【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】
DATA No.tz-2

山名:鈴川ダム〜平間縦走(徳島県)
探検日:2004年6月5日

標高:507m
実登山:451m

三角点未確認
場所:徳島県土成町

1.出発
 前回、一人で大山で寂しい思いをしたので、今回は隊員1号に声をかけてみる。
なぜか、非常に乗り気で、二つ返事でついてきた。
今日の目標は、隊員1号2号が昔遊びに来たことのある土成町の公園(緑の丘スポーツ公園??だったか)
から登山道をのぼって三角点を発見するという物。
果たしてどうなることやら。
地図を準備し、水を二人分(3リットル)、弁当も準備し、いざ出陣。
公園の駐車場に車を止め、登山道を目指し歩く。まもなく車進入禁止の鎖。
有名でもないただの三角点を目指してほかに来る登山者もいるはず無く、
これからは人には会わないであろう。


2.登山道

最初の内は鈴川ダムと上流の小川の横を進む軽快な道。しかししばらく進むと、出てきました。階段。


これはきつい。しかし、これはまだましで、草ぼうぼうの藪の出現に隊員1号は大弱り。
(隊員1号はまだ10歳なので、身長が低く、草の妨害に弱い)
なんとか、1時間の登りを制し、やっと尾根に到着。
ここは途中の登りの草ぼうぼうに比べ、きちんと整備されている。


この尾根道付近に三角点があるはずなのだが・・・・・・いくら探しても見つからない。
その上、700mほど西の三角点ならあるかもと、道無き樹林をかき分けて進むこと10分。
途中で道を見失いかけ、方角まで危うくなるしまつ。
いかん、このままでは遭難する。太陽で方角を定めようにも、時間帯は真昼で太陽はほぼ頂点。
隊員1号の記憶まで頼って、なんとか元の尾根まで帰る。
やはり、方位磁石ぐらいは持っていなくてはやばいと痛感する。

3.平間へ
これ以上、三角点にこだわっていても、今の装備、準備ではほぼ無理と判断し帰ることにする。
ただし、せっかく隊員1号をつれてきたのに、見つかりません帰りましょうではせっかく大汗かいたかいがない。
整備された尾根道を東へ進むと案内板が・・・・


まずは頭と体を冷やそうとちょっと昼にははやいが昼食をとって、その後看板に従って平間へ下ることに決定。
栄養および、水分補給も完了。いざ平間へ・・・

道は快適。下りで超楽。ただし、それも続くと足に響いてくる。
2km近く降り続け、足ががくがく。笑ってる。
平間がどこか知らなかったが、降りてきてみれば土成町御所温泉の道の駅横。


思ったより遠くまできてしまった。これから公園まで帰ると思うと気が重い。
照り返しのきついアスファルトは先ほどの山道とは雲泥の差。暑い!!

半鐘をすぎ、川を渡り、出発してから4時間後、やっと公園到着。
お疲れさんでした

反省点:やっぱり装備と準備不足。

【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】