【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】
DATA No.tz-14

山名:大滝山
探検日:2004年8月21日

標高:943.3m
実登山: 18m

二等三角点(大滝山)(行政:徳島県美馬郡脇町)

1.登山決定
さて、前夜は楽しかった。徳島市内でしこたま飲んで食って・・・・
案の定二日酔い。
体から異様なにおいがする。風呂に入っても酒が抜けない。
今日は登山は絶対無理!!!・・・・と思ったが、やっぱり行きたい。汗をかきたい!!
多量の水分を摂取後、準備開始。
ということで、今日は車ですぐ近くまでいけて、ほとんど登らなくて良さそうな脇町の大滝山に決定!!!

2.登山開始
さて、脇町の中心街から川沿いの県道252号線経由でほとんど山頂の西照神社へ到達。
車は境内まで入れさせてもらった。
とりあえずお賽銭を入れて拝む。
地図ではこの神社と大滝寺が山頂となっているが、山頂モニュメントらしいものも見あたらない。
今回は二日酔いでばてていたため、地図とか三角点情報資料を持ってきていない。
分県登山ガイドだけを頼りに、地図上の山頂ではなく、南西の2等三角点の山頂を目指すことにする。
ガイドに記載されているとおり本堂の左に登山道発見。なんとかなるか・・・・
   【西照神社】                                       【本堂横登山道入り口】


登山道は大滝寺の境内になるらしく、きちんと整備がされ、お地蔵さん?が並ぶ。
ほどなくあずまやへ到着。


ガイド通り10分ほど歩くと、道横に広場とベンチがあり、三角点らしいでかい石柱を発見。
これがガイドに書いてあった三角点だろう・・・・あまりにもあっさりしすぎている。
ここが本当に二等三角点か確認できなかったが、この先は下り道っぽいので、ここが山頂として引き返す。


ほとんど西照神社へ戻ってきて、境内手前20m程度で地図上の山頂方向へ小道発見。
さっきの三角点が不完全燃焼なので、こっちの山頂に少し期待をしてみた。


しかし、この奥のピーク付近には3体の石像と2本の石柱が寂しく立っているのみ。
薄気味悪いので、早々に退散。


3.再登山
おかしいおかしいおかしいおかしい!!
こんなはずはない。仮にも分県登山ガイドに紹介されている山が、こんなにイベント性がなく、
立て札、モニュメントが整備されていないはずがない。
もう一度車に戻って、分県登山ガイドの小さな地図とGPSの軌跡を見比べてみる。
よくわからないが、ガイドの地図の三角点の位置が思ったより遠くにあるのを確認。
やはり、あの下りの先にまだピークがあるのかも・・・・・・・
この不完全燃焼では今夜の酒がうまくない!(まだ飲むか??)
もう一度、とことん奥まで行ってみるか!!!!

ということで、今戻ってきた道を再度登山開始!!

先ほど来た徒歩10分地点をさらに越え、さらに下っていくと、その先にいくつも登り下りがあるのを確認
そして、そしてやっと到着!!
大滝山山頂943.3m
すぐ横に、探し求めた2等三角点(大滝山)発見!!!
国土地理院のポールが燦然と輝いているぜ!
   【左写真:大滝山山頂】                                  【右写真:二等三角点大滝山】   


やばかった。もう少しで山頂と二等三角点に到達しないままで帰るところであった。
この2往復で、かなり汗だく。酒もぬけ気分は最高。
やはり、前もっての完璧な準備を怠ると失敗を招くことを痛感する。
次回から、地図と三角点位置情報は絶対持ってゆくことを心に誓う。

【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】