【やましん探検隊登山装備一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】

新型GPS購入の巻(2006-09-23)

今までのGPS(GARMIN LEGEND日本語版)は大変よく頑張ってくれた・・・・・・・
ほんとに何度も隊長の無謀な登山から命を救ってくれた・・
しかし・・・、しかし・・・最近今いち調子が悪い!
酷使したためか液晶画面に横筋ノイズが出ることが多くある。それに、ちょっとした林の中での衛星信号ロストが多かった

と言うことで!!今回新型GPSをめでたく購入!!
GARMIN GPSmap60CSx日本語版に加え、
Cityナビゲーター入り512MBmicroSDカード+10m等高線マップソース、1GのmicroSDカード、おまけのケースセットでなんと・・・なんと・・・・
14万4711円!!!・・・買っちゃいました!


まぁ、今まで使っていたLEGEND日本語版とおなじGARMIN製なので、違和感ないであろうと、簡単に即決!
取り出して、使用してみても、ほとんど説明書を読まなくても使えてしまう。ありがたやぁ・・・ありがたやぁ・・

しかし、ホームページの商品仕様からすでに解っていたものの、やはり少しでかいですなぁ。ふたまわりは大きい感じ。
それ以上に、リュックなどに取り付けるクリップが大きく異なります。


今までのLEGENDはソフトケースにクリップがあったんですが、
GPSmap60CSxは本体にメスねじがあり、接続ねじをねじ込む方式。

【LEGEND】                                     【GPSmapCSx】




登山の場合、傷対策としてほとんどケースに入れてしまうが、GPSmapCSxの場合は、まずケースに入れて、
接合ねじをねじ込み、ベルトクリップを噛み込ませる。うーーんいまいち面倒くさい



とはいっても、リュックにつけてしまえは、それほどの違和感はないもんやねぇ
ベルトクリップはねじアダプターとは固定されていないのでくるくる回るのだが、リュックにつけた場合は垂れ下がって
いるので、安定している。まぁ、問題なく使えそうやね。



それ以上に、変わったのはその他機能ぶり!!
Vista同等の気圧による高度計、電子コンパスによる静止時のナビ方向表示など、今まで不満があった部分が
グレードアップしたのに加え、
一番のお気に入りは、その受信感度のアップ!これはええですなぁ!
SiRFテクノロジー社のSTARVチップによる高速、高感度測位が売りだけあって、
いままでセキスイハウス製軽量鉄骨の我家屋内では受信できなかったGPS電波が、GPSmapCSxでは測位できます!。
これはすごい!

それ以外にも、かなり多機能になっているので、その全容把握には時間がかかりそうであるが、
今までのLEGENDがトレッキング専用っぽいとすれば、GPSmapCSxはカーナビっぽいかな???
これにTOPO10M-マップを1Gバイトぶち込んで高機能トレッキングナビ西日本完全対応版にしてます。
そのうち2Gメモリーが出て本体対応が確認できたら、全国版にしましょうか!!

とりあえず、受信感度アップの確認として、我家の近くの高越山でのトラックデータを比較しました。
日時と通過コースは違うが、まず異なるのは、GPSmapCSxは衛星信号ロストによるトラックデータ切れが無い!
このため、トラックデーター数が多い。
LEGENDはデータが飛び飛びになっているので、データ接続すると大きくカクカクしているが、
GPSmapCSxの軌跡は細かくギザギザになってます。
あと、LEGENDは再測位の時、データーがぶれるのでトラックルートが暴れるが、GPSmapCSxは落ち着いてます。
これは、見晴らしの悪い四国の雑木林ではとってもありがたいですなぁ!!

【LEGEND 2004-07ー19】                             【GPSmapCSx 2006-09-24】


受信感度ではやはり評判通り、圧倒的にGPSmapCSxが優勢のようです。

あとは、もう少し、ちいさくなったら最高なんですが・・・・・

【やましん探検隊登山装備一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】