【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】
DATA No.tz-15

山名:三頭山(阿波町)
探検日:2004年8月28日

標高:505.89m
実登山: ??m

一等三角点(三頭山)(行政:徳島県阿波郡阿波町)

1.登山決定
今日の天気は曇り。非常に強い台風16号が南方から近づいている。
いつ雨が降り出しても大丈夫な、ほとんど車で行けると思われる近場を狙う。
とりあえず一等三角点、三頭山を目標とする。

2.登山開始
さて、最近買った徳島県内の登山ガイドブックにはとにかく最初は妙体山の明多意神社を目印に進むとある。
その後、道を分岐し、一等三角点近くの牧場を目指すとある。案外すんなり牧場まで到着。
牧場手前の林道入り口周辺に駐車。


10時50分登山開始。
だが、ガイドにあるように牧場への立入禁止の看板がない。
廃道になった林道を5分進むとあるが、結局、林道らしきものは3本ありどれか解らない。
まずは一番奥まで行けそうな最上部の林道を進む。

残念ながら、この道はどんどん奥まで上れ、妙体山方面までまだまだ続くので、違うと判断し、
引き返すこととする。

その後、途中の踏み跡、2番目の林道を進むが、結局、盛大に育った草木に阻まれ、道もなくなり、
あえなくギブアップ。
  【左写真:途中の踏み跡】                                 【右写真:2番目の林道への分岐(左へはいる)】


いったいどの林道を入ればいいんだ??

11時24分(登山開始(迷い)後34分経過)
結局、人気のない牧場の中央から続く林道に突入する。

だが、この道もすぐに消え、結局道なき斜面を木々をかき分けかき分け登ることになった。

だが、しばらくすると、なんと林道の廃道らしき道へ急に出る。GPSでみると、一等三角点方面へ続いている。
これぞ探し求めていた、幻の林道の廃道か???


しばらく進むと、三角点直前で赤テープ発見。付近に登りの踏み跡が見える。
11時39分。(登山開始後50分。)
やっと三角点直下の登山道に到着する。

やっぱり、この林道が正解らしい。しかし、この林道の廃道はいったいどこから入れるのだろう??
   【左写真:登山道?入口付近赤テープ】                          【左写真:とっても立派な?登山道】


さて、これからこの最後の山坂を登る。

・・・・・・・・・・・・・この道は・・・・・・・・・・・・・・・とんでもない・・・・・・・・・・・・・・・

植物育ちすぎ!!。踏み跡はすぐなくなるし、赤テープはほとんどないし、
GPSで位置と方向を確認しつつ、またまた道なき道を進む。登る。
夏の藪こぎ。暑い!!。進むのに時間がかかる。木の枝、蜘蛛の巣、イバラの攻撃もすさまじい。
写真を撮る気にもならない。というより、写真を撮っても藪しか写らない

こんな場所へ行こうと思った自分を呪い、自暴自棄になったころ、(と言っても、約10分だが・・・)

やっと到着。三頭山(阿波町)山頂(505.89m)
そして一等三角点(三頭山)も発見!!(11時49分到着)

藪の中の少しだけ明るい空間。
【左写真;山頂、三角点】                                   【右写真:山頂より登ってきた道を見る】


しかし、あまりのしんどさと、帰り道の藪こぎ、蜘蛛の巣との戦いを思うと、山頂でも素直に喜べない。
写真だけ撮って、少しだけ休憩し、すぐに降りる。
帰り道は登りを引き返せばいいだけだが、すぐに道が解らなくなる。
とりあえず、またGPSを頼りに、道なき藪を進む。

なんとか元の林道の廃道に戻る。これで生きて帰れる。
しかし、この林道の入り口はいったいどこかという疑問が・・・・・
この道を牧場方向に行ってみる。
途中、牧場から登ってきた藪を越え、さらに進む。
前方にすさまじい植物集団が・・・・・

これをかき分け越えて、行き着いた先は、なんと2番目の林道。
1回目はこの植物群を越えられずに、行き止まりと勘違いした模様。
このままでは来年はこの廃道はただの山に戻るであろう。

結局、12時25分、牧場に帰着。
(登山開始より1時間35分)
完全にルートがわかっていれば30分もかからないかも・・・・・

しかし、今回は時間がそれほど長くない割にしんどかった。
体力的にも精神的にも・・・・・
やましん隊長は心に誓った。
「この山は二度と来ない」と・・・・・

この後、お口直しに妙体山へレッツゴーと来たもんだ

【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】