【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-28
探  検  名:第46番〜第51番
歩  行  日:2017年3月10日
歩 行 距 離:32.5km(+1.4km内子分)
歩     数:59,804歩
歩 行 時 間:8時間28分(+22分内子分)
累積  標高:1,065m

時間データ 時刻 時間 備考
桃李庵発 6:23 0:00 歩行
時間
旧三坂峠 6:56 0:33
網掛石 8:18 1:55
46番浄瑠璃寺 9:04 2:41
47番八坂寺 9:19 2:56
文殊院 9:37 3:14
札始大師堂 10:02 3:39
48番西林寺 10:30 4:07
49番浄土寺 11:20 4:57
50番繁多寺 11:50 5:27
51番石手寺 12:34 6:01
義安寺 13:03 6:40
道後温泉本館 13:13 6:50
JR三津浜駅着 14:52 8:29
JR三津浜駅発 14:53   鉄道
移動
JR内子駅着 15:51
JR内子駅発 15:53 0:00 歩行
時間
知清キャンプ場帰着 16:14 0:21
地図画像が大きいです。(横が 1530ピクセルあります)
(クリックで地図のみ表示します。)
※ブラウザの表示画面に入る縮小サイズなるので、
さらに拡大したい場所でマウス左クリックして下さい。
(さらに拡大します。再クリックで縮小します。)
【4万分の1を50%で作成。クリックで等倍へ拡大】


より詳細なルートを知りたい方は
【やましん探険隊へんろ道ウォーキング一覧】
グーグルマップを拡大・最大化し、ご確認下さい。
(昨年1月から歩き始めた全ルートを見れます。)


(クリックで拡大します)

1.桃李庵から 〜

 4時45分、スマホのアラーム音で目覚める。部屋は暖かいので服を着替え、片付け、出発準備を進める。
 ゴソゴソしていたためか、5時50分朝食OKの連絡をもらい、すぐに食堂へ向かう。
 残念ながら写真を撮り忘れてしまったが、おかず、お味噌汁も含め、卵掛けご飯を完食する。ごちそうさまでした。

 昨日、宿のご主人に三坂峠から旧へんろ道(山道)を下ることに不安を感じていると言ったところ、
 旧道への詳しい入り口、山道は木が被さって雪が少ないので、絶対大丈夫!と教えて貰った。
 奥さんも、「2km下れば林道に出ますから」と軽く言っていたので、安心して歩きへんろ道に突入することにする。

 食事後、靴下の上に昨日購入したポリ袋を2枚重ね、ビニルテープでぐるぐる巻きにし準備完了。
 布靴は完全に乾いている。やっぱりすごいぞ!薪ストーブ!
 6時23分桃李庵をあとにする。玄関でご主人と奥様が見送ってくれた。お世話になりました!

 林道から国道440号線に出ると雪は無いが、一部路面が凍結している。ストックの先の保護ゴムもグリップしない。
 滑らないよう、氷の無いところを探しながらゆるゆると登ってゆく。(早朝で車がほとんど来ないので助かった。)

【桃李庵でのお見送り】                            【440号線:凍結してます・・・・・】


 宿を出て31分で三坂峠、歩きへんろ道分岐に到着する。
 見ると、すでに数名の足跡が付いている。この辺りは昨日の午後には天候が回復しているので、昨日の足跡かもしれない。
 これさえあれば百人力。明瞭な足跡と案内表示板に従い雪道を進む。

 ここで幸運だったのは、ここが三坂峠で標高が一番高く、早朝で気温が低いこと。(おそらく氷点下)
 布靴で雪道を歩いても、ふかふかの雪を踏みしめる感じで、靴が濡れる感じは無い!
 桃李庵のご主人が、「早立ちするなら何時でもいいですよ!」と、今日も早く送り出してくれたおかげかな。

【歩きへんろ道入口】                             【溶けそうに無い雪】


 道はすぐに急な下りになる。足跡ははっきりしているので道間違いの不安は無いが・・・・・・・
 もし足跡が無い新雪状態だったら・・・・・・この道を間違わずに下れるだろうか????(へんろ道の案内看板もかなり少ない。)
 今回は桃李庵のご主人の自信に満ちた後押しもありがたかったが、目の前にある足跡に感謝する。

【雪の少ないところもある】                          【雪の深いところもある】


 グリップの効く、ふかふか雪道をどんどん下ると、旧へんろ道分岐からたった15分で、急に雪がなくなった。
 これも昨日、桃李庵のご主人が教えてくれたとおりである。
 時間も短かったし、ふかふか雪だったので、布靴もほとんど濡れていない!(これはラッキーである)

【雪が急に少なくなって・・・】                         【すぐに無くなってしまった】


 おや?休憩所(一ノ王子社跡)でテント泊している人が居る。起こさないように、そーっと通り過ぎる。
 そのまま下ると三坂峠の分岐から34分で雪の無い林道(舗装道)到着!

【休憩所:野宿者有り】                            【林道到着!】


 7時45分、坂口屋休憩所でトイレを借り、ここで靴下にかぶせたポリ袋を取り外す。あーっ、すっとした!

【坂口屋】                                    【トイレ】


 その後も案内標識に従い細い舗装道路を下る。
 8時18分、網掛け石に到着する。確かに石の表面に網目状の模様がある。自然現象か?
 細かな説明文は写真に撮ってあとで読むことにして、とりあえず参拝ポイントなので、石もお堂も両方拝む。

【あみかけ大師】                               【網掛石】


 9時、根元を補強した跡のある石灯籠横を通過。おそらく、倒れたものを修復したのだろう。灯明部分も作り直したっぽい。
 3分も歩くと、評判の良いへんろ宿の長珍屋前を通る。この宿の向かいが浄瑠璃寺である。
 (でも長珍ってなんと読むのだろう?ちょうちん?ながちん?まあ、どうでも良いことだが)

【石灯籠】                                    【長珍屋】


2.46番札所 浄瑠璃寺 から 〜

 9時4分、本日1カ所目、46番札所浄瑠璃寺に到着。ここまできてやっと松山平野に降りてきたと実感する。
 長珍屋向かいの階段から境内に入る。山門は見当たらない。

【入り口階段】                                 【細長い境内】


 正面に本堂、右手に大師堂がある。いつものごとく拝む。

【浄瑠璃寺本堂】                               【浄瑠璃寺大師堂】


 さて、歩きへんろは大師堂前から北へ抜ける。この辺りは似たような道があり迷いやすいためか、たくさんの案内表示がある。
 それら道標に導かれ進む。・・・おや?道ばたにあるのは、ミニチュアのお城?。誰かが趣味で作ったのかな?

【次の寺への道標多数】                           【お城ですか・・・・】


3.47番札所 八坂寺 から 〜

 角を曲がると先に見えるはお寺でないかい??。浄瑠璃寺を出てから11分で47番札所八坂寺到着〜♪
 やっぱり近いのはいいですなぁ!。ややこぢんまりとした山門がある。

【先に見えるは八坂寺か?】                        【山門】


 山門をくぐり、階段を上った正面が本堂。とりあえず拝む。すぐ左に「地獄の道・極楽の道」の看板がある。
 見ると、小さな閻魔堂がある。右が極楽、左が地獄。やましん隊長は欲にまみれた煩悩の権化なので、当然地獄行きか。

【本堂】                                     【閻魔堂:左、地獄の道。右、極楽の道】


 まずは地獄から入ってみる。小さなトンネル両側に地獄絵図が描いてある。折り返して反対側の極楽トンネルで戻る。
 きれいなねーちゃんが空を飛んでいる極楽絵図が描かれている。

【地獄の道】                                   【極楽の道】


 極楽から戻ってくると、万躰阿弥陀仏の看板がある。矢印に従い、本堂内に入ると・・・確かにたくさんの小さな仏像が並んでいる。
 何体あるんだろう。本当に1万体あるんだろうか?。数えてみたくなったが、先を急ぐので諦める。

【本堂裏から】                                 【万躰阿弥陀仏】


 本堂の左側に大師堂がある。拝む。

【大師堂】                                    【鐘楼】


 山門から出ると、寺にそって左への歩きへんろ案内がある。これに従い先に進むと大きな池がある。
 八坂寺から12分歩くと文殊院に到着する。ここは札所では無いが、参拝ポイントになっている。

【文殊院への道】                                【文殊院 本堂】


 ここが「四国八十八ヶ所発祥の寺院」と説明書きがある。でもなぜ発祥の寺院が八十八の札所に含まれていないのか謎だ・・・

【文殊院 大師堂(ネットにて調査)】                    【説明文:クリックで拡大します


 悩んでも始まらないので先を急ぐ。文殊院から23分歩いて次の参拝ポイントの札始大師堂に到着する。
 とりあえず拝むが、ここには由来を記した看板などは無い。ネットで調べると四国遍路を始めた衛門三郎の住まい跡が文殊院。
 衛門三郎が、最初に弘法大師の目にとまるよう自分の名前を書いた紙を貼ったお堂が札始大師堂とのことらしい。

【次の参拝ポイントへ】                            【札始大師堂】


 さて次の次を急ぎましょうか。かなりの川幅がある重信川を渡る。久谷大橋からは優雅にゴルフに興じる老人が見える。
 やましん隊長は、基本的に球技は苦手。野球、サッカーに始まり、ボーリング、パチンコに至るまですべてアウトと言っていい。
 ゴルフも何が楽しいのかよくわからない。限られた空間で玉ころで競い合うより、登山とか歩く方が向いてますわ。

【久谷大橋で重信川を渡る】                         【河川敷のゴルフ場】


 今朝、桃李庵を出発してからそろそろ4時間か・・・。だんだん足が・・・足が疲れてきましたぞ。
 痛みを紛らわせるため、またバファリンを2錠飲む。
 もちろん、痛みとは体の調子の悪いところを、それ以上痛めないための人体保護システムとは判っているのだが、
 せめてあと5時間歩かせてくれ〜!

4.48番札所 西林寺 から 〜

 重信川を渡ってすぐに「丈の渕」の参拝ポイントがあるが、時間的制約から、ルート上以外はパスすることにする。
 橋を降りて、斜めの細い分岐に入ると仁王門が見える。10時30分、48番札所西林寺に到着!
 正面に本堂があるので、拝む。

【西林寺仁王門】                                【本堂】


 右手に大師堂、仁王門左側に洗心の塔がある。

【大師堂】                                    【洗心の塔】


 どんどん行きますよ!。へんろ道沿いに商店、病院、学校などの建物も増えてきた。
 途中、小野川にかかるのは「遍路橋」。へんろ道に架かる橋は今までいくつもあったが、なぜこの橋だけが「遍路橋」なんだろう?
 当然名前の由来があるのだろうが、面倒くさいので後で調べることにする。

 久米小学校前には「久米小埴輪園」がある。小学生の手作りだろうか。やはり土地柄か、歴史に興味を持つ人が多いのだろう。

【遍路橋】                                    【埴輪園】


 伊予電鉄の踏切に捕まる。ここで、おばあちゃんと3歳ぐらいの子供が散歩に来ており、
 「おへんろさん、いってらっしゃ」と励まされる。おっちゃんがんばるで〜♪

 踏切を渡り、交通量の多い道を横切ると、先に見えるは浄土寺でしょう!

【久米の伊予電鉄踏切】                           【浄土寺が見える】


5.49番札所 浄土寺 から 〜

 11時20分、49番札所、浄土寺に到着する。立派な仁王門をくぐると、正面に本堂が見える。当然ながら拝む。

【浄土寺仁王門】                                【本堂】


 右手に大師堂、振り返ると鐘楼がある。
 この大師堂の両側には立派な石柱が有り「四国霊場開創1150年記念弘法大師供養塔」と彫られている。

【大師堂】                                    【鐘楼】


 さて、次に行きますか。もうこの辺りに来ると、歩きへんろ地図は役に立たない。
 地図に載ってないような細い道を、道標に従い進む。

【道標】                                     【道標】


 細い道をくねくね進むこと23分、繁多寺の駐車場に到着。

【道標】                                      【繁多寺駐車場】



6.50番札所 繁多寺 から 〜

 着きました〜。11時50分、50番札所繁多寺、山門です。境内に入ると正面に本堂があるので、拝む。

【繁多寺山門】                                 【本堂】


 右隣に大師堂。振り返ると鐘楼。どこも同じような配置ですな。
 当然大師堂も拝む。

【大師堂】                                    【鐘楼】


 繁多寺をあとにし、今日最後の札所を目指す。しかし、やはり足が・・・特に右膝の裏がまた痛くなってきた。
 ちょうどお茶も切れたので、道ばたの自販機でアクエリアスを購入。ここでもバファリン2錠を飲む。
 (こりゃ、明日以降、当分は養生決定ですな。)

 ちょうど昼頃、石手寺手前でセブンイレブンがあったので、ここでおにぎり2個を購入する。
 ここは人通りも多いので、境内の隅っこで食べることにし、リュックのチェストバンドにぶら下げ先を急ぐ。

【途中の自販機】                                【セブンイレブン松山新石手店:おにぎり購入】


7.51番札所 石手寺 から 〜

 セブンイレブンから歩くこと数分で石手寺が見えてきた。横断歩道を渡るとそこが石手寺参道入り口の山門がある。

【石手寺前】                                  【参道入り口】


 山門の先には木製アーケードの土産物店が並ぶ。
 ここは以前、車遍路でまわった時の記憶に残っている。でもこんなに薄暗かったかな?。平日のためか営業していない店も多い。
 名物の焼き餅が売られているが、おにぎりを買ったばっかりなので素通りする。

 お土産物屋を過ぎると、立派な仁王門がある。ここからが本当の境内かな?
 ということで本日6つめの札所、石手寺到着〜♪。やっと着いた〜♪

【石手寺名物、木製アーケード街】                     【仁王門】


 境内に入るとまず目を引くのは立派な三重の塔。正面には本堂があるが手前階段中央にデカい五鈷杵のモニュメントが置かれている。
 (調べてみると、これは密教法具の金剛杵の一つで、もともとは古代インドの神々の武器。
  後に仏教の煩悩を打ち払う菩提心のシンボルになったとのこと。刃が1本なら独鈷杵(どっこしょ)、3本のものは三鈷杵。
  これは5本あるので五鈷杵(ごこしょ)ですな。)

 しかし、山門、仁王門には「集団的自衛権反対」の看板があったり、境内のあちこちに他の寺では見かけないような像があり
 普通の霊場とは少し違う雰囲気を感じるのはやましん隊長だけだろうか???

【三重塔】                                    【本堂】


 本堂左に進むと、曼荼羅のお堂があり、その奥にトンネル入り口がある。

【曼荼羅堂?】                                 【トンネル】


 トンネル入り口には案内図があり、中がマントラ仏の生命の流れになっているらしい。なんじゃこりゃ?
 案内図下には「地底マントラ 平成元年七月竣工」とある。
 中に入ると、一定間隔で電灯はあるが、とにかく薄暗いのでLEDライトを照らして進む。

【トンネル案内図】                               【トンネル内部】


 かなりの距離を登って来た感じがする。やっと、トンネルを抜けたと思ったら出口には大きな岩が鎮座している。
 横をすり抜けると、そこは舗装道路。奥にもまだ何にかありそうだが、時間も無いのでここで引き返す。

【出口の石】                                   【出口(外から見る)】


 トンネル内部には多くの石仏、木製像などがあるが、以前は点いていたと思われる電飾も切れており、とにかく薄気味悪い。
 早々にトンネルを下る。出口直前で、「洞内八十八ヶ所霊場を経て大師堂出口」の分岐がある。まだ大師堂に行ってないので
 分岐の方に進む。

【灯りの切れた電飾と、石仏たち】                      【トンネル分岐:大師堂へ】


 突き当たりには・・・・弘法の額縁のあるお堂と、よくわからない木像がたくさんある。
 ここが大師堂??。絶対違うよな〜!。と、後ろを振り返るとトンネルが2本合流しており、左手に灯りが見える。
 そこが出口か!。

【トンネル内、弘法の・・・何でしょう?】                   【トンネル出口発見】


 やっとトンネルから脱出。しかし、いったいこのトンネルは何のために彫られたのだろう?。
 壊れかけた木像とか、いかにも不要物と思われるものが置いてあったり、怪しさ全開である。

 トンネルを出たところがらくがき堂。大師堂の裏である。ここはらくがき自由らしい。

【トンネル出口(大師堂裏)】                         【らくがき堂:大師堂裏】


 表に回ると、大師堂の表記が見つからない。大きなしゃもじには「すくう大師」とある。
 とりあえず、拝むが、本当にここが大師堂か確信が無かったので、帰ってネットで調べると、やはり大師堂らしい。
 (大師堂と明記していないホームページも有る。)

 境内を西に進むと、変な像、工作作業場、インド風の建物(パゴダ)など、何じゃこりゃが続く。
 とても大きい寺なのだが、とにかく変わっている。

【大師堂】                                    【パゴダ】


 さて、境内から出るとすぐに道後温泉へ続く広い道に出る。
 それでは、JR三津浜駅目指して、最後の力を振り絞りますか!

 おっとここで参拝ポイント「義安寺」到着!。・・・義安寺だよなあ?。なぜか石柱には曹洞宗 義安襌寺とある。

【この先が道後温泉】                             【義安寺?】


 階段を上がると、正面に本堂がある。境内にも義安寺の説明看板がある。よくわからないが、とにかく拝む。

 さて、あとは地図に従い道後温泉本館へ進む。途中、味のある古い建物があるので見ると、杉玉がぶら下がっている。
 ここは酒屋さんですな。「酒粕あります」の張り紙もある。(グーグルマップで調べると「山澤商店」とのこと)

【義安寺】                                    【山澤商店(酒屋)】


8.道後温泉本館 から 〜

 さて、今回の歩きへんろルート上での唯一の観光ポイント、道後温泉本館到着!
 愛媛で最も有名な観光ポイントなので、平日にもかかわらず大勢の観光客で賑わっている。

 そんな中、お遍路さんは、おそらくやましん隊長ただ一人!。回りに誰一人としてお遍路ルックの人がいない!
 やましん隊長、超浮いている!。本当なら、こんな賑やかな場所はすぐにでも立ち去りたいのだが、いかんせん腹が減った。
 すでに買ってあるおにぎり2個はずーとリュックにぶら下がったまま。石手寺でも、変な雰囲気に圧倒され食いそびれていた。
 それに、足の疲労もそろそろ限界。道後温泉本館前にはアーケード街があるが、その入り口横にベンチを見つける。
 そこに座りこむ。そしておにぎりをむさぼり食う。
 (白衣を着て大きなリュックを背負っているので目立ちまくりだが、足の疲労感と、空腹には勝てない。
  羞恥心よ、さらばじゃ〜。プライドなんか1枚百円で何枚でも売ってあげますわ〜♪)

【道後温泉本館】


 食後しばらく休憩し立ち上がるが、足を動かさなかったので、歩き始めは足が痛いぞう!
 ここでも、例の麻薬「バファリンA」を2錠飲む。

 商店街を素通りし、そのまま道を直進すると・・・・・その先に見つけたのは・・・・・・・
 四国で最後の1軒となった男のロマン!。ストリップ劇場の聖地!「ニュー道後ミュージック」!!
 やましん隊長にとっては札所以上の参拝希望ポイントなんだが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(T_T)
 さすがにお遍路ルックで真っ昼間からストリップ小屋に入るわけにも行くまい!。記念撮影をし、泣く泣くその場を立ち去る。

【興味の無い商店街】                             【四国唯一のストリップ劇場】


 すでに全身が疲れているのだが、先ほどの「ニュー道後ミュージック」から次元を越えたエネルギーを貰った気がする!
 時刻は13時30分、JR三津浜駅までは約7km。普通に行けば15時15分。
 当初予定していた汽車は、16時6分発。1本早いのは14時53分!。これには22分遅れか・・・・・
 
 いつもならいざ知らず、この3日間、雪道を走破し、100km以上歩いて来た体はもはや限界に近い!
 しかし・・・しかしやましん隊長には、さっき貰ったうれしいエネルギーが補充されている!
 とにかく、地図と、道標を頼りに面白みの無い道を延々と歩く。

 おおっ!ここにも昭和の香りの長屋発見。手前の更地にも古い建物があったのだろうか。

【昭和の長屋】                                 【道標】


 やましん隊長は頑張ってきたぞぅ!。現在の時刻は14時29分。JR三津浜駅まではあと1.2km。約18分で着く。
 と言うことは、JR三津浜駅には14時47分に到着する。6分の余裕で、1本早い列車に乗ることが出来る!
 間に合ったぞー!・・・・・と思った時である・・・・あれ?通行止めの看板???

 立ちはだかる警備員に、「歩きでも通れませんか?。汽車の時間があるんです!」と頼み込むが、
 向こうは向こうで申し訳なさそうに「すみません、通れないんです。遠回りにはなりますが、国道経由で迂回して頂けないでしょうか」
 と低姿勢の困り顔。そうだよね〜、あんたが悪いんじゃ無いよね〜。工事も必要だからやってんだよね〜。

 仕方が無い。これ以上、元気のなさそうなおっちゃんに迷惑をかけるわけにも行かない。素直に国道へ迂回しますか。
 この迂回路、地図で見るとJR三津浜駅まで1,5倍以上の距離となる。3分ほど間に合わないか・・・。
 この、残り僅かな時間での遠回りは痛い!。とりあえず、国道経由で歩き始める。

 おっと、ここで見つけたのはいわゆるラブホテル!(使い方によっては愛媛一安いらしい)。
 今、この建物の中で何組のカップルが楽しんでいるんだろう?。
 ・・・・・・などと考えていると、またまた別次元からの変なエネルギーがチャージされる感じがする。
 汽車発車まで、もう数分しか無いが、こうなったらいけるところまで行ってやろうじゃないか!
 最後の体力を絞り出し、国道から三津浜駅への交差点を曲がる。最後はよたよたしながら走る!走る!

【三津浜駅最短コース:通行止め】                     【愛媛一安いラブホテル】


 発車時刻まであと1分!。やっとJR三津浜駅が見えた!。ホームではベルが鳴っている。悠長に切符を買っている時間は無い!
 とりあえず切符自動販売機で、JR内子駅までの普通乗車券だけ購入し、改札を抜けるとすでに汽車は発車直前!
 やましん隊長が乗り込むと同時に、ドアは閉まり汽車は発車する。

 ほへぇぇぇぇ〜〜、ギリギリ間に合った〜♪。これも、パワーを貰ったニュー道後ミュージックと、ラブホテルのおかげである。
 (8ヶ所の札所も回り、無事1本速い汽車に乗れたのを、弘法大師のおかげと思いつかないのがやましん隊長らしいと反省)

 ・・・・でも、大急ぎで買った切符、間違ってないよなぁ。スマホで確認し、内子までの金額であることを確認する。
 ただ、松山からの特急券は買えていない。これは松山駅での乗り換え時間に買うとしますか。

 さて、今回のへんろウォーキング、最後は通行止めで歩きへんろ道を迂回せざるを得なかったが、
 実は歩きへんろ道は、JR三津浜駅のすぐ裏(東側)を通っている。そして、駅前から線路を越える歩道橋を渡れば、
 歩きへんろ道に合流できる。(当初は、歩きへんろ道から歩道橋を渡り、三津浜駅に来るつもりだった。)
 よって、今回はJR三津浜駅を打ち止め地点とし、次回は歩道橋を渡り、歩きへんろ道へ合流し再スタートとする。

【JR三津浜駅:打ち止め地点】                       【乗ると同時に発車】


 三津浜駅から各駅停車に16分乗ると、JR松山駅到着〜♪。ここで30分後の特急に乗り替えるのだが・・・・・・
 たかが16分椅子に座っていただけで、体が固まってしまった。汽車を降りるのも一苦労。

 特急券を買おうと改札に向かうが、「特急券は車内で車掌からお買い求めください。」とのこと。
 そうゆうことね。わかりました。

 待ち時間でへんろの白衣を脱ぎ、ウインドブレーカーに着替える。ついでに車内で邪魔になるストックをリュックサイドに片付ける。
 30分後、宇和島行きの特急「宇和海19号」が発車する。24分後、JR内子駅に到着。

 駅には着いたが、ホームから階段を降りるのも一苦労。気合いを入れていないと体が崩れ落ちそうになる。
 さて、それでは、内子駅からパジェロの待つ「知清公園キャンプ場」まで歩くとしますか!

【特急内は満席】                               【JR内子駅】


 ストックを使えば少しは楽に歩けるのだが、一度片付けたものをまた出すのも面倒だ。我慢して歩く。

 内子駅から17分歩いて、知清公園入り口到着!。しかし、パジェロは奥の奥。トイレに一番近いところに駐めてある。
 さらに4分歩いてやっとパジェロに到着!。3日間の留守番、ご苦労であった。

【知清公園入り口】                              【パジェロに到着】


 車に異常が無いか確認後、服を着替え、徳島へ向けて帰ることとする。
 ただ、来る時は、三島川之江ICから伊予ICまで高速を使用したが・・・・・・・
 今日は1分でも早く帰りたい!。と言うことで、帰りは伊予ICから井川池田ICまで高速を利用することにする。

 約3時間で自宅近くのスーパーに到着。今晩のビールと、明日以降の食材を買おうと車を降りるが、
 3時間も同じ姿勢で運転していたので、足が・・・・足が痛いぞうぅぅぅぅ!
 スーパーのカートに体を預け、老人のようによたよた歩く。

 案の定、翌日から3日間。特に右膝の裏の痛みに悩まされ、まともに正座も出来ない状態となる。(完全に病人ですわ)
 やはり雪中行軍、侮り難し!無事に帰ってきただけでも良しとすべきか・・・・・

 本日の歩行距離 33.9km、歩行寺間 8時間50分!
 今回3日間の歩行距離、107.5km。

今日の散財(3日目)
飲料水 ¥160 アクエリアス(自販機)
昼食 ¥290 おにぎり2個(セブンイレブン松山新石手店)
飲料水 ¥130 キリンスポーツ飲料(JR松山駅ホーム)
鉄道代 ¥1,370 JR三津浜駅→JR内子駅(乗車券850円、特急券520円)
高速代 ¥3,190 伊予IC−井川池田IC
ガソリン代 ¥6,365 パジェロ往復400km
合   計 ¥11,505 高速代が、ちょっと高め

 本日の出費合計、¥11,505.也〜
 前泊含め、今回4日間の出費合計、¥34,335.也〜
 高速分が割高になってますな〜〜〜。

 今シーズン、あともう1回廻りたいけど、足の回復次第やね〜。

←前日へ戻る】   【翌回へ進む→】

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】