【じゃぶじゃぶ一覧へ戻る】
施設名:美馬温泉
入浴日:2002年4月14日
住 所:徳島県美馬郡美馬町字清田15
目 標:北岸の県道を脇町から美馬町に入ってすぐに看板あり。山道を北上し3km
料 金:400円で石鹸有り。
その他:営業時間は9時から20時、定休毎月1日、第3水曜日、大晦日
場所:
 吉野川北岸の県道から右折し、民家の間のとても細い路地をぬけ、そのうち山間の川沿
いの道に出る。所々に美馬温泉の看板があるのでわかりやすいが、とてもこの先に温泉が
あるとは思えない道路状況。現在拡幅中。所々工事有り。やがて遠くに大きめの施設と鯉
のぼりの大群が見えほっと一息。駐車場は広くはっきり言ってがらがら止め放題。まさにひ
なびた雰囲気がただよう。
施設:
 入り口の自動ドアを抜けて建物内にはいるとすぐ右手にカウンターあり。おみやげ物売り
場の兄ちゃんが受け付けも兼務しているらしく遠くから走ってくる。下駄箱の数は少なく懐
かしい板状アルミの鍵が時代を感じる。建物内には食堂、土産店、休憩所がある。会議室
等もあり、集会には活用されているらしい。一応宿泊も可能。1泊2食付きで6000円。
お風呂:
さていよいよお風呂。その前に脱衣所はロッカーが24個しかない。そんなに大勢の客はは
じめから想定していないらしい。でもなぜか鍵の番号はとびとびで55番まである。不思議
だ。このロッカーも最近流行の100円入れるタイプなどではなく、板状アルミの鍵。
湯船は大きめのものが1つだけ。あと水風呂のみ。サウナも露天もなし。しかし、施設がか
なり古い割には手入れしているらしく、カビなどはあまり見えず、清潔感はある。いわゆる
昔の温泉と言った感じ。懐かしく、なぜかほっとするひなびた秘湯といったところか。近所の
婆ちゃんの寄り合い所ともいえる。
 お湯は単純硫化水素泉だが、あまり臭いはない。完全透明。古いタイル基調の湯船に岩
作りの壁あり。洗い場は6つしかない。当然シャンプーもない。ドライヤーも事務所に言わな
ければ出てこない。しかし昔の温泉はこんなものだっただろう。
 やましん隊長が浴場に入った時に先客は2名。すぐに貸し切り状態になった。いま日本は
温泉ブームじゃなかったのかと叫びたくなるほどすいている。温泉前の川をまたぐように鯉
のぼりが張られているが、あまり集客には貢献していないようだ。その分、のんびりゆった
り出来た。これはこれで満足。
その他:
おみやげ物売り場でハッサクの無料配布有り。

その他:思いっきり空いている浴室(左)  と、川にかかる鯉のぼり


   帰り道:細いので対向しづらい山道