【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】
DATA No.tz-18

山    名:石鎚山日本百名山no,94
探 検 日:2004年9月4日
標    高:1982m
登山標高差:494m
累積標高差:729m
三 角 点 :なし
登山時間データ 時刻 時間
土小屋駐車場発 6:00 0:00 登り
3:03
二ノ鎖小屋 7:50 1:50
弥山山頂 8:20 2:20
天狗岳山頂着 9:03 3:03
弥山山頂発 10:10 4:10 下り
1:50
土小屋駐車場着 12:00 6:00

1.出発
数日前から天気予報とにらめっこ。とうとう秋雨に時期に突入。台風までバカスカやってくる。
そんな中でも最近は近場のぱっとしない山ばかり行っていたので、ちょっと目立つ山に登ってみたい。
候補は三嶺、大山。もしくは石鎚山。しかし、天気予報はどこも曇りがち。
結局、周りの景色が見えなくてもそれなりにインパクトのある西日本最高峰 石鎚山に決定。
(実は天気悪い中、長時間歩きたくなかったからかも・・・)

天気予報では朝のみ晴れているようなので、早朝登山と考え、夜の11時に自宅を出発。
今回は一人旅。気楽だがさびしい・・・・
面河村から入り石鎚スカイライン経由だと道はいいが夜間は通行止めのためこのルートは却下。
高速道路をいよ西条までとばし、寒風山トンネルから瓶が森林道経由で土小屋駐車場に2時45分到着。
(しかし、夜の林道・・・こわい・・・・お化けでそう・・・崖から転落しそう)

夏休みも終わり、天気もよくないのでそれほど車中泊の登山者はいないと予想していたが、
なんと、3台駐車している車はもぬけの殻。(横の宿屋宿泊者のものか??)
だーーれもいない。さびしい駐車場・・・。
仕方ないので朝の5時までしばしの仮眠。

2.登山開始
しかし、9月も入ると朝の5時ではまだ空が白み始めた頃。
たった一人の登山口。さていつ登り始めようか悩んでいると、
5時30分頃、横の宿屋より1名登山客が出立したため、あわててこちらも出発準備開始。
朝ご飯を腹に詰め込み、6時に登山開始。(出発地標高1488m(不正確))
  【土小屋】                                           【土小屋登山口】


やはり天気はよくない。
雨の心配はなさそうだが、湿度が高く、ごらんの通りのガスが濃い。
よく言えば幻想的。悪くいえば視界不良。
  【登山道】                                        【登山道】


おーーっといきなりの倒木。
これは先日の台風16号の影響か??
結局、土小屋土小屋登山コースでは3カ所の倒木あり。(下をくぐる)
 【登山道の倒木1】                                   【登山道の倒木2】


登り始めて1時間50分 成就神社からの登山道との合流点(二ノ鎖小屋)に到着。(標高1788m(不正確))
ここまでは小さな上り下りのなだらかな道で標高差300m登ってきた。
ここからの標高差200mが急な登りの本番。
しかし、運動不足のやましん隊長。この湿度120%の環境下ですでにシャツが絞れる汗だく状態。
 【合流点の鳥居】


しかし、ここまで一人も登山客に会わない。
ここは本当に日本百名山か???

さてここからが石鎚名物の鎖場だが、この天候のなか、危険なので安全のためやむを得ず巻道を通る
(決して汗まみれで、体力が限界で、日頃の運動不足で自信がなくて、高所恐怖症のためではない・・・・)

ここで上から聞こえるエンジン音。
人の気配もする。うれしい。
急な登りを進むと、何のことはない。巻道の修理現場である。数名のおっさんがこんなところでお仕事中。
通行には支障はなく、すんなり通してもらう。


3.山頂到着
合流点(二ノ鎖小屋)から登ること30分、8時20分に弥山山頂(1974m)到着!!


あいかわらず周りはガスでなーんにも見えず、先にいた登山客はたったの一人。(朝、土小屋で会った人)
この状況下でこの先の天狗岳は怖いので登らず降りると言い残し先に下山した。
一人山頂にたたずむやましん隊長。
さびしい。これが西日本最高峰の山頂か?今日は土曜日だし休日の人も多いだろうに・・・・

石鎚山のいわゆる山頂は天狗岳1982m。今立っている弥山より8m高く、100mほど先にそそり立っているはず。
(ガスでまったく見えないが・・・・・)

天狗岳へのルートはまず弥山山頂より崖を鎖で10mほど降りる。上から見ると真っ逆さま。はっきり言って怖い。
さっきの人が降りられずに帰ったのも理解できる。
途中まで降りかけたが、恐怖のためそれ以上降りられずに引き返す。(子供の顔が目に浮かぶ)


このガスの中ここまでくれば十分と自分に言い聞かせて下山しようと決めた瞬間である。
急に空がまぶしくなったかと思うと、一気にガスが切れ、目の前に天狗岳が出現!
これぞ石鎚のお神さんのプレゼント。

今回のベストショットにふさわしい1枚となった。


この時、遠くから人の話し声が聞こえる・・・・・・・・・・
遭難した登山者の亡霊からのささやきか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・きゃぁぁぁぁぁ

・・・・・と見ると、天狗岳山頂で動き回る人影が・・・
4人ほどが天狗岳山頂で手を振っている。

なぁんだ。ほかにもいたんや。

4.天狗岳へ
安心し、あたりが明るくなると、俄然天狗岳への登頂意欲が復活!!
さっきの下りの鎖場も明るい日の下ではそれほど怖くもない。
リュックを山頂山荘へ預け、身軽になって天狗岳へ突入。

鎖を下り、尾根道へ降りる。でも細い。やばい崖だらけの道に再度びびる。
またもやガスで何も見えなくなるが風がないのが救い。
途中ルートがわからなくなったところで、先行の登山者が降りてくるのが見える。
同じルートを上り、岩肌をしがみつき、はっきり言って超ビビリながら進む。またもや子供の顔が目に浮かぶ。
怖えーよぉーー
【天狗岳への尾根道】                                   【天狗岳山頂か?】


9時3分 弥山より15分ほどでやっとこさ石鎚山 天狗岳山頂(1972m)到着!!! 
やましん隊長は完全に腰抜け状態。立つと奈落の谷底へ転落しそうになる。
さっきの登山者が帰ったので、山頂はまたもやたった一人。さびしい。怖い。
石の祠の屋根がなくなっている。これも台風16号の影響か?
【腰抜け状態のやましん隊長】                             【天狗岳山頂の祠の跡】


振り返ると、またもや一瞬ガスが切れ、弥山出現!
こう見ると弥山の頂上もかなりやばいところに立っているのがわかる。
今回のベストショット2


その後、這々の体で弥山まで帰りつく。
ここでショック!!!・・・・なんと、なんとなんとGPSユニットがないではないか!!
どこかに落としたらしい。最後にその存在を確認したのは天狗岳山頂。
探したいが、またあの恐怖の尾根道を行くのははっきりいっていやじゃ
しかし、ガーミンGPSのレジェンド。買値が57000円。買い直すのはつらい。
でも取りに戻っても、落とした場所が岩場ならGPSはとうに奈落のがけの下の可能性が高い。
うーーんどうしたものか・・・・・・・・・・・えーい行ってしまえ。

と言うことで、再度、天狗岳への尾根道へ突入!
歩くこと約7分。笹道のど真ん中で、持ち主が拾いに来てくれることをけなげに待つGPSユニットを発見!!
これも石鎚のお神さんのおかげかも。


気分よく弥山まで帰り、山頂山荘で熱いみそ汁でおにぎりをパクつき、満足。満足。


5.下山
10時10分、石鎚山頂を十分堪能し下山開始。
思った以上に疲労が激しく、下りはじめですぐに足が笑う。
二の鎖小屋を越えると、なだらかな道なので、一気に土小屋へ・・・


12時ちょうどに土小屋へ帰着。
やはり下りは楽。
登りには2時間20分かかったが、下りは1時間50分。


今回は、ガスにより眺望はなかったが、弥山、天狗岳に集中できた満足のロンリー登山であった。

追伸:
今回は標高差500m程度。日頃の山登りと比べるとそこそこ登るのと、鎖場、岩場で上半身の疲労が強い。
翌日の日曜日は前夜の睡眠不足もあって、一日中ぐったりの筋肉痛モードでへろへろ。

【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】