【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】
DATA No.tz-1

山名:大山(香川県)
探検日:2004年5月30日

標高:691m
実登山:288m

一等三角点(大山)(行政:香川県東かがわ市)

1.出発
 さてさて、今やストレスの固まり、脂肪の権化と化したやましん隊長。
なぜか、あまりに唐突に体を動かしたくなった。しかも人目に付かず・・・
(もちろんデブが汗だくになっているところを人目にさらしたくないだけなのだが・・・)
そこで、急に暇になった日曜日、おもむろに支度を始め、大山へ登ることとなった。
後で三角点などを調べ、管轄の行政が香川県になっていることを知ってびっくり。
今まで徳島県の大山さんとばかり思っていた。
さて、やましん隊長は山登りは超素人。何をどうしていいかわからない。
ともかくのどが渇くと脱水症状になり、どうしようもないので、リュックに2リットルの飲料水を買い込み出発。

2.登山開始
 大山登山のスタート地点はインターネットで調べた大山寺に決定済み。
そこから30分もあれば上れるとの情報から気楽に挑戦開始。
大山寺山門前に車を駐車し、リュックを背負って12時9分登山開始。
(実は境内まで車で行けることを上った後で知った。ショック)

山門をすぎると右写真のような急な上り階段。
笹の葉も降り積もっており、はや汗だく。日頃の運動不足を痛感する。

やっとこさ大山寺境内を越え、裏山へ突入。

ひたすらのぼり・・・・
汗だく・・・・・
なんのために・・・
中年の健康への不安からの一時逃避か??
いろんなことを考えつつひたすら上へ・・・

3.お堂到着
写真がない・・・・・
はっきり言ってこのお堂は薄気味悪い。
写真を撮ることを拒む妖気が漂っている。
真っ昼間とはいえ当たりには人気もなく静寂そのもの。
目の前にやたら薄気味悪いお堂・・・・・・
怖くて写真とれませんでした。
そばを通り過ぎ、お堂裏を駆け上り、けもの道らしい跡をたどる

4.山頂到着
お堂から10分程度でマイクロウェーブ送信塔到着。
(よく迷わずたどり着けたと、後でぞっとした。何本も脇道があり迷いそう)
その前の道脇に一等三角点(大山)発見。

めでたく大山山頂征服。

大山登山データ
大山寺山門(標高403m)−大山寺境内(標高447m)−お堂(標高672m)−山頂(691.3m)

後で知ったが、お堂のすぐしたまで上板町泉谷から車道が通じていて、徒歩登山は標高差30m。10分程度で済むとのこと。
がっくり・・・・。
このやたら脂ぎった汗はどうしてくれる・・・

5.下山
下りは早いが、足には堪える。
15分程度で山門前まで下山。
足が笑っている。

しかしいい汗かいたぞ!!でも一人は怖いし寂しいぞ!!

つぎは隊員1号を連れて行くぞ!!

【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】