【じゃぶじゃぶ一覧へ戻る】
DATA No,on-21

施設名:奥の湯温泉
入浴日:2003年5月2日
住 所:香川県香川郡郡塩江町上西甲783−1
目 標:塩江の中心部、行基の湯のある道の駅からすぐ北の橋を内揚池へ西折れ
その後は看板に従い6キロほど南下。
料 金:450円
その他:営業時間 9時から20時
     休日は第2,4火曜日
場所:
 脇町方面から進むと、塩江の中心部、道の駅のすぐ北の橋を左折。内揚池のレイクサイドホテルの前をすぎて
ひたすら山道を進む。何でこんな山奥にと思うが、かの行基が1200年前に発見したという秘湯らしい。
坊さんが温泉を発見するという話はよく聞くが、やはり修行で疲れた体を休めたかったのかもしれんなぁ

施設:
 看板に従い山道を進むとアーチ看板発見。手前の道左と建物下、建物奥など周辺部に駐車場はかなりある。
建物はそれほど新しそうには見えないが、3階建てで玄関は道に面した3階にある。入り口の受付で券を購入し、
2階のお風呂へ直行。

お風呂:
 このお風呂は朝の9時からあいている貴重な朝風呂ポイント。しかし場所が場所だけに、このゴールデンウィーク
にも人はまばら。入って5分で貸し切り状態になってしまった。浴槽は1つだが、中は段差で区切ってあり、ジェット、
打たせ湯、ジャグジーがある。ほかにミストサウナがあるが露天はない。リンスインシャンプー、ボディーソープは
完備。洗い場は10カ所。少しお湯の出が悪い。洗面器1杯にお湯を張るのに6回ぐらいボタンを押す必要がある。
シャワーも弱め。
 お湯自身は少しだけ硫化水素臭がするぬるっとした感じのなかなかの泉質で満足。

その他:
 脱衣所のロッカーは100円返却方式。

その他:1階への進入道アーチ看板                                     1階の駐車場


 駐車場