【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-24
探  検  名:第41番〜第43番
歩  行  日:2017年2月21日
歩 行 距 離:28.4km(+1.9km内子分)
歩     数:55,706歩
歩 行 時 間:7時間39分(+23分内子分)
累積  標高:991m

時間データ 時刻 時間 備考
道の駅内子フレッシュパークからり出発 5:13 0:00 歩行
移動
JR内子駅着 5:36 0:23
JR内子駅発 6:13   鉄道
移動
JR宇和島駅着 7:13  
JR宇和島駅出発 7:18 0:00 歩行
移動

昼食
時間
込み
第41番札所龍光寺 9:31 2:13
第42番札所仏木寺 10:16 2:58
歯長峠 11:22 4:04
道引大師 12:15 4:57
大介うどん 12:54 5:36
白王権現 13:42 6:24
第43番札所明石寺 13:50 6:32
宇和パーク到着 14:57 7:39
画像が大きいです。(クリックで地図のみ表示します。)
※ブラウザの表示画面に入る縮小サイズになるので、
さらに拡大したい場所でマウス左クリックして下さい。
(さらに拡大します。再クリックで縮小します。)
※今回は東西南北に移動距離が長いため
4万分の1地図を76%縮小で作製してます。
(※横1471ピクセルの馬鹿でかい地図です。
FullHDのパソコンで表示倍率100%なら快適に見えます)


【4万分の1を76%縮小で作成。クリックで等倍へ拡大】

より詳細なルートを知りたい方は
【やましん探険隊へんろ道ウォーキング一覧】
グーグルマップを拡大・最大化し、ご確認下さい。
(2016年1月から歩き始めた全ルートを見れます。)


(クリックで拡大します)

1.計画
 前回は、愛媛県宇和島市のJR宇和島駅で打ち止めとした。
 さて、今回は計画が立てやすい。宇和島から約60km先に「道の駅 内子フレッシュパークからり」がある!
 よって、計画は以下の通り。

 【前日】
  ・自宅から道の駅内子へ移動。車中泊

 【1日目】
  ・道の駅内子からJR内子駅まで徒歩移動(1.9km)
  ・JR特急で宇和島駅まで移動
  ・へんろ歩き再開(30km)
  ・宇和パーク(ホテル)泊

 【2日目】
  ・へんろ歩き2日目(30km)
  ・道の駅内子帰着
  ・自宅までパジェロで移動

 よっしゃ!これで行きましょう!。

 計画は簡単にできたのだが、いつ行くか・・・・・。というのも、春の天気は変わりやすい。雪が降ったと思えば、春1番で土砂降り。
 とりあえず、あまり当てにしていない天気予報を参考に2月21日から22日にかけて歩くことにする。
 (20日は大雨、21日は晴れ、22日は曇りの予報。)

 宿は、楽天トラベルから予約する。朝食は出発が早いので夕食のみ(バイキング)で1泊5,250円。(なんと民宿より安い!)
 (このホテル、隣接する自動車学校の合宿所としても使われているらしい。
  やましん隊長も、大学時代に合宿免許で冬の山形県米沢市の温泉宿に20日ほど泊まったことを思い出してしまった。)

2.出発
 さぁて、2月20日。早々に家事も片付け、10時40分、パジェロで自宅を出発。
 空は曇天で、いつ雨が降ってもおかしくない。ひたすら一般道を走るが、池田町を越えた頃からとうとう雨が降り出す。
 四国中央市あたりから雨も激しくなり、信号、車が多いため、全般的に車速も遅くなる。 
 松山市付近でカーナビ推奨ルートを外れ、距離の短い県道を進むが、皆さん考えることは同じか・・・。トラックが多いな。

 15時47分。約200kmを5時間かかって、やっと道の駅「内子フレッシュパークからり」に到着する。疲れた〜。
 雨の影響もあったが、前回の高知,宿毛への270kmの方がドライブ気分で楽だったような気がする。

 さて、雨も小降りになったので、明日早朝に歩くJR内子駅までのコースを確認する。

【道の駅内子フレッシュパークからり】                    【JR内子駅】


 それでは晩飯の調達に行きますか!。内子駅前の国道沿いに、でっかいフジがあるのでここで買いましょう。
 う〜ん、前回宿毛市でもフジで晩飯を買ったが、結局似たよう弁当を買ってしまった。
 ついでに、すぐそばにあるローソンで朝飯用のおにぎりとお茶を購入するが、
 その後、明朝JR内子駅まで歩くコース上にサークルKを発見し後悔する。(一晩たつと、おにぎり堅くなるもんなあ)

 道の駅まで戻り、奥の静かな場所にパジェロを駐車する。
 人気も少ないし、空は暗いし、第一めんどうなので今晩はサンシェードを付けるのはやめる。

 それでは17時から一人宴会開始〜♪。
 スマホをいじりつつ、ビールを飲むが、だんだん寒くなってきたので、寝袋に入りながら飲み続ける。
 さて食う物も無くなったな。今日はなんだか疲れているので19時40分就寝。おやすみなさい・・・・・・・・・・。

【フジ内子店】                                  【一人宴会】


 夜中、2回ほどトイレで目が覚めたが、結局スマホのアラーム音に起こされ4時45分起床!。9時間も寝てしまった!
 (やっぱり、大雨の中の長距離運転で疲れとったんやな〜。)

 とりあえずパジェロの中を少し片付け、出発準備完了!。しかし、JR内子駅までは歩いて20分程度。まだ早すぎる。
 早すぎるのは判っているのだが、パジェロでじっと待っているのも阿呆らしいので、5時13分に道の駅から歩き始める。
 当然、外は真っ暗。空にお星様が輝いている。天気は良さそうである。

 5時36分。JR内子駅到着。・・・・・・・・・・・特急の発車時刻は6時13分。まだ37分もある。
 自動切符売り場も止まっている。仕方が無いので昨日ローソンで買ったおにぎり2個を食べる。(案の定、堅い、冷たい)
 内子の観光マップが置いてあったので、1部貰っておく。(明日、早く帰ってこられれば観光するかも)

 6時前になると、自動切符売り場から妙な起動音がしはじめ3分ほどで発券可能になったので、
 宇和島までの特急乗車券を購入する。(乗車券1090円、特急券1180円也〜)

【JR内子駅まで歩く】                              【まだ動いていない自動切符売り場】


 そろそろ他にも乗客が来だしたので、一緒にホームまで行くが、風が寒〜い
 スカートの女子高校生も数名ホームにいるが、なぜこの寒さを我慢できるのか不思議だ。

 6時13分。定刻通りでJR特急宇和海1号に乗車する。こんな真っ暗なうちから、結構な人数が乗車している。
 宇和島まで1時間だが、昨夜たっぷり寝たので眠くも無い。仕方ないのでスマホを見ながら時間を潰すうちに空が明るくなってきた。

【内子駅1番ホーム】                              【特急宇和海1号車内】


 宇和島到着〜♪。3週間ぶりなのであまり新鮮味は無いが、なぜかうれしい。
 駅前から歩道橋を渡って、前回区切り打ち止めした、庭木のきれいな「鶴井鉄工所」の交差点に到着する。
 それではへんろウォーキング再開と行きますか!

【宇和島駅前】                                 【前回、区切り打ち止めした交差点】


 駅裏の道を北上すると、だんだん寂れた感が強くなってくる。お〜っと、波打っている長屋!。ええ感じです。
 駐車場には変な達磨大師の顔のようなオブジェがあるが、これって、「ここに駐めたらゆるさへんでぇ!」ってことですかね?

【波打ち長屋】                                 【駐車場の・・・・何か判りません】


 道は県道57号線に合流し、歩道を進む。見ると梅が満開。次は満開の桜並木の道を歩きたいものである。

【県道57号線に合流】                             【満開の梅】


 おっ!、「この先、お遍路さん用のトイレあり」の看板があったが、あまり期待しないで進むと・・・・・・
 ・・・・・ありました・・・・・この仮設トイレ・・・・・どう考えても、ウォシュレットは付いてませんな・・・・・・・・・。(当然、素通りする。)

 務田(むでん)駅の手前の交差点で県道からそれて左折すると、あとは41番札所龍光寺へ一直線のはずである。
 田んぼの奥に2つ並んである小山の左の山裾に龍光寺があるはず!。
 田んぼを抜けると住宅地になるので、案内シールに従いひたすら進む。

【気持ちだけしか頂きたくないトイレ】                    【左の小山の裾に寺があるはず!】


 昔のへんろ石だろうか?。よくわからない道標の横に、龍光寺の石柱がある。もうすぐじゃな!

 龍光寺への最後の曲がり角には「長名水」という食堂がある。時刻はまだ9時半なので、ここで飯を食う気は無いが、
 この食堂の前の「四国のみち」の看板を見ると、龍光寺を参拝した後、ここまで戻ってきて仏木寺へは北上するようになっている。
 いかにも、この食堂で飯を食っていけという意図が感じられる。(やましん隊長の性格がひねくれているだけか?)

 しかし、歩きへんろ地図では、龍光寺からそのまま山越えするように点線が描かれており、ここへは戻ってこないはず。
 車向けの案内かと思ったが、いままで「四国のみち」の道標は、基本、歩きへんろの道にあったのだが・・・・・・謎だ・・・・。

【石柱】                                      【食堂「長名水」より寺方向を望む。】


3.41番札所 龍光寺 から 〜
 宇和島駅から歩き始めて2時間13分。第41番札所、龍光寺に到着する。まずは長い上り階段がお出迎え〜♪
 途中、境内らしきところまで上がるが、さらに上り階段は続いている。そこの石柱には「稲荷神社」とある。
 明治新政府の神仏分離令以前の、神仏習合状態が維持されているのか????

【龍光寺参道】                                 【中央は稲荷神社】


 悩む人が多いためか、境内に、「←(左)本堂」の石柱がある。
 本堂でいつものごとく、光明真言と南無大師遍昭金剛を3回づつ唱え、拝む。

【左本堂の石柱】                                【本堂】


 右を見ると、大師堂の石柱あり。大師堂でも同様に拝む。

【右大師堂の石柱】                               【大師堂】


 さて!参拝も終わったので、次へ急ぐ。・・・・で、山越えの道はどこだ???
 しばらく探すと、駐車場から墓場へ上る階段に案内シールがいっぱい貼ってある。悩むところも皆さん同じやね。

 シールに従い、墓地へ登り、そのまま山道へ進む。この山越えの道は2本あるはずだが、途中「右へ近道」の石柱発見!
 しかし、右方向にはそれらしい道が見当たらない。仕方が無いので、明瞭な山道を直進する。

【旧へんろ道入り口発見!】                          【石柱:意味不明】


 山道はすぐに農作業道になり、その後、県道31号線に飛び出す。次の仏木寺はこの県道沿いにあるはず!。

【農作業道から県道へ】                            【県道を進む】


 おや?。県道脇に「歯長トンネル、時間帯通行止め」の案内看板発見!。
 この先、標高450mの歯長峠があるが、やはりトンネルでは無く、旧峠越えに進まざるを得ないか・・・・・・。頑張らねば!

 さて、前に見えるは仏木寺でしょう。本当に県道沿いにある。(これは楽ちん)

【歯長トンネル工事案内板】                          【前に見えるは仏木寺?】


4.42番札所 仏木寺 から 〜

 龍光寺から歩くこと45分。本日2つめの札所、第42番仏木寺到着〜♪。
 昨年末、須崎からのへんろウォーキング第2シーズンでは、1日歩いても、お寺1つが精一杯。1つも無い寺間歩きも多かった。
 今日は札所3箇所を参拝予定。やっぱり、とてもうれしい。(高知後半と、愛媛前半は距離は長いし峠は多いし、厳しいな〜!)

【仏木寺、仁王門】                               【境内で折り返す】


 山門はデカかったが、本堂はさほど大きくない。例のごとく、拝む。左隣に大師堂があるので、併せて拝む。

【本堂】                                      【大師堂】


 それでは、本日3つめの明石寺を目指して先を急ぎましょうか!。

 仏木寺を出て数百mで分岐がある。
 そのまま県道を進めば歯長隧道。県道は登りが楽そうだが、くねくね道で時間がかかりそう。
 それに先ほどの「歯長トンネル、時間帯通行止め」の案内板が気にかかる。
 仕方ありませんな〜。歩きへんろ道「歯長峠越え」に突入しますか!

 (※他の人のホームページ、先ほどの工事看板もそうだが、歯長隧道を歯長トンネルと記載してあることが多い。
  本当の歯長トンネルは四国横断自動車道の2053mもある自動車専用道路のトンネル。
  ただ最近、隧道という呼称が使われなくなったため、県道の歯長隧道も歯長トンネルと呼んでいるのかもしれない。)

 案内表示に従い、歯長峠方面に進む。峠まで1.7kmの標識から、いわゆる山道になり、登りが険しくなる。

【四国のみち道標】                               【ここから山道】


 15分ほどの登り一辺倒から、道は急に下るのでどうなってんの?と思ったら、くねくねの県道へ一旦出る。
 この舗装道を少し進むと、再びへんろ登山道への表示があるので、案内に従い階段を上る。

【歯長峠への登り】                               【再び山道への階段を上る】


 階段の先に、立派な休憩所があるが・・・・その横には「通行止め」の看板・・・・・・(斜面崩落のためだと〜?)
 そういえば誰かのホームページにも、この標識があり、遍路道が半分以上崩落している場所を通ったとの記載があったな。
 ・・・・ということは、なんとか通れるんじゃねぇ?。
 それに仮にも世界遺産に登録しようとしている遍路道を、崩落したままにしておくはずもあるまい。
 いざとなれば、引き返せばいいだけのこと!
 (などと、心にも無いことを考えつつ、絶対引き返すはずの無いやましん隊長の安易な決断)
 とりあえず、崩落場所まで行ってやろうじゃねーの!

【休憩所】                                    【すぐ横の通行止めの看板】


 8分ほど急坂を登ると・・・・ありました・・・・・崩落場所。長さ5mほど、道半分以上が崩落し、幅30cm程の道が残っている。
 昨日降った雨で、残った道の土も湿っている。崩落角度はほぼ垂直。その下も急な角度で100m程度崩れている。
 (後でネットで調べると、2014年8月の台風で崩落したとのこと。2年半もほったらかしってことですな。)

 こりゃ、落ちたら下まで一気に転げ落ちるな。
 う〜ん、落ちたら死ぬかもしれないけど、落ちなきゃいいんだな、落ちなきゃ!(当然ながら安易な決断!)
 強く踏むと、ショックで崩れるかもしれないので、ショックを与えず素早く渡る。セーフ!。無事通過。

 (※やましん隊長は、なんとか無事渡れましたが、次渡る人は多分滑落して死にます。
   よい子の皆さんは歯長トンネルを通って、安全なへんろ歩きを心がけましょう!)←全く説得力ありまへんな〜〜。

【崩落場所】                                   【写真ではよくわからないが、ほとんど真っ逆さま】


 崩落場所から10分ほど登ると、見晴らしのいい場所にでる。おそらくここが歯長峠。
 ブロック製のお堂が「見送り大師」で、先ほど参拝した42番札所仏木寺の奥の院だそうである。(後でネットで知る)

【歯長峠、見送り大師】


 小さな看板でここが歯長峠と確認する。標高480m。見晴らしはいいのだが、見えるのは山ばっかり!

【歯長峠看板】                                 【峠からの見晴らし】


 さて、それでは下りますか。峠から6分下ると舗装道路を横断する。
 ここにも峠方向へは立ち入り禁止のトラロープと、地面には、「この先土砂崩れのため通行止め」のラミネート板が落ちている。
 また、「遍路道は、歯長トンネルをお通りください」の小さな案内板も立っている。
 その先は、四国電力の送電線点検巡視路を下る。

【舗装道路手前にトラロープ】                        【送電線点検巡視路】


 峠から下ること30分。やっと2車線の県道31号線に合流する。少し進むと橋の手前に「歯長地蔵」と「遍路の墓」がある。

【県道31号線に合流】                             【歯長地蔵、遍路の墓】


 その後、結構立派な橋を渡るが、この川が伊予長浜の「肱川(ひじかわ)あらし」で有名な肱川の上流部である。
 このあと、いくつものダムを経て、下って行くんか〜。
 逆にへんろ道は、橋を渡った先を左折し、この肱川にそって県道29号線を、さらに上流へと進む。

 しばらく進むと、みすぼらしいお堂があるのでよく見ると、参拝箇所の「道引大師(どういんだいし)」であった。とりあえず拝む。
 でも、なぜ「導き」じゃなくて「道引」なのだろう??。

【肱川の上流を渡る】                             【道引大師】


 ゲゲッ!。このトイレは・・・・、県道29号線から丸見え!。さすがのやましん隊長でも、ここで小便するには勇気がいるぞ。

 この先、いったん旧道に入り、また県道に合流するが、ここに休憩所と「道中安全見守大師」がある。
 まだ新しく、参拝ポイントでもない・・・が、とりあえず拝む。

【ここで小便できるか・・・・?】                        【休憩所と道中安全見守り大師】


 この先で明石寺方面への旧道分岐があるのだが、いかんせん腹が減った!
 経験上、お寺の付近には食堂がほとんどないと判断し、県道を直進し、「大介うどん」でかき揚げうどんを食す

 ここの大介うどんの料金システムはちょっと変わっている。
 うどんの値段はうどんの量ではなく。どんぶりの大きさで決まるとのこと。
 セルフ方式なので、客がお椀に入った半玉程度のうどんを好きなだけ「てぼ」(うどんを湯がく網のがご)に入れ、
 湯がいた後、どんぶりに入れる。
 小さいどんぶりに何玉入れても300円。大きいどんぶりに何玉入れても400円。これは、もう入れたもん勝ちですな!
 食べログでも書いてあったが、大介うどんは同一料金でうどんの量は自由とのこと。小食の人は損をするらしい。

 ただ、ネギがお玉1杯で10円、天かすも同様に10円!(普通無料だろう!)
 やましん隊長、かき揚げをのせたので天かすは不要なのだが、いつもの癖でネギと天かすを入れてしまい、20円取られてしまった。

 うどん(どんぶり大)400円+かき揚げ100円+ネギ10円+天かす10円=520円なり〜
 (ちなみにうどんはお椀4杯入れました。普通、スーパーで袋で売っているうどん、2〜3袋分くらいかな?)

【大介うどん】                                  【かき揚げうどん+ネギ+天かす】


 食った食った〜!。それでは明石寺に向かいますか。大介うどんを出た後、県道から右折し、新しく架かった橋を渡り、
 無事、旧へんろ道に復帰する。

【新しい橋】                                    【旧へんろ道へ復帰】


 あとはごちゃごちゃ道を、道標、案内シールに導かれるまま進む。公園横を通り、山裾を進んでいると「白王権現」の前を通る。
 石柱には「四十三番明石寺奥の院」とある。もうすぐ到着する明石寺は階段を上った少し高い位置。
 その奥の院が、手前の参道沿いにあるとは・・・・(それも、自然というか、ほったらかしというか、あまり整備されていない。)

【公園のようなところを曲がる】                        【明石寺奥の院:白王権現】


 もうそろそろ明石寺か?。道は山裾沿いから左折し、登り道になる。見ると、明石寺駐車場発見。
 その先には「四国遍路を世界遺産に」の幟のある階段がお出迎え〜♪

【駐車場横】                                   【この階段を上ると・・・・・】


5.43番札所 明石寺 から 〜
 とうとう着いたぞ〜!。本日3つめのお寺。43番札所明石寺。時刻は13時50分。
 まず大きな山門をくぐり、もう一つ階段を上がると正面に本堂がある。いつものごとく拝む。

【山門】                                      【本堂】


 本堂右手に大師堂があるので、こちらも同様に拝む。その右に仏足跡と夫婦杉とがあるが、これは以前見た記憶が僅かにある。
 (本堂や大師堂はどの寺にもあるので、昔、車遍路で2回巡っていても、ほとんど記憶に残ってまへん。)

【大師堂】                                     【仏足跡と夫婦杉】


 終わった・・・・・。今回の区切りうち2日間で参拝予定だった3寺を、1日目に参拝し終わってしまった・・・・・・。

 しかしまだまだへんろウォーキングは終わらない!。明日も寺間歩きが待っている。
 明石寺からは山門横から山越えの旧へんろ道があるので当然この道を進む。5分も登れば堀割の峠に到着。

【明石寺から山道へ】                             【峠の堀割道】


 後は宇和の町へ下るのみ。と言っても、結構急な下りで足に堪えますな。
 宇和の町筋まで下ってくると・・・・あれ?、この町って、結構ええ雰囲気ちゃう????。
 道標に従い中町通(お遍路道)を進む。

【明石寺裏山の下り】                              【道標】


 おおーっ!。この町筋はええ感じやねえ。昔の建物がきれいに保存されている。
 以前、高知の吉良川町を歩いた時、あまり期待していなかった分、感動も大きかった。
 この宇和の町にも、このような町並みが保存されていたとは・・・・

【町並み:その1】                                 【町並み:その2】


 庭木の張り出した門がある建物が「旅館 松屋」。
 江戸中期創業の老舗旅館。入り口横には今まで宿泊した有名な政治家、文人などが名を連ねている。

 帰ってきてから判ったことだが、この旅館、なんと今も営業している!。それも歩きへんろ地図に宿として載っている。
 これだけ風格、趣のある宿だが、それほど宿泊代は高くない。特にお遍路さんは1名7850円〜で泊まれたらしい。
 大浴場あり、洗濯無料。ちくしょーーーーーーー!。ここに泊まればよかったーーーー!(T_T)
 ちなみに予約してある今夜の宿はここから2.8km先!。それほど離れていない。(歩きで40分)
 こんな機会は滅多に無かったのに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、残念!

【松屋旅館】


 この時は、そんなこととはつゆ知らず、風情のある町並みを観光気分で楽しんでしまった。
 下調べ不足を反省する。

【町並み:その3】                               【説明文:クリックで拡大します


 町筋の端の方まで来ると、江戸時代から昭和の香りへと変わってくる。これはこれでOKじゃ。

【町並み:その4】                               【廃屋予備軍??】


 道標に導かれるまま歩きに歩いて、時刻は14時57分。やっと宇和自動車教習所に到着する。
 すぐ隣に立っているのが本日の宿「宇和パーク」。なぜ、宇和パークホテルでないのか不思議だったが、中に入って納得。
 フロントは一応ホテル風だが、客室はまさに研修宿泊施設っぽい。(合宿免許宿泊所なのだから当然だが・・)
 ドアは安っぽいが一応鍵はかかるし、部屋にエアコン、テレビもある。
 しかし、ホテルの入り口がわかりにくい位置にあったり、なぜか入口自動ドアの外側に、後で作ったような洗濯コーナーと
 風呂場(大浴場)入り口がある。(一度外に出ないと風呂に行けない。)
 まぁ、民宿と比較すると設備は整っているし、値段は安いので全く文句は無いのだが・・・・・。
 風呂は16時から、食事はバイキングで17時からとのこと。

【宇和自動車教習所】                             【宇和パークホテル】


 チェックインを済ませ、部屋で靴を脱ごうとした時、靴の異常に初めて気づく!。靴・・・・破れてるやん!
 今日はいやに足先が涼しいなあと感じていたが、まさか破れていたとは・・・・・全く気がつかんかったぁ!
 そういや、今日、どこかの山道で木の根に左足先を引っかけ転んだが、その時に破けたんだろうか。
 昨年秋に買ってから、へんろ歩きにしか使用していなかったので、10日しかもたなかった。(安物買いの銭失いか?)

 さてどうしよう。破れているのは靴先上部。とりあえず歩こうと思えば歩けるが、明日の天気予報は、午後から雨!。
 所詮布靴なので、濡れるのはしかたがないが、破れているのなら話は別である。

 ホテルのおばちゃんに、近くに靴屋が無いか聞くと、「2件隣に。しまむらがあって、そこで靴売ってますよ。」とのこと。
 「しまむら」って衣料品店やん。他には心当たりが無いというので、仕方なく「しまむら」に向かう。
 いやに駐車している車が少ないなあ・・・・・。・・・・・・・入り口に掛かっていた看板は「休業日」!
 あかんやん!。他に靴が買えるところが無いか探してみる。

【破れた靴】                                   【しまむらは休業日】


 幸運にも、宇和パークのすぐそばの交差点は、大型店舗が集まっている。
 「レデイ」・・・・・これは薬屋。たぶんアウト!
 「ダイソー」・・・100円では靴は買えない
 「コメリ」・・・・・作業靴ならあるかも
 「コーナン」・・・作業靴ならあるかも

 買えるとしたら「コメリ」と「コーナン」しか無いな・・・・・。とりあえず近い方の「コメリ」から攻める。
 入口入ってすぐに掲示してある店内配置図を見ると・・・・「作業衣類」!。ここしか無い!
 そのコーナーに行ってみると、長靴、地下足袋が並んでいる。だんだん近づいてきたぞ!
 裏の棚を見ると、あったー!。安全靴、軽作業靴、そして普通の靴!。
 その中から、タイガースカラー(黒黄色なので危険注意表示か?)の軽量靴を購入する。2280円也〜。
 (今日、破れた靴は3780円もしたのに10日でアウトだから、1日当たり378円。今日買った靴なら1週間もてばOKである。

【宇和のコメリ】                                 【靴コーナー】


 一安心して宿に帰る。これで明日のウォーキングはバッチリである。
 さて、今日の宿だが、部屋は10畳の和室。トイレは共同だがウォシュレット完備!(これはうれしい!)

 早速「コメリ」で買った靴の写真を副隊長にLINEで送信すると、その返信は・・・・・ボロクソ・・・・・・
 「うわぁ!ダサい」「信じれん」「絶対横で歩きたくない」等々・・・・・。
 わーはっは!。こんなことで落ち込むようなやましん隊長では無い!。機能性最優先。それに誰も他人の靴なんか見てないわい!
 明日から君(靴)は僕の友達だぁ!。明日も一緒に30km歩くぞぅ!
 (破れた靴は、掃除のおばちゃんに廃棄を依頼)

【和室10畳】                                  【買った靴】


 16時になったので、早速風呂に行く。誰も入っていない、一番風呂である。汗を流し、特に足の裏を入念にマッサージする。
 その後、本日の衣装一式を洗濯、乾燥する。
 17時になったので、早速レストランへ食事に行く。広いレストランに誰もいない。一番バイキングである。
 瓶ビール大瓶2本を追加注文し、それぞれの皿から少しづつ料理を取る。バイキングなので食べ放題なのだが、
 ビールの泡でお腹がふくれてしまい、食べ始めて1時間であえなく撃沈。もう食えない。ごちそうさまでした。



 今朝は4時45分から起きているので、20時に布団に入り灯りを消すが、なぜか目が冴えて眠れない。
 結局22時就寝。おやすみなさい〜。

 本日の歩行距離 30.3km、歩行寺間 8時間2分!

今日の散財(1日目)
前日昼食、飲料水  ¥576 サンドイッチ、紅茶花伝、ペプシ 
前日晩飯、ビール等 ¥1,415 豚生姜焼き弁当、焼鳥、ビール500*3
朝食(前日購入) ¥401 LAWSONおにぎり2個、お茶
鉄道代 ¥2,270 内子→宇和島(特急宇和海1号)
昼食 ¥520 大介うどん(かき揚げうどん大)
宿泊代 ¥5,250 宇和パーク(夕食のみ)
靴代 ¥2,280 コメリ宇和店
乾燥代 ¥200 宇和パーク 
ビール代 ¥1,440 アサヒドライ大瓶2本
飲料水 ¥290 宇和パーク自動販売機 
合   計 ¥14,642 ※靴の出費が痛かった〜!

 今回から、ベースキャンプ(道の駅内子)まで移動が、松山回りとなったが、
 移動距離が短くなったのに、信号と車、渋滞のため、よっぽど疲れますな〜!。

←前回へ戻る】   【翌日へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】