【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-27
探  検  名:第44番〜第45番
歩  行  日:2017年3月9日
歩 行 距 離:31.6km
歩     数:53,516歩
歩 行 時 間:8時間11分
累積  標高:923m

時間データ 時刻 時間 備考
おもご旅館出発 6:41 0:00 歩行
時間
大寶寺 7:10 0:29
峠御堂トンネル入り口 7:46 1:05
国民宿舎古岩屋荘 9:17 2:36
岩屋寺参道入口 9:44 3:03
岩屋寺 10:02 3:21
岩屋寺参道入り口 10:29 3:48
峠御堂トンネル東入口 11:26 4:45
国道33号線交差点 13:10 6:29
セイムス 13:12 6:31
コーナン 13:52 7:11
桃李庵 14:53 8:12
地図画像が大きいです。(横が 1724ピクセルあります)
(クリックで地図のみ表示します。)
※ブラウザの表示画面に入る縮小サイズなるので、
さらに拡大したい場所でマウス左クリックして下さい。
(さらに拡大します。再クリックで縮小します。)
【4万分の1の50%で作成。クリックで等倍へ拡大】


より詳細なルートを知りたい方は
【やましん探険隊へんろ道ウォーキング一覧】
グーグルマップを拡大・最大化し、ご確認下さい。
(昨年1月から歩き始めた全ルートを見れます。)


(クリックで拡大します)

1.おもご旅館から 〜

 5時15分、スマホのアラーム音で目覚める。
 部屋のエアコンは寝る間は止めるように言われていたので、すぐに暖房のスイッチを入れる。
 う〜〜ん、やっぱりちょっと熱っぽいかなぁ?。足の裏は痛くない。とりあえずバファリンを2錠飲んでおく。

 部屋の片付けが終わった頃、女将さんから朝食に呼ばれる。暖かい具だくさんのおつゆがありがたい。
 ついでに、女将さんに「やっぱり靴が乾かなかったので、靴下の上にかぶせるスーパーのポリ袋もらえますか????」と
 お願いする。このアイデアは昨夜思いついたもの。
 靴は濡れても、靴下の上からポリ袋をはいておけば、靴下までは浸水しないはず。
 朝食後、もらった袋を片足に2枚ずつかぶせ、足首で粘着伸縮包帯を巻いてとめる。なんとかなりそうである。

 出発準備も済んだので、6時41分、「おもご旅館」を後にする。
 さて、今日も一日頑張りますか!。昨夜も雪が降ったのか、宿前の道に雪が積もっている。
 足は快調。冷たさは全く感じない。多少靴の中で足が滑るので、靴のマジックテープをきつめに止める。
 これなら大丈夫でしょう!(あとは、このポリ袋がいつまで破れずに頑張ってくれるかである。)

【朝食】                                      【おもご旅館出発】


2.44番札所 大寶寺 から 〜

 旅館を出てちょっと歩くと、すぐに大寶寺への交差点に着く。ここを右折すると参道となる。
 橋を渡ると山門のお出迎え。滑らないよう注意しながら坂道を登っていく。

【参道の橋】                                   【山門】


 駐車場を越え、さらに登ると赤い橋が見える。
 雪が残る坂や階段を進むと宿から約20分で44番札所 大寶寺の仁王門に到着する。

【寺への登り】                                 【仁王門】


 昨夜のビールで腹を冷やしたせいか、宿から歩いてきたことで腸が活性化したのか、とにかく急にトイレに行きたくなる。
 見ると境内左手にトイレがあるので大急ぎで飛び込む。
 ・・・・・・・・・ふぅ〜、スッキリスッキリ♪。後のことも考え、ここで神の薬「ボラギノール」も使っておく。

 中央階段を上ると正面が本堂。とりあえず拝む。

【本堂前の階段】                                【本堂】


 右手には大師堂。こちらでも当然拝む。鐘楼もあるがいつものごとくパスする。

【大師堂】                                    【鐘楼】


 昨日から雪の中を歩いてきてやっと1つめの寺を制覇!。ここまで歩いてきても、靴下は全く濡れていないし、冷たくない。
 それでは、さらに山奥の岩屋寺に向かいますか!

 歩きへんろ道は、この大寶時奥から山越えの山道となるが、さすがに今日も山道は無理でしょう!
 と言うことで、今日も車道を歩くことにする。大寶時の駐車場から右折し県道12号線を目指す。

 途中、久万高原町の町並みが見渡せる場所がある。おそらくこの場所には2度と来ないと思うので、記念撮影しておく。

【久万高原町の町並み:雪バージョン:写真クリックでオリジナルへ拡大】


 さて、県道12号線に出たのは良いが、時刻は7時30分。なぜか奥の古岩屋の方から、多くの車がやってくる。
 出来れば雪の少ない車道を歩きたいのだが、車にはねられるので、仕方なく雪の積もっている狭い歩道を歩く。

 やっぱり、雪の歩道は歩きにくい!。それに、出勤に急いでいるのか、かなりのスピードの車がギリギリの所を通過していく。
 さらに、通過時にべちゃべちゃの雪泥をタイヤで踏みつけ、撥ね除けるが、これがやましん隊長に襲いかかってくる!。
 怖いよ〜!。冷たいよ〜!傘を車に向け防ごうとするが、車通過時の風で傘をもって行かれそうになり、逆に危ない!
 仕方なく、車通過時には道路側にケツを向ける。(背中はリュックがガードしてくれる。ズボンにかかったのはふるい落とす。)

 大寶寺から30分程度登ってくると、やっと「峠御堂トンネル(623m)」に到着する。(しかし、このトンネルも歩道狭いなあ!)
 トンネルを抜けると下り道となるが、やはり雪は多い。対向車もまだまだ多い。

 8時10分、畑野川の集落まで下って来た。今日は地図を濡らしたくないので、チェストバッグに入れたままである。
 そこで雪かきをしているガソリンスタンドのおっちゃんに岩屋寺までの距離、時間を聞くが、いろいろ説明してくれた後
 「今日は雪だから、門前町まで兄ちゃんの足で30分ぐらいかなあ」とのこと。
 えっ?もう30分で着くの?・・・と、ぬか喜びしたが、田舎のじじいはとにかく時間を短く言う。
 あとで地図を見ると、岩屋寺の門前町までは7km、晴れた日でも1時間45分はかかる。からかわれたのだろうか!?

【峠御堂トンネル】                               【畑野川集落手前】


 道は再び登りなり、また下る。粉雪も降ったりやんだり。
 8時30分頃にもなると、やっと車も減ってくる。基本、雪の少ない車道のタイヤ跡を歩き、車が来たら雪の歩道へ逃げるを繰り返す。

 9時17分、国民宿舎「古岩屋荘」前を通る。

【2回目の下り道】                               【古岩屋荘】


 ホテル向かいには大きな岩山が見える。雪でよくわからなかったが、他にも穴の開いた礫岩の岩峰がいくつもあるらしい。
 (しかし、今のやましん隊長にはどうでもいいことである。岩山でも穴でも好きにしてくれの精神状態。)
 雪なんか大嫌いだ〜!。岩屋寺はまだか〜!
 昨日今日、曇りの天気予報を出した気象庁の担当者!。廊下に立ってなさ〜い!

【古岩屋】


 9時32分、古岩屋トンネル到着。そこから12分、9時44分、岩屋寺参道への橋に到着する。
 おもご旅館を出て約3時間の道のりであった。(あ〜しんどいわ〜)

【古岩屋トンネル】                               【岩屋寺門前町???への橋】


3.45番札所 岩屋寺 から 〜
 ガソリンスタンドのおっちゃんが、岩屋寺の門前町と言っていたので、もっと大きな町があると思っていたのだが
 橋の入り口付近に小さな集落と、橋を渡った先の参道脇に数件の建物があるのみ。(雪でよく見えなかっただけ??)

 参道の駐車場入り口には、「岩屋寺徒歩20分」の看板がある。
 橋から6分ほど参道を登ると結構立派な山門をくぐる。

【参道の土産物屋】                              【山門】


 山門の先は・・・まだまだ登りは続く。(乾いた道で20分なら、今日の雪道なら30分か?)

【長い階段】                                  【雪が深くなってきたぞ】


 幟が立ち並ぶ参道の上奥に大きな建物が見えてきた。

【上奥に大きな建物が】                            【そろそろ本堂か】


 時刻は10時2分。宿から歩いて3時間21分で45番札所岩屋寺本堂到着〜♪。右が本堂、左が大師堂である。

【本堂】                                     【大師堂】


 本堂右手の岸壁を見ると、大きなくぼみがあり、人の顔のように見える。

【本堂横の岸壁】


 境内には穴禅定があり、洞窟探検が出来る。信仰深い場所なのだろうが、今のやましん隊長は雪が無いだけでうれしい。

【穴禅定入り口】                                【穴禅定 奥】


 本日2つめの札所、岩屋寺の参拝も終わったし、それでは参道を下りましょうか。
 とりあえず、下り階段で「滑って転んで大分県」になっては大変なので、慎重に下る。

 参道登りの時、素通りした土産物店で「生姜湯」のお接待を受ける。暖かくて生姜が効いて甘〜い♪
 この状況下でこのお接待はありがたや〜ありがたや〜♪(体が芯からぽかぽかしてくる気がする。)
 土産の一つでも買ってあげたいが、へんろウォーキングの途中なので荷物を増やすわけにいかない。お礼だけ言って立ち去る。

【下り階段】                                   【滑りやすい下り】


 それでは本日の宿を目指して、今まで歩いて来た道を戻りますか!(・・・もう雪道はうんざりなんだが・・・・)

 おや?岩屋寺前の橋から30分ほど戻ったところで、昨日一緒に歩いた北海道の通し遍路の人に再会する。
 見るとリュックを背負っていない。聞くと、昨夜泊まった「ガーデンタイム」で今日も連泊するとのこと。
 まぁ、この雪なら、それも有りやね。(いいワインでもご馳走になったのだろうか・・・・。)

 こちらはまだまだ先に進まなくてはならない。今朝施したポリ袋2枚重ねもそろそろ限界が来たみたいで、
 だんだん靴下に水気を感じるようになってきた。しかし、一気に水が流れ込むことが無いので、全然冷たくない。
 アップダウンを繰り返し、主に車道の轍跡を進む。(当然ながら車が来れば右の歩道の雪山へ避難する。)

 しかし、長い雪道歩きでだんだん足が痛くなってきた。自動販売機でカフェラテ(ホット)を購入し、バファリン2錠を飲んでおく。

【北海道の人に再会した場所付近:雪しか無い】             【峠付近は雪深し】


 やっと峠御堂トンネルまで戻ってきた。見ると、入口傍らに反射タスキボックスが設置されている。
 今朝、交通量が多かった時、このタスキを着用していれば、少しは車も気を遣ってくれたかもしれない。
 とりあえず、タスキを着用し、トンネルに入るが、この時間帯はほとんど車も通って無いので、ありがたみが無いな〜。
 出口にも同様のボックスがあるので返却する。

【峠御堂トンネル東入口】                           【反射タスキボックス】


 トンネルを抜けると、徐々に天気も回復し、青空に太陽が輝いている。やはり太陽は偉大だぁ!
 久万高原町の旧町筋まで戻ってきた。本来はここで右折し、この旧道を進むべきなのだが、いろいろ買いたいものがあるので
 国道33号線まで直進する。

【今回初めての太陽】                             【旧町筋】


 国道に出てすぐにドラッグセイムスがあったので入店する。
 買いたいのは、昨夜から飲んでいるバファリン、そして足裏保護用の粘着伸縮包帯である。
 今朝、ポリ袋を足首に巻く時、かなり使ってしまったので予備として購入しておく。

【セイムス(薬屋)】                               【お買い物】


 国道を今夜の宿「桃李庵」へ向けて進んでいく。
 時刻は13時20分。そろそろ腹が減った。リュックから一昨日購入したランチパックを取り出し、歩きながら食す。

 すぐ横に道の駅が有り、暖かいものが食べられるのだが、少しでも早く宿に着きたいので先を急ぐ。
 というのも、靴下の水分が大分多くなったためか、雪道を長距離歩いたためか、大腿四頭筋と足の裏が大分痛くなってきた。

 先日、桃李庵を予約する時、宿のご主人から「コーナン」まで来たら連絡くださいと言われていた。
 そのコーナンで、明日の靴下防護ポリ袋とビニルテープを購入した後、店先から宿へ連絡を入れる。

【昼食のランチパック】                            【最近よく世話になるコーナン】


 宿までは1時間。ただし、久万高原町の中心部から標高差130m程の登りとなる。
 写真でも判るように、車道の雪は消えているが、歩道にはたっぷり残っている。
 写真には写っていないが、この道は国道。交通量もかなり多い。車道を歩いていても車が来ると歩道に避難しなければならない。
 面倒くさいので、歩道をズボズボ歩いて行くが、やっぱり疲れますなあ。(車道を歩くと楽で、倍の速度で歩けるのに・・・・)

 コーナンから50分、やっとこさ三坂トンネル(新国道33号線)への分岐点に到着する。

【三坂峠方向へ進む:歩道歩きにくい!】                 【三坂トンネル(新国道)分岐】


 ここからは国道440号線(旧の国道33号線)を50mほど進み、すぐ右手にある林道へ入る。
 この林道も50m程進むと2またに分かれるが、分岐点から左手を見れば、でっかいプレハブの桃李庵が見える。

 14時53分、本日の宿「桃李庵」到着!。入り口横には大量の薪が積み上げられている。
 玄関横にある薪ストーブで1階のほとんどに暖房が行き渡るため、部屋のエアコンは不要である。(一応使用可)

【国道440号線から林道へ入る】                      【林道左の「桃李庵」】


 通された部屋は4畳半。客室の入口上には格子があり、ドアを閉めても寒くない。
 (客の居ない部屋の格子は、パネルで塞がれている。脱着可能)

 靴が濡れているので新聞が欲しいとお願いすると、「大丈夫、ストーブの前に置いておけば明朝までには乾きます」とのこと。

【客室】                                     【薪ストーブと、手前に置かれた隊長の靴】


 今日の客は、やましん隊長一人きり(貸し切りである)。すぐに入浴可能と言うことなので、早速風呂に入る。
 今日はだいぶ足に堪えたので、入念に太もも、膝裏をマッサージする。その後は洗濯!。洗濯100円、乾燥100円とのこと。
 女将さん曰く、「今日はお客さん1人なので、洗濯物はキャスターごと廊下に出しておけば明日の朝には乾きます。」とのこと。
 翌朝未明から、がたがたするのも気が引けるため、今回は乾燥機を借りることにする。(後で不要だったと判る。)

 「食事は早めでも大丈夫ですか?」と尋ねられたので、腹が減っているので、早くなってもOKと返答した。
 17時20分、夕食に呼ばれる。キノコ、野菜類が多く、ボリューム満点。
 食堂全体も薪ストーブでホカホカなのでビール大瓶1本を注文する。
 ビールとおかずで腹一杯になったが、あと、ご飯と味噌汁、ふきのとうの漬物?も頂き、腹パンパンである。

 食事後、桃李庵が創業10周年を記念して作った手ぬぐいと、お茶のペットボトルをお接待として頂く。

【夕食】                                      【お茶と手ぬぐい頂きました】


 朝からずっと寒い中を歩いて来たので、南国のようなこの宿は極楽である。ストーブは夜遅くまでご主人が管理し、
 一晩中、火が消えることは無い。これなら、洗濯物も乾くわけである。
 おそらく、隊長の靴も、明日の朝にはカリカリに乾燥していると思う。

 翌朝の朝食は6時からなので、4時45分にアラームをセットし22時就寝。おやすみなさい〜♪

 本日の歩行距離 31.6km、歩行寺間 8時間11分!

今日の散財(2日目)
飲料水 ¥140 カフェラテ(ホット)、(久万高原自動販売機)
足の治療品等 ¥1,087 粘着伸縮性包帯、バファリンA(ドラックセイムス久万高原店)
雪道対策品 ¥330 ポリ袋、ビニールテープ(コーナン久万店)
宿泊料 ¥6,800 桃李庵、1泊2食
ビール ¥600 大瓶1本(桃李庵夕食時)
洗濯乾燥代 ¥200 桃李庵
合   計 ¥9,157

 本日の出費合計、¥9,157.也〜

←前日へ戻る】   【翌日へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】