【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-36
探  検  名:第71番〜第77番
歩  行  日:2018年2月24日
歩 行 距 離:31.0km
歩     数:59,465歩
歩 行 時 間:9時間28分
累積  標高:685m

時間データ 時刻 時間 備考
一富士旅館発 6:10 0:00 歩行
時間
ファミマ豊中町店 6:56 0:46
71番弥谷寺本堂 9:32 3:22
72番曼荼羅寺 10:44 4:34
73番出釈迦寺 10:56 4:46
74番甲山寺 11:44 5:34
75番善通寺御影堂 12:11 6:01
   善通寺本堂 12:15 6:05
76番金倉寺 13:50 7:40
77番道隆寺 15:02 8:52
JR讃岐塩屋駅着 15:38 9:28
寒川豊岡海浜公園ふれあいビーチ駐車場着 17:15 11:05
地図画像が大きいです。(横が 1849ピクセルあります)
(クリックで地図のみ表示します。)
※ブラウザの表示画面に入る縮小サイズなるので、
さらに拡大したい場所でマウス左クリックして下さい。
(さらに拡大します。再クリックで縮小します。)
【4万分の1で作成。クリックで等倍へ拡大】


より詳細なルートを知りたい方は
【やましん探険隊へんろ道ウォーキング一覧】
グーグルマップを拡大・最大化し、ご確認下さい。
(2016年1月から歩き始めた全ルートを見れます。)


(クリックで拡大します)

1.一富士旅館から 〜

 5時10分、スマホのアラーム音で目が覚める。
 20℃に下げていたエアコンの設定温度を24度まで上げ、着替え、荷物のパッキングを始める。
 朝食は6時の予定だったが、5時45分には「朝食出来ました〜」と声がかかる。
 朝食も品数が多い。卵掛けご飯にし、おいしく頂く。

 せっかく早く朝食を食ったので、早めに出発しますか!
 まだ外は白み始めたばかりの6時10分、旅館をあとにする。今日も冷えるね〜。

【一富士旅館朝食】                               【未明のへんろ道】


 今日は区切り打ち止め日なのでいけるところまで行くつもりである。日没よりも足の方がどこまで持つか心配である。

 6時56分、歩きへんろ地図ではサークルKだった店がファミリーマート豊中町店に変身している。
 ここでトイレを借り、昼食用のおにぎりを1個購入する。

 しかし寒いなぁ。だんだん空は明るくなってきているのに太陽がなかなか見られない。7時18分、やっと日の出である。

【ファミリーマート豊中町店】                         【日の出】


 今日の最初の目標は71番札所弥谷寺。やたら階段が長かった記憶がある。
 途中見かけた案内表示ではまだ5.5kmも先である。(1時間半はかかるな・・・)

 道ばたのアロエの化け物みたいな植物発見。あまり近づきたくない。襲ってこないか心配な外見をしている。これは何だ?

【弥谷寺5.5km先か】                            【アロエの化け物】


2.71番札所 弥谷寺 から 〜

 ふぅ〜、旅館を出てから2時間43分で、弥谷寺の石柱門を通過する。本堂はまだまだ奥の方である。
 駐車場を越え、階段を登るとそこに弥谷寺本堂へと72番73番への分岐の案内板がある、
 弥谷寺参拝後、ここを右に進めばいいってことですな!

【弥谷寺石柱門】                                【72番73番への分岐】


 それでは弥谷寺の階段を登りますか!。うげげ、仁王門手前にも奥にも石段が続いてますなあ。
 ただ、それまでの平坦なアスファルト道い比べ、上りの階段は足の裏には楽だね〜。
 ゆっくりと一段ずつ登っていく

【仁王門手前階段】                               【仁王門】


 この階段、それほど段差は大きくないので苦しくない。赤い手すりの階段を登った先のいびつな建物が大師堂らしい。
 この大師堂、入口を入ってすぐの納経所前を通り過ぎ、内部をコの字に進むと一番奥に大師像がある。
 今までに無いタイプに少しわくわくする。

【階段は続く】                                  【納経所兼、大師堂】


 さらに階段を登って振り返ると、かなりの高度に感動する。このあと、何カ所か階段を登った一番奥にあるのが弥谷寺本堂。
 大師堂や納経所からかなり離れているので、すこしさびしそうなのは気のせいか??

【本堂手前より下界を臨む】                         【本堂】


 それでは、次の寺に向かいますか!。階段を降り、先ほどの分岐を直進し曼荼羅寺、出釈迦寺方面の山道に突入する。
 この山道はそれほど歩きにくくは無い。竹林の中を通ったりもする。

【曼荼羅寺への山道1】                            【山道2】


 そこそこ下るとアスファルト道に出る。案内に従い進むと、「大池」に向かってボールを打つゴルフの打ちっぱなし場がある。
 ゴルフボールって水に沈まなかったっけ??。どうやって回収しているんだろう。謎だ!

【山道は終わり!】                               【池へ向かってナイスショットってか】


 池から歩くと、程なく曼荼羅寺と出釈迦寺への案内看板に到着する。すぐ近くに曼荼羅寺への入口がある。
 看板を見ると、駐車場の案内に加え、ここも「ご参拝は山門よりお入りください」とある。
 しかしそのすぐ横にここからは入れの矢印があるので、歩きへんろの特権としてこの裏口から侵入することにする。

【曼荼羅寺、出釈迦寺の看板】                        【曼荼羅寺の裏口】


3.72番札所 曼荼羅寺 から 〜

 時刻は10時44分。72番曼荼羅寺に到着です!。まずは裏口近くの太子堂を参拝。
 続いて奥の本堂を参拝する。

【大師堂】                                    【本堂】


 次の出釈迦寺へも、裏口から出た方が早いので、こそこそと隠れるように裏口へ向かう。
 出釈迦寺へ向かう途中、何故かコーンが幾つも置かれている。何か工事でもしているのかと思っていたら、
 そこへゼッケンをつけたマラソンランナー登場。何か大会が開催されている模様。

【曼荼羅寺裏口】                                【出釈迦寺手前のコーン群】



4.73番札所 出釈迦寺 から 〜

 10時55分、出釈迦寺に到着〜♪。ここは以前、車遍路した時の記憶が鮮明に残っている数少ない寺。
 裏手の奥の院がある我拝師山に一度登ってみたかったので、思い入れがあったのかもしれない。
 いずれ悪ガキ探検隊のメンバーと登ってみたいものである。

 山門をくぐると右手前に大師堂があり、並んで奥に本堂がある。両方とも拝む。

【山門】                                      【大師堂】


 山門から出ると、そこそこ標高があり、見晴らしが良い。もう少し暖かくなれば休憩所で弁当も悪くないな。

【本堂】                                      【寺前からの眺め】


 ここで、かなり年配のご老人と一緒になり、話しながら歩く。愛媛の松山市から来たらしい。
 今日は、先ほど通った大池のゴルフの打ちっぱなし場から区切り打ちを再開させたとのこと。
 やましん隊長と同じく、自分の足で四国霊場を1本の線でつなげたいらしい。

 話しながら歩いていると、次の甲山寺はあっという間に感じる。

5.74番札所 甲山寺 から 〜

 11時43分、甲山寺に到着。石柱門を通ったあとに山門がある。

【石柱門】                                    【山門】


 正面に本堂、左隣に大師堂があるので両方拝む。
 しかし、今日みたいにテンポ良く参拝出来ると、流れ作業のようになってしまい、ありがたみが無い気がする。

【本堂】                                      【大師堂】


 大師堂から南に抜けると、そこには先ほどの山門より新しくてく大きな山門がもう一つある。
 車へんろ用に駐車場側にも山門を作ったのだろう。
 この山門を左に曲がると歩行者専用の橋があり、これが歩きへんろ道となっている。

【駐車場側の立派な山門】                           【歩きへんろ道の橋】


 さて、次は弘法大師生誕の寺、善通寺である。甲山寺から20分程度で到着するはずである。

 途中、大きな建物があり「四国こどもとおとなの医療センター」との看板が立っている。
 子供と大人が対象なら総合病院でもいいと思うのだが、それ以外どんな区分があるのだろうか。
 乳幼児も対象らしい。(まあ、どうでもいいことなんだが・・・・)

 おっ、松の木が見えてきた。そろそろ善通寺である。 

【四国こどもとおとなの医療センター】                    【そろそろ善通寺】


6.75番札所 善通寺 から 〜

 善通寺は四国霊場の中でも特別な場所であり境内もデカい。御影堂(大師堂)の境内と、本堂、五重塔の境内とに
 道路を隔てて分かれている。この道路が歩きへんろ道である。
 さて、どちらから参拝すべきか迷うが、その次の金倉寺へは本堂側から出るので、先に御影堂を参拝することにする。

 御影堂境内への入口には仁王門があり、それをくぐると回廊が御影堂まで続いている。
 回廊上部には空海の生誕から亡くなるまでの名場面が20枚ほど飾られている。さすが生誕の地だけのことはある

 この回廊を進んでいくと、右手の広場でなにやらイベントが催されている。どうやらマラソンのゴール地点のようである。
 先ほど、出釈迦寺ですれ違ったランナーはこのマラソンイベントの参加者だったらしい。
 しかし、善通寺もそんなイベントに境内を貸し出すとは、粋な計らいをするなあと感心する。

【仁王門】                                    【御影堂への回廊】


 突き当たりが御影堂(大師堂)なので、ひときわ大きな声で拝む!(マラソンの声援にかき消されて、誰も聞いちゃいないが)

 回廊を引き返して仁王門まで戻ってくると、裏側に大わらじが鎮座している。
 昔の歩きへんろの人は、こんなわらじであのへんろ道を歩いてきたんだと思うと、感心してしまう。

【御影堂】                                    【仁王門の大わらじ】


 さて、隣の境内に移ると、左奥に本堂があるので拝む。
 ここにも五重塔があるが、なぜこのような木造の高層建築物が台風などの強風時でも倒れないか不思議だ。

【本堂】                                      【五重塔】


 さて時刻は12時20分。腹減った〜。境内には数多くの屋台が出ている。やはりここはたこ焼きだろうと、一軒の店に目をつける。
 値段は1個200円との看板あり。1個???。1箱の間違いじゃ無いのか?と思ったが頼んでみて出てきたのがこれ(下の写真)。
 なるほど、これは1個だわ!。たこ焼きと言うより、たこ焼きバーガーと呼ぶべき代物。(味はたこ焼き)
 しかし少し焼きすぎで固いな。タコと紅ショウガを挟んで上下分かれているので食べにくいぞ!
 このたこ焼きバーガー、1個でかなりのボリュームだが、今朝コンビニで買ったおにぎりもあるので一緒に食す。(腹一杯〜♪)

 境内でトイレを借りたあと、赤門と呼ばれる山門から次の寺を目指す。

【たこ焼き(バーガー)】                             【赤門】


 へんろ道はこの善通寺の参道をまっすぐ東へ進み、途中で細い分岐に入る。
 あとはいつものごとく案内シールに誘われるまま進む。途中、JR土讃線下をくぐり、北方向へと曲がっていく。

 おや?、この自治体が新しく作った道標シール、細長い版で、カーブミラーのポールでもわかりやすい。
 行政もいろいろ考えてるんやね〜。

【JR土讃線をくぐる】                              【行政の遍路案内シール(縦細長版)Good Job!】


 今日でへんろ歩きも3日目、時刻は13時30分。足はもとより、全身も疲れてきた。
 (リュックを背負っているので肩も腰も痛くなってきた。)
 しかしまだ昼過ぎ。ここでやめるわけにはいかない!

 高松自動車道、善通寺ICの下をくぐり、まっすぐ進むと、遙か先に見えるは金倉寺か?

【善通寺IC下をくぐる】                             【遙か先に寺らしき物が見える】


7.76番札所 金倉寺 から 〜

 13時50分、76番札所金倉寺到着〜♪。重い体をストックで支えつつ境内に向かう。
 入口には仁王門、そこをくぐると妙にスリムな鐘楼が建っている。
 (普通はハの字に裾が広がっているが、ここのは直立不動で姿勢が良い。でも何故ここだけこの形なのか謎だ。 

【仁王門】                                    【スリムな鐘楼】


 正面に本堂、左手に大師堂がある。いつものごとく拝む。

【本堂】                                      【大師堂】


 疲れた体で長居は無用。とっとと先を急ぎましょう!
 畑の間の道を進み、神社の角を曲がり、ただひたすら案内表示に導かれるまま進む。

 急に「おへんろさ〜ん、ちょっとちょっと」と呼び止められる。見ると年配の男性である。
 一旦家の中に戻り、すぐに持ってきてくれたのが下の写真のお地蔵さんの人形??。
 息子さんが作っており、自宅の前を歩くお遍路さんに渡しているとのこと。
 お礼のお札を渡し、礼を言う。
 「そこの角を曲がったら道隆寺やからな。がんばって!」と励まされる。ありがとうございます!

【神社の角を曲がる(中央に案内板)】                   【道隆寺手前で頂きました】


8.77番札所 道隆寺 から 〜

 15時2分、道隆寺に到着〜♪。今回、3日間の区切り打ちで、最後の寺である。
 入口には仁王門、境内正面には本堂があるので拝む。

【仁王門】                                     【本堂】


 右手にある大師堂でも当然ながら拝む。ここでスマホのY!乗換案内を起動し、少し先のJR讃岐塩屋駅の時刻表を検索する。
 15時41分に観音寺行きの快速があるので、これに乗るべく県道21号線を歩く。あともう少し・・・・・

 15時30分、県道21号線は右折するが、ここを左折するとJR讃岐塩屋駅である。
 よってこの交差点を今回の区切り打ち止め地点とする。

【大師堂】                                    【打ち止め地点:県道21号線右折部】

 
 交差点を左折して2分も歩けば、線路を跨ぐ車道の高架下の讃岐塩屋駅に到着する。
 駅と言っても車道の高架が屋根代わり。ホームと電話ボックスのような切符販売機が1台あるだけである。(便所すら無い。)
 ここで、伊予寒川までの普通乗車券を購入する。

 5分ほどで電車到着〜♪
 後で調べて驚いたのだが、JR四国は全てディーゼル機関車と勘違いしていた。
 予讃線の内、高松〜川内間は電車なんですな!。やってきたのが嫌に静かな電車なのでびっくりしてしまった。
 15時41分讃岐塩屋駅を発車し、16時17分に観音寺に到着する。

 スマホのアプリでは、観音寺で42分待ち、次の電車に乗り換えるとなっているが、実際は向かいのホームに既に電車が待機している。
 車内アナウンスも、各駅停車松山行きは向かいの電車に乗るよう案内している。
 慌てて乗り換え、スマホで観音寺から検索し直すと2分後の16時19分発の電車が表示される。
 これなら20分も早く伊予寒川に到着出来る。(スマホアプリの限界を感じた瞬間であった。)

 17時7分、伊予寒川駅に到着♪。8分ほど歩いて寒川豊岡海浜公園駐車場に帰着する。
 おや?他に2台車が止まってますな。
 パジェロに異常が無いか確認した後、徳島へ向けて出発する。

【JR讃岐塩屋駅】                               【寒川豊岡海浜公園駐車場】


 途中、伊予三島ICから井川池田ICだけは高速道路を使用。
 昨日登った雲辺寺の登山道を高速道路から確認するのはすっかり忘れてました・・・・・・。

 19時過ぎに無事帰宅。冷蔵庫の肉を焼いて、ビールを飲んで自己満足の3日間でした!

 本日の歩行距離 31.0km、歩行時間 9時間28分!

今日の散財(3日目)
昼食 ¥140 ファミマ豊中町店 明太子おにぎり
たこ焼き ¥200 善通寺境内屋台、たこ焼き(バーガー)
電車代 ¥1,090 讃岐塩屋駅→伊予寒川駅
高速代 ¥620 伊予三島IC→井川池田IC
ガソリン代 ¥3,400 伊予寒川への往復 byパジェロ3000
合   計 ¥5,450  

 本日の出費合計、¥5,450 ー 也〜
 今回3日間の出費合計、¥22,185 ー 也〜
 前泊無し、2日目昼食は民宿岡田のお接待、高速道路も短距離だったので
 以前に比べて低く抑えられてますな〜(^_^)

←前日へ戻る】   【次回へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】