【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ】                                         【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.hn-39
探  検  名:第84番〜第87番
歩  行  日:2018年4月9日
歩 行 距 離:28.4km
歩     数:56,559歩
歩 行 時 間:8時間45分
累積  標高:818m

時間データ 時刻 時間 備考
JR讃岐白鳥駅発 5:02   鉄道
移動
JR栗林駅着 5:53
JR栗林駅出発 5:55 0:00 歩行
時間
84番屋島寺 8:09 2:14
85番八栗寺 10:01 4:06
平賀源内旧宅 11:38 5:43
86番志度寺 11:52 5:57
雑貨&カフェ 豆 13:06 7:11
玉泉寺 13:44 7:49
87番長尾寺 14:32 8:37
民宿ながお路着 14:40 8:45
地図画像が大きいです。(横が 1460ピクセルあります)
(クリックで地図のみ表示します。)
※ブラウザの表示画面に入る縮小サイズなるので、
さらに拡大したい場所でマウス左クリックして下さい。
(さらに拡大します。再クリックで縮小します。)
【4万分の1の50%縮小で作成。】


より詳細なルートを知りたい方は
【やましん探険隊へんろ道ウォーキング一覧】
グーグルマップを拡大・最大化し、ご確認下さい。
(2016年1月から歩き始めた全ルートを見れます。)


(クリックで拡大します)

1.最後の計画、そして出発 〜

 さて、とうとうと言いますか、やっとこさと言いますか、へんろウォーキングもあと五ヶ寺、45kmを残すのみ!
 と言うことは、あと1回、2日間でこの苦行も完了となる!
 そして、この残りの2日間の計画は以下の通り。

 【1日目】
 ・早朝(と言うか未明)、パジェロにてJR讃岐白鳥駅まで移動(白鳥松原駐車場にパジェロはデポ)
 ・始発の各駅停車でJR栗林駅へ移動。ここからウォーキング再開
 ・屋島、八栗さんを登り下りし、87番長尾寺前の「ながお路」で宿泊
 【2日目】
 ・最後の寺、大窪寺を目指して歩く。
 ・到着後、可能であればコミュニティーバス、JRを使って讃岐白鳥まで戻りパジェロ回収

 これで行きますか!。
 へんろウォーキングの計画を立てるのもこれが最後なんだね〜。
 (この計画を立てている時が、一番楽しいんだよな〜。なんだか寂しい
 宿の「ながお路」は数日前に予約完了。リュック等道具一式も準備完了!
 それでは最後のへんろウォーキング、頑張りますか!

 *******************************************************************************
 4月9日、3時30分、スマホのアラームで目覚める。外はまだ真っ暗・・・・
 服を着替え、4時に自宅を出発する。途中、コンビニで朝食のサンドイッチ、紅茶と、昼食のおにぎりを購入する。

 4時30分頃、香川県白鳥町の白鳥松原駐車場(無料)にパジェロを駐車する。
 道を挟むと民家なので、すぐにエンジンを止める。(パジェロは車内は結構静かなのだが、外に出るとかなりうるさい)
 それでは・・・と、外はかなり寒いのでインナーダウンジャケットを羽織り、リュック等装備一式を身につけJR讃岐白鳥駅に向かう。
 駅までは歩いて5分ほど。未だ空は真っ暗・・・・。こんな馬鹿もこれが最後と割り切り夜道を進む。

 JR讃岐白鳥駅に着くが他に客はいない。この駅舎、サッシで入口出口が閉められることと、切符の自動販売機があるので
 まだましな方である。とりあえず、前回打ち止めとしたJR栗林駅までの切符を760円出して購入する。

 そういえば数日前、副隊長が「JR四国って、去年もすごい赤字なんやな」とか言ってたが、
 これだけ運行本数が減れば、そら利用客は減るわな〜。経営的にいつまで持つか、心配してしまう。

【未明のJR讃岐白鳥駅】                           【切符の自動販売機】


 5時2分、始発列車が到着したので乗り込む。栗林駅までは約50分。途中20分ほど眠っていた模様。
 車内の客が結構増えている。外もだいぶ明るくなってきた。

 5時53分、JR栗林駅到着。10日程前通った路を思い出しながら進むと、前回区切り打ち止めした三叉路に着く。
 それでは、やましん探検隊へんろウォーキング最終回編、歩かせて頂きます!

【栗林駅到着】                                 【区切り打ち止め地点】


 しっかし、この辺りはへんろ案内シールが少ないなあ。歩きへんろ地図とスマホを見比べながら進む。
 ほどなく国道11号線に到着するので、右折し、国道を屋島方面に進む。

 げげっ!刑務所ですか・・・・こんな町中に・・・・
 やましん隊長、以前仕事で徳島市入田にある刑務所に行ったことがあるが、背中にド派手なモンモン(入れ墨)を背負った方が
 たくさんおいでましたなあ。(・・・・・・二度と行きたくないです・・・・。はい。)

【国道11号線到着。ここを右折】                       【刑務所】


 ううっ、歩き始めて45分。昨夜飲んだビールか、今朝食べたサンドイッチか、どちらでもいいのだが やむを得ない生理現象が、
 波のように押し寄せてくる。やばい!、やばいですぞ!。こんな町中ではとても野グソは出来ない。ε=ε=ε=┌(;゚д゚)┘

 あっ!先に見えるはセブンイレブン!。あそこでトイレを借りるか?。しかし、昼食は既に購入済み。
 何も買わずにトイレだけ借りるのも気が引ける・・・・と悩んでいたところ、道向かいに公園のトイレ発見!
 急いで突入し、事なきを得る。(・・・・・・・・ほへぇぇぇぇぇぇ〜〜。ギリギリセーフ♪。公共施設のありがたみを再認識する。)

 再び歩き始める。左前方に本日の第一ターゲットの屋島が見えてくる。

【国道沿いの公園トイレ】                           【左が屋島】


 橋を渡り、屋島方面に曲がると、街頭に「瀬戸大橋通り入口」の看板がある。
 瀬戸大橋があるのは坂出市で、ここから30kmも西である。なぜここが「瀬戸大橋通り」なのか意味不明〜???

 琴電の踏切から見るとホームに多くの通勤通学の乗客が待っている。
 (お仕事頑張ってください!。とりあえず、やましん隊長は歩きます!)

【瀬戸大橋通り入口看板】                          【琴電志度線潟元駅】


 さて真っ直ぐ屋島方面に進むとだんだん登りが急になってくる。登校している小学生にも追い抜かれる。情けないなあ。
 さらに路は細くなり、参拝道の様相を呈してくる。途中、いくつかの像があるところが「加持水」。
 弘法大師が仏天を供養した時に使った水らしい。

【生活道から、登りが急になってくる】                    【加持水】


 その先にあるのが「不喰梨(くわずのなし)」。弘法大師が、梨を一つ貰おうとしたところ、その持ち主が「この梨は堅くて食えない」と
 断ったところ、それからその梨は本当に堅くなって食えなくなったとのこと。
 いままで、四国を1周してきて、いろいろな弘法大師の逸話を見てきたが、困った人には超人的パワーで助けるものの、
 意地悪や非礼なことをされると容赦ない天罰を下してますなぁ。(因果応報、天罰覿面、天網恢々疎にして漏らさずですな)

【不喰梨(くわずのなし)】                           【石畳】


2.84番札所 屋島寺 から 〜

 栗林駅から2時間14分。石畳の坂を登り終えると、仁王門の前に飛び出す。さらに奥に四天門がある。

【仁王門】                                    【四天門】


 そのまま進むと正面に朱塗りの本堂。右手に大師堂がある。拝む。

【本堂】                                     【大師堂】


 本堂横には箕山大明神 太三郎狸の鳥居が並んでいる。人に化けて弘法大師を助けたので祀られているらしい。
 でも、普通、鳥居と言えば狐でしょう!。

【狸のお稲荷さん??】                            【東へ出る山門】


 屋島寺から東へ出ると、瑠璃宝の池(血の池)の南側を通る。
 源平合戦の頃、武士が血の付いた刀をこの池で洗ったことから付いた名前だが、今はただの普通の池である。
 そのまま東へ進むと、今や廃屋となったホテル甚五郎がある。(かなり大きな建物。肝試しにはちょうどいいかも・・・)

【血の池】                                   【廃墟ホテル甚五郎】


 この廃墟ホテル甚五郎の前は八栗方面(東方面)が見渡せる展望台になっている。(とりあえず、パノラマを一つ)

【屋島より五剣山、八栗寺方面を望む】


 登ってきたからには下らなくてはならない。展望台を過ぎた辺りから、結構急な下り道を下っていく。(う〜、膝が痛い)
 だいぶ下って民家が近くなるとイノシシよけのフェンスがある。



 下まで下って振り返ると、屋島台地の縁に廃墟ホテル甚五郎が見える。ここから見ても結構急な下り道である。

 高橋を渡れば、また八栗寺(五剣山)への登り返しとなる。(あ〜しんど〜)

【振り返ると】                                 【高橋】


3.85番札所 八栗寺 から 〜

 しかし、高松市内は本当にへんろの案内シールが少ない。この辺りは観光地なので貼らせてもらえなかったのだろうか?
 おかげで、八栗寺への登り道を見失い、五剣山を目印に適当な道を進むことになってしまった。
 まあ登りはなんとかなるもんで、八栗寺へのケーブルカー駅までやって来られた。

 と言ってもケーブルカーを使うわけにも行かず、その横の急な山道をゆっくりと登っていく。
 20分ほど登るとお迎え大師が鎮座している。

【八栗寺ケーブルカー駅】                          【お迎え大師】


 このお迎え大師も展望台となっているので、パノラマをひとつ。右に見える台地が先ほどまでいた屋島である。

【八栗寺、お迎え大師からの眺め】


 五剣山といっても一番右側の山は少し低いため、4.5剣山といったところか
 そのまま進み仁王門をくぐる。

【五剣山】                                    【仁王門】


正面に本堂、右に進むと大師堂があるので・・・拝む

【本堂】                                     【大師堂】


 この後は志度寺までの下り、平地を進む。しかしここでも案内シールは少ない。
 道標と数少ない案内シールを頼りに進むが、なぜか歩きへんろ地図とは違うルートに誘導される。
 さて、地図を優先するか・・・・・道標・案内シールを優先するか・・・・え〜い、悩んでも仕方が無い。
 とりあえず目の前にある道標と案内シールを頼りに細い道を進むことにする。(歩きへんろ地図の限界を知る。)

【へんろ道標】                                 【こんな道進みます】


 おおっー!、平賀源内旧宅がある!。(でもなぜかあまり古さを感じない・・・)
 どちらかというと、その先にある廃屋の方が明らかに劣化度が、大きいぞ!

【平賀源内旧宅】                               【廃屋】


 さらに歩くと、へんろ計画時に本日の宿にするべきか悩んでいた栄荘の前を通る。
 あれ?只今休業中?。いせだ旅館への連絡先が書かた貼り紙がある。
 (この辺りには他にも数件の旅館があるが、栄荘といせだ旅館はどんな関係があるのだろうか?。
  ともかく、栄荘に泊まらなくて正解であった。というか、泊まれない・・・・・)

【休業中の栄荘】                                【玄関の張り紙】


4.86番札所 志度寺 から 〜

 この先、志度寺までは一本道!。そのまま真っ直ぐっすすむと志度寺の石柱がある。
 奥に仁王門があるが、途中に平賀源内の墓の看板があるので立ち寄る。(思ったよりこぢんまりしたお墓ですな)

【志度寺石柱】                                 【平賀源内の墓】


 それでは86番札所志度寺を参拝しますか!。
 まず仁王門をくぐってはいる・・・・・・・・・明らかに今までの寺とは異質・・・・・・。境内に樹木野草が植わっている。
 かなり見通しの悪い寺である。

【仁王門】                                   【境内は・・・・欧風ガーデニングか??】


 仁王門入って左手には立派な五重塔が建っている。しかし、本堂はどこだ???
 中央の道を進んでいくと小さな本堂への看板があるのでそちらへ進む。(なぜこのような境内にしているかは理解不能〜)

【五重塔】                                   【本堂はどこだ?】


 やっと本堂発見。その隣に大師堂も見つかってホッとする。とりあえず拝む

【本堂】                                     【大師堂】


 ここでもトイレに行きたくなったので、納経もしないのに納経所内のウォシュレット付きトイレを借りる。(ケツが喜んでいる〜♪)
 それでは本日最後の長尾寺目指してもうひと頑張りしますか!

 歩いていると高松自動車道手前に休憩所らしき場所があったので、今朝買ったおにぎりを出して昼食とする。
 リュックの背袋に入れ、何度も背もたれしたためか、おにぎりはペッチャンコであるが、食えないわけでは無い。
 押しつぶされ固くなったおにぎりをわびしく食べる。(なんか満足しない・・・・。)

 再び歩き始めると、大きな池の向こう側にオレンジタウン(分譲団地とJRの駅)発見。
 ここも最初の計画時、この駅でもう一回区切り打ち止めしようかと考えた場所。
 しかし現時刻は12時48分。もう少し先に宿を取っておいて正解であった。

【ペッチャンコおにぎり】                            【池の向こうはオレンジタウン】


 あとは長尾寺まで1時間ぐらいかなあと思っていたところ、カルビ、ハンバーグなどの幟を発見!
 先ほどの潰れたおにぎり1個ではあまりにわびしいので、ここで追加の昼飯にしますか!

 この店「豆」はおいしいコーヒーの店なのだが、ランチメニューもしている。
 外見はまったく飲食店に見えない。駐車場脇の幟を見なければ気付かなかった
 ランチには、絶品カレー、カルビライス、煮込みハンバーグの3種あり。やましん隊長は当然カルビライスをチョイス!
 味、内容的には満足なのだが、850円にしては量が少なめなのが残念!(この1.5〜2倍くらいは余裕で食えたと思う。)

【雑貨&カフェ 豆】                              【ランチ カルビライス】


 何はともあれ、お腹も落ち着いたし、これで夕食までひもじい思いをしなくてすみそうである。
 再び歩き始めると、参拝ポイント「「玉泉院」に到着。どんな謂われなのかは全く知らないので、拝んだ後、早々に立ち去る。

【玉泉寺】                                   【玉泉寺本堂?】


 のどかな道を進むと、14時32分、本日の宿「民宿ながお路」の真ん前にお寺らしき物発見!

【長尾寺へののどかな道】                          【長尾寺前のながお路】


5.87番札所 長尾寺 から 〜

 付きました〜!87番札所 長尾寺!。ここは山門が鐘楼門になっている。
 鐘楼門の手前には経憧が立っている。この下には写経が埋められているとのこと。

【鐘楼門】                                    【経憧(きょうどう)】


 鐘楼門をくぐるが、当然ここの鐘も打たない。
 境内に入ると立派な楠(クスノキ)がそびえている。こりゃ相当の年月が経ってますな。

【鐘楼門】                                    【境内のクスノキ】


 境内正面に本堂、隣に大師堂があるので、拝む!(本日はこれにて終了〜♪)

【本堂】                                     【大師堂】


 寺の真正面が本日の宿「民宿ながお路」。同じ名前の建物が道を挟んで両側に建っている。
 とりあえず、デカい方に入って、「ごめんくださ〜〜い」と大きな声で呼んだが返事は無し。
 見ると、ホワイトボードに部屋の見取り図と客の名が書かれており、到着したら電話をするようにと電話番号も書いてある。
 スマホから電話をすると、「部屋には勝手に入ってて〜。お風呂も勝手にお湯張って入ってて〜。」
 かなり自由奔放というかほったらかしの宿である。

 部屋に入ると、なかは細長い4畳間。隣の部屋とは木製の折りたたみ式間仕切りで仕切られている。
 隣の部屋の客が入ってきて判ったことだが、とにかく防音性は全くない。
 チャックを上げる音から、ティッシュを出す音まで筒抜けである。
 やましん隊長はイビキがうるさいはずなので、お隣さんには我慢して頂きましょう!

【民宿ながお路】                                【部屋】


 言われたとおり勝手にお風呂にお湯を張るが、一番高い温度にしてもお湯がぬるい。
 温度調節ストッパーのボタンを押して、お湯100%にしてもぬるい。(ということは、元の設定温度が低い。)
 このお風呂に追い炊き機能は無い。
 お湯張り立てでこのぬるさなので、遅くに入る人は、お湯を張り直さないと入れないと思う。

 夕食はイカそうめんに海鮮焼き、アジフライ、揚げ出し豆腐、温泉玉子にモズク。それとお約束のビール大瓶1本!
 他にお客は5名。皆さん女体山越えの新ルートから行くらしい。旧へんろ道をだらだら歩くのはやましん隊長一人のようである。

【ぬるいお風呂(自分でお湯を張る)】                   【晩飯】


 やましん隊長は、朝食を食うと歩き出して30分ほど後に必ずと言っていいほどトイレ(大)に行きたくなるので
 明朝も朝食は頼んでいない。(近くのローソンで朝食兼昼食のおにぎりを購入予定)

 他の客は6時30分(宿指定時間)から朝食なので、その時刻ぐらいに宿を出発出来るようスマホのアラームを5時40分にセットする。
 20時に部屋の灯りを消す。隣の部屋のテレビの音が聞こえるが、すぐに寝てしまった。
 おやすみなさ〜い♪

 本日の歩行距離 28.4km、歩行時間 8時間45分!

今日の散財(1日目)
朝食・昼食 ¥552 サンドイッチ、紅茶、辛子明太子おにぎり(LAWSON)
鉄道代 ¥760 JR讃岐白鳥→JR栗林駅(各駅停車)
昼食 ¥850 カルビライス(雑貨&カフェ 豆)
飲料水 ¥330 民宿ながお路前自動販売機
鎮痛剤 ¥591 バファリンA(くすりのレデイ長尾店)
洗濯乾燥代 ¥400 民宿ながお路
宿泊代 ¥5,800 民宿ながお路(一泊夕食付き)
ビール代 ¥600 民宿ながお路
合   計 ¥9,883    

 本日の出費合計、¥ 9,883ー 也〜

←前回へ戻る】   【翌日へ進む→

【やましん探検隊へんろ道ウォーキング一覧へ戻る】                                      【やましん探検隊トップページへ】