【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-34
探  検  名:第65番
歩  行  日:2018年2月22日
歩 行 距 離:26.7km
歩     数:46,869歩
歩 行 時 間:7時間7分
累積  標高:783m

時間データ 時刻 時間 備考
寒川豊岡海浜公園ふれあいビーチ駐車場発 7:21 0:00 歩行
時間
ひよけ大師 8:27 1:06
LAWSON 四国中央中曽根町溝又店 8:40 1:19
三角寺 10:16 2:55
椿堂 12:18 4:57
境目トンネル入口 13:41 6:20
民宿岡田着 14:28 7:07
地図画像が大きいです。(横が 3953ピクセルあります)
(クリックで地図のみ表示します。)
※ブラウザの表示画面に入る縮小サイズなるので、
さらに拡大したい場所でマウスをクリックして下さい。
(等倍に拡大します。再クリックで縮小します。)
【4万分の1で作成。クリックで等倍へ拡大】


より詳細なルートを知りたい方は
【やましん探険隊へんろ道ウォーキング一覧】
グーグルマップを拡大・最大化し、ご確認下さい。
(昨年1月から歩き始めた全ルートを見れます。)


(クリックで拡大します)

1.計画

 いやー、たくさん降りましたなあ〜。雪!徳島の平野部でも2月前半に数度の積雪!
 これでは四国霊場最高峰の雲辺寺山にはとても行けまへ〜ん。遭難してしまう〜〜(T_T)
 というわけで、やっと暖かくなって雪も無くなった2月後半、やっとへんろウォーキング再開です!

 今回の難所は当然ながら標高900mを越える雲辺寺!。雪降る中、練りに練った計画は以下の通り。

 【1日目】
 ・早朝(というか未明)、自宅出発
 ・前回区切り打ち止めしたJR伊予寒川駅近くの寒川豊岡海浜公園駐車場にパジェロをデポし、ウォーキング開始
 ・65番三角寺を参拝(愛媛エリア終了!!)
 ・一度、徳島県に入り、雲辺寺登山口近くの民宿岡田に宿泊

 【2日目】
 ・とにかく雲辺寺へ登って下る(雪が残っていないか心配じゃ〜)
 ・観音寺を経て、70番本山寺まで行き、すぐ隣の一富士旅館に宿泊

 【3日目】
 ・行けるところまで行って、疲れ切ったらそこで区切り打ち止め
 ・善通寺から先はしばらくJR線付近を歩くので、その駅から電車で伊予寒川駅まで戻る。(パジェロ回収)

 これで行きますか!

2.出発

 4時45分、スマホのアラーム音で目覚める。眠い〜。しかしそんなことを言っている場合では無い。
 身支度を調え、リュック等をパジェロにぶち込み、5時20分自宅出発。

 高速代をケチるため、池田までは一般道を走る。
 朝の通勤渋滞を避けるため、井川池田ICから土居ICまでは高速道路を利用。
 7時9分に寒川豊浜海浜公園ふれあいビーチ駐車場に到着する。
 2月、平日早朝の海水浴場。寒中水泳をする物好きな客もおらず、駐車場は貸し切りである。

 リュックその他、装備一式も準備完了。パジェロをロックし、7時21分に駐車場から歩き始める。

【自宅出発】                                   【海浜公園駐車場】


 駐車場から5分も歩けばJR伊予寒川駅の北側ホームに到着する。線路を越える歩道橋を渡り、駅舎入口から出る。
 そのまま国道11号線を横切り、讃岐街道(旧へんろ道)へ復帰する。

【JR伊予寒川駅】                                【へんろ道(讃岐街道)に復帰】


 さて、今日は歩き遍路地図上では24km程度の予定なので、さほど気合いも入れず、ぶらぶらと讃岐街道を進む。
 (翌日の雲辺寺山が強烈そうなので、今日はそれほど疲れない計画にしてある。あくまで計画上だが・・・・)

 おや、道ばたに石灯籠があるが、灯明部分が木製ですな。それになぜか妙に傾いている。
 あれだけ重い石が上に載っていると、木製部分が潰れてしまわないか心配してしまう。
 (壊れるたび、作り直して、また石を載せるのだろうか??)

 さらに歩くと、廃屋のような建物にアート作品?、木像などが並んでいる。よく判らないが、あまり管理されていない様子である。

【傾いた灯籠】                                 【アート展示館???】


 8時26分、ひよけ大師に到着。歩きへんろ地図では、ここは参拝ポイントでは無いらしいが、一応拝む。
 石柱には「石床大師堂」とあるが、お堂には「ひよけ大師」とある。なぜ名称が異なるかは不明である。

 地図を見ると、この先にサークルKがあるはず。ここで昼飯を買う予定なのだが・・・・・・見当たらない・・・・・
 何度も地図を見直すが、そこにあるのは「全身もみほぐし2980円」のマッサージ店。
 サークルKが潰れている!。最近、コンビニの再編が多いなぁ〜。などと言っている場合では無い!。昼飯どうすんの!
 こんなことなら1時間ほど前に通ったファミリーマートで買っておくべきだった〜と後悔する。

【ひよけ大師】                                  【サークルKがマッサージ店に・・・・・・】


 しかし、みると200mほど先にローソンの看板が見える。(歩きへんろ地図にはこのローソンの記載は無い)
 仕方ないので、へんろ道から少し外れるが、国道11号線沿いを歩き、ローソンでトイレを借り昼食のおにぎりを購入する。
 店を出てから地図を見直すと、なんと、旧へんろ道はこのローソンの裏通り。
 わざわざ国道沿いを歩かなくても結局ここに来られたわけですな。では、へんろ道に戻りますか。

 このあとへんろ道は松山自動車道をくぐり、三角寺へ向けての登りとなる。

【LAWSON 四国中央中曽根町溝又店】                  【松山自動車道をくぐる】


 この辺りには古いへんろ標石がかなり残っている。(このあと、香川県に入っても数多くの標石あり)
 この古い標石と新しい標石、案内シールを頼りに道は山へと続く。

【古い標石】                                   【山へと誘う標石】


 ゆるゆる、だらだら三角寺を目指して進む。だんだん道幅が狭い部分が増えてくる。
 途中、見晴らしの良いポイントで休憩するが、ここからは伊予三島の製紙工場の煙突がよく見える。

【三角寺への道(細い)】                            【だいぶ登ってきた】


 さらに進むと、案の定、舗装道路から山道へとなる。まあ、この方が足の裏には優しいのでありがたい。

【三角寺への山道1】                              【山道2】


 その山道も20分ほど登ると舗装道路に出てしまう。
 この場所は他の人のブログでもよく出てくる、どちらに行ったら良いのかよく判らないポイント。(案内看板などは無い)
 事前調査の記憶を頼りに左に曲がり、緩やかに下っていくと、三角寺の駐車場に到着〜♪

【山道から舗装道路へ】                            【三角寺駐車場】


2.65番札所 三角寺 から 〜

 時刻は10時16分。歩き始めて2時間55分。計算ではここまで10.7kmなので、少しペースが遅いな。だらだら歩いたせいか?

 階段を登ると、山門があるが、中央に鐘がぶら下がっている。もちろんやましん隊長は鐘は打たない。
 (鐘を鳴らして、納経所の人が準備をするといけないので・・・・)

【三角寺】                                    【山門(仁王門)】


 山門をくぐると、左手に境内が広がっている。一番奥に本堂、手前右手に大師堂があるので、拝む。

【本堂】                                     【大師堂】


 さて、ここからは番外霊場の「椿堂」まで下っていくはずだが、どちらに行って良いのか解らなかった。
 駐車場横の看板にはUターンして下る大きな矢印と、反対へ登れとの4枚の小さな案内シールがある。
 どっちが正解なんだ???
 ふと見ると、駐車場向かいの家の前の一脚にお婆さんが座ってこちらを見ている!じっと見ている!
 「道が解らないなら私に聞け!」と言わんばかりの眼力である。
 静かな威圧感にしばらく躊躇していたが、悩んでいても仕方が無いので、お婆さんに椿堂への道を尋ねると
 「この道をまっすぐ上っていって、向こうの山の赤い屋根の家の横を通って、その先の分かれ道を左に下るんよ」
 となめらかな口調で教えてくれた。道を教えて満足したのか、お婆さんは一脚から立ち上がり、家の中へ消えていった。
 おそらく、あのお婆さんにとって、歩きへんろの人に道を教えるのが生きがいになっているのだろうと、勝手に解釈する。
 なにはともあれ、道は解ったので先に進む。婆ちゃん、ありがとう!長生きせえよ〜。

【難解な道標】                                 【眼力強いお婆さん】


 お婆さんの教えの通り歩くと、赤い屋根の家に到着。確かにこちらからも三角寺駐車場がよく見える。良い目印の家である。

 さらに進むと、こんな山中に小綺麗な民家があり、道を挟んだ向かいの庭に伊予三島市街が一望できるテーブルと椅子が置いてある。
 夏の夜、ここで夜景を見ながらビールを飲むとうまいだろうなあと、うらやましく思いつつ、
 逆に、町までは遠くて不便そうだし、先日の大雪の時は、この家の人はどんな生活を送ったのか心配してしまう。
 まあ、人それぞれ。住めば都ってことですな。

【三角寺向かいの赤い屋根の家からの眺め】               【展望の良い庭:うらやましい】


 先ほどの小綺麗な民家から30分ほど下ってくると、やっと平山集落が見えてくる。
 歩きへんろ道は舗装道路をショートカットする細くて急な道を下る。

【下界へ降りてきた】                              【ショートカット道】


 平山集会所の前を通ると「ゆらぎ休憩所」の看板のあるへんろ休憩所がある。
 時刻は11時30分。朝食は未明のコンビニサンドイッチだけだったので腹が減ったな〜。
 ここで昼飯にしますか!。先ほどローソンで買ったおにぎりを食す。

【平山のゆらぎ休憩所】                            【昼食のおにぎり1個】


 道はさらに下り、谷川沿いの急な階段を降りたりもする。
 あや?。前に見える高架は高知自動車道か。この下もくぐり、ひたすら東へ進む。

【生活道をショートカットする急な階段】                   【高知自動車道をくぐる】


 12時48分、番外霊場「椿堂(常福寺)」に到着する。
 ここは高速道路が出来る前、幾度となく通った国道のすぐ近くにある。その存在は知っていたが、今まで縁が無かった寺。
 やっと来ることが出来た。(しかし、なんで椿堂と呼ばれているかは知らないのだが・・・・まあいいでしょう!)

【椿堂鐘付き門】                                【お堂】


 椿堂をあとにし、道は国道に合流する。ここで隊員1号からラインあり。今年県外の大学を卒業し就職するので引っ越しの件である。
 そこに副隊長(嫁)も参加し、グループビデオ通話が始まる。
 歩きスマホがいけないのは解っているが、便利な世の中になったもんだ。これが無料で使えるとは。(もちろんデータ料は要るが)
 話をしているとそちらに気が行ってしまい、旧へんろ道への分岐もすっ飛ばし国道をぷらぷら歩いて行く。
 (すぐにまた合流するので気にしない)

 LINEビデオ通話も終わり、さらに国道を進むと、今晩の宿である民宿岡田が設置したと思われる案内板発見。
 まっすぐ進めば国道の境目トンネル、右に逸れれば旧歩きへんろ道の境目峠経由である。
 本来なら旧歩きへんろ道に行くべきだが、いかんせん明日は強敵、雲辺寺登山が控えている。出来るだけ疲労は避けたい。

 それに、他の人のブログにも載っていたが、トンネル先には「ドライブイン水車」があり、そこのうどんが妙にうまそうだった。
 今日は朝も昼も軽食で腹が減ったな〜。まだ時刻は13時30分。宿の夕食までは時間もある。
 と言うことで、総合的に判断して境目トンネル経由でに進み、ドライブインでうどんを食することに決定!

【国道を進む(徳島県池田方面へ)】                    【峠越えの旧へんろ道分岐】


 13時40分、徳島県と愛媛県の県境となる境目トンネルに到着。(そのまんまの名前やな)
 距離も855mもあるので排気ガス対策としてタオルをマスク代わりにする。

【境目トンネル】                                  【簡易マスク】


 しかし、このトンネルの歩道は狭いなぁ。一段高くなっている分、少しは安全だが、大型トラックがすぐ横を通ると怖い
 タオルの代用マスクも息が苦しいだけで排気ガスにはあまり効果が無く臭い!
 壁にすり寄り、ひたすらトンネル出口を目指して進む。13分かかってトンネル脱出。ふぃ〜、一安心である
 見ると徳島県三好市の看板がある。一時的にでも地元の県に戻ってきてホッとする。

【トンネル内部】                                 【一時的に徳島県に復帰】


 さて次は、う・ど・ん!。少し歩けばドライブイン水車がある。
 おやっ?・・・・・・・・看板の上のパトライトが回っていない・・・・・・嫌な予感がする・・・・・・
 入口に回ると・・・・ガビョ〜〜ン。「本日休業」(窓には木曜定休日とある。今日は・・・木曜日じゃぁ!)
 残念!。定休日まで調べていなかった。うどんはあきらめるしかない・・・。

【ドライブイン水車】                               【本日定休日】


 仕方が無い。少し早いが宿に向かうことにする。とりあえずドライブインの自動販売機で110円のミネラルウォーターを購入する。
 すると自販機から「当たりです!もう一本、お好きなのを選んでください!」との音声が!
 ラッキー♪、先ほどうどんが食えず、落ち込んでいたが、一気にハイテンション!
 しかし、慌て者のやましん隊長、反射的に買ったのと同じミネラルウォーターをもう一本選んでしまった。
 ボタンを押してからハット気付く。この自販機には110円〜150円の飲み物がある。一番高い150円のも選べたはず!
 自分の愚かさに自販機の前で一人落ち込む。(まぁ、当たりは当たりで良かったんですけどね〜(T_T))

【ミネラルウォーター:バリュープライス】                  【当たりでもう一本:バリュープライス・・・・】


 それではとっとと宿に向かいますか!。ドライブインから少し進むと国道から逸れる分岐に民宿の案内板あり。
 細い道を進んでいくと着きました!。14時28分 民宿岡田に到着です。(うどんが食えなかった分、早く着いてしまった)
 今日は軽めの計画のはずだったのだが、三角寺の上り下りの27km歩きで少し疲れてしまった。

 民宿岡田は雲辺寺へのベースキャンプとしてへんろ客がよく利用する人気の宿。特に高齢のご主人の話が面白いらしい。

 奥の建物入り口で声をかけると若女将が出迎えてくれ、ストックの先を洗って部屋まで運んでくれた。
 部屋は5畳。一人で寝る分には十分である。一応内側からかけるフック式の鍵もある。(使う気も無いが)

【民宿岡田】                                   【客室】


 風呂前に若女将から洗濯の場所を聞いておく。洗濯、洗剤は無料。乾燥機は30分100円。
 大体皆さん30分でほとんど乾き、あとは部屋のハンガーにぶら下げておくらしい。
 乾燥機横には、お遍路さん用連絡板(ホワイトボード)がかけられている。連絡板だが、みんな好き勝手なことを落書きしている。

【洗濯機:(左全自動、右2槽式】                       【乾燥機】


 それでは風呂でくっさい汗を流しますか。浴槽角に殺菌保温循環ユニットがつけられており40℃のお湯が循環している。
 (滅菌剤補充の赤ランプが点滅しているが、細かいことは気にしない)
 お風呂のあと、本日の戦闘服一式を洗濯乾燥する。
 あとは晩飯まで翌日のコース確認、再度隊員1号と引っ越しの件でLINEなどをして時間を潰す。

 18時前に晩飯に呼ばれる。刺身、煮付け、ハンバーグとメニューも豊富。
 他に客は1人。この民宿の89才の主人曰く、この客はなかなか有名な方らしい。
 その客は主人の作る焼酎お湯割りをグイグイ飲み干していく。主人の話も面白く、ビール大瓶を2本も飲んでしまった。
 最後に、その客からカレンダーまで頂いた。(出版関係の仕事をしているらしい。)

【お風呂】                                     【夕食】


 いや〜、89才のご主人、ええ味出してますな。話し上手の酒注ぎ上手。楽しい夕食でした。

 20時30分に布団に入るが、なかなか眠れず、ビール飲みすぎのせいかトイレに3回行って、22時30分にやっと入眠〜♪

 本日の歩行距離 26.7km、歩行時間 7時間7分!

今日の散財(1日目)
朝食 ¥397 LAWSON サンドイッチ・コーヒー
高速代 ¥1,170 井川池田IC→土居IC
昼食 ¥198 LAWSON おにぎり
飲料水 ¥110 自販機 ミネラルウォーター(当たりでもう一本!)
乾燥代 ¥100 民宿岡田 乾燥機
宿泊代 ¥6,500 民宿岡田 一泊二食付
ビール ¥1,000 民宿岡田 大瓶2本
合   計 ¥9,475  

 本日の出費合計、¥9,475 − 也〜

←前回へ戻る】   【翌日へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】