【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】
DATA No.tz-8

山    名:次郎笈〜剣山〜一ノ森縦走
                                   日本百名山no,93
探  検  日:2004年7月11日
標     高:1955m
登山標高差:255m
累積標高差:700m
三  角  点:一等三角点「剣山」(行政:徳島県木沢村)
        三等三角点「一ノ森」(行政:徳島県木屋平村)

1.登山開始??
さて、前日の雨模様から、やや改善し、ガスはあるがまぁまぁの登山日和。
隊員1号の妙な希望により、なぜか本日のターゲットは次郎笈。
そして登山は・・・楽して登るがモットーのやましん探検隊にふさわしく登山リフトで開始。

人力登山は西島駅からスタート。案外遠い次郎笈に隊員1号は少々食傷気味。気合いを一発入れ登山開始。
(スタート時間はかなり遅めの11時45分)

2.次郎笈へ
西島駅より一番右手に進路をとり、目指すは剣山と次郎笈の中間ポイント。樹林帯が気持ちええ。
登山道はあまりアップダウンが大きくなく、歩きやすい。進むにつれ見晴らしが良くなってくる。
途中から振り返ると、大剣神社の御神体の大岩がそそり立っている。


リフトの駅から30分で剣山と次郎笈との尾根に到着。
ここから次郎笈を目指す。すでに隊員1号はエネルギー不足によりグロッキー。
(左写真:剣山方面)                              (右写真:次郎笈方面)


さて、一路次郎笈山頂を目指して、気持ちのいい笹原の登山道を登ってー下ってー
最後の登りがちときついが、なんとか越えると・・・
山頂手前の分岐点、三角点到着!!国土地理院の地図には乗っていないが1900m?かな・??


三角点から、南方面の目と鼻の先に1929m次郎笈山頂
ロープウェイ山頂駅より1時間5分で次郎笈(1929m)山頂到着

剣山山頂とは明らかに違う、切り立った山頂。
少々アブがうるさいが、昼食に、からあげクンとおにぎり(種有り梅)でしばしの満足満腹安らぎの時間。
人生40年。剣山には何度も登ったが、そこからすぐ近くに見える次郎笈は
今回が初めてで、何ともいえず満足・・・・・・。
エネルギー充填で隊員1号も元気復活!!

3.剣山へ
さて、同じ道を下ると、目の前に徳島県最高峰の剣山がのっぺりーと立ちはだかる。
とりあえず、据え膳食わねば男の恥。
剣山も頂きます。・・・・・・

それほど険しい登りではないが、次郎笈を登った後なので、ペースが遅い。
鞍より15分ほどかけて1955m剣山山頂到着
そしてお約束一等三角点(剣山)確認。(まいてまいてしめ縄巻いて〜〜土俵のような三角点)


徳島県最高峰の山頂は結構広く、なぜか木道の大規模工事が施工中。
笹の保護のためと思うが、山頂到着の感動が台無しである。残念。


4.一ノ森へ
剣山が感動が薄かったため、お口直しに一ノ森へアタック。
しかし時間は14時30分。日暮れまでに大丈夫か??意外に元気な隊員1号


剣山山頂より15分ほどで二ノ森到着。一ノ森山頂はもうすぐ。


最後のこぶを登り、看板通り進むと一の森の三角点。(剣山山頂より30分)


山頂の看板がないのに少々不満を感じていたが、ロープウェイの終業時間が気になるので
下りを急ぐ。一ノ森のヒュッテは先日の瓶ケ森ヒュッテより綺麗。(といっても泊まる気はしない)


と三角点の案内があって地点から反対側にこぶがあるのでそこを登ると
なんとそこに一ノ森山頂(1879m)発見!!!
あやうく、三角点を山頂と思いこみ、見落とすところだった。案内板が不親切!!


山頂より下ると剣山からきた道と行場経由でロープウェイ乗り場へ直行する分岐があるが、
時間短縮をねらって行場方面に進む(後で後悔する・・・)



この行場経由のルートははっきりいってお勧めしない。
かなり下ると今度は登り。時間が気になり焦るし、駅までの距離は縮まらないし
汗びっしょり。まさに行場である。


へとへとだが何とかロープウェイ駅に到着。
この後、ロープウェイの終業時間が思いこんでいた時間より45分も長かったことがわかり、
急ぐ必要がないことが判明し、へたり込んでしまった。


登山開始から4時間10分。3山縦走完了。グロッキーである。

2006年8月6日にも登ってます♪
2006年12月31日にも登ってます♪♪

【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】