【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】
DATA No.tz-7

山名:瓶ヶ森(愛媛県)
探検日:2004年7月3日

標高:1896.2m
実登山:237m

二等三角点あり
(行政:西条市)

1.行き当たりばったり
 さて、またやってきた週末。土曜の朝。
今回は、やましん探検隊の引退顧問のじい、ばあも引き連れて、塩塚高原へでも行こうとの
前日からの打ち合わせでとりあえず出発。
しかし、塩塚高原が近づくにつれ、総勢6名のやましん探検隊そろい踏みで塩塚高原とはあまりに・・・・
あまりに高度が低い!!もったいない!
というわけで、かねてから隊長の行きたかった瓶ケ森に急遽予定変更!!

2.登山口へ
 高速道路を西条ICで降り、寒風山トンネルを目指す。
新寒風山トンネルをくぐり抜け、すぐに旧トンネル方面へ細い道をあがると旧寒風山トンネル高知側出口横に
瓶が森への林道あり。さすがこの時期、寒風山をはじめ、他の山へ縦走する登山客がトンネル出口の駐車場に
うようよしている。それを横目に、黄色いゲートの林道へ突入。


30分ほど細い林道(といっても舗装はしっかりしている。ガードレールはあまりないが・・・)を進むと雄大な笹原が・・・
やっとここまできたと感慨もひとしお・・・・。なんていっていると、対向車が急につっこんでくるし、運転を誤って
奈落の谷底に落ちそうになるし、気が抜けない。きょろきょろどきどきしながら、瓶が森駐車場へ到着。


3.登山開始
さて瓶が森登山口より11時40分登山開始。隊員2号は生まれて初めての登山にびびり気味


10分足らず登ると分岐点に到着。まずは男山からいって、後で氷見二千石原を堪能するために右方向に道をとる。


男山への登山道は道も整備され、歩きやすいが、隊長、隊員一号二号以外は既にへとへと。
日頃の訓練がたらん!


45分で男山到着。じいばあにあわせているため、相当のゆっくりペース。
男山山頂は仏教一色。登山道にも白装束の参拝一行が登山客より遙かに多い。
よく事情のわかっていないやましん探検隊一行は面食らってしばし呆然。
とりあえず拝む・・・・


後は女山の瓶ヶ森山頂を目指すのみ。道ばたにのコメツツジ見つつ、目前の山頂が迫る。
あと一息。隊員1号は背中の荷物の重さと空腹で、今回珍しくグロッキー状態。


4.山頂到着
 登り初めて1時間10分で瓶が森山頂到着。70歳のご隠居を加えた一行の超スローペース。


お約束の2等三角点亀ケ森も確認。(なぜ瓶の字が違うの???)


山頂で弁当を食べつつ周囲の景色を堪能する。
登りはじめはやや曇っていたが、所々晴れてきた。
(左:山頂より男山を望む、右:山頂より西黒森方面を望む。林道が見える)


5.下山
瓶が森山頂女山より瓶が森ヒュッテ方面へ、登ってきた道とは違うルートで下山。
こちらの方が景色が良く、下りながら笹原を散策できるので、お薦めかも・・・。


下りの途中から氷見二千石原をみた今回のベストショット。


休業中(もしくは廃業???)の瓶が森ヒュッテでトイレを拝借。
ほとんどお化け屋敷状態。


瓶が森ヒュッテまで降りてくれば後は駐車場までほぼ水平の快適な野道。
山頂までの笹原を見ながらのお散歩といった感じでのんびり。

でもって14時15分無事下山。
登り初めて2時間35分。(昼食込み)

帰りの林道で吉野川源流の碑もゲット。ただし、天気がいいため、源流らしき水の流れは確認できず。残念。



【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】