【じゃぶじゃぶ一覧へ戻る】
DATA No,on-11

施設名:城山(きやま)温泉
入浴日:2002年6月22日
住 所:香川県坂出市府中町5913−3
目 標:JR予讃本線鴨川駅から200mほど北上
     そこで西折れし、踏切をわたって山をす
     こし上る。
     実際、鴨川駅より西の山を見ると、大き
     めの建物が見える。緑色の屋根が目を
     引く。
料 金:1700円(観劇料混み)
その他:時間帯によって価格が変わる。注意!
場所:
 一路カーナビで坂出市を目指す。高速道路はまだ高松中央で切れているので、そこからは一般道。しかしなぜ高速道は最初から全
区間で同時に工事を始めないのか!!高速をやむを得ず降りた人が一番道が混む高松中央部で渋滞に巻き込まれている。不条理じ
ゃ!。ちんたらちんたら一般道を進みやっと坂出市に近づく。JR鴨川駅(京都ではないでよ)を発見。そこから西の山手を見ると少し大
きめの建物発見。案の定看板には「城山温泉」の文字が見える。山をほんの少し登って無事到着。

施設:
 温泉といっても建物は多くない。その代わり、城山温泉の名前の入ったバスがかなり多く完備されている。建物もまだ新しい。
ここの売りはなんと言っても各地温泉を巡業している劇団の演芸ショー。(やましん隊長の趣味ではないが・・・)
入り口を入るとすぐ横が1,2階ぶち抜きの演芸ホールがある。この風呂の入場料はすでに観劇料が含まれているので、いやでも
見なくては損をする。やましん隊長もまずは風呂前に一目見ておこうを大音響鳴り響く演芸ホールへ突入。
・・・・・やはりそこは予想違わず年輩者の娯楽の殿堂。畳敷きの席に老幼男女(若者以外)が結構入っている不思議な空間。
ステージでは時代劇風の衣装に厚塗りのおっさんが気合いを入れて熱唱している。(うう・・・長居したくない・・・、しかし我が家の爺さ
ん婆さんは粘っている。)10分ほどで午前の部が終了し、解放。さっそく風呂へ・・・・

お風呂:
さていよいよお風呂。
脱衣場はそこそこの広さ。ロッカーはキーのみタイプ、硬貨は不要。インターネットで、ジャングル風呂と露天があると書いてあったが、
なんと、最近リニューアルし、普通のお風呂になってしまったらしい。ショック!!。湯船は普通の湯、寝湯、泡風呂、サウナといった
標準的なもの。ただし、まだ新しくぴかぴか。窓からは町並みと瀬戸大橋まで眺められる結構いい景色が広がる。
お湯は透明。少し消毒臭がするがそれほどひどくはない。さらっとした弱ミョウバン泉。洗い場の数も多い。しかし、土曜の昼に
入浴したが、他の客は観劇に夢中で、お風呂はがらがらの貸し切り状態。隊員1,2号はまさにプールの練習で暴れ放題。
備え付けはボディーソープとシャンプー。洗面台、ドライヤー、完備。
泣かせてくれるのは男湯が「いとし湯」、女湯が「こいし湯」でいとしこいしの漫才かい!

その後
 風呂から出ると、1階のお食事所へ。ここはこの建物以外に宿泊施設があるらしく、そこの厨房から料理が運ばれてくるシステム。
刺身定食1000円、生ビール2本で満腹。その後、お約束、やましん探検隊ご一行様(ジジババ込み)は再度演芸ホールへ突入。
隊長は速攻で座布団で寝床を作り、大音響の中夢の世界へ・・・・・。目覚めると、劇はちょうど終わったところで、これからまた歌謡
ショーが始まるタイミング。隊長は酔い覚ましに再度風呂場へ避難。

   【【やはり、ここは演劇に興味のある人へおすすめです。】】

その他:
 駐車場はそこそこ広く、安心して止められる。みちから駐車場への入り口が少し解りづらいか。

その他:演芸ホール(左)と浴室入り口