【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-25
探  検  名:寺間歩き(愛媛)
歩  行  日:2017年2月22日
歩 行 距 離:34.8km
歩     数:54,539歩
歩 行 時 間:8時間30分
累積  標高:657m

時間データ 時刻 時間 備考
宇和パーク出発 5:38 0:00 歩行
時間
鳥坂峠 7:43 2:05
日天社 7:53 2:15
札掛大師堂 8:40 3:02
おはなはん通り 10:05 4:27
十夜ヶ橋 11:09 5:31
矢落橋 12:03 6:25
内子座 13:09 7:31
道の駅内子フレッシュパークからり 14:08 8:30
地図画像が大きいです。(横が3298ピクセルあります)
(クリックで地図のみ表示します。)
※ブラウザの表示画面に入る縮小サイズなるので、
さらに拡大したい場所でマウス左クリックして下さい。
(さらに拡大します。再クリックで縮小します。)
【4万分の1で作成。クリックで等倍へ拡大】


より詳細なルートを知りたい方は
【やましん探険隊へんろ道ウォーキング一覧】
グーグルマップを拡大・最大化し、ご確認下さい。
(昨年1月から歩き始めた全ルートを見れます。)


(クリックで拡大します)

1.宇和パークから〜
 朝5時15分、スマホのアラームで目覚める。今日は午後から雨の予報なので、できるだけ早く歩き始めたい。
 隣の部屋に迷惑をかけないよう、出来るだけ静かに着替え、片付け、出発準備を済ませる。
 5時38分、部屋のキーをフロントのボックスに入れ、非常口から宇和パークをあとにする。

 すぐ近くのセブンイレブンで朝飯のおにぎり2個とホットのお茶を購入。
 旧へんろ道へ戻り、宇和の町を北上しながら、おにぎり2個を食す。
 食ったら出るのが自然の摂理。次のサークルKでトイレを借りるが、なんと和式便所のみ。(当然ウォシュレット無し!)
 今時のコンビニでこれは無いだろうと思うが、何も買わずにトイレだけ借りているので文句も言えない。
 後々のことも考え、神の薬「ボラギノール」を使用する。

【宇和パーク:非常口から失礼します】                    【すぐ近くのセブンイレブン】


 へんろ道は、旧道に入ったり、県道に戻ったりを繰り返す。辺りがだんだん明るくなってきたのでLEDライトを片付ける。
 この先に鳥坂峠への分岐があるはずだが、それらしい道にはへんろの道標や案内シールが全くない。
 仕方ないのでそのまま県道を進むと、へんろ小屋「ひじ川源流の里」まで来てしまった。

 歩きへんろ地図では、ここまで来ると鳥坂峠への旧へんろ道分岐点を通り過ぎていることになる。
 仕方が無い。このまま県道経由で鳥坂隧道を楽しみましょうか〜♪

【旧道の道標】                                  【へんろ小屋「ひじ川源流の里」】


 などと、ぬか喜びしていたら、休憩所を過ぎた所に鳥坂峠への分岐発見!。歩きへんろ地図、間違ってますな。(修正希望)
 見つけたからには仕方が無い。それに立て看板には「鳥坂トンネル内、歩道狭し」ともある。
 距離と時間は長くなるが、旧へんろ道で鳥坂峠を越えますか!

【鳥坂峠(旧へんろ道)への分岐】                     【説明の道標】


 旧道に入り、道標に従い7分ほど進むと早くも山道へ突入する。鳥坂番所跡を過ぎると、本格的な登山道となる。

【舗装道路から山道へ】                            【鳥坂峠登山道】


 途中、舗装道路(林道?)に出るが、またすぐに登山道に入る。
 7時43分。県道の分岐からちょうど30分で鳥坂峠到着〜♪(案外早かったな。)

【一度、舗装道を跨ぐ】                             【鳥坂峠】


 鳥坂峠には、四国の道の石標と道標がある。でも、日天社ってなんだ?。下りのへんろ道にあるようなので、行ってみますか。
 峠から10分下ると日天社に到着!。確かに山の北斜面にあるにしては、北に延びる尾根上にあるため朝日がまぶしい。

【鳥坂峠の道標】                                【日天社到着】


 さて、日天社はと・・・・・・・。見るとよくわからない祠がある。
 帰ってから調べると、祀られているのはやはり太陽と月。日天月天様で、梵字が刻まれた半円形の石が祀られているとのこと。
 でも、なぜもっと太陽が拝める峠とか南斜面じゃないんだろうか?。謎だ・・・・・・・。

 このあと、未舗装の林道に出るが、すぐに鳥坂トンネルバス停への標識の示す山道を下ることになる。
 (鳥坂トンネルバス停には用事は無いのだが、へんろの案内板がそちらへ進めとあるので仕方が無い。)

【日天社:太陽と月が祀られている】                     【鳥坂トンネルバス停方向へ下りは続く】


 このあと、また舗装舗装道に出るが、ここでやっとへんろ道と鳥坂トンネルバス停へ下る山道との分岐を見つける。
 鳥坂トンネルバス停への山道は、やはり誰も歩いていないためか、落ち葉に覆われて不明瞭である。
 へんろ道はこの先、しばらく舗装道を進む。

 途中、見晴らしのいい場所があったので写真を撮ったが、やはり山しか見えない。
 鳥坂峠から56分で、やっと高速道路と人家が見える所まで降りてきたぞ〜。

【下山途中】                                  【高速道路が、人家が見える〜♪】


 もう少しで人間が生活しているエリアに戻れる!と思ったところで「四国霊場札掛」の看板のある寺?に到着。
 ここが「札掛大師堂(松下庵)」。参拝ポイントである。
 なぜか入り口の門には、鐘のない鐘突き棒がぶら下がっている。

【札掛大師堂】                                  【鐘は一体どこに行ったんだ???】


 門をくぐると・・・・・、こっこれはまさに廃屋の香りが漂いまくってますなあ。それもかなり高い廃屋レベル。
 見ると、本尊があったと思われる場所は空っぽ。(本当に現在も参拝ポイントなんだろうか・・・・)

 帰ってネットで調べると、1996年、廃寺寸前だったこの寺を、重度障害者だったお遍路さんが堂守として再建したとのこと。
 他の方のブログで見ると、2009年時点では、もう無人だが、まだ門には鐘がぶら下がっているし、それほど荒れていない。
 それから8年。・・・・・たった8年でここまでボロボロになるとは・・・・・・・。一体何があったんだ???

【かなりボロボロ】                               【とても中には入れる状態ではない】


 札掛け大師堂(跡?)をあとにし、へんろ道を下ると国道56号線を跨ぎ、さらに下っていく。
 この先で歩きへんろ道は2ルートに分かれる。どっちに行けばいいのか判らないし、こんな所に限って、案内シールが無い。

【一旦、国道に出る】                             【が、すぐに細い道に入る】


 とりあえず、県道235号線との交差点から、少しでも距離の短そうなゴルフ場経由コースを進むことにする。
 せっかく下ってきたのに、また登り返しとなる。高速道高架下をくぐり、さらに登ると国道と合流する。
 この国道の両側がゴルフ場で、電動カートが通る橋まで架かっている。

 こんなことなら、さっき跨いだ国道をそのまま歩いてきた方が遙かに楽で早かったと悔しがるが、
 歩きへんろ道がこちらの道だったので仕方が無い。

【高速道高架下をくぐる】                           【国道に合流。先にゴルフカート移動用の橋が架かっている】


 国道を下っていくと、大洲市北只地区への古いコンクリート橋を渡る。

【国道を下る】                                  【橋を渡り北只地区へ】


 川沿いの道を進んでいくと、大洲市中心部のおはなはん通りに到着する。たしか・・・昔のNHKの連続ドラマだったよなあ。
 ここに風情のある町筋が残っているとは思わなかった。(本当に、全く下調べしてませんなぁ!)

【おはなはん通り入口】                            【おはなはん通り】


 いいですねえ、この酒屋。(営業しているかは不明)
 おっと、「ポコペン横町」の前を通る。なんじゃこりゃ?。とりあえず中をのぞいてみる。

【味のある酒屋】                                【ポコペン横町】


 おお〜〜!。入ってすぐの広場には、昭和の看板が数多く飾られている。これは・・・やましん隊長、大喜び〜♪

【昭和の看板:その1】


【昭和の看板:その2】


 ポコペン横町は、さらに奥まで続いているが、午後からの雨を考え、先を急ぐ。
 しかし、この街の雰囲気、気に入った。もっとゆっくり見たかったなぁ〜。

【何屋さんでしょう?】                             【新聞販売店?】


 肱川(ひじかわ)を渡る橋は、新しく架け替えられ、古い橋は取り壊し中である。
 肱川の川岸には、屋根に「にし川」とかかれた屋形船?が何隻も係留されている。
 調べてみると、ここは大洲鵜飼の観光ポイント。夜、たいまつを掲げ、鵜飼漁が見られるとのこと。
 2004年に岐阜の長良川で鵜飼い漁を見物したことを思い出してしまった。

【肱川を渡る】                                 【大洲鵜飼、「にし川」の屋形船】


 この先は、大洲市の商業地。国道沿いに多くの店舗が並ぶ。
 市役所やおはなはん通りのあった古い大洲市大洲地区と比べると、こちらの方がはるかに賑わってますな。
 やはり、JRの伊予大洲駅があるためか?。(後で地図を見るまで、こちらの方が大洲の中心部(行政も含め)と思っていた。)

【大洲市田口地区の国道沿い】


 しかも、この国道(大洲街道)は結構長い。飲食店(特に焼肉屋が目立つ)も数多く並ぶ。
 ケーズデンキやホームセンターなど大型の店舗も数多くある。(まあ国道沿いだけでしょうが・・・・)

【馬鹿でかいケーズデンキ】                          【焼肉店】


2.十夜ヶ橋 から 〜

 だんだん店舗も少なくなり、高速道路の高架が近づいてくると、見えてきましたなあ!参拝ポイントの「十夜ヶ橋(とよがばし)!」
 ここはさっきの札掛大師堂と違い、きちんと管理されている。

【参拝ポイント近し!】                             【本堂】


 本堂、大師堂、あと確認できなかったがへんろが泊まれる通夜堂もあるらしい。いつものごとく拝む。

 この十夜ヶ橋。弘法大師がこの橋の下で野宿をしていた時、寒さと空腹で眠れず、一夜が十夜にも感じられたとのこと。
 この橋の下で、弘法大師が横になっているので、お遍路はこの橋を渡る時は杖をついてはいけないらしい。
 やましん隊長はモンベルの先端に保護ゴムの付いたストックなのであまり音はしないが、とりあえず、突くのはやめておく。

【大師堂】                                    【十夜ヶ橋】


 橋を渡ると、橋の下に降りる階段がある。ここが弘法大師が睡眠不足になった場所か〜。
 四国霊場で唯一野宿修行が認められている場所とのこと。(本堂でゴザも借りられるらしい。)
 暖かい時期になると、寝袋をもったバックパッカーお遍路さんが何人もここで寝るのだろう。
 ・・・・ただ、すぐそばに鯉の餌を売っているせいか、人に慣れた鳩がたくさんいる。寝ているとくちばしで突かれるかもしれない。

【十夜ヶ橋下の大師像】                           【橋の下の野宿場所】


 さて、時刻は11時半。そろそろ雲行きが怪しくなってきた。国道を進むと、新谷町への分岐があるのでそちらに進む。
 ひなびた感があって、落ち着いた通りです。

【新谷町への分岐】                               【新谷町町筋】


 街頭も設置され、商店街の垂れ幕も飾ってある。・・・あれ?、メーテル通り???
 撮った写真を見直してみると。鉄郎通りもあるらしい。これって・・・銀河鉄道999?
 後で調べると、新谷は松本零士が戦時中疎開した場所。「鉄郎通り」に「メーテル通り」。見落としたが「999通り」まであるらしい。
 でもなぜ銀河鉄道999なんだろう?。ヤマトの「波動砲通り」とか「デスラー通り」があっても面白いと思うのはやましん隊長だけ??

【鉄郎通り】                                   【メーテル通り】


 先に進むとだんだん人家もなくなり、寂しくなってくる。四国のみちの道標には「矢落橋」の表示が目立つ。
 12時3分、矢落橋到着。昭和10年3月架設とある。ここは参拝ポイントでは無いし、歩きへんろ地図にも記載は無い。

 一体何だったんだろうと後で調べると、戦国時代末期、土佐の長宗我部軍勢に城を包囲された新谷の元城と貞行城が、
 矢に手紙を付けて互いに連絡を取っていたが、途中のこの川に落ちた手紙を長宗我部の兵に拾われ、
 両城とも落城したため、この川を矢落川(やおとしかわ)と呼ぶ。とのことですな。
 矢が届く距離なら、大声で叫べば会話できたと思うのだが、内密の作戦会議でもしてたんだろうか。

【矢落川を渡る】                                【矢落川】


 ここから再び国道に合流する。時刻は12時6分。雲は厚く、もういつ雨が降ってもおかしくない。
 やましん隊長が恐れているのは、上から降ってくる雨粒では無く、
 大型トラック通過時に巻き上げられ、横殴りに飛んでくる水しぶきである。
 これには傘は役に立たない。もうカッパを着るしか無い。せめて国道を離れるまで降ってくれるなよ〜。
 おおー!、やっと内子町に入る。

【最後の国道】                                 【内子町へ突入】


 へんろ案内シールが、ヤマザキショップの先で左折しろとなっている。これでやっと国道から離れることが出来る。

【ヤマザキショップ】                              【国道ともおさらば】


 もう安心。少々雨が降っても折りたたみ傘で対応できる。車の通れそうも無い細い道をゆっくり進む。
 途中、やたらぬかるんでいる場所を通る。いつもぬかるんでいるのか、道脇にへんろ歩き用のブロックが置かれている。
 緩い登りを上がりきると、もうあとは内子の街へ下るだけ。

【普通車以上は通れません】                         【おそらく4駆の軽トラ以外はスタックするぞ】


 道も整備された舗装道路になり、野球場や大きな池の横を下ってゆく。最後に細い道を下ると、JRの内子駅そばの高架をくぐる。

【内子運動公園下の池】                           【JRの高架】


3.内子見物 〜♪
 ここまで来れば、もう帰ってきたも同然。あと20分も歩けば道の駅に到着する。たまに小さな雨粒が手の甲に当たる。
 見ると内子座の行燈?が立っている。とりあえず外観だけでも見ておきますか!

【内子の商店街】                               【内子座への案内塔】


 おおーっ!。奥まった所にあるにしては、結構立派な劇場ですなあ。
 とりあえず、何枚か外観の写真を撮る。入り口のおばさんが、こちらの方を何度も見ている。
 中に入るには金がいりそうなので、一旦、内子座から元の道へ戻ろうとしたが・・・・・、
 ・・・・やはり中が気になり、また内子座に戻る。

【内子座】


 ゲゲッ!入場料は400円。(吉野家の牛丼が食える)・・・・・・・・
 しかし、よく考えてみるとこの機会を逃したら、もう二度と見られないかもしれない・・・・。
 (次回のへんろ歩きは内子スタートだが、朝は早いし、2日後、戻ってくるの時間もおそらく遅い。)
 仕方がない!。この際、見物することにしますか!

 もうここまで来れば雨が降っても傘で十分対応できる。リュックを下ろし、ストックをリュックサイドに刺し、
 折りたたみ傘をいつでも使えるようズボンのポケットに入れる。
 400円払って、内子座突入〜〜♪

 中は思ったより広いな〜。枡席まである。

【見学料支払所】                                【内部1階】


 階段があるので上がると、ここにも3方にぐるりと座席がある。なかなかいい感じの劇場ですな。
 奈落入り口があるので、地下も見物しますか。

【2階席より】                                   【奈落入り口】


 意外に立派な石組があったので驚く。

【奈落内部】


 舞台下まで来ると、舞台の回転と、せりがある。
 後で調べると、大正5年に落成した時には、地下水位が高く、きちんとした奈落では無かったとのこと。
 その後、幾度か改修するが、平成6年になって、やっと現在のきちんとした奈落になったらしい。

【舞台下】


 いや〜、やっぱり見ておいて正解でしたな。あんな所を見る機会はなかなかないもんなぁ。
 その後も内子の商店街(へんろ道)を進む。

【内子の町並み:その1】                           【内子の町並み:その2】


 なんと銀行の支店まで大正チックな外観をしている。
 ここで、昨日の朝、内子駅で入手した観光マップを取り出す。
 なんと本当の内子の重要伝統的建造物群の町並みは、この銀行からへんろ道を逸れて600m程もあるらしい。
 もう、ここまで来れば丸ごと頂きますか!。緩い上り坂を進むと、それらしい建物が両側に建っている。

【伊予銀行】                                   【醸造屋さん?】


 この先はもう別世界。江戸時代的な風景が延々と続いている。
 ここまできちんとしていると、こんな町並みが残っていて、それを偶然観光できたうれしさより、
 ここに住んでいる人とか、管理する方は大変だろうなあという気持ちが先に立つ。(建て替え時のルールは厳しいやろな〜。)
 電柱、電線も無いし車の乗り入れもかなり制限されている。

【内子の重要伝統的建造物群:その1】                  【その2】


【その3】


 結局、600m先の駐車場まで歩き、引き返す。
 撮影した写真はまだまだたくさんあるが、これから行かれる方の楽しみを奪っては申し訳ないので、この程度にしておく。

 さて、あとは帰るのみ。10分ほどで道の駅「内子フレッシュパークからり」に到着!。
 と、同時に雨が降り出す。ギリギリセーフ。カッパも傘も使わず、内子観光も十分堪能できた。

 急いでパジェロにリュックを下ろし、服を着替え帰り支度をする。

【道の駅到着】                                 【ただいま〜♪パジェロ君】


 では、自宅へ帰りましょうか!。距離は200kmだが、やはり渋滞箇所が多い。
 途中あまりいい店が無かったので、昼飯抜きのまま走ること5時間で自宅に到着。ほんま瀬戸内の一般道は疲れるわ〜。

 本日の歩行距離 34.8km、歩行寺間 8時間30分!

今日の散財(2日目)
朝食代 ¥345 セブンイレブン、おにぎり2個とお茶
入場見学料 ¥400 内子座
ガソリン代 ¥6,040 パジェロ走行距離406km
合   計 ¥6,785 昼飯抜き、晩飯も自宅で済ます。   

 前泊含め、今回3日間の出費合計、¥21,427.也〜
 すべて一般道で、パジェロ移動距離も短くなったが、靴代が痛かった〜!
 あれさえ無ければ2万円以下だったのに・・・・(T_T)

←前日へ戻る】   【翌回へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】