃屋は気味悪いが、町中の廃屋はワクワクしますな♪

【愛南町豊田集落】                              【廃屋?】


 へんろ道は僧都川の左岸堤防上の自転車道??になる。
 看板には「ホタルがいる四国のみち、毎年5月中旬、この付近に蛍が乱舞します」とある。
 ・・・・そうですか、5月ですか。でも今はまだ1月!。なぜ真冬にホタル道を歩かなければならないのか。
 (まあ、へんろ道なので仕方がないのだが・・・)

 両側斜面の草は綺麗に刈り込まれ、歩いていて気持ちいいのだが、たまにオートバイがぶっ飛ばしてくる。

【ホタルがいる四国のみち】                          【オートバイ注意】


 ホタル道、いいんですけど・・・・・歩いても歩いても、ほとんど景色が変わらないので、進んだ気がしない!!!
 唯一の救いは、たまにある道標の観自在寺までの距離数が減っていくこと。あともう少し!

【同じような景色】                                【観自在寺まで1.4km!】


 やっと橋を渡れの案内発見!。その正面に観自在寺があるはず!

【へんろ道、橋を渡る】                             【正面にお寺!?】


 おおっー!。奥に寺が見えてはいるが、参道入口の建物が気に入ってしまった!これ何?、むかしの銀行?

【この建物、何?????、かっこいいねぇ〜!】


2.40番札所 観自在寺から 〜

 11時46分、やっと、第40番札所、観自在寺到着!。まず築200年の仁王門がお出迎え。
 さらに、奥に階段があり、石柱が両側に立っている。

【仁王門】                                     【境内:石柱】


 正面が本堂。本堂は火災に遭い、昭和39年に再建。コンクリート製である。とりあえず、拝む。
 右手に大師堂。こちらは木製のようだが、平成5年再建。
 この観自在寺は、1番霊山寺から一番遠い寺のため「四国の裏関所」の異名を持つらしい。

【本堂】                                      【大師堂】


 さて、本日の宿までまだ10kmある。頑張らねば!
 道の反対側に結構立派な屋敷が建っている。一部、段差があり、中の間取りはどうなっているのか?おもしろそうである。

 しばらく進むと国道と合流する。今までの道と違い、おもしろみはないが、道にも悩まず、トイレポイントもたくさんあるので安心じゃ。

【複雑な屋敷:おもしろそう】                          【国道56号線に合流】


 途中でジョイフル発見!。時刻は12時6分。5時過ぎに朝食、9時半におにぎり1個食べているが、やっぱり小腹が空いてきた。
 旅館の晩飯は18時からだろうし、ひもじい思いをしたくない。ここで昼飯食っちゃえ!
 ということで、暖かいものが食べたかったので、すき焼き定食(746円)を注文!

 待つことしばし。来ました、すき焼き!。やましん隊長、むさぼるように食う!。うん、うまい!。ごちそうさまでした。

【ジョイフル発見】                                【すき焼き定食〜♪】


 昼食を30分で終え、再び歩き始める。すると、急に車が止まり、「みかんあげる」とお接待。ありがとうございます!

 やたらちいさなパチンコ屋発見!。ちゃんと営業している。しかし、この規模で・・・駐車台数も少ない。
 このパチンコ屋が営業を継続する限り、この店では勝てる気がしない!。(東京とか大都会では別)
 (もともとパチンコはやらない主義。宝くじと同じで、胴元が儲からなければ継続できない=客は損をする、のがミエミエのため)

【ポンカン?みかん?】                            【小さなパチンコ屋】


 このあと、国道にしては、緩く登りが続く。最後、登り切ると、そこは室手海岸。
 久しぶりに大きな海原を見た気がする。(昨日、車で宿毛に来る途中、嫌と言うほど見ているのだが・・・・・。)

【国道、登りのカーブ】                             【室手海岸】


 ヒオウギ貝直売直送センターの前で、白い短冊状のものが干されている。
 この白いのがヒオウギ貝か?と思っていたが、帰ってネットで調べると、ヒオウギ貝とはホタテの少し小さい版。(貝がカラフル)
 あの白いものはいったい何だったんだろう?。海産物の干物と思うのだが・・・・・・誰か教えて。

【ヒオウギ貝直売直送センター】                       【店前には短冊状の白い物体が】


 カーブを曲がると、今日の宿泊地、柏の集落が見えてきた!。奥の山には風力発電が最低六基確認できる。
 明日は、あの山を越えるのだろうか?。

 へんろ案内シールに従い、国道から右折し、柏川の右岸を進む。

【柏集落】                                    【この川沿いがへんろ道】


 おや?少し進めば、橋のたもとに宿があるはずだが・・・見当たらない。
 もしかして、川が2本あったのかもと思い、途中の橋で左岸に渡る。
 ここでスマホを取り出してgooglemapで見ると、やましん隊長の勘違い!。さっきの川沿いのもう一つ上流の橋のたもとに宿がある。
 元に戻るのも馬鹿らしいので、今いる左岸の道から宿へ向かう。

 すぐにお食事処かめや発見!。かめや旅館と同じ屋号なので、同一経営者なのかもしれない。
 そのすぐ先にかめや旅館発見!今夜の宿である!(時刻は15時ジャスト!)
 この宿は川に沿ったおもしろい形をしている。奥はどんな間取りになっているのか見たい気もする。

【お食事処かめや】                              【かめや旅館:マウスを乗せると横からみえます】


 玄関を開け、大きな声で挨拶すると、遠くから「はーい」と女性の返事有り。奥の方から、パタパタとスリッパの音がする。
 女将さんから、「部屋はここね!。お風呂はここ!」と案内され、すぐに戻ろうとするので、晩飯の時間と、洗濯機について教えてもらう。
 やたら忙しそうな女将さんである。

 部屋に荷物を置いた後、15分ほど宿の周辺を散策する。通りは昭和の雰囲気だが、特に見所はないな。

 それでは入浴!。足の裏を念入りにマッサージする。(今日の客はやましん隊長の一人っきり。貸し切りである。)
 あとは洗濯するのみ!。なんと縦型洗濯乾燥機。汗くっさい服一式を洗濯機に放り込み、まず洗濯し、その後乾燥ボタンを押す。
 乾燥が終わるのが17時52分頃なので、晩飯前には終わるかな?・・・と思っていたが、
 17時50分、下から女将さんが「お客さーん、ご飯出来ているから食べてよ〜!」の声がする。
 えっ?、ちょっと早いんじゃ・・・・洗濯もあるし・・・・と思っていたが、再び「ご飯食べてよ〜」の催促!。
 仕方がないので、洗濯機はほっておいて、先に飯にしますか!

 女将さんは、やましん隊長が食事の部屋に入るのを確認すると、いきなり奥に帰ろうとするので、
 「ちょっと、ビール・・・・・ビール1本お願いします」と依頼する。
 なぜか忙しそうな女将さん。慌ててビールとコップを持ってきて、颯爽と奥に走っていってしまった。
 やっぱり忙しそうな女将さんである。

【部屋六畳+障子奥に一畳】                         【夕食】


 結局ビールが1本しか頼めなかったため、食事は30分ほどで終了。
 ほとんど乾いている洗濯物を部屋に干し、テレビを見るがおもしろい番組もない。

 今日はなんか疲れた〜。朝から峠越え、その後、癒しの里道・へんろ道攻撃、そして延々続くホタル道。
 特に午前中、道標、案内シールを頼りの進んでいたので、余計に疲れてしまった。

 明日も5時起床予定なので、かなり早いが19時半に消灯!。おやすみなさい〜♪

 本日の歩行距離 32.2km、歩行時間 8時間52分!

今日の散財(前泊、1日目)
前日昼食 ¥414 サンドイッチ、午後の紅茶、(セブンイレブン三好大歩危店)
前泊夜食・翌日朝食 ¥2,042 弁当、あて、ビール、ランチパック、ポンジュース、(フジ宿毛店)
高速代 ¥880 南国IC→土佐IC
手袋 ¥980 スマホ対応、(LAWSON宿毛バイパス店)
1日目昼食(間食) ¥308 おにぎり1個、お茶、(LAWSON愛南町一本松店)
1日目昼食 ¥746 すき焼き定食、(Joyfull(愛媛御荘店)
飲料水 ¥290 いろはす、アクエリアス(柏の自販機)
宿泊代 ¥7,000 かめや旅館1泊2食
ビール代 ¥600 かめや旅館夕食時のビール
合   計 ¥13,260     

←前回へ戻る】   【翌日へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】