【じゃぶじゃぶ一覧へ戻る】
DATA No,7

施設名:讃岐温泉
入浴日:2002年5月3日
住 所:香川県
目 標:塩江温泉の中心街から、1kmほど脇町
     よりを国道からはずれて県道を南下。
     看板多数有り。
料 金:500円でシャンプー、ボディーソープ。
その他:営業時間は9時から21時、年中無休
場所:
 まず塩江温泉をめざし、脇町より国道193号線を北上。塩江温泉の中心街の1kmほど手前で
「さぬき温泉」の看板に従い左折。かなりの細い山道に不安を覚えつつも、しつこいくらいに出てくる
案内板を信じ山道を奥へ進む。温泉直前は車1台がやっと通れる程度の道だが、そこを抜けると
以外に立派な建物に一安心。大型バス用には別ルートがある模様。

施設:
 ホテルというよりは保養施設といった感じのある派手さのない作り。ゴールデンウィークだったが、
午前11時とあって、人はまばら。(というか寂しい・・・)ロビーで500円支払い別棟のお風呂へ直行。
風呂場の上に広い休憩所あり。

お風呂:
さていよいよお風呂。
脱衣場はそこそこの広さ。ロッカーは100円返却タイプ。浴室内には大きめの湯船1つとサウナのみ。
お湯は透明無臭に感じた。特にこれといった特徴のない浴室。
 お目当ての露天風呂は一旦脱衣所から外にでて通路をわたるとまず第一露天風呂。
周りを竹林や灌木に囲まれた自然豊かな露天風呂。温度もやや熱めで、これはお気に入り。お風呂の脇に
今はあまり見られなくなった女性のご神体の彫り物がまつってあります。(うーーむ秘宝館)
 十分暖まったあと、第2位露天風呂へ。さらに階段を下りなんとボイラー室の間の通路を抜けその奥に
ぽつんとあるなぞめいた露天風呂。残念ながらこちらはぬるめで立地的に虫が入りやすいにか、虫、ゴミの
浮きが少し気になる。しかし、そこからの景色は山間部ど田舎ののんびりととしたものでなかなかのもの。
探検気分も味わえ、子供は喜びそう。 しかし、裸で途中の長い通路を裸で歩くのはどうにかならんもんだろうか。
虫に食われてしまった。
脱衣所ではドライヤーも設置。洗面台下は畳張り。まぁ500円でのんびり湯につかる隠れた奥座敷といったところか

その他:
休憩所はなかなか広い。ただ、施設の作りがやや古くさく、一昔前を感じる。(これはこれで好きな人もいるが・・・)
食事なども食べられるし、ビアガーデンもあるが、塩江温泉中心街から離れ、立地的に不利かも・・・

 さぬき温泉はホームページを出しています。Yahoo!で検索してちょーだい。

その他:第1露天風呂への通路(左)  と、第1露天風呂(おすすめ)



第2露天風呂への怪しい通路