【じゃぶじゃぶ一覧へ戻る】
DATA No,on-15

施設名:鬼ヶ嶽温泉
入浴日:2002年10月12日
住 所:岡山県小田郡美星町鳥頭1690-1
目 標:とにかく地図で探してください。岡山の山あいです。
料 金:1000円
その他:営業時間 11時から20時
     休日は水曜日
場所:
 岡山県の山間部。とはいっての笠岡からそれほど遠くはない。今回は美星町の中世湯が原、美星天文台からのルートだったので、
それほど遠くもなく、やまあいの一本道をカーナビ頼りに到着。

施設:
 結構歴史があるのか、建物の表面は新しいのだが、かなり年季の入った看板がお出迎え。入り口を入るとフロント。女湯と男湯は
ホールの両端に分かれている。建物自体が川縁に建てられており、窓からは綺麗な渓谷が鑑賞できる。是非紅葉の時期に来てみ
たい。内装はそれほど派手ではなく、というか結構地味系。
 ホールのおばさんに、「ここは石鹸、シャンプーは使えませんがいいですか?」と聞かれ、最初鉱物成分が多いため泡が立たない
のかと思ったが、よくよく聞くと、とにかく持ち込みだろうがいっさい石鹸類は使用禁止らしい。環境への配慮だろうか???

お風呂:
さていよいよお風呂。
脱衣場は規模の割にはそこそこの広さ。ロッカーはアルミの板キーを差し込むタイプ。無料。ロッカーは大きさもそこそこ。
風呂はメインの浴槽ほか寝湯、歩行漕、打たせ湯他。石鹸が使用禁止の通り、洗い場は2つしかない。お湯はややぬるめ。あまり
臭いはしない。ラドン温泉で昔鬼が入った温泉らしいが風呂場には鬼のアイテムはおいていない。
歩行湯はぬるい部分と冷たい部分があり、下に砂利があるため結構足が痛い。10回以上回らなければ張らないらしいが、
アスレチックでくたびれた足では1周でギブアップ。石鹸で洗えないため結構短い時間で終了。おばさんにもっとゆっくり入れば
いいのにと言われてしまった。ドライヤーは1台完備

その他:
 2階に結構大きな休憩所有り。冷たい水を出してくれました。しかし、タオル支給なし、石鹸禁止で1000円はかなり高めの設定。
元を取るためにはかなりの長湯を決め込むのがよいでしょう。

その他:看板、                                             鬼の像がお出迎え