【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-35
探  検  名:第66番〜70番
歩  行  日:2018年2月23日
歩 行 距 離:30.0km
歩     数:60,232歩
歩 行 時 間:9時間21分
累積  標高:1167m

時間データ 時刻 時間 備考
民宿岡田発 6:46 0:00 歩行
時間
66番雲辺寺 8:55 2:09
67番大興寺 12:07 5:21
68番神恵院 14:34 7:48
69番観音寺 14:40 7:54
70番本山寺 15:58 9:12
一富士旅館着 16:07 9:21
地図画像が大きいです。(横が 1827ピクセルあります)
(クリックで地図のみ表示します。)
※ブラウザの表示画面に入る縮小サイズなるので、
さらに拡大したい場所でマウス左クリックして下さい。
(さらに拡大します。再クリックで縮小します。)
【4万分の1で作成。クリックで等倍へ拡大】


より詳細なルートを知りたい方は
【やましん探険隊へんろ道ウォーキング一覧】
グーグルマップを拡大・最大化し、ご確認下さい。
(2016年1月から歩き始めた全ルートを見れます。)


(クリックで拡大します)

1.民宿岡田から 〜

 5時45分、スマホのアラーム音に起こされる。布団はたたまずにそのまま置いといて欲しいと頼まれたので、
 少しだけ位置を整え、敷いたままにしておく。着替え、荷物のパッキングをとっとと済ませる。
 朝食予定、6時30分の5分ほど前に食事が出来たと呼ばれる。

 最近、朝ご飯を腹いっぱい食べると、歩き始めて30分後に必ずと言って良いほど腹が下りトイレに困るので
 本日も白ご飯は半膳にして貰う。(食事後に「下痢ストッパ」も忘れず飲む。この年で野グソはやだね〜)

 さて、朝食も終え、6時46分、そろそろ出発しますか!。ご主人が表の通りまで見送りに来てくれたので、記念撮影する。

【朝食:これにご飯とお汁】                          【民宿岡田のご主人と】


 宿をあとにし、15分ほど歩くと7時ちょうどに雲辺寺登山口に到着する。それでは・・・・・登りますか!
 登り始めて、田んぼの縁を歩いて、分岐になっても案内シールなんかが無くて・・・・・・おや?道間違えたか???
 高速道路直下の舗装道でしばし悩む。この高速道路下をくぐるはずだが、東に行くか西に行くか。

 とにかく元の位置付近までと西に進むと、ありました!下からの歩きへんろ道が!
 どこか曲がらなくてはいけない所を見落とし東の方に行ってしまっていた模様。
 (あ〜、戻れて良かった。朝初っぱなからこれでは先が思いやられる。

【雲辺寺登山口】                                【途中で道を見失い、逆に戻って遍路道に復帰】


 その後は慎重に案内シール等を頼りに登っていく。途中、徳島自動車道がよく見える。
 この高速道路は何度となく通っているが、まさかそのすぐ脇にこんな道があるとは思わなかった。
 このあと道は未舗装の山道となり、急坂をが続く。

【徳島自動車道〜!。俺はここにいるぞ〜!】               【山道へと変わる】


 登山口から17分も登ったところに、これまた他の人もブログで有名な自転車が置いてある。
 何年も前のブログにも載っているので、5年以上はここに捨てられているわけだが、質の良いステンレスなのかピカピカである。
 (自分の家の自転車の方がよっぽど汚い。誰かが毎日ここまで通勤しているのではないかと思うくらい傷んでいない)
 でも、なぜこんな所まで苦労して捨てに来たんだろう。足摺岬近くで山道途中にテレビが捨ててあったのを思い出してしまった。

 山道はそれほど歩きにくいところは無い。所々に倒木があるがその横は通行可能。ゆっくりと登っていく。

【謎の自転車】                                 【謎も無い普通の倒木】


 気温は低いがさすがに登りでは汗ばむ。40分も登れば山道もだんだん傾斜が緩くなってくる。
 登山口から登り始めて1時間5分でやっと標高665mの舗装道路に到着する。
 あとはこの道をゆるゆる登っていくだけと一安心したのだが・・・・・

【緩い傾斜の登山道上部】                           【舗装道路に出た!】


 ゲロゲロゲロ・・・・・やっぱり残ってましたな!雪!!。それもアイスバーン!!!
 こんなこともあろうかと、リュックの天蓋部には軽アイゼンを入れてある。
 しかし、日の当たる場所は雪が無いし、リュックを下ろすのも面倒だ。(せっかく持ってきているのに・・・)
 出来るだけタイヤで踏まれていないザクザクしている場所を選んで歩いて行く。

 登って行くにつれ、凍っている部分が多くなる。危うく滑りそうになること数回。
 普通に考えれば軽アイゼンを装着すべきだが、馬鹿なので仕方が無い。

【斜面にはそれほど雪は残っていない】                  【ほとんど全面凍結道路】


2.66番札所 雲辺寺 から 〜

 8時55分、登山口から1時間55分でやっと雲辺寺に到着です!。さすがに境内はきれいに除雪されていたらしく
 雪は残っていない。安心して参拝できる。まずは本堂から拝む。

【雲辺寺到着〜♪】                               【本堂】


 少し奥に大師堂があるのでここも当然拝む。鐘楼は打たない。

【大師堂】                                     【鐘楼】


 鐘楼の横にマニ車があるので回すが、石で出来ているので重い!。両手を使って5つとも2回転させる。
 (少しは御利益があるかな?)

 来た道を戻り、トイレに進むと立派な仁王門がある。しかし、この仁王門はなぜか通行止め中である。
 何故だろう???(階段が急なので、滑り落ちる危険があるためか?。)

【マニ車】                                     【通行禁止の仁王門】


 仁王門を通り過ぎると、道の両側に五百羅漢像が並んでいる。いつ頃作られた物かは不明。
 (石像なのでそれほど古い物では無さそうである。)

 さらに進むと無線の中継局がある。こんな山の上に、よくこんな設備が出来た物である。
 (むしろもっと昔にここに雲辺寺を作った方がすごいのだが・・・・)

【五百羅漢】                                   【無線の中継局】


 もう一つの無線局の手前で、へんろ道は左へ分岐し香川県へ下る。
 これから先は日の当たりにくい北斜面。残雪も多いだろうな〜と思っていたが最初はそれほど多くは無い。
 しかし、なぜ斜面の雪は無いのに登山道だけ雪が残っているのか不思議だ。踏まれて固まっているのか?

【ここから下り道】                                【登山道だけ残雪】


 もう少し下り、さらに陽当たりが悪くなるとさすがに残雪が多くなる。木の丸太で階段状になっているところはカチカチに凍っており
 案の定、ここで滑って大転倒。怪我をしなかったは弘法大師のおかげか??
 (それでも軽アイゼンを着けないのは馬鹿を通り越してますな。)

 ただ、標高800mを境に一気に雪が無くなり、快適な春山っぽくなる

【残雪多い北斜面下山道】                          【800m以下は快適】


 しかし、この下り道、長〜〜〜い。下っても下ってもなかなか下界に着かない。
 山道後半は傾斜も急になり、太もも、膝がだんだん痛くなってきた。

 山頂から下り初めて1時間30分。やっと舗装道路に出る。この時点でもうだいぶ足にきている。

【急な下り】                                    【やっと下界】


 山道が終わってほっとしたが、その後のアスファルト道歩きもしんどいですなあ。
 田舎の生活道をトボトボ歩く。あ〜足が重い。だんだん足の裏が痛くなってきた。

 途中、道が五差路になっているところがあり、地図ではどの方向に進めば良いか解らなかったが、
 近づくと、角の家の擁壁にでっかく「→67番太興寺→→→」と書いてありました。
 たぶん今まで何百人ものお遍路さんが道を聞いたので、こんなにでっかく書いてくれたんだろうなぁと感謝する。

【田舎道を歩く】                                 【でっかい案内】


 12時2分、太興寺の裏の通用口に到着する。しかし、ここから参拝は出来ないらしい。
 仕方が無いので、寺の外側をぐるっと回って、坂を下って駐車場奥の仁王門へ向かう。(この僅かな下りさえ辛いのに・・)

【参拝者進入不可の通用口】                         【仁王門が見えた】


3.67番札所 太興寺 から 〜

 12時7分、大興寺到着〜〜。仁王門をくぐり、再度階段を登る。(あ〜しんどい。)
 雲辺寺を上り下りしてきた歩きへんろには、通用口からの参拝を許可して欲しいのが率直な感想である。
 境内正面には本堂。とにかく拝む。(いつも通りの光明真言3回と南無大師遍昭金剛3回)

【仁王門】                                    【本堂】


 右手に大師堂があるので、ここでも拝む。

 足がしんどい〜。腹も減った〜。大師堂の向かいにベンチが4つあるのでここで昼休憩にする。
 昼飯は民宿岡田のお接待で、今朝渡されたおにぎり。新聞紙の包みを開けると梅と、ごま塩のおにぎり2個、たくあんに佃煮。
 そういえば今朝、民宿岡田を出てからここまで一件の店屋もコンビニも無かったなあ。(民宿岡田のご主人に感謝!)

【大師堂】                                    【お接待の昼食】


 おにぎりを頬張り休憩すると少しは元気が出てきたぞ〜。それではまた歩きますか!
 もう参拝は終わっているので、今度は通用門から堂々と出て行く。(ただ、階段を下って登り直すのが嫌なだけだが・・・)

 道は観音寺方面への緩い下りが続く。所々、旧へんろ道へ誘われ、登り道もあったりする。
 振り返ると遙か彼方に山頂に無線塔がある雲辺寺山が見える。あそこへ登って下って来たのか〜。しんどいはずじゃ〜。

【旧へんろ道分岐】                               【振り返れば雲辺寺】


 太興寺から2時間ほど歩くと観音寺市街に入る。ここまでくれば、神恵院、観音寺ももうすぐである。
 お店も多くあり、道ばたには「ほていさん」の石像も笑っている。
 笑っていないのはやましん隊長。うう・・・・・足が重い、足の裏が痛い・・・・・。

【善通寺市街】                                 【ほていさん】


 この財田川に架かる橋を渡れば、お寺はもうすぐ。
 渡った先の川底に奇妙な形の岩があり、笹で囲まれ祀られているようである。これは何でしょう??
 (今のやましん隊長にはどうでもいいことなんだが・・・・)

【財田川に架かる三架橋】                          【この岩は何だ??】


4.68番札所 神恵院 69番札所 観音寺 から 〜

 三架橋を渡り、少し歩くと寺の仁王門がある。門をくぐり階段を登るとお寺が2つ並んでいる。
 札所番通り、先に左奥の68番札所神恵院本堂から参拝する。

【神恵院・観音寺共通仁王門】                       【神恵院 本堂(外側)】


 この本堂、外見はコンクリートで覆われ変わっているが、中に入ると普通っぽい形状の本堂がちゃんとある。
 なぜこんな構造にしたかは不明である。本堂手前左手に大師堂がある。こちらでも拝む。

【神恵院本堂(内側)】                              【神恵院 大師堂】


 しかし、同じ境内に、札所が2つもあるのは楽で良いですな♪。
 境内東側の観音寺は大師堂が手前にあるのでこちらから参拝する。続いて本堂も参拝する。

【観音寺 大師堂】                               【観音寺 本堂】


 今日の予定は次の本山寺で終わり。重い足を引きずり残り5kmの道を進む。
 本山寺へは財田川の右岸と左岸の両側に道があるが、右岸側は車の交通量が多そうな道なので、
 橋を渡り左岸側を歩くことにする。

【本山寺まであと5キロ】                            【再び財田川を渡る】


 さて、この橋を渡り、左の土手上の道へ曲がろうとした時に、青いパトライトの車が正面からやってくる。
 スピーカーからは、「児童の下校時の安全確保のため皆さんで注意しましょう」と言った趣旨の内容が流れている。
 地元の自治会か保護者会の巡回パトロールカーやな〜と気にもとめなかったのだが・・・・・・・

 3分ほど土手上の道を歩いていると、変な視線を感じる。振り返ると斜め後ろに巡回パトロールカーがのろのろ走っている。
 やましん隊長が邪魔で追い抜きにくかったのかなーと思い、右端によって1分ほど歩いて振り返ると
 巡回パトロールカーがぴったりあとをつけてくる!。
 やましん隊長が止まると車も止まる。歩き出すと車ものろのろ動き出す。
 やっぱり思いっきり補足(ロックオン)されている!
 やましん隊長、完全に不審者扱い!!(おそらく夕方には観音寺市の不審者情報に載るのは確実!)
 あのなあ、お遍路の白衣を着た不審者がどこにおんねん!
 (やましん隊長、変態かつエロ親父であることは否定しないが、人に迷惑をかけることはいたしません!)

 文句の一つも言ってやろうと思ったが、相手につけいる隙を与えるのもしゃくなので、無視して歩くことにする。
 パトロールカーはその後3分ほど尾行してきたが、こちらが反応しないのであきらめたのか、急に速度をあげ走り去って行った。
 石でも投げてやりたかったが、通報・逮捕されても困るので、ここはぐっと我慢のやましん隊長、大人の対応。

【パトロールカーに尾行されている最中の土手上の道】          【咲いていない桜並木】


 土手上の道は、鉄橋部分で土手下道となる。これは臨時的な道だろうと思っていたら、道脇に立派な石柱が立っている。
 う〜〜ん、台風とかの水位上昇時、このへんろ道は水没すると思うのだが・・・・
 堤防内の土手下道は約1kmほど続く。

 本山寺への橋手前で道は分岐するので、そこで土手上に上がり、歩道の無い狭い橋を渡る。
 正面にはおそらく修理中の五重塔が見える。

【鉄橋手前で道は堤防内へ】                         【本山寺手前の橋】


5.70番札所 本山寺 から 〜

 ほぇぇぇぇ〜〜〜。着きました〜〜。本日の最終目的地、70番札所本山寺。時刻は15時58分。
 まずは仁王門をくぐり境内に入る。案の定、五重塔は平成大修理の真っ最中。残念!
 まあ、五重塔は翌日の善通寺にもあるし、良しとしますか。(修理も必要だからやってるんだしね〜)

【本山寺仁王門】                                【修理中の五重塔】


 その横には国宝の本堂があるので、拝む。国宝だったら、もっとガードしなくて大丈夫なんだろうか?
 本堂右手に大師堂があるので・・・・拝む。本日はこれにて終了!

【本堂】                                      【大師堂】


 本堂と大師堂の間を抜け、大草鞋が祀ってある山門をくぐると、本日の宿屋はもう目の前。
 昔ながらの遍路宿といった感じの一富士旅館
 玄関が2つあり、左の玄関灯の付いている方の扉を開け、声をかけると、女将さん登場。やはりこちらの玄関で正解だった。
 部屋に通されると、8畳もある大広間。隣との境は襖のみだが、本日の客は私一人(貸し切りじゃ〜)。
 隣に気兼ねすること無くゆっくり出来る〜。

【一富士旅館】                                  【客室】


 しばらくすると、風呂が沸いたとの連絡あり。早速入りに行く。木製の蓋が良い雰囲気ですな。
 一人ではいるのはもったいない大きめの浴槽で汗を流す。
 お風呂のあと洗濯しようと思ったが、乾燥機が無いので部屋干しになるとのこと。
 それなら洗濯しなくても1晩干しておけば臭いも大丈夫だろうと思い、上着とズボン、白衣は部屋にぶら下げる。
 (今回のへんろウォーキングも翌日が3日目の打ち止め日なので、下着類はそのまま持って帰れば良いだけやしね。)

 さて晩飯!。最初、時間はいつでもいいですよと言うと、女将さんから、では18時でと話が付いたはず。
 だが、17時30分に、もう晩ご飯が出来てしまったとのこと。こちらも腹ぺこなので、急ぎ食堂に行く。

 品数も多く満足〜満足〜♪。昨日はビールを2本飲んで、寝る前に3回もトイレに行ったので、本日は大瓶1本で我慢する。

【浴室】                                      【夕食】


 今日は雲辺寺越えで時間をとられ、16時まで歩いたのでバテバテ〜〜m(_ _)m
 翌日は6時から朝ご飯の予定なので21時に入眠。おやすみなさい〜♪

 本日の歩行距離 30.0km、歩行時間 9時間26分!

今日の散財(2日目)
飲料水 ¥260 ポカリ、ミネラルウォーター
宿泊代 ¥6,500 一富士旅館 一泊2食付き
ビール代 ¥500 一富士旅館 大瓶1本
合   計 ¥7,260  

 本日の出費合計、¥7,260 ー 也〜

←前日へ戻る】   【翌日へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】