【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-26
探  検  名:寺間歩き(愛媛)
歩  行  日:2017年3月8日
歩 行 距 離:42.0km
歩     数:69,180歩
歩 行 時 間:10時間2分
累積  標高:853m

時間データ 時刻 時間 備考
知清公園キャンプ場出発 4:57 0:00 歩行
時間
突合(鴇田峠分岐)直進 8:31 3:34
道の駅小田の郷せせらぎ 9:25 4:28
真弓トンネル入口 11:41 6:44
露霧(農祖峠分岐)直進 12:39 7:42
落合(久万高原交差点) 13:31 8:34
おもご旅館前 14:47 9:50
地図画像が少し大きいです。(横が 1101ピクセルあります)
(クリックで地図のみ表示します。)
※ブラウザの表示画面に入る縮小サイズなるので、
さらに拡大したい場所でマウス左クリックして下さい。
(さらに拡大します。再クリックで縮小します。)
20万分の1で作成。クリックで等倍へ拡大】


粗い地図がお気に召さない方は、下の地図をどうぞ

地図画像が超大きいです。(横が 5459ピクセルあります)
(クリックで地図のみ表示します。)
※ブラウザの表示画面に入る縮小サイズなるので、
さらに拡大したい場所でマウス左クリックして下さい。
(さらに拡大します。再クリックで縮小します。)
4万分の1で作成。クリックで等倍へ拡大】

より詳細なルートを知りたい方は
【やましん探険隊へんろ道ウォーキング一覧】
グーグルマップを拡大・最大化し、ご確認下さい。
(昨年1月から歩き始めた全ルートを見れます。)


(クリックで拡大します)

1.計画

 さて、前回のへんろウォーキングから約2週間。体の疲れも取れたので、そろそろ次の計画を立てる。
 前回は、内子の道の駅で打ち止めとしているので、そこからの再スタートとなる。

 いつも一番悩むのは、パジェロを数日間駐車しておくベースキャンプの場所!
 今回も、前回同様、内子の「道の駅内子フレッシュパークからり」にしようと思っていたが、
 立体駐車場があるのに駐車禁止にしていたり、夜は空いているが、昼間はかなりの車で一杯になる。
 前回は2泊3日で駐めて貰ったが、今回は・・・・・3泊4日!。さすがに文句の張り紙をされないか心配になる。

 そこでネットで探してみると・・・、あれ?道の駅の吊り橋を渡ったすぐ先に無料のキャンプ場があるじゃない!
 予約不要、トイレあり。広い河川敷に車が止め放題である。春から秋は週末キャンプで一杯にになるらしいが
 3月の平日ならほとんどガラガラでしょう!。と言うことで、今回のベースキャンプは「知清公園キャンプ場」に決定!

 【前日】
  ・徳島から内子まで移動。(200km)
  ・知清公園キャンプ場で前泊
 【1日目】
  ・知清公園から道の駅を通り、農祖峠越で久万高原町まで歩く。(約34km)
  ・おもご旅館泊(1泊2食付き)
 【2日目】
  ・44番大寶寺、45番岩屋寺参拝
  ・桃李庵泊(1泊2食付き)
 【3日目】
  ・45番浄瑠璃寺から、松山市内の寺を順次参拝。
  ・可能であれば、JR三津浜駅まで歩き打ち止め
  ・JRで内子駅まで移動。知清公園まで歩きパジェロ回収

  いける!。これで行きましょう!。
  週間天気予報とにらめっこし、3月8日、おもご旅館、3月9日、桃李庵に予約を入れる。

2.前泊

 2月7日、朝から炊事・洗濯・家事・掃除をとっとと済ませ、10時9分、自宅を出発する。
 前回、2月21〜22日のへんろウォーキングから、パジェロ移動ルートが高知経由から瀬戸内側、松山経由となったが、
 移動距離が200kmと短くなったにもかかわらず、信号・渋滞等で5時間もかかり、前日から疲れてしまった。
 今回は、3日間の予定なので、万全の体調で臨みたい。よって、三島川之江ICから伊予ICまで高速有料道路を通ることにする。

 ・・・・・確かにあまり疲れませんでしたなあ・・・・・。当然、時間も短くて済みますよね〜。
 14時6分、内子町、「知清公園キャンプ場」に無事到着〜〜♪・・・・って、こんなに早く来てどうすんの!
 さすが予約不要、無料とあって高級感は無い。(というか、ただの河川敷の空き地やん)。ただし、トイレ、炊事場などはある。

 買い出しにはまだ早いし、辺りをぶらぶらしますか。
 キャンプ場のトイレ、明朝通過する吊り橋、道の駅「内子フレッシュパークからり」の夜間通路などを確認する。

【知清公園キャンプ場】                            【道の駅への吊り橋】


 1時間ほど暇をつぶした後、川を挟んだ対岸のスーパー「ショッパーズ」へ買い出しに行く。
 前回行った「フジ」と比べるとかなり小さい店舗が、それなりに食材はそろっている。
 ここで晩飯、ビール、パン等を購入するが、いまいち物足りなかったので、すぐ近くのサークルKで買い足しする。

 キャンプ場に戻ってきたのが15時25分。まだ辺りは日が高い。そばのゲートボール場では爺さん婆さんがゲームに勤しんでいる。
 おそらく夜間は、全く人通りが無いと思うので、パジェロのバックドアのガラスにだけサンシェードを取り付ける。

 そういえば、天気予報はと・・・・ゲゲッ!明日の朝3〜4時が小雨、5時は「みぞれ」に変わっている!
 今朝までは、内子は翌日ずっと曇りの予報だったはず!。気象庁の嘘つきぃ!
 まあ、6時からは曇りが続くらしいので、良しとすべきか・・・。
 (・・・・しかし、このあと、良しとすべきでは無くなったんですなあ!この時点では、さらに予報が悪化するとはつゆ知らず・・・・)

 16時40分、ゲートボールの老人もいなくなり、だいぶ夕方っぽくなってきたので、少し早いが、一人宴会と行きますか!

 真ん中にあるのが、内子名物、かつ盛の「丸寿し」。当然酢飯の魚寿司と思っていたが、一口食べてみてびっくり!
 なんと、酢飯と思い込んでいたのは、酢でしめた”おから”!。(写真上にマウスを移動してみてください。)
 う〜ん・・・・、これはやっぱり酢飯の方が合うと思うんだが・・・・というか、酢飯じゃないとだめでしょ!
 しかし買ったからには仕方が無い。崩れやすい”おから”をこぼさないように慎重に食べる。
 かなり酸っぱいのと、口の中でぼそぼそするので、なかなか食が進まない。ビールで流し込むように食す。

【前泊一人宴会食材:マウス乗せで丸寿し拡大】             【これは翌朝朝食、昼食等】


 18時過ぎには宴会終了!。寝るには早いので、スマホで時間を潰す。
 19時半になったので、少し早いが、寝ることにし、寝袋に入る。・・・・・・・・が、眠れない!。
 対岸の国道の車の走行音も少し聞こえるが、睡眠の邪魔になるほどでも無い。だが眠れない!
 仕方が無いので、スマホの電子書籍で漫画を読み始める。(読み始めると余計に眠れないのだが・・・・)
 外は雨が降っている。早めに降るってことは、早めに止むのと違うん?
 時刻は23時半。再度、スマホで天気予報を確認すると・・・・・・・・・・・・・何じゃこりゃぁぁぁぁぁ!(ジーパン刑事風)
 なんと、明日午前中はずーっと霙(みぞれ)!。これはあかん!。あきまへんわ!
 だってやましん隊長の靴は、風通しの良いメッシュの布靴〜〜!!
 (いままでも雨の日に歩きたくなかったので、特に天気予報には注意していたのに・・・・・・)
 しかし、こうなったら仕方が無い!。明日は明日の風が吹く!。考えても仕方ないので、ここで本当に入眠〜♪

3.出発

 4時15分。スマホのアラーム音で目覚める。寝袋からでるとかなり寒いので、パジェロのエンジンをかけ、暖房を入れる。
 外は一応、雨は止んでいる。朝食のパンケーキを食べながらスマホで天気予報をみると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 何じゃこりゃぁぁぁぁ!。今日1日中雪!、雪!、雪!。めまいがしてきた。

 しかしここは内子。昨日、自宅から200kmも運転してきて、高速道路も使って、一人宴会もして、
 いまさらここで引き返せるかい!
 こうなったら雪の降っていない内に少しでも先に進んでおきたい。(そのための4時15分起きである!)

 急いで車内の片付け、出発準備を済ませ、4時57分、「知清公園キャンプ場」から出発する。
 道の駅を通り、先に進むと、やはり小雨が降ってきた。幸いにも風が無いので、傘で対応する。
 ・・・と、見る間に小雨はみぞれになり、そして霰(あられ)になる。傘にパラパラとあられの当たる音がする。

 6時5分、長岡山トンネル(392m)に入る。傘を下ろし一息つく。普段は嫌なトンネルだが今日はとてもありがたく感じる。

【天気は小雨から霰(あられ)へ】                      【長岡山トンネル】


 7時29分、乙成のバス停確認。ここまで2時間30分歩いてきた。あられは強弱を繰り返し降り続いている。
 当然ながら、やましん隊長のメッシュの布靴はすでにぐちょぐちょに濡れている。
 ただ、超厚めのウール?の登山用靴下を履いているせいか、濡れた靴下もそれほど冷たくない。(ウェットスーツ状態か?)

 20分ほど歩くと、とうとう歩道に雪?が積リ始めた。車道もタイヤの通るところ以外は雪が残っている。

【乙成のバス停】                                【今岡口付近】


 7時49分、今岡口のすぐ先で、旧へんろ道、そして参拝ポイント「楽水大師」方向への分岐がある。
 こんな天候で、遠回りは嫌なのだが、樹木が被さり、路面の雪が薄そうなので、とりあえず旧道に進む。
 この状況では、おそらく歩き遍路の峠越の山道は通れまい。かなり遠回りにはなるが、車道を進むことに決める!
 おっと、看板に今夜の宿のある久万高原町まで30kmとある。すでに3時間、12kmは歩いてきているので
 今日の歩行距離は42km程度か・・・・・・。この雪で・・・・・このびちょびちょの靴で42kmですかい!

【楽水大師への分岐】                             【久万高原町30kmの非情な看板】


 結局、傘を差しながら歩いたためか、「楽水大師」を見落としてしまい、無駄に遠回りしたことを後悔する。

 道は国道に合流し進む。8時31分、歩き始めて3時間34分で「突合」に到着する(標高130m)。
 左に行くと、歩きへんろ道の一番距離の短い鴇田(ひわた)峠に進むことになるが、鴇田峠は標高790m!
 この雪の中、山道をメッシュ靴で登るのは自殺行為と判断し、このまま国道380号線を進むこととする。

 先ほどから、歩道の雪泥に足跡が続いている。足跡の状態から15分ほど先行している人が居るようである。
 こんな日にへんろ歩きをしている馬鹿は、やましん隊長ひとりぼっちと思っていたが、他にもおるんや〜♪
 なんか安心し、足跡を追いかけるが、何度も雪の溶けかけた雪泥水溜まりに足を落とし込み、冷たい思いをする。

【この先が「突合」】                               【国道380号線】


 9時25分、道の駅「小田の郷せせらぎ」に到着する。
 ただ、この雪の中、水を飲みたいと思わなかったためか、小便も催さない。
 また、少し休憩したところで、ぐちょぐちょに濡れた靴が乾くわけでもないので、素通りする。
 見上げると、一瞬青空が見えてうれしくなる。

【道の駅】                                    【一瞬の青空】


 この先、国道380号線は徐々に登りになる。登るにつれ、雪は深くなる。
 途中道ばたの樹木が雪をかぶっている場所で、町職員?らしき人が写真を撮りに来ている。
 やましん隊長も、とりあえず同じ場所で写真を撮る。

【雪をかぶった道路脇の樹木】


 11時40分、三島神社に到着する。ここから真弓トンネルまではくねくねの登り道。
 標高が上がるにつれ、雪が深くなるが、しかしそれほど寒さは感じない。
 道も溶けかけの雪泥水溜まりが少なくなり、ほぼ雪になってきたので、靴の中に冷水が一気に入ってくることも無くなった。

 などと客観的に書いているが、やましん隊長は生きて帰れるのか?大丈夫か?

【三島神社】                                  【真弓トンネルへの登り】


 もうすぐ真弓トンネルだが、手前の「畑峠」への分岐発見。ここも誰の踏み跡も無く、雪は膝まである。
 当然ながら、ここへの突入も遭難を意味する。常識的に考えこのまま国道をそのまま進む。

 おや?、誰かがトンネル手前の休憩所へ入っていくのが見えた!。おそらくずっと追いかけてきた足跡の人である。

【畑峠への歩きへんろ道入り口:写真クリックで拡大】           【真弓トンネル手前休憩所】


 そこにいたのは、北海道から来た57歳の男性。通し遍路とのこと。
 さすが北海道人。靴はちゃんとした防水のトレッキングシューズ。上下も高級そうなレインウェアで身を固めている。
 ペラペラのウインドブレーカーと、春秋用登山服、そしてメッシュの水に濡れた布靴のやましん隊長とは大違いである。
 (といってもなぜか寒くも無く、足も冷たくない。気温がそれほど低くないのと、超厚手の登山ソックスのおかげか・・・)
 この北海道の人としばし話をし、写真を撮って貰う。ここで昼食(カレーパン)を食す。

【真弓トンネル手前の休憩所にて:やましん隊長52歳、馬鹿の見本ですなぁ!】


 11時41分、歩き始めて6時間44分で真弓トンネル到着!。おいおい!雪いっぱいだけど大丈夫か〜?

【真弓トンネル:標高570m。本日の最高地点!】


 ほふぇ〜〜。トンネルの中は極楽ですなぁ〜♪。真弓トンネルは長さ710mだが、もっと長く続けばいいのに・・・・・
 トンネルを出ると、やっと久万高原町の看板発見。・・・・・・・・といっても、おもご旅館はまだまだ先だが・・・・

【真弓トンネル内部】                              【トンネル出口に久万高原町の看板】


 おいおい、トンネル出ても雪どっさりじゃねーかよ!。久万高原町も雪いっぱいか不安になる。

 真弓トンネルから48分下ると雪も徐々に少なくなり、歩きへんろ道の農祖峠への分岐点、露峰交差点に到着する。
 この条件では農祖峠も、確実に遭難出来るので、このまま国道を直進する。 

【真弓トンネルからは下る】                          【農祖峠への分岐点:露峰交差点。当然国道を進む】


 露峰交差点を過ぎてしばらく進むと、休憩所、トイレに到着する。
 真弓トンネル手前でカレーパンを食ったこともあって、ここでトイレに入る。
 ここで超うれしかったのは、シートヒーター付きウォシュレット!。この大雪の中でケツが暖かい幸せ・・・・・♪
 (冬のアルプス山頂直前で、コンビニを見つけたのと同じぐらいうれしい!)

【露峰の休憩所】                                【トイレはウォシュレット!】


 この後も国道380号線を下り、13時31分、落合交差点到着。ここを左折すると、あとは久万高原中心街へ一直線である!
 北海道の人といろいろ話しながら、緩い登りを進んでいく。
 道路上の雪も無くなった。(歩道には雪があるので、車道を歩かざるを得ないが・・・)

【落合交差点】                                 【久万高原へ北上】


 おおっー!。先に街が見える。あれが久万高原町の集落か〜♪。 地図を見ながら進むと、消防署前通過。
 北海道の人は、この国道33号線沿いの「ガーデンタイム」という宿に予約してあるとのこと。
 やましん隊長は、旧町筋沿いの「おもご旅館」に予約しているので、ここでお別れ。旧町筋への細い分岐を進む。

【久万高原町の街入り口】                          【旧町筋への分岐へ進む】


 旧町筋を進むと・・・・・なぜか各家に桜?桃?の造花が飾ってある。なんだこれは???
 ひな人形も飾ってある。

【通りの花飾り】                                【ひな人形も】


 家によっては、かなり気合いの入った雛飾りもある。
 やっと見つけたポスターには「くままち ひなまつり」とある。雛飾りがあるのは久万町商店街ひなまつり会場(この旧町筋)らしい。
 ポスターでは、この飾りは約2ヶ月間も続くらしい。こんな奥深い高原の街で、かなりの規模のひなまつりが行われているとは・・・

【気合いの入ったひな人形】                         【ポスター:クリックで拡大


 14時47分。歩き始めて9時間50分で、やっと、やっとこさ「おもご旅館」到着〜〜。
 部屋は6畳だが、奥に2畳分の窓際部屋がある。入り口は障子のみ。これではエアコンを付けても熱が逃げる気がする。

【おもご旅館】                                  【宿の部屋】


 とりあえず、靴を乾かすため、女将さんに新聞紙を貰い、靴の中に突っ込む。
 チェストバックに入れていた歩きへんろ地図のコピーも、染料系プリンター複合機でコピーしたため、雪で濡れた部分が滲んでいる。
 明日以降のこともあるので、とりあえず、地図を乾かす。

 30分ほどで風呂が沸いたので入浴し、特に濡れた靴で42km歩いた足の裏を時間をかけてマッサージする。
 その後、濡れた服一式を洗濯、乾燥する。(今日の客はやましん隊長、一人のみ。貸し切りである)

 17時30分。夕食が出来たので、1階の食堂で晩飯を頂く。ビール大瓶2本も併せて注文する。
 
【地図乾燥中】                                 【夕食】


 夕食後、部屋に戻るとなぜか急に悪寒が走る。寒い!。暖房温度を28度にし、パジャマの上に浴衣、ダウンジャケットを着込み
 バファリンを2錠+2錠飲んで布団に入る。20分ほどでやっと寒気が治まる。
 雪中行軍が効いたのか、濡れ靴42kmが悪かったのか判らないが、とにかく体調不調なのは確かなようである。

 翌朝の朝食は6時半なので、スマホの起床アラームを5時15分にセットし、19時から部屋の灯りを消して寝ることにしたが、
 疲れすぎているのか、なぜか眠れない。(昨日と同じか?)
 電子書籍で漫画を読む。23時半に入眠。おやすみなさい♪

 本日の歩行距離 42.0km、歩行寺間 9時間50分!

今日の散財(前泊+1日目)
前日移動中昼食 ¥342 サンドイッチ、カフェオレ(セブンイレブン三好井川町店)
前日高速代 ¥2,600 伊予三島IC〜伊予IC
前日晩宴会、翌日食料等 ¥1,389 寿司、おかず、ビール、奈良漬け等(ショッパーズ内子店)
前日飲料水、ビール ¥842 ビール、あて追加、お茶(サークルK内子店)
宿泊代 ¥7,000 おもご旅館 1泊2食
ビール ¥1,200 ビール大瓶2本(おもご旅館夕食時)
洗濯乾燥代 ¥300 (おもご旅館)
合   計 ¥13,673

 前泊と1日目の出費合計、¥13,673.也〜

←前回へ戻る】   【翌日へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】