【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】
DATA No.tz-9

山名:中津峰山
探検日:2004年7月18日

標高:773m
実登山:125m

二等三角点(中津峰山)(行政:徳島県徳島市)

阿南バイパスより中津峰山を望む

1.登山開始
やましん隊長。今日は体調不調・・・・・酒の飲み過ぎ??
近場でもお手軽に攻めるかと、1000m以下の中津峰山を本日の登山対象に決定!!
さて、楽して登るやましん探検隊
分県登山ガイド等には如意輪寺からの登山道が紹介されているが、
1mでも車で標高を稼ぐ。
如意輪寺を通りすぎ、中津峰森林公園まで進む。ここからなら山頂まで標高差125m。チョロい!!
森林公園駐車場に車を止め、脇の階段を上る。


しかし甘かった。
今日は曇っているが風がない。30度を超える蒸し風呂登山
すぐに汗びっしょりでばてる。とりあえず迷いようのない整備された登山道を進み10分で展望台到着。


展望台からは徳島市と吉野川が一望できる。


しかしくそ暑い。汗だらだら状態で少しでも早くこの状況から脱出したい隊長。
先を急ぐ。しかし、不覚にもやましん隊長、途中のベンチで体調不調でダウン。
(貧血か???)5分休憩(というよりほとんど保健室で寝ている学生状態)
まもなく回復。今日は本当にだめ。早めに山頂に到達し、下山しなければ・・・・(引き返えせよ・・・)


登山開始から25分(貧血ダウン5分を含む)で標高差125mを登り中津峰山773m山頂へ到着
しかし、分県登山ガイドに書いてあるような360度の眺望は全くない。周囲の樹木が成長しすぎ!!!


山頂横に休憩所があり脇に石垣あり。
穴をくぐると天津神社あり。この石垣は風よけのためか???


眺望のなさの落胆から気を取り直して山頂の三角点を再確認。
二等三角点だが、マジックで落書きがあり、くそ暑さもあっていらいらする・・・・・なんじゃこり。マナーがなっとらん!


ここら辺はマムシがでるみたいで駐車場脇にもマムシの血清の案内がでている。
かまれないうちに早々に下山。帰りは違うルートで西南向面(星谷方面)へ下る。
5分もすれば舗装道路へ出る。


でた先はオートキャンプ場とハンググライダー場の横。
以前、勝浦から中津峰山をみると芝生のような部分が見えたのはここらしい。


後は、舗装道路を一路森林公園駐車場へ下るが、途中であずま屋の矢印を確認。
一応いってみるが、道を間違えたか、岩山で行き止まり。
後で確認したが、やっぱり途中で道を間違えていたようである。事前確認不足を痛感する。


舗装道路よりやっと駐車場を確認。最後までくそ暑い!!

後でみると、今回は標高差125mを登って山頂へ到達したが、
下った道のオートキャンプ場から登れば標高差30mで山頂到達となる。
く・悔しい。残念。しかし暑かった。

【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】