【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-23
探  検  名:寺間歩き(愛媛)
歩  行  日:2017年2月1日
歩 行 距 離:30.6km
歩     数:57310歩
歩 行 時 間:8時間30分
累積  標高:811m

時間データ 時刻 時間 備考
かめや食堂出発 6:13 0:00 歩行
時間
柳水大師 7:11 0:58
清水大師 7:34 1:21
岩松のローソン 10:23 4:10
三好旅館 10:34 4:21
松尾トンネル入口 11:21 5:08
お食事とカフェ&スイーツPePe 11:52 5:39
馬目木大師 13:49 7:36
龍光院 14:17 8:04
宇和島駅北区切り打ち止め地点 14:33 8:20
宇和島駅着 14:41 8:28
宇和島駅発 15:15 0:00  バス
宿毛駅着 17:11 1:56

【4万分の1を76%縮小で作成。クリックで等倍へ拡大】

より詳細なルートを知りたい方は
【やましん探険隊へんろ道ウォーキング一覧】
グーグルマップを拡大・最大化し、ご確認下さい。
(昨年1月から歩き始めた全ルートを見れます。)


(クリックで拡大します)

1.かめや旅館から〜

 昨夜は19時半から寝たため、4時30分に目が覚めてしまった!
 疲れていたのか、9時間も寝ていた事になる。さすがにもう眠たくないので着替え、部屋の片付けなどを始める。

 5時半には、もうすることが無い。テレビをぼけーっと眺めていると、1階で音がする。(朝食準備かな?)
 6時まであと5分というところで、朝食に呼ばれる。

 食事を終え、宿代とビール代7600円を支払う。
 6時13分、女将さんに見送られ、宿をあとにする。(当然、外は真っ暗!。)
 今朝は曇っているためか、昨日の朝よりずいぶん暖かいので、手袋を外す。

【朝食】                                      【かめや旅館:お世話になりました!】


 宿から柏川沿いを上流に進む。途中、薄気味の悪いツイン石灯籠発見!。何なんだこれは?

【へんろ歩きスタート】                              【ツイン石灯籠】


 宿から10分ほど歩いた所で、柏坂休憩地への案内に従い左折、民家の前を通り、6時24分山道へ突入する。
 道は整備されており、道標もたくさんあるので迷うことはない。ゆっくりゆっくり登っていく。

【この道標で山方向へ進む】                         【山道開始】


 途中にたくさんのベンチもあるが、まだ休憩するほど疲れていない。
 それよりも、この暗い山道で四国のみちによくある、口を開けた四角柱が妖怪っぽくてちょっと恐い。
 このデザインにはどんな意味があるんだろう?

 7時10分、東屋の休憩所に到着!。ここが柏坂休憩所かな?(たぶん)

【道標、ベンチ、あと気持ち悪い石柱】                    【おそらく柏坂休憩所】


 その横に、「柳水」の説明板有り。あれ?、ここって柳水大師もあるの?。見ると、東屋の奥に「柳水大師」発見!。(参拝ポイント)
 気がつかなくてすんません。とりあえず拝む。

【柳水の説明板】                                【柳水大師】


 そばにはトイレもあるが、この薄暗い中、できれば使いたくないタイプ。
 (まず、恐くてドアを閉められない。床の穴から手が出てきそう。学校の怪談を思い出してしまった。)

 そこから7分ほど登ると舗装道路を横切る。
 歩き遍路の地図を見ると、柳水大師はこの舗装道路より高い所に記載されているが
 実際は少し下にある。GPSの軌跡と、googleマップで見ても、やはり少し下である。
 へんろみち保存協会殿、歩きへんろ地図の修正をお願いします〜。

【ちょっと恐いトイレ】                              【舗装道路を横切る】


 さらに5分ほど登ると、平成10年作成の癒しの椅子の標柱があるが、なぜか椅子がひっくり返っている。

【癒しの椅子の標柱】                              【バックドロップ状態の癒しの椅子】


 ここまで来ると、そろそろ最高地点。時刻は7時27分。1時間3分で登り終了!。
 道はなだらかなになる。そこにまた恐そうなトイレが設置されている。
 これらトイレの排泄物は回収するのだろうか?それとも穴がいっぱいになったら埋めて、違う場所にまた新設するんだろうか?
 あまり考えたくないが、謎だ・・・・・・。

【トイレの案内】                                 【トイレ】


 下り始めて5分ほどで清水大師への分岐がある。30m下ると「清水大師」発見!。ここも参拝する。
 元の道を登り返そうかと思ったが、そのまま清水大師の左に進むと、登り道があり、元の道に合流する。(こっちが楽ちん)

【清水大師への分岐】                             【清水大師】


 ここから長い下りが続く。へんろを飽きさせないためか、途中にいろいろな史跡や昔話の看板がある。
 名物となっていた大松が昭和30年に伐採された切り株なんかも残っている。(でもなんで切っちゃったのかなぁ?)

 看板はいくつもあるので、全部読んでいると、なかなか進めない。写真だけ撮って、帰ってから気が向いたら読むことにする。

【ねぜり松説明板】                               【その切り株】


 名前の意味は判らないが「つわな奥」の場所に来ると、視界が開けて海がよく見える。地形から見ると由良半島ですな。

【由良半島がよく見える】


 さらに下り、一度林道っぽい道に出たあと、また山道に突入。気持ちのいい痩せ尾根を通る。名前は一般的な「馬の背」

【痩せ尾根】                                   【名称は「馬の背」】


 最高地点から55分下るとやっと舗装道と民家の前に出た。(やっと下りが終わった〜と思ったのだが、実はこの後も下りは続く。)

 デジカメで写真を撮っていると、かなり高齢のお婆ちゃんが家の中から出てきて、びっくり。
 「どこで泊まったの?」とか「お腹空いてる?」とか聞いてくる。家の前では薪で火をおこし、なにか調理中の様である。
 お接待を考えて下さっているようだが、時間もかかりそうである。
 本来、お接待は断るべきでないのは知っているが、「宿で朝食を食べ過ぎてお腹一杯なんです」と言ってしまった。
 よろよろしながら歩いているお婆さんに手間をかけさせるわけにもいかない。
 お婆さんから「そうやなあ、最近は宿もちゃんとしてくれるしな・・☆△○・・・」(あとは何を言っているか聞き取れなかった。)
 お婆ちゃん、すんませんと心の中で謝りつつ、先を急がせてもらう。

 (※帰って来てからデジカメの撮影時刻とGPSデータを照合し、ここが茶堂と呼ばれている場所と判る。
   まだまだ山の中腹だったので、あとで驚く。こんな所に住民がいるのか・・・と。)

 先に進むと、廃屋に廃車が捨てられている。

【やっと民家が】                                 【お隣は廃屋】


 ビニールハウスの横を通り、道を下っていくと、また山道になる。
 お婆ちゃんの居た家から下る事25分で「三本松大橋」を渡る。こんな小さな橋なのに大橋とは、完全に名前負けしてますな。

 8時53分。最高地点から下り始めて1時間26分でやっと生活感のある舗装道路にたどり着く。

【三本松大橋】                                  【やっと舗装道路にたどり着く】


 舗装道路に出てから、細い道をあっちに曲がり、こっちに曲がり、犬になつかれ、27分かかって国道56号線の下をくぐる。

【国道はまだ先】                                 【人なつっこい犬】


 国道はくぐったものの、芳原川を挟んで国道とは対岸の細い道を進む。人の気配も民家もほとんど無い。
 昔、民家だったであろう、廃屋と呼べないほど朽ち果てた残骸を発見する。

【国道とは対岸の細い道】                           【廃屋の残骸】


 案内シールと地図に従い、金剛橋でやっと国道側へ渡るが、また川の土手上の道を進む。

【この橋で国道側へ渡る】                           【川の土手道】


 考えてみれば、今朝旅館を出てから、店屋、自動販売機を一度も目にしていない。
 花の咲いていない桜並木の土手も見飽きてしまった。

 やっと土手道が国道の側道(自転車道?)になる。道向かいにサークルKがあるのが、なぜかとってもうれしい!

【ちょっと悲しい桜並木】                            【なぜかうれしいサークルK】


 10時24分、目印のローソンを通過する。この先の角を曲がれば津島町岩松集落である。

【岩松手前のローソン】                            【岩松町筋への旧道に入る】


 岩松川にはオオウナギが居るのか。一度食ってみたいものである。(あとで調べると、県指定天然記念物。こりゃだめだ〜)
 そういえば、最近、ウナギを食ってない(鰻重とか)。たまに回転寿司で食うくらいか?
 しらすが取れなくなって高騰してからアホらしくって食う気が失せた。同じ金出すなら、肉ですな!肉!そしてビール!

 川で群れなしているのはオシドリか?

【岩松川】                                     【オシドリ?】


 やっと、岩松地区の町筋に到着。軽トラの魚屋が大きな音で音楽を流し、行商をしている。
 なぜか家の前に・・・アンパンマン・・・・。子供が居るんだろうか?。あまり元気が感じられないのは気のせい?

 奥に進むと昭和の町並みがええ感じですなぁ♪

【このアンパンマンは・・・】                           【岩松の町筋】


 おおっ−!。ここが三好旅館。値段は高いが、夕食は豪華なのが有名な旅館。(以前は伊勢エビにウナギが定番だったらしい。)
 2016年11月24日、土佐久礼手前をへんろウォーキングしていた時、逆打ちして来たやたら元気のいい兄ちゃんに会ったが
 「足摺の松尾トンネルが開通した」ことと、「宇和島の松尾トンネルの排気ガスが改善した」ことを
 順打ちのおへんろさんに伝えて欲しい、と兄ちゃんに依頼したのがこの旅館の女将さん。
 その情報、頼りになりました!。今回はスタート位置の関係で宿泊できなかったのが残念である。
 伊勢エビ、食いたかったなぁ〜〜。

【三好旅館】                                   【岩松の町筋2】


 岩松地区を抜けて国道を進む。この辺りには飯を食えるポイントが多い。中華、うどん、定食など選び放題。
 だが、やましん隊長は地図に記載された「山男食堂!」。この名前に引きつけられてしまった。
 松尾トンネルを出た所にあるはず。いったいどんな豪快な料理がでてくるのか楽しみである!

 岩松地区から30分ほど歩くと、例の「松尾トンネル」到着!
 へんろ道は左へ曲がり山越えだが、今回は三好旅館の女将さんのお勧め通り、松尾トンネルを進む事にする。

 一応マスクはしたものの、ふむ、たしかに排気ガスはほとんど感じられない。かといって強制換気ファンなども付いていない。
 ・・・・・よく考えれば、平行している宇和島自動車道(無料区間)が開通したので、そちらに車が流れていっただけじゃね??
 1700mもあるトンネルなので、抜けるのに25分かかったが、特に問題なし。歩道もちゃんとあるし、とにかく楽ちんである。
 三好旅館の女将さんのお勧めだけのことはある。

【松尾トンネル】                                  【トンネル内部】


 トンネルを出ると、「ゴミ処理施設 建設絶対反対」の看板が立っている。他の人のホームページでも、歩きへんろ道沿いに
 「へんろ道を壊すな」の看板があったり、採石場の中を歩くとか、とくかく周辺住民と、もめているようである。
 三好旅館の女将さんが、「この歩き遍路道はやめた方がいい!」と言ったのはそんな理由からかもしれない。

 さて、前にみえるは「山男食堂」。しかし、時刻は11時50分。既に店前に車が一杯駐車している。
 自転車の高校生が外で並んで待っている。ちょっと店の中を覗いてみたが、店内は、おっさんでほぼ満席
 さらに、おっさん連中の待つテーブルにはほとんど食事が並んでいない!
 こりゃ、相当待たなければ無理・・・・と、泣く泣くここで食べることをあきらめる。(やっぱりトンネル手前で食っときゃ良かった〜(T_T))

【ゴミ処理場 建設反対の看板】                       【満席の山男食堂】


 山男食堂のすぐ先に、「お食事とカフェ&スイーツ PePe」がある。
 入口の黒板に「日替わりランチ680円チキンカツランチ」とある。これ、いいんじゃない♪。

 店に入ろうとすると、すぐ前の道で赤い車が白バイに切符切られている。(おそらくトンネル内での速度超過?)

【PePe】                                      【店前で取り締まり】


 店内は、ガラガラ。ほとんど客がいない。出てきたチキンカツ定食も値段相応で、普通にうまかった。
 じゃあ、あれだけ混んでいる山男食堂には、いったいどんな魅力があるんだ〜!(非常に気になる。)

 食事を終えて店を出ると、ありゃまぁ、また一台がポリに捕まってますな。愛媛県警!稼いでますなぁ!



 さあ、あとは宇和島目指して進むのみ!。中心部に近づくにつれ、すき家とかココ壱とか、食事処が一杯ある。
 慌てなくても、ここまで来ればもっと安く食えたかもしれない。

【すき家】                                     【CoCo壱番屋】


 宇和島警察署を過ぎた先で、へんろ道は国道を離れ、市街地に入っていく。
 風情のある建屋があるので写真を撮ったが、どうも観光ポイントらしい。
 「元結掛」(もとゆいぎ・もっといぎ)?。説明文を読んでも専門用語が多すぎて、何を説明したいのかさっぱり判らない。
 (馬目木?、元結?、何それ????。このスダレのことかな???。もっと優しく説明してくれ〜〜!)

【風情のある建屋】                               【説明不足の説明板】


 2分ほど先「馬目木大師」の看板あり。細い道を入っていくと「馬目木大師」発見!。とりあえず拝む。

 帰ってネットで調べると、「馬目木大師」は、弘法大師が沖合の島の寺に行くのも大変だからと、宇和島の渡し場に
 馬目木(ウバメガシ)の枝を立てて遙拝所にしたことが由来らしい。「元結い」はまげを縛る紐のことで、
 仏門に入る人が頭を剃ったとき、その毛髪を元結いで縛り、馬目木に掛けたとのこと。
 じゃあ、さっきの建物のどこが元結掛なのか?。ただの地名?(結局、理解不能〜〜〜m(_ _)m)

 宇和島市の中心部に近づくと、宇和島城の天守が見える。

【馬目木大師】                                  【宇和島城】


 さて、本日最後の目的地、参拝ポイントの龍光院を目指しますか!。
 途中商店街?を通るが、昔ながらの飲み屋が続く。(今も営業しているかは不明)
 その先で、アーケード街と交差する。平日のためか人通りもほとんど無い。シャッターが下りている店も多い。
 (徳島市と同じで、郊外の大型店舗に客を奪われれたのか?)

【飲み屋が続く】                                 【アーケード通り】


 時刻は14時17分、案内シールに導かれ、参拝ポイントの龍光院に到着する。
 この寺、40番観自在寺の奥の院だが、本家よりもでかくね?。宇和島市の中心部で参拝客も多いのだろう。

【龍光院】                                    【本堂】


 ちゃんとした大師堂もあるし、よくわからない石碑もある。

【大師堂】                                     【椎本芳室の寶篋塔???】


 境内から宇和島市街のパノラマをひとつ。

【龍光院からの展望】


 さて、このあとは宇和島駅前からバスで宿毛に帰るわけだが、どこで区切り止めにするか・・・・・。
 へんろ道は、宇和島駅を迂回するルートで北へと続いている。
 次回、宇和島駅から歩き始めることになると思うが、また龍光院まで来るのも面倒だなあ。
 バスの発車時刻までまだ時間もある。ちょっと先まで進んで、切りのいい所で止めますか。

 龍光院からへんろ道の案内シールに従い、宇和島駅のすこし北にある踏切を渡る。
 その先の庭木の綺麗な「鶴井鉄工所」のある交差点を今回の区切り打ち止め地点とする!
 (次回はこの交差点を右折し、北上することになる。)

【宇和島駅すこし北の踏切】                           【区切り打ち止め地点】


 さて、それでは帰りますか!。やましん隊長、この交差点を左折、南西方向に進み、宇和島駅の裏からの通路入口を捜す。
 ・・・・あれ?これだけ大きい宇和島駅に、線路を跨いで表玄関に出るような通路が見当たらない。・・・・・・

 スマホのgooglemapで見ると・・・・げげっ!宇和島駅には裏玄関が・・・・・無い!
 一番近いルートはと・・・・・また少しに北東に戻ると、細い線がある。そこまで行って見ると、線路を跨ぐ歩道橋発見!
 14時41分、無事、宇和島駅まで帰着する。次回はこの歩道橋を渡って再スタートすることになる。

【宇和島駅より少し北東の歩道橋】                      【宇和島駅】


 宿毛行きのバスは1番乗り場15時15分発の各駅停車(なんとトイレ無し)。
 出発までまだ30分もあるので、お土産にじゃこ天(保冷剤セット)と、大番(どら焼き風)を買い、
 トイレを済ませ、宿毛までの長時間乗車(約2時間)に備える。
 (実は緊急事態に備えて、携帯トイレ(小用)もリュックに入れてある。どうせバスの客はほとんど居ないし、
  いざとなれば、ウインドブレーカーで隠してこっそり用を足す計画。)

 ほぼ定刻通りに宿毛行きバスが到着!。しかし2時間もバスに乗っていると、ケツや腰が痛くなってくる。
 軽く運動でもしたくなるが。「走行中は席をお立ちにならないで下さい」と注意書きがあるのでそれも出来ない。

 17時11分、やっと宿毛駅に到着!。携帯トイレも使うことなく、無事お持ち帰りとなる。(よかった〜)

【宇和島駅発、宿毛駅行きバス】                      【宿毛駅到着!】


 宿毛駅の裏手に出ると、昨日の朝まで立入禁止だった駐車場が、綺麗にライン引きされている。
 (これで安心して駐車できるが、もう宿毛駅で車中泊することは死ぬまで無いと思う。)

 臨時駐車場の空き地まで戻り、パジェロの無事を確認する。

【宿毛駅駐車場:ライン引き完了後】                     【パジェロ確認】


 時刻はそろそろ17時半。今から徳島まで帰ると真夜中になるので、駅近くのラーメン店「まんき屋」で夕食とする。
 頼んだのはチャーシューメンと半チャーハン。昆布の細切りが入っている。(最初、キクラゲかと思ってしまった。)

【まんき屋】                                    【夕食】


 それでは徳島まで一般道と無料自動車専用道、一部有料高速道路を使って帰りますか!。
 帰りもスマホのナビと、オービス警報を起動させる。

 あ〜〜、しんどいよう〜、疲れたぞ〜、眠たいよう〜。朝5時から30km歩き、2時間バスの乗ったあとの長距離運転!
 我慢しきれず、有料高速道路は土佐ICから大豊ICまで使ってしまった。
 約5時間後、無事帰宅。今回のパジェロ走行距離、なんと540km!。

【帰りもスマホでナビ】                             【走行距離】


 最近パジェロのアイドリングが不安定で、たまにノッキングしているようなので、翌日修理に出す予定である。
 帰宅後、くたびれきっているのだが、真夜中、パジェロからリュック、寝袋、その他諸々を降ろし、軽く掃除を済ませる。
 次回の遠征までには、きちんと直ってくるんやで〜。(ほんま金のかかる車ですわ!) 

 本日の歩行距離 30.6km、歩行寺間 8時間30分!

今日の散財(2日目)
昼食代 ¥680 チキンカツ定食(PePe)
おみやげ ¥1,705 じゃこ天、大番(四国Kioskビック宇和島店)
バス代 ¥1,800 宇和島駅→宿毛駅(宇和島バス)
夕食 ¥950 チャーシューメン+半チャーハン(まんき屋)
高速代 ¥1,440 土佐IC→大豊IC
ガソリン代 ¥7,312 パジェロ、宿毛往復540km走行
合   計 ¥13,887    

 前泊含め、今回3日間の出費合計、¥27,147.也〜!
 宿毛は遠かった〜。ガソリン代、バス代、食事代等、思いの外、金かかってますな。

←前日へ戻る】   【翌回へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】