【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-38
探  検  名:第81番〜第83番
歩  行  日:2018年3月29日
歩 行 距 離:30.7km
歩     数:55,183歩
歩 行 時 間:9時間13分
累積  標高:1,031m

時間データ 時刻 時間 備考
えびすや旅館発 6:05 0:00 歩行
時間
一本松 7:13 1:08
81番札所白峯寺 8:01 1:56
十九丁の道しるべ 9:06 3:01
82番札所根香寺 9:34 3:29
LAWSON高松高専前店 12:28 6:23
83番札所一宮寺 13:36 7:31
JR栗林駅着 15:18 9:13
JR栗林駅 15:55 鉄道
移動
JR讃岐白鳥 17:01
地図画像が大きいです。(横が 1724ピクセルあります)
(クリックで地図のみ表示します。)
※ブラウザの表示画面に入る縮小サイズなるので、
さらに拡大したい場所でマウス左クリックして下さい。
(さらに拡大します。再クリックで縮小します。)
【4万分の1の50%縮小で作成。】


より詳細なルートを知りたい方は
【やましん探険隊へんろ道ウォーキング一覧】
グーグルマップを拡大・最大化し、ご確認下さい。
(2016年1月から歩き始めた全ルートを見れます。)


(クリックで拡大します)

1.えびすや旅館から 〜

 5時、スマホのアラームで目覚める。
 昨夜、宿の女将さんから「明日の朝食は6時からだから、5時50分には起こすわよ〜」と言われていた。
 隣の部屋の客はまだ眠っているようだが、かまわず荷物の整理を始める。

 5時30分、リュックのパッキングも部屋の片付けも終わってしまった。
 仕方が無いので、見たくも無いてテレビをつけてぼけーっとする。

 5時45分、女将さんの「朝食が出来ましたー!」の大声が聞こえる。1階に降りていくと他の客も降りてくる。
 朝食を食べていると、女将さんが今日の白峯寺、根香寺のルートを説明してくれる。
 こちらは十分下調べしてきているので聞く必要も無かったが、無視するのも失礼だ。とりあえず、要所々々でうなづく。
 とりあえず。宿から出て、東へ進み、突き当たりのラブホテル「プリンセス」で左の山の方へ曲がると言うことは解った。
 しかし、今日もラブホテルですかい。へんろ道にはラブホテル多いね!

 とっとと食事を済ませ、6時5分、宿を出る。5分も歩けばラブホテルに到着する。ここで山へと左折する。

【朝食(玉子掛けご飯)】                           【ラブホテル「プリンセス」】


 緩い坂を登っていくと、正面に五色台の台地が迫ってくる。今回2日間の中で一番時間的制約を受ける場所である。
 (といっても、それほどの難所では無い。)

 宿を出てから30分も歩くと、山道が始まる。所詮へんろ道なのできれいに整備され、それほどきつい場所は無い。

【五色台が迫る】                                【山道に突入】


 途中、展望写真付きの見晴らしの良い場所がある。かなり登ってきたことが判る。
 登り後半にへんろ転がしの難所があるらしいが、少し段差がきつくなった程度でどうってことは無い。
 (やましん隊長、登り大好き、下り大っ嫌い。登山に行っても「この登りが永遠に続けばいいのに」と思ってしまう時がある・・・)

 山道になってから約30分登り続けると山頂部の舗装道路に出る。ここが「一本松」。昔。大きな松が生えていたのだろうか。

【登り途中の展望台】                             【一本松】


 さて、これから五色台の台地上を彷徨うことになる。まずは自衛隊用地立ち入り禁止フェンスのお出迎え〜♪

【自衛隊演習場用地】                            【警告板】


 やましん隊長は兵器オタクでもある。富士総合火力演習も見に行っている。
 少しは訓練でも見られるかと期待していたが人っ子一人いない。(残念〜)

 舗装道路を白峯寺方面に進む。30分ほど舗装道路を進むと右に曲がれの案内表示があるので曲がると
 その先にも自衛隊用地のフェンスがある。このフェンス沿いの突き当たりが白峯寺、根香寺の分岐点となる。

【舗装道路から山道へ】                            【自衛隊用地フェンス沿いを歩く】


 分岐点を左折し、白峯寺方面へ進むと、程なく「下乗」の石柱発見。
 ここからは白峯寺の聖地なので、どんな高貴な人も乗り物から降りなくてはならないポイントらしい。

 この先は下り坂となる。(せっかく登って来たのに、もったいない・・・)

【摩尼輪塔と下乗石】                              【下り道(白峯寺間近】


2.81番札所 白峯寺 から 〜

 8時1分、81番札所白峯寺到着〜♪。まずは七棟門のお出迎え。(なぜ七棟門と呼ばれているかは知らない。)
 七棟門をくぐって進むとその奥に勅額門がお出迎え。(なぜ勅額門と呼ばれているかは知らない。)
 この勅額門は頓証寺殿への入口なのでこの門はくぐらず、手前で右折し、白峯寺本堂へ向かう。

【山門(七棟門)】                               【頓証寺殿の勅額門】


 ゲロゲロ・・本堂へはこの階段ですかい。仕方が無い。登りますか!。
 登った先が本堂。当然、拝む。

【本堂への階段】                               【本堂】


 本堂右手に大師堂。ここでも当然拝む。
 それでは、とっとと次に行きますか!。白峯寺まで下って来た道を再び登り、自衛隊フェンス角の分岐点を根香寺方向へ進む。

【大師堂】                                    【自衛隊フェンス角の白峯寺・根香寺分岐点】


 このあとは登ったり下ったり下ったり下ったりで標高を下げる。
 途中、閼伽井(あかい)と呼ばれる井戸跡を通過する。さらに下ると沢があり橋が架かっている。

【閼伽井(あかい)】                              【下ったところに橋】


 どんどん進むと十九丁の道しるべを通過する。他にも丁石はたくさんあるが、ここは一本松からの道との分岐点なので
 こんな立派な道標が立てられた(と、勝手に予想する。)

 その後は登る、登る。五色台ってこんないアップダウンがあったとは思わなかった。
 登り切ると舗装道路に出る。
 すぐに食事ポイントの「みち草」があるが、まだ10時前なので店の入口は開いているが、パトライトは回っていない。(素通り〜)

【十九丁の道標】                                【舗装道路へ出る】


 五色台みかん園の門前のT字路を過ぎた所から、根香寺へのへんろ山道を下る。(また下る〜。もったいない(T_T))
 途中、五色台子供おもてなし処という休憩所があるが、平日昼間に子供がいるわけも無く、素通りする。

【根香寺への分岐山道】                           【根香寺へ下る】


3.82番札所 根香寺 から 〜

 9時34分、82番札所根香寺到着〜♪
 山門横には、牛鬼の像が頑張っている。ここは今までも何度も来たことがある寺。

【山門】                                     【牛鬼の像】


 山門をくぐると、一旦下って、また登る。この寺には桜が植わってないので面白くない。代わりに紅葉の時期がいいんですなぁ。
 階段を登ると本堂回廊入口に着く。

【山門をくぐると一旦下る】                          【本堂回廊入口】


 回廊入口から奥をのぞけば本堂が見えるが、竹囲いで道が塞がれていくので図の通り回廊を巡る。一番奥で、拝む。

【奥の本堂】                                  【本堂回廊図】


 本堂手前には大師堂あり。当然ここも拝む。
 あと、境内でめぼしい物は・・・・、白猴(はっこう)欅(けやき)かな。樹齢1600年の大木だったが、昭和50年頃、枯れたらしい。
 惜しいので、根切りして元の位置に置いてあるらしい。

【大師堂】                                    【白猴欅】


 さて、それでは五色台から下りますか!。まずは根香寺から下った道を登り返す。
 えびすや旅館の女将さんの教え通り、五色台みかん園の角を左に下る。

 しかし、五色台みかん園、まだ営業しているのだろうか?。門の周りはかなり荒れている。(廃屋の香り〜♪)
 ここからは長いアスファルト道の下りとなる。緩い下りだがだんだん足の裏が痛くなってきたぞ。

【五色台みかん園入り口】                          【長い下り】


 途中、旧へんろ道のショートカットなども通りだいぶん下って来た。
 五台山はさすが昔の観光地。道沿いに桜も植えてある。ここの桜も満開!。今回は桜へんろじゃぁ♪

【】


 そろそろ下りも後版になったところでT字の突き当たりに出る。
 歩きへんろ地図では左に進むとある。案内シールが5つ貼ってあるがすべて左に行けと貼ってある。
 しかし、最近貼りだした行政の案内表示シールと、まだ新しい案内ミニ石柱は右に行けとなっている。
 いったいどちらに行けばいいのか???

 おや?右を見ると「盆栽通り」の看板がある。
 ははーん、行政はこちらの盆栽通りを新しい歩きへんろ道にしたい思惑があるのかと勘ぐる。
 というわけであまのじゃくのやましん隊長、当然ながら左の昔ながらのへんろ道へ進むことにする。

【左への案内シール計5個】                          【右への行政シールとミニ石柱(マウスを乗せて頂戴)】


 左へ進むとこちらにも盆栽が道両側にたくさん育てられている。これなら別にルートを変えなくても良いはず。
 行政の考えることはわかりまへ〜ん。

【盆栽用松畑】                                 【盆栽群(他にも多数あり】


 鬼無駅付近でなんと踏切内にミニ石柱道標が設置されている。(土地提供者 四国旅客鉄道とある)
 この先は地図と、表示板と案内シールに誘われるまま進む。

【踏切敷地内の新しい道標】                        【車では無理なへんろ道】


 さて、時刻は12時。疲れた〜、腹が減った〜。
 歩きへんろ地図にローソンのマークがあるので、ルートを少し外れるがLAWSON高松高専前店に立ち寄る。
 ここでサンドイッチとポカリスエットを購入するが、この店舗もイートインが無い。
 仕方が無いので、外の駐車場の片隅で地べたに座りサンドイッチをむさぼり食う。(ほとんど浮浪者やね)

【香東川を渡る】                                【LAWSON高松高専前店(駐車場で座り込み昼食)】


 あとは一宮寺に向けて進むのみである!。が、この辺り、歩きへんろ地図では田んぼの中のくねくね道みたいに描かれているが
 実際は住宅街。家や畑の間の迷路のような細い道を進むことになる。(あ〜わかりにくい)
 途中、西村ジョイ(大型ホームセンター)の駐車場の中央がへんろ道なんて所もある。

【この道を行くんですか!】                          【用水路とブロック塀の間を進む、って判りにくいわ!!】


4.83番札所 一宮寺 から 〜

 13時36分、根香寺を出てから約4時間かかってやっと83番札所一宮寺に到着!
 道は判りにくかったが、境内内は判りやすい。
 本堂と大師堂で拝む。

【本堂】                                     【大師堂】


 この寺は歩きへんろでは裏口から入って山門から出る。

 それでは最後の一踏ん張り。JR栗林駅まで歩きますか!。
 しかし、少し広い道に出ると、道のどちらにも歩道が無い場所多数。大型トラックに怯えつつ道の端っこを進む。

 一宮寺から50分ほど歩くとやっと高松自動車道の高架下をくぐる。

【一宮寺山門】                                 【高松自動車道高架をくぐる】


 さらに50分ほど歩くとやっと、やっとJR高徳線の高架手前に到着する。
 本来のへんろ道はこの道をまっすぐ進み屋島へ向かうが、やましん隊長は本日はここで打ち止め!
 この三叉路を区切り打ち地点とする。

 その後、ここを右折し5分ほど歩くとJR栗林駅到着〜♪。(疲れました〜〜〜)

【JR高徳線高架手前、区切り打ち地点】                  【JR栗林駅】


 引田行き各駅停車が到着するまで30分ほど待ち、1時間ちょっと乗車するとJR讃岐白鳥駅に到着する。
 あとはこわばる足を引きずりながら白鳥松原駐車場で待つパジェロまで帰る。

【高徳線下り各駅停車】                            【パジェロへ帰還】


 ほへぇぇぇぇぇぇぇ〜〜〜。思ったより疲れました〜〜。
 五色台へ登り、山中を彷徨い、その後のアスファルト道歩きでバテバテ。足の裏が痛い〜。

 歩き終えて手で顔をなでると、汗の塩の結晶まみれでザラザラ状態。
 本日の最高気温は24.2℃。もうそろそろ限界やね〜。

 あと残すは2日間。84番屋島寺から88番大窪寺までである。なんとか4月前半に済ませたい!
 寒の戻りを期待する!以上!

 本日の歩行距離 30.7km、歩行時間 9時間13分!

今日の散財(2日目)
昼食代 ¥419 サンドイッチ、ポカリスエット(LAWSON高松高専前店)
汽車代 ¥760 JR四国(栗林駅→讃岐白鳥駅)
ガソリン代 ¥850 byパジェロ3000
合   計 ¥2,029   

 本日の出費合計、¥2,029 ー 也〜
 今回2日間の出費合計、¥12,362 ー 也〜
 前泊無し、自宅からも近くなったので費用も低く抑えられてますな〜(^_^)

←前日へ戻る】   【次回へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】