【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】
DATA No.tz-12

山      名:乗鞍岳日本百名山no,59
探  検  日:2004年8月12日
標      高:3025.6m
登山標高差:332m
累積標高差:462m
三  角  点:一等三角点「乗鞍岳」(行政:岐阜県大野郡高根村)

1.四国脱出
さて、急に山登りを始めて、待ちに待った最初の長期連休。日本全国盆休み!
やましん探検隊の登山熱はいっこうに冷めず、今回の目玉は・・・
3000mオーバーの乗鞍!!
考えるだけで思わず貧血と酸欠で倒れてしまいそうになる。
やましん隊長は新婚旅行で訳も解らず登らされたハワイのハレアカラ火山以外2000m以上に登った記憶がない
とりあえず、各種資料を見ると、3000mを超える日本百名山で日本一楽に登れる山らしい。
畳平駐車場(標高2700m)まではバスで行けるし、実際の登山は300m程度。1時間40分ぐらいで登れるらしい。
これは、楽勝???ぜひ、是非行かねば・・・・・・
とはいっても、徳島県から乗鞍は遠い・・・・。8/12未明、4時45分。副隊長、隊員1号2号を引き連れ出発!
          【写真:朝焼けに浮かぶ鳴門大橋】


2.朴の木平バスターミナル到着
盆休み初日で高速道路下り方面は大渋滞。これを尻目に快適ながらがらの登りを一路岐阜へ。
6時間30分(580km走行)かかって乗鞍スカイライン乗り換えの朴の木平バスターミナルに到着。
ここで標高1200m程度。
2003年からはここからバスに乗り換えなくては畳平までは行けなくなっている。

当初の計画では翌日の早朝から登山予定だったが、前夜、当日朝のインターネットライブカメラ画像と天気予報に
より乗鞍登山を今日の昼からに急遽変更する。
なんといっても3000m級。少しでも晴天青空をバックに登りたいではないか!!(ほうじゃほうじゃ)

岐阜県側からは人数が少ないと聞いていたが、結構待っている人がいる。バスも臨時増便中。
11時45分やっとバスに乗れバスターミナル出発
 【左写真:朴の木平バスターミナル】                                 【右写真:混み合うバス内】


3.登山開始
45分かかってバスは標高2700m畳平到着。
しかし、このバスは・・・・・遅い。まともに走れば30分以内に到着できるかも。
低公害のためアクセルを踏まないのか????

さて、予想通り、ここにも人がうようよいる。さすが楽して登れる3000m級日本百名山。
しかも、こんな遅い時間帯から登ろうとする奴らは軽装が多い。
やましん探検隊は一応リュック、ストック、登山靴等で武装しているため、見事に周りから浮いている。
赤ちゃんからハイヒールの茶髪のねーちゃんまでいる。なんだここは???
   【左写真:一応完全武装の隊員2号】                            【右写真:畳平駐車場横より登山開始】


とりあえず12時30分登山開始。
最初の40分はほとんど車も走れるコロナ観測所までの作業道を歩く。さすがに舗装はされていないが、
道幅も4m程度あり、傾斜もほとんどない。楽チン楽チン
     【左写真:楽チン車道より畳平駐車場を望むやましん隊長】        【右写真:登りということで精神的に負けている他3名】


やがて前方に乗鞍の主峰「剣ケ峰」が姿を現す。(一番奥)
なんと雪渓がこのくそ暑いのに残っている。
(朝方ならいざ知らず、真夏の午後、気温は20度近くあるかな)
しばらく行くとなだらかな車道もここ「肩ノ小屋」でおしまい。畳平からここまで38分
さて、ここからが登山本番開始か?。


肩ノ小屋前より岩がごろごろの登山道が見える。
隊員1号はそろそろエネルギー切れ。(田舎のおっさんモードになってしまった)
なにか食わせないと動かなくなってしまう。
  【肩ノ小屋より主峰を望む】                                 【おっさんモードの隊員1号】


結構急な岩道を登る。
至る所にペンキで矢印とロープがあり、道はわかりやすい。
畳平より1時間30分かかってやっと朝日岳と剣ケ峰の鞍に到着。
権現池が綺麗に見える。
   【左写真:鞍部直下の岩場の登山道】                             【右写真:朝日岳と剣ケ峰との鞍部】


今回のベストショット。
【鞍より乗鞍主峰 剣ケ峰を望む。】


4.山頂到着
結構な暑さにバテながらも、1時間50分かかって乗鞍岳主峰 剣ケ峰(3026m)山頂到着
山頂はあまり広くない。一等三角点(乗鞍岳)も立派である。


山頂部分の1/3はこの乗鞍本宮が占めているのでは??
せっかくなので、お守りとおみくじを買ってしまった。
(おみくじは大吉である。ラッキー)


5.下山
15分ほど周りの景色を楽しんだ後、帰りのバスの時刻も心配なので、早々に下山開始。(14時45分)
バスの最終は17時。あと2時間15分。
気は焦るが、下りは登りよりも神経を使う。
とりあえず朝日岳との中間にある蚕玉岳(2980m)を通過
    【左写真;下りの岩場】                                     【右写真:蚕玉岳】


他のホームページで高山植物などをメインにしているものも最近多いので、
撮ってみたが、しかし何の種類かはさっぱり解らん。桔梗とたんぽぽっぽい??


などとよそ見をしていると、足を滑らせ副隊長、尻餅。
とにかく岩と砂、土で滑りやすい。全員すべって降りて、やっとこさ肩ノ小屋を通過し、車道に到着。


結局、山頂から1時間40分かかってやっと畳平帰着。(16時25分)
案の定バスに乗れない人がうじゃうじゃしている。
ただ、たまっているのは乗鞍高原方面の人が圧倒的に多い。
朴の木平行きは17時発で全員乗れるとのことで一安心。

朴の木平バスターミナルまで戻ってみると、満車だった駐車場はがらがら。
強者どもが夢の後・・・・・・・。なんか寂しい。
    【左写真:畳平の待ち人群】                                【右写真:哀愁の朴の木平バスターミナル駐車場】


今回は、午前の580kmの運転と、3000m級の登山でへろへろ
持って行った酸素缶が役に立った。へろーーーーーばてばてーーーー
この日は飛騨高山に宿泊し、翌日は観光。3日目は伊吹山へ登るぞ!!

以後、えんぽう探検隊「2004年夏 乗鞍岳・高山・岐阜・伊吹山旅行」へ続く

【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】